アルマ書57


第57章

ヒラマン,アンテパラのだっかいわたしと,クメナイのぼうぎょについてべる。アンモンじんせいねんたち,ゆうかんたたかう。ぜんいんしょうするが,一人ひとりなない。ギド,りょのレーマンじんさつがいとうぼうについてほうこくする。げんぜんやく六十三ねん

1 「さて,わたしはおうのアモロンからがみりましたが,それは,もしわたしたちがらえたりょわたすならば,アンテパラのまちをわたしたちにゆずわたそうというものでした。

2 しかし,わたしはおうがみおくり,わたしたちのぐんたいにはりきでアンテパラのまちかえちからがあるとかくしんしているので,りょまちこうかんするのはけんめいではないとおもう,したがって,りょどうこうかんするときにのみりょわたすつもりである,とげました。

3 するとアモロンは,りょこうかんはしたくなかったので,わたしのがみでのもうきょぜつしました。そこでわたしたちは,アンテパラのまちめるじゅんととのえました。

4 ところが,アンテパラのたみはそのまちり,かれらがはいしていたほかのまちげてき,それらのまちぼうかためました。このようにして,アンテパラのまちはわたしたちのちました。

5 このようにして,さばきつかさのとうだい二十八ねんわりました。

6 さて,だい二十九ねんはじめに,わたしたちはゼラヘムラのしゅうへんから,しょくりょうと六千にんえんぺいけ,またほかにアンモンじんむすたち六十にんかれらの同胞はらから,すなわち二千にんからるわたしのちいさなぐんたいくわわりました。そしてまことに,わたしたちはつよくなり,またしょくりょうもたくさんきゅうされました。

7 そこでわたしたちは,クメナイのまちまもるためにはいされているぐんたいいっせんまじえたいとおもいました。

8 さて,まことに,わたしたちがやがてぶんたちののぞみをげたことをあなたにあきらかにしたいとおもいます。まことにわたしたちは,クメナイのまちものしょくりょうることになっていたすこまえから,わたしたちのつよぐんたいをもって,いや,わたしたちのつよぐんたいいちをもって,よるそのまちほうしました。

9 そしてわたしたちは,いくばんもそのまちしゅうえいしました。しかしわたしたちは,よるまぎれてレーマンじんおそわれ,ころされることのないように,つるぎけたままねむり,またりのへいきました。それでもかれらは,なんしゅうげきこころみて,そのたびかれらのながされたのでした。

10 そのうちにやっとかれらのしょくりょうとうちゃくし,レーマンじんよるまぎれてまちはいろうとしました。ところが,わたしたちはレーマンじんではなくニーファイじんであったので,かれらをらえ,かれらのしょくりょううばいました。

11 しかしレーマンじんは,このようにしてきゅうたれたにもかかわらず,なおもそのまちまもとおそうとけつしていました。そこでわたしたちは,それらのしょくりょうはこんでユダヤにおくり,またりょはゼラヘムラのおくひつようがありました。

12 そして,それほどおおくのにっすうがたたないうちに,レーマンじんきゅうえんられるのぞみをすっかりうしない,そのまちをわたしたちのわたしました。このようにして,わたしたちはクメナイのまちれるけいかくたっせいしました。

13 しかし,りょかずはなはおおかったので,わたしたちのへいかずじょうおおかったにもかかわらず,わたしたちはかれらをるのにぜんぐんもちいるか,そうでなければかれらをしょけいするかしなければなりませんでした。

14 というのは,まことにかれらはおおぜいし,いしやこんぼうや,そのほかはいるものをなんでもってたたかおうとしたからです。そのために,かれらがこうふくしてりょになったのち,わたしたちはかれらのなかの二千にんじょうころしました。

15 そのようなわけで,わたしたちはかれらのいのちるか,そうでなければつるぎにしたままかれらをゼラヘムラのそうしてくことがひつようになりました。そのうえ,わたしたちがぜんにレーマンじんからうばったしょくりょうがあったにもかかわらず,しょくりょうはわたしたちのぐんたいにもじゅうぶんではありませんでした。

16 そのようなあやういじょうきょうもとで,このりょたちについてはんだんくだすことはじょうじゅうだいもんだいとなりました。にもかかわらず,かれらをゼラヘムラのおくることにしました。そして,へいいちえらんでりょにんかれらにあたえ,ゼラヘムラのくだってかせました。

17 ところがそのよくじつかれらはもどってました。それでも,まことに,わたしたちはかれらにりょのことをたずねませんでした。まことに,わたしたちはそのときレーマンじんめられており,かれらはちょうどよいときにもどってて,わたしたちがレーマンじんちるのをすくってくれたからです。というのは,まことに,レーマンじんえんするために,アモロンがあらたなしょくりょうおおぜいへいおくってきたからでした。

18 そして,わたしたちがりょけておくしたへいたちは,わたしたちがまさにレーマンじんかされようとしたときに,ちょうどおりよくとうちゃくしてかれらをめてくれたのです。

19 しかしまことに,二千六十にんへいからるわたしのちいさなぐんたいひったたかい,まことに,かれらはレーマンじんまえかっとしてちはだかり,かってるすべてのものころしました。

20 わたしたちのぐんたいのほかのへいたちがレーマンじんまえから退たいきゃくしようとしていたときに,まことにその二千六十にんへいかっとしており,ひるみませんでした。

21 まことに,かれらはすべてのごうれいしたがってそのとおりにおこなうようにつとめたのです。そして,じつかれらのしんこうおうじて,そのようになりました。そのことでわたしは,かれらがははおやたちからおそわったとってわたしにはなしてくれたことおもしました。

22 さてまことに,わたしたちがこのだいしょうおさめたのは,じつにわたしのこのむすたちと,えらばれてりょそうしてったそのへいたちのおかげです。レーマンじんかしたのは,これらのへいたちでした。そしてレーマンじんは,マンタイのまちかえされました。

23 わたしたちはクメナイのまちまもり,ぜんいんつるぎほろぼされることはけられたものの,それでもわたしたちはおおきなそんがいこうむっていました。

24 さて,レーマンじんったのち,わたしはすぐに,しょうしたへいしゃなかからすようにめいれいくだし,かれらのきずてをし,ほうたいをさせました。

25 さて,わたしの二千六十にんへいのうち,二百にんしっけつのためにしきうしなっていました。にもかかわらず,かみいつくしみによってだれ一人ひとりなずにんだことは,わたしたちにとってまったくおどろきであり,またわたしたちぜんぐんよろこびでもありました。かれらのなかにはきずをたくさんわなかったもの一人ひとりもいませんでした。

26 かれらがまもられたのは,わたしたちぜんぐんにとっておどろきでした。千にん同胞はらからころされながら,かれらはいのちすくわれたのです。それはかみせきこすちからによったものとかんがえざるをません。かれらはしんじるようにおしえられたことをふかしんじていたので,すなわち,こうせいかみがましますことと,うたがわないものはだれでもかみおどろくべきちからによってまもられるということをふかしんじていたので,それがこったのです。

27 わたしのべてきたこれらのものたちは,これをしんじていました。かれらはわかいながらもかんがえはしっかりしていて,えずかみたよっています。

28 さて,このようにかたしょうへいえ,かたしゃおおくのレーマンじんしゃほうむえたのち,まことに,わたしたちはギドに,かれらがゼラヘムラのれてったりょたちのことをたずねました。

29 ギドは,そのかれらをそうしてくようににんめいされたぐんたいれんたいちょうでした。

30 ギドがわたしにべたことは,つぎのとおりです。『まことに,わたしたちはりょれてゼラヘムラのくだってくためにしゅっぱつしました。するとちゅうで,レーマンじんぐんるためにつかわされていたわたしたちのぐんみっていたちにいました。

31 ところが,かれらはわたしたちにかって,「よ,レーマンじんぐんがクメナイのまちかってすすんでいる。よ,かれらはクメナイのまちにいるものおそい,わたしたちのたみほろぼすつもりだ」とさけんだのです。

32 そこでりょたちは,かれらのさけごえいていさち,わたしたちにたいしてぼうどうこしました。

33 さて,かれらがぼうどうこしたので,わたしたちはつるぎかれらをちました。かれらがいちだんとなってわたしたちのつるぎがけてはしってたため,わたしたちはかれらのたいはんころしました。しかし,のこりのものたちはわたしたちをけてげてってしまいました。

34 まことに,かれらがげてしまい,いつけなかったので,わたしたちはクメナイのまちかっていそいですすみ,まことに,ちょうどよいときにとうちゃくして,まちまもっていた同胞はらからたすけることができました。

35 まことにわたしたちは,てきからまたすくされました。わたしたちのかみがほめたたえられますように。まことに,わたしたちのかみはわたしたちをすくし,まことに,わたしたちのためにこのようなおおいなることをおこなってくださいました。』

36 さて,わたしヒラマンはギドのこのことくと,わたしたちをまもってわたしたちぜんいんほろびることのないようにしてくださっているかみいつくしみをおもい,じょうよろこびにたされました。またわたしは,これまでにころされたひとびとれいがすでにかみあんそくはいっているものとしんじています。」