アルマ書28


第28章

レーマンじんはげしいせんとうやぶれる。そのせんとうで,すうまんひとびとぬ。あくにんきゅうこうじょうたいかれ,じんけっしてわりのないこうふくる。げんぜんやく七十七ねんから七十六ねんいたる。

1 さて,アンモンのたみジェルションていじゅうし,きょうかいもジェルションのもうけられ,ニーファイじんぐんたいがジェルションのしゅうに,まことに,ゼラヘムラのしゅうさかいぜんいきはいされたのちよ,レーマンじんぐんたいかれらの同胞はらからってすすんでた。

2 このようにして,すさまじいせんとうはじまった。まことに,リーハイがエルサレムをってらい,このひとびといちけいけんしたことのないせんとうであった。そして,ころされ,ほうぼうらされたレーマンじんすうまんにんにもおよんだ。

3 また,ニーファイのたみにもすさまじいさつりくおよんだが,それでもレーマンじんはらわれらされた。そしてニーファイのたみは,ふたたぶんたちのかえった。

4 これによってくにじゅういたところに,すなわちニーファイのすべてのたみなかおおきななげきとかなしみのこえこった。

5 まことに,やもめはおっとのことをなげき,ちちむすのことを,むすめきょうだいのことを,まことに,きょうだいちちのことをそれぞれなげいてさけんだ。このようにすべてのひとなかで,ころされたしんぞくのことをなげさけごえかれた。

6 さて,これはまことになげきにちたであり,まことに,げんしゅくときだんじきいのりをかさねたときであった。

7 このようにして,ニーファイのたみのさばきつかさのとうだい十五ねんわる。

8 アンモンとかれどうりょうたちがニーファイのたびしたことと,そのけたくるしみ,たんなんはかれないよろこび,同胞はらからがジェルションのむかえられてあんぜんらしたことについてのはなしは,じょうのとおりである。ばんにんあがなぬしであるしゅが,とこしえにかれらをしゅくふくしてくださるように。

9 ニーファイじんなかせんそうあらそい,およびニーファイじんとレーマンじんあいだせんそうについてのはなしじょうのとおりである。これで,さばきつかさのとうだい十五ねんわる。

10 さばきつかさのとうだいねんからだい十五ねんまでのあいだに,なんぜんものひとびところされた。まことに,そのあいだりゅうけつさんもあった。

11 そして,なんぜんものたいちゅうほうむられたが,おもてげられたままちているたいなんぜんとある。また,うちうしなったことでなげいているひとびとなんぜんにんといる。かれらがなげくのは,しゅやくそくによってそのしんぞくきゅうこうじょうたいかれることをおそれるゆうがあるからである。

12 またいっぽうでは,しんぞくうしなったことをまことにかなしみながらも,かれらがよみがえって,けっしてわることのないこうふくじょうたいかみみぎむであろうというのぞみによろこびをかんじ,またしゅやくそくによってそれをってさえいるひとびとなんぜんにんもいる。

13 じょうのことから,あくひとこころらえようとしてくわだてたこうかつさくぼうによってしょうじる,つみそむきとあくちからとのために,ひとびとがどれほどおおきくなるものであるかが,わたしたちにかるのである。

14 またじょうのことから,しゅぶどうえんはたらひとびときんべんであるようにおおいにもとめられていることもかる。さらに,かなしみのおおきなげんいんよろこびのおおきなげんいんについてもかる。かなしみはひとびとなかめつぼうのためにしょうじ,よろこびはいのちいたキリストのひかりのためにしょうじるのである。