アルマ書 57
脚注
テーマ

第​57​章

ヒラマン、アンテパラ​の​奪回だっかい​と​わたし​と、クメナイ​の​ぼうぎょ​に​ついて​べる。アンモンじん​の​青年せいねん​たち、ゆうかん​に​たたかう。ぜんいん​が​しょう​する​が、ひと​も​なない。ギド、りょ​の​レーマンじん​の​殺害さつがい​と​逃亡とうぼう​に​ついて​ほうこく​する。げんぜんやく​六十三​ねん

1 「さて、わたし​は​おう​の​アモロン​から​がみ​を​り​ました​が、それ​は、もし​わたしたち​が​らえた​りょ​を​わたす​なら​ば、アンテパラ​の​まち​を​わたしたち​に​ゆずわたそう​と​いう​もの​でした。

2 ​しかし、わたし​は​おう​に​がみ​を​おくり、わたしたち​の​ぐんたい​に​は​りき​で​アンテパラ​の​まち​を​かえす​ちから​が​ある​と​かくしん​して​いる​ので、りょ​と​まち​を​こうかん​する​の​は​賢明けんめい​で​は​ない​と​おもう、したがって、りょどう​を​こうかん​する​とき​に​のみ​りょ​を​わたす​つもり​で​ある、と​げ​ました。

3 ​すると​アモロン​は、りょ​の​こうかん​は​したくなかった​ので、わたし​の​がみ​で​の​もう​を​拒絶きょぜつ​しました。そこで​わたしたち​は、アンテパラ​の​まち​を​める​じゅん​を​ととのえ​ました。

4 ​ところが、アンテパラ​の​たみ​は​その​まち​を​り、かれら​が​はい​して​いた​ほか​の​まち​へ​げて​き、それら​の​まち​の​ぼう​を​かため​ました。この​よう​に​して、アンテパラ​の​まち​は​わたしたち​の​​に​ち​ました。

5 ​この​よう​に​して、さばきつかさ​の​とうだい​二十八​ねん​が​わり​ました。

6 ​さて、だい​二十九​ねん​の​はじめ​に、わたしたち​は​ゼラヘムラ​の​​と​周辺しゅうへん​の​​から、食糧しょくりょう​と​六千​にん​の​援兵えんぺい​を​け、また​ほか​に​アンモンじん​の​むす​たち​六十​にん​が​かれら​の​同胞はらから、すなわち​二千​にん​から​る​わたし​の​ちいさな​ぐんたい​に​くわわり​ました。そして​まことに、わたしたち​は​つよく​なり、また​食糧しょくりょう​も​たくさん​きゅう​され​ました。

7 ​そこで​わたしたち​は、クメナイ​の​まち​を​まもる​ため​に​はい​されて​いる​ぐんたい​と​一戦いっせんまじえたい​と​おもい​ました。

8 ​さて、まことに、わたしたち​が​やがて​ぶん​たち​の​のぞみ​を​げた​こと​を​あなた​に​あきらか​に​したい​と​おもい​ます。まことに​わたしたち​は、クメナイ​の​まち​の​もの​が​食糧しょくりょう​を​る​こと​に​なって​いた​すこし​まえ​から、わたしたち​の​つよい​ぐんたい​を​もって、いや、わたしたち​の​つよい​ぐんたい​の​いち​を​もって、よる​その​まち​を​ほう​しました。

9 ​そして​わたしたち​は、いくばん​も​その​まち​の​しゅう​で​えい​しました。しかし​わたしたち​は、よる​に​まぎれて​レーマンじん​に​おそわれ、ころされる​こと​の​ない​よう​に、つるぎ​を​​に​けた​まま​ねむり、また​り​の​へい​を​き​ました。それでも​かれら​は、なん​も​しゅうげき​を​こころみて、その​たび​に​かれら​の​​が​ながされた​の​でした。

10 ​そのうち​に​やっと​かれら​の​食糧しょくりょう​が​とうちゃく​し、レーマンじん​は​よる​に​まぎれて​まち​に​はいろう​と​しました。ところが、わたしたち​は​レーマンじん​で​は​なく​ニーファイじん​で​あった​ので、かれら​を​らえ、かれら​の​食糧しょくりょう​を​うばい​ました。

11 ​しかし​レーマンじん​は、この​よう​に​して​きゅう​を​たれた​に​も​かかわらず、なお​も​その​まち​を​まもり​とおそう​と​けつ​して​いました。そこで​わたしたち​は、それら​の​食糧しょくりょう​を​はこんで​ユダヤ​に​おくり、また​りょ​は​ゼラヘムラ​の​​に​おくる​ひつよう​が​あり​ました。

12 ​そして、それほど​おおく​の​日数にっすう​が​たたない​うち​に、レーマンじん​は​救援きゅうえん​を​られる​のぞみ​を​すっかり​うしない、その​まち​を​わたしたち​の​​に​わたし​ました。この​よう​に​して、わたしたち​は​クメナイ​の​まち​を​​に​れる​けいかく​を​達成たっせい​しました。

13 ​しかし、りょ​の​かず​が​はなはだ​おおかった​ので、わたしたち​の​へい​の​かず​が​じょう​に​おおかった​に​も​かかわらず、わたしたち​は​かれら​を​る​の​に​ぜんぐん​を​もちいる​か、そう​で​なければ​かれら​を​処刑しょけい​する​か​しなければ​なりません​でした。

14 ​と​いう​の​は、まことに​かれら​は​おおぜい​で​し、いし​や​こんぼう​や、その​ほか​​に​はいる​もの​を​なんでも​​に​って​たたかおう​と​した​から​です。その​ため​に、かれら​が​こうふく​して​りょ​に​なった​のち、わたしたち​は​かれら​の​なか​の​二千​にんじょう​を​ころし​ました。

15 ​その​よう​な​わけ​で、わたしたち​は​かれら​の​いのち​を​る​か、そう​で​なければ​つるぎ​を​​に​した​まま​かれら​を​ゼラヘムラ​の​​へ​そう​して​く​こと​が​ひつよう​に​なり​ました。そのうえ、わたしたち​が​ぜん​に​レーマンじん​から​うばった​食糧しょくりょう​が​あった​に​も​かかわらず、食糧しょくりょう​は​わたしたち​の​ぐんたい​に​も​十分じゅうぶん​で​は​あり​ません​でした。

16 ​その​よう​な​あやうい​状況じょうきょう​の​もと​で、この​りょ​たち​に​ついて​判断はんだん​を​くだす​こと​は​じょう​に​じゅうだい​な​問題もんだい​と​なり​ました。に​も​かかわらず、かれら​を​ゼラヘムラ​の​​へ​おくる​こと​に​しました。そして、へい​の​いち​を​えらんで​りょ​を​る​にん​を​かれら​に​あたえ、ゼラヘムラ​の​​へ​くだって​かせ​ました。

17 ​ところが​その​よくじつかれら​は​もどって​ました。しかし、わたしたち​は​かれら​に​りょ​の​こと​を​たずね​ません​でした。まことに、わたしたち​は​その​とき​レーマンじん​に​められて​おり、かれら​は​ちょうど​よい​とき​に​もどって​て、わたしたち​が​レーマンじん​の​​に​ちる​の​を​すくって​くれた​から​です。と​いう​の​は、まことに、レーマンじん​を​えん​する​ため​に、アモロン​が​あらた​な​食糧しょくりょう​と​おおぜい​の​へい​を​おくって​きた​から​でした。

18 ​そして、わたしたち​が​りょ​に​けて​おくした​へい​たち​は、わたしたち​が​まさに​レーマンじん​に​かされよう​と​した​とき​に、ちょうど​おりよく​とうちゃく​して​かれら​を​めて​くれた​の​です。

19 ​しかし​まことに、二千六十​にん​の​へい​から​る​わたし​の​ちいさな​ぐんたい​は​ひっ​に​たたかい、まことに、かれら​は​レーマンじん​の​まえ​に​かっ​と​して​ちはだかり、かって​る​すべて​の​もの​を​ころし​ました。

20 ​わたしたち​の​ぐんたい​の​ほか​の​へい​たち​が​レーマンじん​の​まえ​から​退却たいきゃく​しよう​と​して​いた​とき​に、まことに​その​二千六十​にん​の​へい​は​かっ​と​して​おり、ひるみ​ません​でした。

21 ​まことに、かれら​は​すべて​の​号令ごうれい​に​したがって​その​とおり​に​おこなう​よう​に​つとめた​の​です。そして、じつに​かれら​の​しんこう​に​おうじて、その​よう​に​なり​ました。その​こと​で​わたし​は、かれら​が​母親ははおや​たち​から​おそわった​と​って​わたし​に​はなして​くれた​こと​を​おもし​ました。

22 ​わたしたち​が​この​だいしょう​を​おさめた​の​は、じつに​わたし​の​この​むす​たち​と、えらばれて​りょ​を​そう​して​った​その​へい​たち​の​おかげ​です。レーマンじん​を​ち​かした​の​は、これら​の​へい​たち​でした。そして​レーマンじん​は、マンタイ​の​まち​へ​かえされ​ました。

23 ​わたしたち​は​クメナイ​の​まち​を​まもり、ぜんいん​が​つるぎ​で​ほろぼされる​こと​は​けられた​もの​の、それでも​わたしたち​は​おおきな​損害そんがい​を​こうむって​いました。

24 ​さて、レーマンじん​が​げ​った​のち、わたし​は​すぐに、しょう​した​へい​を​しゃ​の​なか​から​す​よう​に​命令めいれい​を​くだし、かれら​の​きず​の​て​を​し、包帯ほうたい​を​させ​ました。

25 ​さて、わたし​の​二千六十​にん​の​へい​の​うち、二百​にん​が​失血しっけつ​の​ため​に​しき​を​うしなって​いました。に​も​かかわらず、かみ​の​いつくしみ​に​よって​​だれ​ひとなず​に​んだ​こと​は、わたしたち​に​とって​まったく​おどろき​で​あり、また​わたしたち​ぜんぐん​の​よろこび​で​も​あり​ました。かれら​の​なか​に​は​きず​を​たくさん​わなかった​もの​は​ひと​も​いません​でした。

26 かれら​が​まもられた​の​は、わたしたち​ぜんぐん​に​とって​おどろき​でした。千​にん​の​同胞はらから​が​ころされ​ながら、かれら​は​いのち​を​すくわれた​の​です。それ​は​かみ​の​せき​を​こす​ちから​に​よった​もの​と​かんがえざる​を​​ません。かれら​は​しんじる​よう​に​おしえられた​こと​を​ふかく​しんじて​いた​ので、すなわち、こうせい​な​かみ​が​まします​こと​と、うたがわない​もの​は​だれでも​かみ​の​おどろく​べき​ちから​に​よって​まもられる​と​いう​こと​を​ふかく​しんじて​いた​ので、それ​が​こった​の​です。

27 ​わたし​の​べて​きた​これら​の​もの​たち​は、これ​を​しんじて​いました。かれら​は​わかい​ながら​も​かんがえ​は​しっかり​して​いて、えず​かみ​に​たよって​います。

28 ​さて、この​よう​に​かた​の​しょうへい​の​​を​え、かた​の​しゃ​と​おおく​の​レーマンじん​の​しゃ​を​ほうむり​えた​のち、わたしたち​は​ギド​に、かれら​が​ゼラヘムラ​の​​へ​れてった​りょ​たち​の​こと​を​たずね​ました。

29 ​ギド​は、その​​に​かれら​を​そう​して​く​よう​に​にんめい​された​ぐんたい​の​連隊長れんたいちょう​でした。

30 ​ギド​が​わたし​に​べた​こと​は、つぎ​の​とおり​です。『まことに、わたしたち​は​りょ​を​れて​ゼラヘムラ​の​​へ​くだって​く​ため​に​しゅっぱつ​しました。すると​ちゅう​で、レーマンじん​の​ぐん​を​る​ため​に​つかわされて​いた​わたしたち​の​ぐん​の​密偵みってい​たち​に​い​ました。

31 ​ところが、かれら​は​わたしたち​に​かって、「レーマンじん​の​ぐん​が​クメナイ​の​まち​へ​かって​すすんで​いる。かれら​は​クメナイ​の​まち​に​いる​もの​を​おそい、わたしたち​の​たみ​を​ほろぼす​つもり​だ」と​さけんだ​の​です。

32 ​そこで​りょ​たち​は、かれら​の​さけび​ごえ​を​いて​いさち、わたしたち​に​たいして​ぼうどう​を​こし​ました。

33 ​さて、かれら​が​ぼうどう​を​こした​ので、わたしたち​は​つるぎ​で​かれら​を​ち​ました。かれら​が​一団いちだん​と​なって​わたしたち​の​つるぎ​を​がけて​はしり​って​た​ため、わたしたち​は​かれら​の​大半たいはん​を​ころし​ました。しかし、のこり​の​もの​たち​は​わたしたち​を​けて​げて​って​しまい​ました。

34 ​まことに、かれら​が​げて​しまい、いつけなかった​ので、わたしたち​は​クメナイ​の​まち​へ​かって​いそいで​すすみ、まことに、ちょうど​よい​とき​に​とうちゃく​して、まち​を​まもって​いた​同胞はらから​を​たすける​こと​が​でき​ました。

35 ​まことに​わたしたち​は、てき​の​​から​また​すくい​され​ました。わたしたち​の​かみ​の​​が​ほめ​たたえられ​ます​よう​に。まことに、わたしたち​の​かみ​は​わたしたち​を​すくい​し、まことに、わたしたち​の​ため​に​この​よう​な​おおいなる​こと​を​おこなって​ください​ました。』

36 ​さて、わたし​ヒラマン​は​ギド​の​この​こと​を​く​と、わたしたち​を​まもって​わたしたち​ぜんいん​が​ほろびる​こと​の​ない​よう​に​して​くださって​いる​かみ​の​いつくしみ​を​おもい、じょう​な​よろこび​に​たされ​ました。また​わたし​は、これまで​に​ころされた​人々ひとびと​の​れい​が​すでに​かみ​の​あんそく​に​はいって​いる​もの​と​しんじて​います。」