アルマ書61


第61章

パホーラン,せいたいするほんはんこうがあることをモロナイにげる。おうせいとうものたち,ゼラヘムラをうばい,レーマンじんどうめいむすぶ。パホーラン,ほんにんたちとたたかうためにぐんえんじょようせいする。げんぜんやく六十二ねん

1 さてよ,モロナイはそうとくがみおくったのちもなくそのそうとくであるパホーランからへんった。かれったことつぎのとおりである。

2 「このそうとくであるわたしパホーランは,ぐんれいかんモロナイにこのことおくります。まことに,モロナイ殿どの,あなたにもうしますが,わたしはあなたがひどいなんけていることをよろこばず,むしろ,そのことをふかかなしんでいます。

3 しかしまことに,あなたのなんよろこんでいるものたちがいます。まことに,かれらはわたしに,またわたしのたみゆうとういんであるひとびとはんこうしてがりました。はんこうしてがったものはおびただしいかずのぼります。

4 わたしからさばきつかさのしょくうばろうとしたものたちこそ,このおおきなざいあくのもとになったものたちです。かれらはおおくのかんげんもちい,またおおくのひとこころまどわしてきました。これはしょうらいわたしたちのなかにひどいなんしょうじるげんいんになることでしょう。かれらはわたしたちのしょくりょうめ,またゆうとうひとびとゆうをくじいたので,そのひとびとはあなたのもとへけなかったのです。

5 そしてまことに,かれらはわたしをしました。そこでわたしは,あつめられるかぎりのおおくのひとともない,ギデオンののがれました。

6 またまことに,わたしは,くにのこのほういたところこくしたので,まことに,ひとびとってぶんたちのくにぶんたちのゆうまもるために,またわたしたちがけたとうちにほうふくするために,わたしたちのもとにれをしてあつまっています。

7 そして,かれらがわたしたちのもとにたので,わたしたちにほんこしたものたちはきょうおぼえてわたしたちをおそれ,あえてわたしたちにめてようとはしません。

8 かれらはすでにゼラヘムラの,すなわちそのまちせんりょうし,ぶんたちをおさめるおうえらびました。そしてそのおうはレーマンじんおうがみき,かれどうめいむすび,そのどうめいじょうやくなかでゼラヘムラのまちまもとおすことにどうしました。かれは,そこをまもとおせばレーマンじんくにのこりのぶんせいふくできるとおもい,またこのたみせいふくされてレーマンじんはいはいるときには,ぶんがこのたみおさめるおうにんじられるとおもっています。

9 ところで,あなたはがみなかでわたしをとがめましたが,それはどうでもよいことです。わたしはいかっておらず,むしろあなたのこころひろさをよろこんでいます。わたしパホーランは,たみけんゆうまもれるようにさばきつかさのしょくたもつことがいなんけんりょくもとめません。わたしは,かみがわたしたちをゆうものにしてくださったそのゆうにしっかりとっています。

10 ところでまことに,わたしたちはながしてでもあくていこうするつもりです。もしレーマンじんかれらのくににとどまっているならば,わたしたちはかれらのながさないでしょう。

11 わたしたちの同胞はらからほんこさず,わたしたちにたいしてつるぎらなければ,わたしたちは同胞はらからながさないでしょう。

12 もしかみこうせいによってひつようとされるならば,またはかみがわたしたちにそうするようにおめいじになるならば,わたしたちはれいのくびきをけましょう。

13 しかしまことに,かみてきふくじゅうするようにとはわたしたちにめいじられず,むしろかみたよように,そうすればわたしたちはすくわれるとわれます。

14 したがって,あいするきょうだいモロナイ殿どのあくしましょう。そして,ことできないあく,すなわちほんはんのようなあくつるぎし,わたしたちのゆうたもてるように,またわたしたちのきょうかいおおきなとっけんと,わたしたちのあがなぬし,わたしたちのかみたいよろこべるようにしましょう。

15 したがって,しょうすうへいひきいてすぐにわたしのもとにてください。のこりのへいはリーハイとテアンクムにそのたくし,くにのそのほうかみたま,すなわちかれらのうちにあるゆうせいしんおうじてたたかいをできるように,かれらにちからあたえておいてください。

16 まことに,わたしはすでにかれらにしょくりょうすこおくっておいたので,あなたがわたしのもとにるまで,かれらはぬことはないでしょう。

17 こちらにこうぐんするあいだに,できるだけへいあつめてください。そしてわたしたちは,ぶんたちのうちにあるしんこうにより,かみちからをもってすみやかにはんしゃたちをめましょう。

18 そしてわたしたちは,リーハイとテアンクムにおくしょくりょうをもっとたくさんれるために,ゼラヘムラのまちせんりょうしましょう。まことに,しゅちからをもってかれらとたたかいましょう。そして,このおおきなざいあくこんぜつしましょう。

19 ところで,モロナイ殿どの,わたしはあなたのがみってよろこんでいます。わたしは,わたしたちのなすべきことについて,すなわち同胞はらからたたかうことがせいとうかどうかについてしょうしょうおもなやんでいたからです。

20 ところがあなたは,かれらがあらためなければかれらとたたかうようにしゅめいじられたといました。

21 しゅにあってリーハイとテアンクムをかならつよめるようにしてください。おそれないようにかれらにげてください。かみかれらをすくい,またかみゆうものにしてくださったそのゆうにしっかりとひとびともすべてすくってくださるからです。これでわたしはあいするきょうだいモロナイにあてたわたしのがみむすびます。」