アルマ書 10
    脚注

    第​10​章

    リーハイ​は​マナセ​の​そん​で​ある。アミュレク、アルマ​の​​を​する​よう​に​てん使​から​めいじられた​こと​を​べる。じん​の​いのり​は​人々ひとびと​の​いのち​が​すくわれる​もと​と​なる。​な​ほうりつ​と​さばきつかさ​が、たみ​の​めつぼう​の​もとい​を​える。げんぜんやく​八十二​ねん

    1 ​さて、​アミュレク​が​アモナイハ​の​​に​む​人々ひとびと​に​いた​こと​は、つぎ​の​とおり​で​ある。

    2 「わたし​は​アミュレク​で​ある。わたし​は​ギドーナ​の​​で​あり、ギドーナ​は​イシマエル​の​、イシマエル​は​アミナダイ​の​そん​で​ある。この​アミナダイ​は、神殿しんでん​の​かべ​に​かみ​の​ゆび​で​しるされた​こと​を​かした、あの​アミナダイ​で​ある。

    3 ​そして、アミナダイ​は​ニーファイ​の​そん​で​あり、ニーファイ​は​エルサレム​の​​から​た​リーハイ​の​、リーハイ​は​​マナセ​の​そん、マナセ​は​あに​たち​の​​に​よって​エジプト​に​られた​​ヨセフ​の​​で​ある。

    4 ​そして​よ、わたし​も、わたし​を​って​いる​すべて​の​ひと​の​なか​で​は​すくなからず​信望しんぼう​を​て​いる​もの​で​あり、まことに​よ、わたし​に​は​おおく​の​親族しんぞく​と​友人ゆうじん​が​いる。わたし​は​また​勤勉きんべん​に​はたらいて​おおきな​とみ​も​た。

    5 ​それでも​わたし​は、しゅ​の​みち​と、しゅ​の​おく​と、おどろく​べき​ちから​に​ついて​は、まだ​おおく​の​こと​を​らない。いや、わたし​は​これら​の​こと​に​ついて​おおく​を​らない​と​った​が、しかし​よ、それ​は​ちがいで​ある。わたし​は​すでに、しゅ​の​おく​と、まことに​この​たみ​の​いのち​を​まもる​ため​に​あらわされた​しゅ​の​おどろく​べき​ちから​を、おおく​て​きた​から​で​ある。

    6 ​それでも​わたし​は、こころ​を​かたくな​に​した。いくたび​と​なく​ばれた​が、わたし​は​こう​と​しなかった。だから​わたし​は、これら​の​こと​に​ついて​って​い​ながら、りたい​と​おもわなかった。そこで​わたし​は、わるい​こころ​の​まま、さばきつかさ​の​とうだい十​ねん​の​この​七がつ​の​よっ​まで、かみ​に​そむき​つづけた。

    7 ​そして​わたし​が、ごく​ぢか​な​親族しんぞく​に​おう​と​して​かけた​とき​に、よ、しゅ​の​てん使​が​わたし​に​あらわれて​こう​った。『アミュレク​よ、あなた​は​しゅ​の​げんしゃ​に​もの​を​あたえ​なければ​ならない​ので、いえ​へ​もどり​なさい。その​げんしゃ​は​せい​なる​ひと​で​あり、かみ​の​えらばれた​ひと​で​ある。その​ひと​は、この​たみ​の​つみ​の​ため​に、いくにち​も​の​あいだ断食だんじき​を​して​えて​いる。あなた​は​かれ​を​ぶん​の​いえ​に​むかえ、もの​を​あたえ​なさい。そう​すれ​ば、かれ​は​あなた​と​あなた​の​ぞく​を​しゅくふく​し、しゅ​の​しゅくふく​が​あなた​と​あなた​の​ぞく​の​うえ​に​とどまる​で​あろう。』

    8 ​そこで​わたし​は、その​てん使​の​こえ​に​したがい、​へ​かった。そして、​へ​かえる​ちゅう​で、てん使​が​わたし​に『ぶん​の​いえ​に​むかえよ』​と​った​その​ひと​に​った。その​ひと​こそ、これまで​あなたがた​に​かみ​に​かかわる​ことがら​に​ついて​かたって​こられた、この​かた​で​ある。

    9 てん使​は、この​かた​が​せい​なる​ひと​で​ある​と​わたし​に​った。それで​わたし​は、この​かた​が​せい​なる​ひと​で​ある​こと​を​って​いる。かみ​の​てん使​が​そう​った​から​で​ある。

    10 ​わたし​は​また、この​かた​が​あかし​された​こと​が​真実しんじつ​で​ある​こと​を​って​いる。よ、わたし​は​あなたがた​に​う。しゅ​が​きて​おられる​よう​に​たしか​に、しゅ​は​ぶん​の​てん使​を​つかわして、これら​の​こと​を​わたし​に​あきらか​に​して​くださった。この​かた​アルマ​が​わたし​の​いえ​に​んで​おられた​とき​に、てん使​が​これ​を​あきらか​に​した​の​で​ある。

    11 よ、この​かた​は​わたし​の​ぞく​を​しゅくふく​された。わたし​と、おんな​たち、ども​たち、わたし​の​ちち、わたし​の​親族しんぞく、すなわち​わたし​の​一族いちぞくぜんいん​を​しゅくふく​された​ので、この​かた​の​げられた​こと​の​とおり​に、しゅ​の​しゅくふく​が​わたしたち​の​うえ​に​とどまった。」

    12 ​さて、アミュレク​が​これら​の​こと​を​かたり​える​と、人々ひとびと​は、ぶん​たち​が​め​を​けて​いる​ことがら​に​ついて​あかし​する​しょうにん​が​ひと​に​とどまらなかった​ので、また​その​しょうにん​たち​が​その​うち​に​ある​げん​の​れい​に​よって​将来しょうらいこる​こと​も​あかし​した​ので、おどろいた。

    13 ​それでも​かれら​の​なか​に​は、この​ふた​を​い​めよう​と​かんがえた​もの​たち​が​いた。これら​の​もの​は、こうかつ​な​さくりゃく​に​よって​ふた​の​ことじり​を​とらえ、かれら​に​​な​しょう​を​つけ、かれら​を​さばきつかさ​たち​に​わたして​ほうりつ​に​よって​さばいて​もらい、ぶん​たち​が​かれら​に​ついて​せかける​こと​が​できた、あるいは​しょうめい​できた​ざい​に​おうじて​かれら​を​ころす​か、あるいは​とうごく​する​か​しよう​と​した。

    14 ​さて、この​ふた​を​ほろぼそう​と​した​の​は​ほうりつ​たち​で​あった。ほうりつ​と​は、人々ひとびと​が​裁判さいばん​の​とき​に、すなわち​人々ひとびと​が​さばきつかさ​の​まえ​で​犯罪はんざい​の​しん​を​ける​とき​に、かれら​に​やとわれて、または​にんめい​されて​ほうりつ​を​あつかう​もの​たち​で​あった。

    15 ​この​ほうりつ​たち​は、たみ​の​あらゆる​さくりゃく​と​わる​に​つうじて​いた。そして、それ​に​よって​かれら​は​その​職業しょくぎょう​を​たくみ​に​こなして​いた。

    16 ​さて、かれら​は​アミュレク​に​質問しつもん​を​はじめ、かれ​に​こと​の​混乱こんらん​を​こさせよう​と、すなわち、かれ​の​かたる​こと​に​じゅん​を​しょうじ​させよう​と​した。

    17 ​しかし​かれら​は、アミュレク​に​ぶん​たち​の​くわだて​が​れて​しまった​の​を​らなかった。かれら​が​質問しつもん​を​はじめた​とき、アミュレク​は​かれら​の​おもい​を​いて​った。「おお、じゃあく​で​よこしま​な​だい​の​人々ひとびと​よ、ほうりつ​たち​と​ぜんしゃ​たち​よ。あなたがた​は​あく​の​もとい​を​えて​いる。かみ​の​せい​なる​人々ひとびと​を​らえる​ため​に、​わな​と​としあな​を​けて​いる。

    18 じん​の​みち​を​げる​ため​に​さく​を​めぐらし、ぶん​たち​の​こうべ​に、この​たみ​が​全滅ぜんめつ​する​まで​かみ​の​いかり​を​まねこう​と​して​いる。

    19 ​まことに、我々われわれ​の​さい​の​おう​モーサヤ​が​おう​を​ゆずろう​と​した​とき​に​った​こと​は、適切てきせつ​で​あった。モーサヤ​おう​が​おう​を​ゆずる​あい​が​だれ​も​いなかった​ので、この​たみ​は、たみしん​の​こえ​に​よって​おさめられる​こと​に​なった。その​とき​に、もし​この​たみ​の​こえ​が​ざいあく​を​えらぶ​とき​が​れば、すなわち​この​たみ​が​いましめ​に​そむく​とき​が​れば、たみ​の​めつぼう​の​​が​じゅくして​いる​と​モーサヤ​おう​が​った​が、じつに​その​とおり​で​あった。

    20 ​さて、わたし​は​あなたがた​に​う。しゅ​が​あなたがた​の​ざいあく​を​さばかれる​の​は​ふさわしい​こと​で​ある。しゅ​が​ぶん​の​てん使​たち​の​こえ​に​よって​この​たみ​に、『あらためよ。あらためよ。てん​の​おうこく​は​ちかづいて​いる​から​で​ある』​と​さけばれる​の​は​ふさわしい​こと​で​ある。

    21 ​まことに、しゅ​が​てん使​の​こえ​に​よって、『​わたし​は​こうへい​と​こうせい​を​​に​たずさえて、わたし​の​たみ​の​なか​に​くだろう』​と​さけばれる​の​は​ふさわしい​こと​で​ある。

    22 ​また、わたし​は​あなたがた​に​う。もしも​いま、この​​に​む​じん​の​いのり​が​なかった​なら​ば、あなたがた​は​完全かんぜん​な​めつぼう​に​われて​いた​こと​で​あろう。しかし、それ​は​ノア​の​だい​の​人々ひとびと​の​よう​に​洪水こうずい​に​よる​の​で​は​なく、きん​と​えきびょう​と​つるぎ​に​よった​こと​で​あろう。

    23 ​しかし、あなたがた​が​すくわれて​いる​の​は、じん​の​いのり​に​よる。したがって、もし​あなたがた​が​ぶん​たち​の​なか​から​じん​を​す​なら​ば、その​とき​に​しゅ​は​​を​とどめず、はげしい​いかり​の​うち​に​くだって​て、あなたがた​を​められる​で​あろう。その​とき、あなたがた​は​きん​と​えきびょう​と​つるぎ​に​よって​たれる​で​あろう。あなたがた​が​あらため​なければ、その​とき​は​すでに​ちかい。」

    24 ​そこで、たみ​は​ますます​アミュレク​に​はら​を​て、「この​おとこ​は​我々われわれ​の​こうせい​な​ほうりつ​と​我々われわれ​の​えらんだ​かしこい​ほうりつ​を​ののしって​いる」と​さけんだ。

    25 ​しかし、アミュレク​は​​を​ばし、さらに​ちからづよく​かれら​に​さけんだ。「おお、じゃあく​で​よこしま​な​だい​の​人々ひとびと​よ、なぜ​サタン​は​この​よう​に​あなたがた​の​こころ​を​しっかり​と​らえた​の​か。なぜ​あなたがた​は​サタン​に​ぶんしん​を​ゆだねよう​と​する​の​か。サタン​は​あなたがた​に​げられて​いる​こと​を、あなたがた​が​その​真実しんじつ​な​まま​に​かい​しない​よう​に、あなたがた​を​はい​する​ちから​を​て、あなたがた​の​​を​​くらまして​いる。

    26 よ、わたし​は​あなたがた​の​ほうりつ​に​さからう​あかし​を​べた​か。あなたがた​は​かって​いない。あなたがた​は、わたし​が​あなたがた​の​ほうりつ​を​けなした​と​う​が、わたし​は​その​よう​な​こと​は​して​いない。むしろ​わたし​は、あなたがた​の​ほうりつ​を​​し、あなたがた​が​つみ​に​さだめられる​こと​を​かたった。

    27 よ、わたし​は​あなたがた​に​う。あなたがた​の​ほうりつ​たち​と​さばきつかさ​たち​の​​に​よって、この​たみ​の​めつぼう​の​もとい​が​えられて​いる。」

    28 ​さて、アミュレク​が​これら​の​こと​を​かたった​ところ、人々ひとびと​は​かれ​を​なん​して​さけんだ。「我々われわれ​に​は​かる。この​おとこ​は​あく​の​​だ。我々われわれ​に​​うそ​を​って​いる。この​おとこ​は​我々われわれ​の​ほうりつ​を​けなした。それ​な​の​に、ほうりつ​を​けなさなかった​と​って​いる。

    29 ​そのうえ​この​おとこ​は、我々われわれ​の​ほうりつ​と​さばきつかさ​を​ののしった。」

    30 ​そして​ほうりつ​たち​は、アミュレク​を​める​ため​に​これら​の​ことがら​を​おぼえて​おく​よう​に、人々ひとびと​の​こころ​の​なか​に​それ​を​けた​の​で​ある。

    31 ​その​ほうりつ​たち​の​なか​に、ゼーズロム​と​いう​​の​もの​が​いた。かれ​は​ほうりつ​の​なか​で​は​もっとも​有能ゆうのう​な​もの​の​ひと​で​あり、たみ​の​なか​で​おおく​の​ごと​を​かかえて​いた​ので、アミュレク​と​アルマ​を​めた​ちゅうしん人物じんぶつ​で​あった。

    32 ​この​ほうりつ​たち​の​もくてき​は、えき​を​る​こと​で​あり、かれら​は​ぶん​の​はたらき​に​おうじて​えき​を​た​の​で​あった。