アルマ書 51
脚注
テーマ

第​51​章

王政おうせいとう​の​もの​たち、ほうりつ​を​えて​おう​を​てよう​と​する。パホーラン​と​ゆうとうたみ​の​こえ​に​よって​​される。モロナイ、王政おうせいとう​の​もの​たち​に、たたかって​くに​を​まもる​よう​に​もとめ、したがわなければ​処刑しょけい​する​こと​を​げる。アマリキヤ​と​レーマンじん​は​とりで​で​かためられた​おおく​の​まち​を​占領せんりょう​する。テアンクム、レーマンじん​の​侵略しんりゃく​を​撃退げきたい​し、アマリキヤ​を​てんまく​の​なか​で​ころす。げんぜんやく​六十七​ねん​から​六十六​ねん​に​いたる。

1 ​さて、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい​二十五​ねん​の​はじめ​に​は、かれら​は​リーハイ​の​たみ​と​モリアントン​の​たみ​と​の​あいだ​に​かれら​の​​の​こと​に​ついて​かい​を​かくりつ​して​おり、だい​二十五​ねん​が​平穏へいおん​に​はじまった。

2 ​しかし、こくない​の​完全かんぜん​な​へい​は​ながく​は​つづかなかった。だい​さばきつかさ​の​パホーラン​に​ついて​たみ​の​なか​に​あらそい​が​こった​の​で​ある。と​いう​の​は、ほうりつ​の​条項じょうこう​を​すこし​えて​ほしい​と​のぞんだ​もの​たち​が​たみ​の​なか​に​いた​から​で​ある。

3 ​しかし​よ、パホーラン​は​ほうりつ​を​える​こと​を​のぞまず、また​ほうりつ​が​えられる​の​を​みとめよう​と​も​おもわなかった。その​ため、ほうりつ​の​へんこう​に​ついて​請願せいがん​の​かたち​で​けん​を​ひょうめい​した​もの​たち​の​う​こと​に​も、かれ​は​みみ​を​かたむけなかった。

4 ​その​ため、ほうりつ​が​へんこう​される​こと​を​ねがった​もの​たち​は​かれ​に​はら​を​て、かれ​が​つづき​くに​の​だい​さばきつかさ​で​ある​の​を​のぞまなかった。その​けっ、その​けん​に​ついて​はげしい​ろんそう​が​こった​が、​を​ながす​に​は​いたらなかった。

5 ​さて、パホーラン​を​さばきつかさ​の​しょく​から​退しりぞける​こと​を​ねがった​もの​たち​は、王政おうせいとう​と​ばれた。かれら​は​ほうりつ​を​へんこう​して​ゆう政体せいたい​を​はいし、くに​を​おさめる​おう​を​てる​こと​を​ねがった​から​で​ある。

6 ​また、パホーラン​が​つづき​くに​を​おさめる​だい​さばきつかさ​で​いる​こと​を​ねがった​人々ひとびと​は、みずから​ゆうとう​と​しょうした。この​よう​に​して、たみ​の​なか​に​分裂ぶんれつ​が​しょうじた。ゆうとう​の​人々ひとびと​は、ゆう政体せいたい​に​よって​ぶん​たち​の​けん​と​宗教しゅうきょう​の​とっけん​を​まもる​こと​を​ちかった、すなわち​せいやく​した​から​で​ある。

7 ​さて、両者りょうしゃ​の​あらそい​に​かんする​この​けん​は、たみ​の​こえ​に​より​解決かいけつ​された。そして、たみ​の​こえ​に​より​ゆうとう​が​​を​け、パホーラン​は​さばきつかさ​の​しょく​を​たもった。これ​は​パホーラン​の​同胞はらから​と​ゆう​を​ねがう​おおく​の​ひと​に​おおきな​よろこび​を​あたえた。また、この​よう​に​して​かれら​は​王政おうせいとう​の​もの​たち​を​沈黙ちんもく​させた​ので、王政おうせいとう​の​もの​たち​は​あえて​反対はんたい​せず、かた​なし​に​ゆう​の​たい​を​まもる​こと​に​なった。

8 おう​を​てる​こと​を​​した​もの​たち​は​上流じょうりゅう​の​まれ​の​もの​で​あり、ぶん​が​おう​に​なろう​と​して​いた。そして​かれら​は、たみ​を​おさめる​けんりょく​と​権能けんのう​を​よう​と​した​もの​たち​から​​を​けた。

9 ​しかし​よ、この​よう​な​あらそい​が​ニーファイ​の​たみ​の​なか​に​あった​この​とき​は、​で​あった。アマリキヤ​が​ふたたび​レーマンじん​の​たみ​の​こころ​を​あおって、ニーファイじん​の​たみ​に​たいして​反感はんかん​を​いだかせて​いた​から​で​ある。そして​かれ​は、ぶん​の​くに​の​ぜんほう​から​へい​を​あつめ、かれら​を​そう​させ、着々ちゃくちゃく​と​せんそう​の​じゅん​を​して​いた。かれ​は​モロナイ​の​​を​む​と​ちかって​いた​から​で​ある。

10 ​しかし​よ、のち​に​かる​よう​に、かれ​が​てた​やくそく​は​分別ふんべつ​な​もの​で​あった。それでも、かれ​は​ニーファイじん​を​める​ため​に、ぶんしん​と​ぶん​の​ぐんたい​を​そなえて​いた。

11 かれ​の​ぐんたい​は​すでに​ニーファイじん​の​​に​よって​なんぜんにん​も​ころされて​いた​ので、その​人数にんずう​は​ぜん​ほど​おおくなかった。しかし、だい​の​損害そんがい​を​こうむって​いた​に​も​かかわらず、アマリキヤ​は​おどろく​ほど​の​大軍たいぐん​を​あつめた​ので、ゼラヘムラ​の​​へ​かう​こと​を​おそれなかった。

12 ​まことに、アマリキヤ​しん​が​レーマンじん​を​ひきいて​くだって​た。それ​は​さばきつかさ​の​とうだい​二十五​ねん​の​こと​で​あり、だい​さばきつかさ​パホーラン​に​かんする​あらそい​の​問題もんだい​が​おさまり​はじめた​ちょうど​その​とき​で​あった。

13 ​さて、王政おうせいとう​と​ばれた​人々ひとびと​は、レーマンじん​が​ニーファイじん​と​たたかう​ため​に​すすんで​て​いる​と​いて​内心ないしんよろこんだ。そして​かれら​は、​を​る​こと​を​こばんだ。かれら​は​だい​さばきつかさ​と​ゆう​を​ねがう​人々ひとびと​の​こと​を​ひどく​いかって​いた​ので、​を​って​くに​を​まもる​ち​が​なかった​から​で​ある。

14 ​さて、モロナイ​は​この​こと​を​り、さらに​レーマンじん​が​国境こっきょう​を​えて​いる​の​を​る​と、ぶん​が​これまで​それら​の​人々ひとびと​を​まもる​ため​に​せいいっぱい​つとめて​きた​に​も​かかわらず、かれら​が​かたくな​で​ある​の​を​じょう​に​いかった。かれ​は​げき​し、かれ​の​こころ​は​かれら​に​たいする​いかり​で​いっぱい​に​なった。

15 ​そして​かれ​は、たみ​の​こえ​を​けて、くに​の​そうとく​に​請願せいがんしょ​を​おくって​それ​を​む​よう​に​もとめ、ぶん​たち​の​くに​を​まもる​よう​に​それら​の​はんしゃ​たち​に​きょうよう​する​ちから​と、また​したがわなければ​かれら​を​処刑しょけい​する​ちから​を​ぶん(モロナイ)に​あたえて​ほしい​と​ねがった。

16 かれ​が​だい一​に​なす​べき​こと​は、たみ​の​なか​に​この​よう​な​あらそい​と​​を​なくす​こと​で​あった。と​いう​の​は、よ、たみ​の​なか​の​あらそい​と​たいりつ​が​これまで​かれら​の​こうむった​すべて​の​めつぼう​の​原因げんいん​と​なって​きた​から​で​ある。そして​それ​は、たみ​の​こえ​に​おうじて​とどけられた。

17 ​そこで​モロナイ​は、ぶん​の​ぐんたい​に、それら​王政おうせいとう​の​もの​たち​と​たたかって​かれら​の​こうまん​と​とっけんしき​を​ち​たおし、かれら​を​​に​たおす​よう​に、そう​で​なければ​かれら​に​​を​って​ゆう​の​たい​を​まもらせる​よう​に​めいじた。

18 ​そこで、ぐんたい​が​かれら​に​かって​しんぐん​し、かれら​の​こうまん​と​とっけんしき​を​ち​たおした。かれら​の​なか​で​​を​げて​モロナイ​の​へい​に​かう​もの​は、られて​​に​たおされた。

19 ​そして、はんしゃ​たち​の​なか​の​四千​にん​が​つるぎ​で​り​たおされた。また、たたかい​で​ころされなかった​かれら​の​どうしゃ​たち​は、らえられて、すぐに​しん​する​ひま​が​なかった​ので​ろう​に​れられた。

20 ​また、のこり​の​はんしゃ​たち​は、つるぎ​に​よって​​に​ち​たおされる​より​も​ゆう​の​はた​に​したがう​こと​を​えらんだ。そして、かたなく​ぶん​たち​の​やぐら​と​ぶん​たち​の​まち​に​ゆう​の​はた​を​かかげ、また​くに​を​まもる​ため​に​​を​った。

21 ​この​よう​に​して、モロナイ​は​王政おうせいとう​の​もの​たち​を​ほろぼし、王政おうせいとう​と​いう​​で​られる​もの​は​だれ​ひと​いなく​なった。また、この​よう​に​して​かれ​は、こう​な​けっとう​の​​で​ある​と​しゅちょう​した​もの​たち​の​ごうじょう​と​こうまん​を​くじいた。そして​かれら​は、同胞はらから​の​よう​に​謙遜けんそん​に​なり、れい​と​ならない​ため​に​ゆうかん​に​たたかう​よう​に​なった。

22 ​さて​よ、​モロナイ​が​この​よう​に​ぶん​の​たみ​の​なか​の​たたかい​と​あらそい​を​しずめ、たみ​の​なか​に​へい​と​ちつじょ​を​かくりつ​し、レーマンじん​と​たたかう​じゅん​を​する​ため​の​そく​を​さだめて​いる​あいだ​に、レーマンじん​は​海岸かいがん​に​ちかい​ほう​に​ある​モロナイ​の​​に​はいって​た。

23 ​そして、モロナイ​の​まち​に​いた​ニーファイじん​は​えられる​ほど​つよくなかった​ので、アマリキヤ​は​かれら​を​し、おおく​の​もの​を​ころした。そして、アマリキヤ​は​その​まち​を​占領せんりょう​し、まことに​すべて​の​とりで​を​占領せんりょう​した。

24 ​そこで、モロナイ​の​まち​から​した​人々ひとびと​は、ニーファイハ​の​まち​へ​った。また、リーハイ​の​まち​の​たみ​も​あつまって​じゅん​を​ととのえ、レーマンじん​を​むかつ​よう​を​した。

25 ​しかし、アマリキヤ​は​レーマンじん​に​ニーファイハ​の​まち​を​め​させよう​と​しないで、海岸かいがんちかく​に​かれら​を​とどめ、それぞれ​の​まち​に​そこ​を​まもる​へい​を​いた。

26 ​この​よう​に​して、かれ​は​しんぐん​を​つづけて、ニーファイハ​の​まち、リーハイ​の​まち、モリアントン​の​まち、オムナー​の​まち、ギド​の​まち、ミュレク​の​まち​など​の​おおく​の​まち​を​占領せんりょう​した。これら​の​まち​は​すべて​海岸かいがん​に​ちかい​ひがし​の​国境こっきょうほう​に​あった。

27 ​この​よう​に、レーマンじん​は​アマリキヤ​の​わる​と​すう​の​軍勢ぐんぜい​に​よって​じょう​に​おおく​の​まち​を​​に​れた。しかも、これら​の​まち​は​どれ​も​みな​モロナイ​の​​とりで​の​きずき​かた​に​ならって​きょう​に​ぼう​が​かためられて​おり、レーマンじん​は​これら​を​すべて​ぶん​たち​の​とりで​と​した。

28 ​そして、かれら​は​​の​ニーファイじん​を​はらい、また​おおく​の​もの​を​ころし​ながら、バウンティフル​の​​に​しんぐん​した。

29 ​ところが、かれら​は​テアンクム​と​相対あいたい​する​こと​に​なった。この​テアンクム​は​かつて​モリアントン​が​とうそう​しよう​と​した​とき​に​かれ​を​ころし、かれ​の​たみ​の​まえ​に​ちはだかった​ひと​で​ある。

30 ​そして、この​テアンクム​が​ここ​で​また​アマリキヤ​の​まえ​に​ちはだかった​の​で​ある。この​とき​アマリキヤ​は、バウンティフル​の​​と​その​北方ほっぽう​の​​を​占領せんりょう​しよう​と​して、大軍たいぐん​を​ひきいて​すすんで​いた。

31 ​しかし​よ、テアンクム​と​その​へい​が​だい​な​せん​で​あった​ため​に、アマリキヤ​は​かれら​に​撃退げきたい​されて​のぞみ​を​げる​こと​が​できなかった。テアンクム​の​へい​は​ひとのこらず​体力たいりょく​の​めん​で、また​たたかい​の​じゅつ​の​めん​で​レーマンじん​を​しのいで​いた​ので、かれら​は​レーマンじん​より​も​ゆう​に​った。

32 ​そして、テアンクム​と​その​へい​は​レーマンじん​を​やすみ​なく​め、くらく​なる​まで​かれら​を​ころした。それから、テアンクム​と​その​へい​は​バウンティフル​の​​の​さかい​で​てんまく​を​った。また、アマリキヤ​も​海岸かいがん​に​ちかい​さかい​の​​で​てんまく​を​った。かれら​は​ここ​まで​われた​の​で​ある。

33 ​さて、よる​に​なる​と、テアンクム​と​その​​は​よる​に​まぎれて​ひそか​に​て​き、アマリキヤ​の​宿しゅくえい​に​しのんだ。すると​よ、レーマンじん​は、日中にっちゅう​の​たたかい​と​あつさ​の​ため​に​ひどく​つかれて​ねむんで​いた。

34 ​そこで​テアンクム​は​おう​の​てんまく​に​しのみ、やり​を​おう​の​心臓しんぞう​に​き​てて​おう​を​そく​させた​ので、おう​は​しもべ​たち​を​こす​こと​が​できなかった。

35 ​それから、テアンクム​が​ひそか​に​ぶん​の​宿しゅくえい​に​かえる​と、よ、へい​は​ねむって​いた。そこで​かれ​は​へい​を​こして、ぶん​が​おこなって​きた​こと​を​すべて​げた。

36 ​また​かれ​は、レーマンじん​が​​を​まして​め​せて​る​の​で​は​ない​か​と​あんじ、ぐんたい​に​じゅん​を​して​け​させた。

37 ​この​よう​に​して、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい​二十五​ねん​が​わり、また​アマリキヤ​の​生涯しょうがい​も​わる​の​で​ある。