アルマ書10


第10章

リーハイはマナセのそんである。アミュレク,アルマのをするようにてん使からめいじられたことをべる。じんいのりはひとびといのちすくわれるもととなる。ほうりつとさばきつかさが,たみめつぼうもといえる。げんぜんやく八十二ねん

1 さて,アミュレクがアモナイハのひとびといたことは,つぎのとおりである。

2 「わたしはアミュレクである。わたしはギドーナのであり,ギドーナはイシマエルの,イシマエルはアミナダイのそんである。このアミナダイは,しん殿でんかべかみゆびしるされたことかした,あのアミナダイである。

3 そして,アミナダイはニーファイのそんであり,ニーファイはエルサレムのからたリーハイの,リーハイはマナセそん,マナセはあにたちのによってエジプトにられたヨセフである。

4 そしてよ,わたしも,わたしをっているすべてのひとなかではすくなからずしんぼうているものであり,まことによ,わたしにはおおくのしんぞくゆうじんがいる。わたしはまたきんべんはたらいておおきなとみた。

5 それでもわたしは,しゅみちと,しゅおくと,おどろくべきちからについては,まだおおくのことをらない。いや,わたしはこれらのことについておおくをらないとったが,しかしよ,それはちがいである。わたしはすでに,しゅおくと,まことにこのたみいのちまもるためにあらわされたしゅおどろくべきちからを,おおてきたからである。

6 それでもわたしは,こころをかたくなにした。いくたびとなくばれたが,わたしはこうとしなかった。だからわたしは,これらのことについてっていながら,りたいとおもわなかった。そこでわたしは,わるこころのまま,さばきつかさのとうだいねんのこの七がつよっまで,かみそむつづけた。

7 そしてわたしが,ごくぢかしんぞくおうとしてかけたときに,よ,しゅてん使がわたしにあらわれてこうった。『アミュレクよ,あなたはしゅげんしゃものあたえなければならないので,いえもどりなさい。そのげんしゃせいなるひとであり,かみえらばれたひとである。そのひとは,このたみつみのために,いくにちものあいだだんじきをしてえている。あなたはかれぶんいえむかものあたえなさい。そうすれば,かれはあなたとあなたのぞくしゅくふくし,しゅしゅくふくがあなたとあなたのぞくのうえにとどまるであろう。』

8 そこでわたしは,そのてん使こえしたがい,かった。そして,かえちゅうで,てん使がわたしに『ぶんいえむかえよ』とったそのひとった。よ,そのひとこそ,これまであなたがたにかみにかかわることがらについてかたってこられた,このかたである。

9 てん使は,このかたせいなるひとであるとわたしにった。それでわたしは,このかたせいなるひとであることをっている。かみてん使がそうったからである。

10 わたしはまた,このかたあかしされたことがしんじつであることをっている。よ,わたしはあなたがたにう。しゅきておられるように,まことにそのように,しゅぶんてん使つかわして,これらのことをわたしにあきらかにしてくださった。このかたアルマがわたしのいえんでおられたときに,てん使がこれをあきらかにしたのである。

11 よ,このかたはわたしのぞくしゅくふくされた。わたしと,おんなたち,どもたち,わたしのちち,わたしのしんぞく,すなわちわたしのいちぞくぜんいんしゅくふくされたので,このかたげられたことのとおりに,しゅしゅくふくがわたしたちのうえにとどまった。」

12 さて,アミュレクがこれらのことかたえると,ひとびとは,ぶんたちがめをけていることがらについてあかしするしょうにん一人ひとりにとどまらなかったので,またそのしょうにんたちがそのうちにあるげんれいによってしょうらいこることもあかししたので,おどろいた。

13 それでもかれらのなかには,この二人ふたりめようとかんがえたものたちがいた。これらのものは,こうかつさくりゃくによって二人ふたりことじりをとらえ,かれらにしょうつけ,かれらをさばきつかさたちにわたしてほうりつによってさばいてもらい,ぶんたちがかれらについてせかけることができた,あるいはしょうめいできたざいおうじてかれらをころすか,あるいはとうごくするかしようとした。

14 さて,この二人ふたりほろぼそうとしたのはほうりつたちであった。ほうりつとは,ひとびとさいばんのときに,すなわちひとびとがさばきつかさのまえはんざいしんけるときに,かれらにやとわれて,またはにんめいされてほうりつあつかものたちであった。

15 このほうりつたちは,たみのあらゆるさくりゃくわるつうじていた。そして,それによってかれらはそのしょくぎょうたくみにこなしていた。

16 さて,かれらはアミュレクにしつもんはじめ,かれことこんらんこさせようと,すなわち,かれかたことじゅんしょうじさせようとした。

17 しかしかれらは,アミュレクにぶんたちのくわだてがれてしまったのをらなかった。かれらがしつもんはじめたとき,アミュレクはかれらのおもいをいてった。「おお,じゃあくでよこしまなだいひとびとよ,ほうりつたちとぜんしゃたちよ。あなたがたはあくもといえている。かみせいなるひとびとらえるために,わなとしあなけている。

18 じんみちげるためにさくめぐらし,ぶんたちのこうべに,このたみぜんめつするまでかみいかりをまねこうとしている。

19 まことに,われわれさいおうモーサヤがおうゆずろうとしたときにったことは,てきせつであった。モーサヤおうおうゆずあいがだれもいなかったので,このたみは,たみしんこえによっておさめられることになった。そのときに,もしこのたみこえざいあくえらときれば,すなわちこのたみいましめにそむときれば,たみめつぼうじゅくしているとモーサヤおうったが,じつにそのとおりであった。

20 さて,わたしはあなたがたにう。しゅがあなたがたのざいあくさばかれるのはふさわしいことである。しゅぶんてん使たちのこえによってこのたみに,『あらためよ。あらためよ。てんおうこくちかづいているからである』とさけばれるのはふさわしいことである。

21 まことに,しゅてん使こえによって,『わたしはこうへいこうせいたずさえて,わたしのたみなかくだろう』とさけばれるのはふさわしいことである。

22 また,わたしはあなたがたにう。もしもいま,このじんいのがなかったならば,あなたがたはかんぜんめつぼうわれていたことであろう。しかし,それはノアのだいひとびとのようにこうずいによるのではなく,きんえきびょうつるぎによったことであろう。

23 しかし,あなたがたがすくわれているのは,じんいのによる。したがって,もしあなたがたがぶんたちのなかからじんすならば,そのときにしゅをとどめず,はげしいいかりのうちにくだってて,あなたがたをめられるであろう。そのとき,あなたがたはきんえきびょうつるぎによってたれるであろう。あなたがたがあらためなければ,そのときはすでにちかい。」

24 そこで,たみはますますアミュレクにはらて,「このおとこわれわれこうせいほうりつわれわれえらんだかしこほうりつをののしっている」とさけんだ。

25 しかし,アミュレクはばし,さらにちからづよかれらにさけんだ。「おお,じゃあくでよこしまなだいひとびとよ,なぜサタンはこのようにあなたがたのこころをしっかりとらえたのか。なぜあなたがたはサタンにぶんしんをゆだねようとするのか。サタンはあなたがたにげられていることを,あなたがたがそのしんじつなままにかいしないように,あなたがたをはいするちからて,あなたがたのくらましている。

26 よ,わたしはあなたがたのほうりつさからうあかしべたか。あなたがたはかっていない。あなたがたは,わたしがあなたがたのほうりつをけなしたとうが,わたしはそのようなことはしていない。むしろわたしは,あなたがたのほうりつし,あなたがたがつみさだめられることをかたった。

27 よ,わたしはあなたがたにう。あなたがたのほうりつたちとさばきつかさたちのによって,このたみめつぼうもといえられている。」

28 さて,アミュレクがこれらのことかたったところ,ひとびとかれなんしてさけんだ。「われわれにはかる。このおとこあくだ。われわれうそっている。このおとこわれわれほうりつをけなした。それなのに,ほうりつをけなさなかったとっている。

29 そのうえこのおとこは,われわれほうりつとさばきつかさをののしった。」

30 そしてほうりつたちは,アミュレクをめるためにこれらのことがらおぼえておくように,ひとびとこころなかにそれをけたのである。

31 そのほうりつたちのなかに,ゼーズロムというものがいた。かれほうりつなかではもっとゆうのうもの一人ひとりであり,たみなかおおくのごとかかえていたので,アミュレクとアルマをめたちゅうしんじんぶつであった。

32 このほうりつたちのもくてきは,えきることであり,かれらはぶんはたらきにおうじてえきたのであった。