アルマ書 15
    脚注

    第​15​章

    アルマ​と​アミュレク、シドム​へ​き、きょうかい​を​せつりつ​する。アルマ、ゼーズロム​を​いやし、ゼーズロム​は​きょうかい​に​にゅう​する。おおく​の​ひと​が​バプテスマ​を​け、きょうかい​が​さかえる。アルマ​と​アミュレク、ゼラヘムラ​へ​かう。げんぜんやく​八十一​ねん

    1 ​さて、アルマ​と​アミュレク​は​その​まち​を​る​よう​に​めいじられた​ので、そこ​を​って​シドム​の​​へ​った。すると​よ、かれら​は​そこ​で、​アモナイハ​の​​を​て​た​すべて​の​ひと​に​った。これら​の​人々ひとびと​は、アルマ​の​こと​を​しんじた​ため​に​され、いし​を​げつけられた​人々ひとびと​で​ある。

    2 ​そこで、ふた​は​かれら​に、かれら​の​さい​たち​の​うえ​に​こった​ごと​を​すべて​はなし、また​ぶん​たち​の​こと​と、ぶん​たち​を​かいほう​した​ちから​の​こと​に​ついて​も​べた。

    3 ​また、ゼーズロム​も​シドム​に​いて、える​よう​な​高熱こうねつ​を​して​病床びょうしょう​に​して​いた。その​高熱こうねつ​は、ぶん​の​あく​の​こと​で​こころ​に​ひどい​くるしみ​を​けた​ため​に​こった​もの​で​あった。かれ​は​アルマ​と​アミュレク​が​もう​きて​いない​と​おもい、ふた​が​ころされた​の​は​ぶん​の​ざいあく​の​ため​で​ある​と​かんがえた​から​で​ある。この​おおきな​つみ​と、その​ほか​かずおおく​の​つみ​に​より​こころ​を​ひどく​くるしめられて、とうとう​介抱かいほう​する​て​も​ない​ほど​こころ​を​ひどく​いためて​しまった。そして、その​ため​に​かれ​は​える​よう​な​ねつ​で​​を​かれ​はじめた​の​で​ある。

    4 ​ところが​ゼーズロム​は、アルマ​と​アミュレク​が​シドム​の​​に​いる​と​く​や、こころ​が​ふるち、すぐに​ふた​に​伝言でんごん​を​おくって、ぶん​の​もと​に​て​ほしい​と​つたえた。

    5 ​そこで​ふた​は、ゼーズロム​から​の​伝言でんごん​に​おうじて​すぐに​かけた。そして、ゼーズロム​の​いる​いえ​に​はいって​った​ところ、かれ​は​える​よう​な​高熱こうねつ​で​じつに​弱々よわよわしい​ありさま​で​んで​とこ​に​して​いた。また​かれ​は、ぶん​の​ざいあく​の​ため​に​ひどく​こころ​を​いためて​いた。そして、ふた​を​る​と、​を​ばし、いやして​ほしい​と​懇願こんがん​した。

    6 ​そこで​アルマ​は​かれ​の​​を​って、「あなた​は​すくい​を​​させる​キリスト​の​ちから​を​しんじ​ます​か」と​たずねた。

    7 ​すると​かれ​は​それ​に​こたえ、「はい。わたし​は​あなた​が​おしえた​こと​を​すべて​しんじて​います」と​った。

    8 ​そこで​アルマ​は、「キリスト​の​あがない​を​しんじる​なら​ば、あなた​は​いやし​を​られ​ます」と​った。

    9 ​すると​かれ​は、「はい。わたし​は​あなた​の​こと​の​とおり​に​しんじて​います」と​こたえた。

    10 ​そこで​アルマ​は、しゅ​に​さけび​もとめて​った。「おお、しゅ​なる​わたしたち​の​かみ​よ、この​ひと​に​あわれみ​を​しめし、キリスト​を​しんじる​この​ひと​の​しんこう​に​おうじて​いやし​を​お​あたえ​ください。」

    11 ​アルマ​が​これら​の​こと​を​かたり​える​と、ゼーズロム​は​がり、そして​あるき​はじめた。これ​は、たみ​の​すべて​の​もの​に​とって​おおきな​おどろき​で​あった。そして、この​こと​は​シドム​の​ぜん​に​れ​わたった。

    12 ​アルマ​は​ゼーズロム​に​バプテスマ​を​ほどこして​しゅ​に​ぞくする​もの​と​し、ゼーズロム​は​その​とき​らいたみ​に​おしえ​を​き​はじめた。

    13 ​そして​アルマ​は、シドム​の​​に​きょうかい​を​せつりつ​し、その​​で​さい​たち​と​きょう​たち​を​聖任せいにん​して、バプテスマ​を​けたい​と​のぞむ​すべて​の​ひと​に​バプテスマ​を​ほどこし、しゅ​に​ぞくする​もの​と​する​よう​に​した。

    14 ​さて、バプテスマ​を​けたい​と​のぞむ​人々ひとびと​は​おおく、シドム​の​しゅう​の​すべて​の​ほう​から​れ​を​して​やって​て、バプテスマ​を​けた。

    15 ​しかし、アモナイハ​の​​に​む​人々ひとびと​は​ぜん​と​して​こころ​の​かたくな​な、ごうじょう​な​たみ​で​あった​ので、アルマ​と​アミュレク​の​ちから​は​すべて​あく​に​よる​もの​で​ある​と​して、ぶん​たち​の​つみ​を​あらためなかった。かれら​は​​ニーホル​の​教団きょうだん​に​ぞくして​おり、ぶん​たち​の​つみ​を​あらためる​ひつよう​が​ある​と​は​しんじて​いなかった​から​で​ある。

    16 ​さて、アミュレク​は​かつて​ぶん​の​とも​で​あった​もの​たち​から​こばまれ、また​ぶん​の​父親ちちおや​や​親族しんぞく​から​も​こばまれた​ので、アモナイハ​の​​に​ある​ぶん​の​きんぎんちょう​な​品々しなじな​を​すべて​かみ​の​こと​の​ため​に​てた。

    17 ​したがって、アルマ​は​シドム​に​きょうかい​を​せつりつ​した​のちおおきな​よくせい​が​はたらいた​こと、まことに、たみ​が​その​こころ​の​たかぶり​を​おさえ、かみ​の​まえ​に​​へりくだる​よう​に​なり、聖壇せいだん​の​まえ​で​かみ​を​れいはい​する​ため​に​聖堂せいどう​に​あつまって、サタン​と​​と​めつぼう​から​すくわれる​よう​に、​を​まして​いて​えず​いのる​よう​に​なった​こと​を​り、

    18 ​すでに​わたし​が​かたった​よう​に、アルマ​は​これら​の​こと​を​すべて​て​から、アミュレク​を​れて​ゼラヘムラ​の​​へ​かい、ぶん​の​いえ​に​かれ​を​むかえた。そして、艱難かんなん​に​って​いる​アミュレク​に​ひつよう​な​もの​を​あたえ、しゅ​に​あって​かれ​を​つよく​した。

    19 ​この​よう​に​して、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい十​ねん​が​わった。