アルマ書 55
脚注
テーマ

第​55​章

モロナイ、りょ​を​こうかん​する​こと​を​ことわる。レーマンじん​の​番兵ばんぺい​たち​は​さそい​に​けて​ぱらい、りょ​の​ニーファイじん​は​かいほう​される。ギド​の​まち​は​​を​ながす​こと​なく​かえされる。げんぜんやく​六十三​ねん​から​六十二​ねん​に​いたる。

1 ​さて、モロナイ​は​この​がみ​を​る​と、アモロン​が​かれしん​の​まん​を​よくよく​しょう​して​いる​の​を​り、また​ニーファイ​の​たみ​と​せんそう​を​する​の​が​せいとう​な​どう​に​よる​もの​で​は​ない​こと​も​しょう​して​いる​の​を​り、ますます​いかった。

2 ​そして、かれ​は​った。「よ、わたし​が​がみ​の​なか​で​べた​よう​に、もし​アモロン​が​かれ​の​もくろみ​を​て​なければ、わたし​は​かれ​と​りょ​の​こうかん​を​しない。かれ​が​これまで​て​きた​ちからじょう​に​おおきな​ちから​を​つ​こと​を、かれ​に​みとめる​つもり​は​ない​から​で​ある。

3 よ、わたし​は、レーマンじん​が​りょ​に​した​わたし​の​たみ​を​どこ​で​って​いる​の​か、その​しょ​を​よく​って​いる。がみ​に​しるした​わたし​の​ようきゅう​を​アモロン​が​みとめよう​と​しない​ので、よ、わたし​は、ぶん​の​こと​の​とおり​に​かれ​に​おこなおう。まことに、かれら​が​へい​を​もとめる​まで​かれら​の​なか​に​​を​もとめよう。」

4 ​さて、モロナイ​は​この​こと​を​かたり​える​と、ぶん​の​へい​の​なか​に​レーマン​の​そん​に​たる​もの​が​いる​かも​しれない​と​おもい、へい​の​なか​を​調しらべ​させた。

5 ​そして、レーマン​と​いう​​の​もの​が​つかった。この​もの​は​アマリキヤ​に​よって​ころされた​おう​の​しもべ​の​ひと​で​あった。

6 ​そこで​モロナイ​は、レーマン​と​ぶん​の​しょうすう​の​へい​を、ニーファイじん​を​って​いる​番兵ばんぺい​たち​の​ところ​へ​かせた。

7 ​ニーファイじん​は​ギド​の​まち​に​とらわれて​いた​ので、モロナイ​は​レーマン​を​にんめい​し、しょうすう​の​へい​を​かれ​と​ともに​かせた。

8 ​そして、よる​に​なって​レーマン​が​ニーファイじん​を​って​いる​番兵ばんぺい​たち​の​もと​へ​く​と、よ、かれら​は​レーマン​が​やって​る​の​を​て、かれ​に​びかけた。そこで、レーマン​は​かれら​に​った。「こわがる​な。わたし​は​レーマンじん​だ。我々われわれ​は​ニーファイじん​の​もと​から​して​た。ニーファイじん​は​いまねむって​いる。だから、ぶどう​しゅ​を​​に​れて​ってた。」

9 ​さて、レーマンじん​は​この​こと​を​く​と、よろこんで​かれ​を​むかえ​れ、「ぶどう​しゅ​を​我々われわれ​に​も​ませて​くれ。我々われわれ​は​つかれて​いる​ので、この​よう​に​おまえ​が​ぶどう​しゅ​を​ってて​くれた​こと​は​うれしい​こと​だ」と​かれ​に​った。

10 ​ところが​レーマン​は、「ニーファイじん​に​かって​たたかい​に​る​まで​我々われわれ​の​ぶどう​しゅ​は​って​おこう」と​かれら​に​った。しかし​この​こと​は、その​ぶどう​しゅ​を​みたい​と​いう​かれら​の​ち​を​つのらせる​ばかり​で​あった。

11 ​そして、かれら​は​った。「つかれて​いる​から、いま​その​ぶどう​しゅ​を​もう。そのうち​に​配給はいきゅう​の​ぶどう​しゅ​が​る。ニーファイじん​に​かって​く​ちから​は​それ​で​つける​こと​に​しよう。」

12 ​そこで、レーマン​は​かれら​に、「おもう​とおり​に​する​が​よい」と​った。

13 ​そこで​かれら​は、ぶどう​しゅ​を​ふんだんに​んだ。しかも、かれら​の​あじ​の​このみ​に​って​いた​ので、かれら​は​なおさら​ふんだんに​んだ。ところが、その​ぶどう​しゅ​は​く​つくられて​いた​ので、つよかった。

14 ​そして​かれら​は、む​と​いい​ち​に​なり、やがて​ぜんいんぱらって​しまった。

15 ​さて、レーマン​と​へい​たち​は、番兵ばんぺい​たち​が​ぜんいんって​ぐっすり​ねむって​いる​の​を​て、モロナイ​の​もと​に​かえして​こと​の​だい​を​すべて​ほうこく​した。

16 ​これ​は​モロナイ​の​けいかく​の​とおり​で​あり、モロナイ​は​へい​たち​に​​を​たせて​じゅん​を​ととのえて​いた。そして、レーマンじん​が​って​熟睡じゅくすい​して​いる​あいだ​に、ギド​の​まち​へ​って​まち​に​​を​み、りょ​たち​に​わたした。そこで​りょ​は​みなそう​した。

17 ​モロナイ​が​りょ​を​ぜんいんそう​させた​とき、​を​使つかえる​もの​は、おんな​や​ども​に​いたる​まで​ぜんいん​が​そう​した。これら​の​こと​は​すべて​まったく​しずか​に​おこなわれた。

18 ​しかし、たとえ​レーマンじん​を​こした​と​して​も、よ、レーマンじん​は​っていた​ので、ニーファイじん​は​かれら​を​ころす​こと​が​できた​で​あろう。

19 ​しかし​よ、それ​は​モロナイ​が​ねがって​いた​こと​で​は​なかった。かれ​は​さつじん​や​りゅうけつ​を​よろこばず、ぶん​の​たみ​を​めつぼう​から​すくう​こと​を​よろこび​と​して​いた。そして​かれ​は、とう​な​こう​を​はたらく​こと​が​できなかった​ので、レーマンじん​が​って​いる​あいだ​に​かれら​を​おそって​ころす​こと​は​のぞまなかった。

20 ​それでも​かれ​は、ぶん​の​ねがい​を​たっして​いた。かれ​は​まち​の​じょうへき​の​うちがわ​に​いる​りょ​の​ニーファイじん​を​そう​させ、じょうへきない​の​まち​を​​に​れる​ちから​を​かれら​に​あたえて​いた​から​で​ある。

21 ​それから​かれ​は、ぶん​の​ひきいる​へい​を​かれら​から​いっ退しりぞかせて、レーマンじん​の​ぐんたい​を​ほう​させた。

22 ​さて​よ、これ​は​かん​に​おこなわれた​ので、あさ​レーマンじん​が​​を​まして​る​と、外側そとがわ​は​ニーファイじん​が​ほう​して​おり、うちがわ​で​は​りょ​たち​が​そう​して​いた。

23 ​この​よう​に​して​かれら​は、ニーファイじん​が​ぶん​たち​を​ち​かす​ちから​を​て​いる​の​を​った。この​よう​な​状況じょうきょう​の​なか​で、かれら​は​ニーファイじん​と​たたかう​の​は​とくさく​で​は​ない​の​を​った​ので、かれら​の​連隊長れんたいちょう​たち​は​​の​わたし​を​めいじた。そこで​かれら​は、​を​ってて​ニーファイじん​の​あしもと​に​し、連隊長れんたいちょう​たち​は​あわれみ​を​うた。

24 ​さて​よ、これ​は​モロナイ​が​ねがって​いた​こと​で​あった。そこで​モロナイ​は、かれら​を​りょ​に​して、その​まち​を​占領せんりょう​し、りょ​に​なって​いた​ニーファイじん​を​ぜんいんかいほう​した。そして​これら​の​人々ひとびと​は、モロナイ​の​ぐんたい​に​くわわり、かれ​の​ぐんたい​に​とって​おおきな​ちから​と​なった。

25 ​そして、かれ​は​りょ​に​した​レーマンじん​に、ギド​の​まち​の​しゅう​の​ぼう​を​きょう​に​する​ごと​を​はじめ​させた。

26 ​そして​かれ​は、ぶん​の​のぞみ​どおり​に​ギド​の​まち​の​ぼう​を​かため​える​と、りょ​たち​を​バウンティフル​の​まち​へ​れてかせた。そして、かれ​は​また​じょう​に​強力きょうりょく​な​ぐんたい​で​その​まち​を​まもった。

27 ​そして、レーマンじん​の​陰謀いんぼう​が​なん​か​あった​に​も​かかわらず、かれら​は​それ​まで​に​らえた​すべて​の​りょ​を​って​まもり、また​かえした​すべて​の​​を​まもり​とおし、ゆう​を​たもち​つづけた。

28 ​そして​ニーファイじん​は、ふたたび​しょう​を​おさめる​よう​に​なり、ぶん​たち​の​けん​と​とっけん​を​もどし​はじめた。

29 ​レーマンじん​は​なん​も​よる​に​まぎれて​ニーファイじん​を​ほう​しよう​と​した​が、その​たび​に​かれら​は、おおく​の​もの​を​りょ​として​うしなった。

30 ​また​かれら​は、ニーファイじん​に​ぶどう​しゅ​を​ませて​どく​で​ころす​こと​や、わせて​ころす​こと​を​なん​も​くわだてた。

31 ​しかし​よ、ニーファイじん​は、この​なん​の​とき​に​すぐ​しゅ​なる​かみ​を​おもこした。その​ため、レーマンじん​の​わな​に​かからなかった。かれら​は​まず​りょ​の​レーマンじん​の​いくにん​か​に​ませて​から​で​なければ、レーマンじん​の​ぶどう​しゅ​を​もう​と​は​しなかった​の​で​ある。

32 かれら​は​この​よう​に​用心ようじん​した​ので、かれら​の​なか​に​は​どく​を​まされた​もの​は​ひと​も​いなかった。もし​ぶどう​しゅ​が​レーマンじん​を​中毒ちゅうどく​させる​よう​で​あれ​ば、それ​は​ニーファイじん​を​も​中毒ちゅうどく​させる​から​で​ある。この​よう​に、かれら​は​レーマンじん​の​さけ​を​すべて​ためした​の​で​あった。

33 ​さて、モロナイ​は、モリアントン​の​まち​を​こうげき​する​ため​に​様々さまざま​な​じゅん​を​ととのえる​ひつよう​が​あった。よ、レーマンじん​が​みずから​ほねって​モリアントン​の​まち​の​ぼう​を​かため、それ​が​じょう​に​けん​な​とりで​と​なって​いた​から​で​ある。

34 ​そして​かれら​は、えず​その​まち​に​あらた​な​ぐんたい​と​食糧しょくりょう​を​はこび​んで​いた。

35 ​この​よう​に​して、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい​二十九​ねん​が​わった。