聖典
アルマ書15


第15章

アルマとアミュレク,シドムへき,きょうかいせつりつする。アルマ,ゼーズロムをいやし,ゼーズロムはきょうかいにゅうする。おおくのひとがバプテスマをけ,きょうかいさかえる。アルマとアミュレク,ゼラヘムラへかう。げんぜんやく八十一ねん

1 さて,アルマとアミュレクはそのまちるようにめいじられたので,そこをってシドムのった。するとよ,かれらはそこで,アモナイハたすべてのひとった。これらのひとびとは,アルマのことしんじたためにされいしげつけられたひとびとである。

2 そこで,二人ふたりかれらに,かれらのさいたちのうえこったごとをすべてはなし,またぶんたちのことと,ぶんたちをかいほうしたちからのことについてもべた。

3 また,ゼーズロムもシドムにいて,えるようなこうねつしてびょうしょうしていた。そのこうねつは,ぶんあくのことでこころにひどいくるしみをけたためにこったものであった。かれはアルマとアミュレクがもうきていないとおもい,二人ふたりころされたのはぶんざいあくのためであるとかんがえたからである。このおおきなつみと,そのほかかずおおくのつみによりこころをひどくくるしめられて,とうとうかいほうするてもないほどこころをひどくいためてしまった。そして,そのためにかれえるようなねつかれはじめたのである。

4 ところがゼーズロムは,アルマとアミュレクがシドムのにいるとくや,こころふるち,すぐに二人ふたりでんごんおくって,ぶんのもとにてほしいとつたえた。

5 そこで二人ふたりは,ゼーズロムからのでんごんおうじてすぐにかけた。そして,ゼーズロムのいるいえはいってったところ,かれえるようなこうねつじつよわよわしいありさまんでとこしていた。またかれは,ぶんざいあくのためにひどくこころいためていた。そして,二人ふたりると,ばし,いやしてほしいとこんがんした。

6 そこでアルマはかれって,「あなたはすくいをさせるキリストのちからしんじますか」とたずねた。

7 するとかれはそれにこたえ,「はい。わたしはあなたがおしえたことをすべてしんじています」とった。

8 そこでアルマは,「キリストのあがないをしんじるならば,あなたはいやられます」とった。

9 するとかれは,「はい。わたしはあなたのことのとおりにしんじています」とこたえた。

10 そこでアルマは,しゅさけもとめてった。「おお,しゅなるわたしたちのかみよ,このひとあわれみをしめし,キリストをしんじるこのひとしんこうおうじていやをおあたえください。」

11 アルマがこれらのことかたえると,ゼーズロムはがり,そしてあるはじめた。これは,たみのすべてのものにとっておおきなおどろきであった。そして,このことはシドムのぜんわたった。

12 アルマはゼーズロムにバプテスマをほどこしてしゅぞくするものとし,ゼーズロムはそのときらいたみおしえをはじめた。

13 そしてアルマは,シドムのきょうかいせつりつし,そのさいたちときょうたちをせいにんして,バプテスマをけたいとのぞむすべてのひとにバプテスマをほどこし,しゅぞくするものとするようにした。

14 さて,バプテスマをけたいとのぞひとびとおおく,シドムのしゅうのすべてのほうかられをしてやってて,バプテスマをけた。

15 しかし,アモナイハのひとびとぜんとしてこころのかたくなな,ごうじょうたみであったので,アルマとアミュレクのちからはすべてあくによるものであるとして,ぶんたちのつみあらためなかった。かれらはニーホルきょうだんぞくしており,ぶんたちのつみあらためるひつようがあるとはしんじていなかったからである。

16 さて,アミュレクはかつてぶんともであったものたちからこばまれ,またぶんちちおやしんぞくからもこばまれたので,アモナイハのにあるぶんきんぎんちょうしなじなをすべてかみことのためにてた

17 したがって,アルマはシドムにきょうかいせつりつしたのちおおきなよくせいはたらいたこと,まことに,たみがそのこころたかぶりをおさえ,かみまえへりくだるようになり,せいだんまえかみれいはいするためにせいどうあつまって,サタンとめつぼうからすくわれるように,ましていてえずいのるようになったことをり,

18 すでにわたしがかたったように,アルマはこれらのことをすべててから,アミュレクをれてゼラヘムラのかい,ぶんいえかれむかえた。そして,かんなんっているアミュレクにひつようなものをあたえ,しゅにあってかれつよくした。

19 このようにして,ニーファイのたみのさばきつかさのとうだいねんわった。