アルマ書 61
    脚注

    第​61​章

    パホーラン、せい​に​たいする​ほん​と​反抗はんこう​が​ある​こと​を​モロナイ​に​げる。王政おうせいとう​の​もの​たち、ゼラヘムラ​を​うばい、レーマンじん​と​どうめい​を​むすぶ。パホーラン、ほんにん​たち​と​たたかう​ため​に​ぐん​の​援助えんじょ​を​要請ようせい​する。げんぜんやく​六十二​ねん

    1 ​さて​よ、モロナイ​は​そうとく​に​がみ​を​おくった​のちもなく​その​そうとく​で​ある​​パホーラン​から​へん​を​った。かれ​が​った​こと​は​つぎ​の​とおり​で​ある。

    2 「この​​の​そうとく​で​ある​わたし​パホーラン​は、ぐん​の​れいかん​モロナイ​に​この​こと​を​おくり​ます。まことに、モロナイ​殿どの、あなた​に​もうし​ます​が、わたし​は​あなた​が​ひどい​なん​を​けて​いる​こと​を​よろこばず、むしろ、その​こと​を​ふかく​かなしんで​います。

    3 ​しかし​まことに、あなた​の​なん​を​よろこんで​いる​もの​たち​が​います。まことに、かれら​は​わたし​に、また​わたし​の​たみ​の​ゆうとういん​で​ある​人々ひとびと​に​反抗はんこう​して​がり​ました。反抗はんこう​して​がった​もの​は​おびただしい​かず​に​のぼり​ます。

    4 ​わたし​から​さばきつかさ​の​しょく​を​うばい​ろう​と​した​もの​たち​こそ、この​おおきな​ざいあく​の​もと​に​なった​もの​たち​です。かれら​は​おおく​の​甘言かんげん​を​もちい、また​おおく​の​ひと​の​こころ​を​まどわして​きました。これ​は​将来しょうらい​わたしたち​の​なか​に​ひどい​なん​を​しょうじる​原因げんいん​に​なる​こと​でしょう。かれら​は​わたしたち​の​食糧しょくりょう​を​し​め、また​ゆうとう​の​人々ひとびと​の​ゆう​を​くじいた​ので、その​人々ひとびと​は​あなた​の​もと​へ​けなかった​の​です。

    5 ​そして​まことに、かれら​は​わたし​を​し​ました。そこで​わたし​は、あつめられる​かぎり​の​おおく​の​ひと​を​ともない、ギデオン​の​​に​のがれ​ました。

    6 ​また​まことに、わたし​は、くに​の​この​ほう​の​いたる​ところ​に​こく​を​した​ので、まことに、人々ひとびと​は​​を​って​ぶん​たち​の​くに​と​ぶん​たち​の​ゆう​を​まもる​ため​に、また​わたしたち​が​けた​とう​な​ち​に​ほうふく​する​ため​に、​わたしたち​の​もと​に​れ​を​して​あつまって​います。

    7 ​そして、かれら​が​わたしたち​の​もと​に​た​ので、わたしたち​に​ほん​を​こした​もの​たち​は​きょう​を​おぼえて​わたしたち​を​おそれ、あえて​わたしたち​に​めて​よう​と​は​しません。

    8 かれら​は​すでに​ゼラヘムラ​の​、すなわち​その​まち​を​占領せんりょう​し、ぶん​たち​を​おさめる​おう​を​えらび​ました。そして​その​おう​は​レーマンじん​の​おう​に​がみ​を​き、かれ​と​どうめい​を​むすび、その​どうめい条約じょうやく​の​なか​で​ゼラヘムラ​の​まち​を​まもり​とおす​こと​に​どう​しました。かれ​は、そこ​を​まもり​とおせ​ば​レーマンじん​が​くに​の​のこり​の​ぶん​を​征服せいふく​できる​と​おもい、また​この​たみ​が​征服せいふく​されて​レーマンじん​の​はい​に​はいる​とき​に​は、ぶん​が​この​たみ​を​おさめる​おう​に​にんじられる​と​おもって​います。

    9 ​ところで、あなた​は​がみ​の​なか​で​わたし​を​とがめ​ました​が、それ​は​どう​で​も​よい​こと​です。わたし​は​いかって​おらず、むしろ​あなた​の​こころ​の​ひろさ​を​よろこんで​います。わたし​パホーラン​は、たみ​の​けん​と​ゆう​を​まもれる​よう​に​さばきつかさ​の​しょく​を​たもつ​こと​がいなんの​けんりょく​も​もとめ​ません。わたし​は、かみ​が​わたしたち​を​ゆう​な​もの​に​して​くださった​その​ゆう​に​しっかり​と​って​います。

    10 ​ところで​まことに、わたしたち​は​​を​ながして​で​も​あく​に​抵抗ていこう​する​つもり​です。もし​レーマンじん​が​かれら​の​くに​に​とどまって​いる​なら​ば、わたしたち​は​かれら​の​​を​ながさない​でしょう。

    11 ​わたしたち​の​同胞はらから​が​ほん​を​こさず、わたしたち​に​たいして​つるぎ​を​らなければ、わたしたち​は​同胞はらから​の​​を​ながさない​でしょう。

    12 ​もし​かみ​の​こうせい​に​よって​ひつよう​と​される​なら​ば、または​かみ​が​わたしたち​に​そう​する​よう​に​お​めいじ​に​なる​なら​ば、わたしたち​は​れい​の​くびき​を​け​ましょう。

    13 ​しかし​まことに、かみ​は​てき​に​服従ふくじゅう​する​よう​に​と​は​わたしたち​に​めいじられず、むしろ​かみ​に​たよる​よう​に、そう​すれ​ば​わたしたち​は​すくわれる​と​われ​ます。

    14 ​したがって、あいする​きょうだい​モロナイ​殿どのあく​を​​しましょう。そして、こと​で​​できない​あく、すなわち​ほん​や​はん​の​よう​な​あく​は​つるぎ​で​​し、わたしたち​の​ゆう​を​たもてる​よう​に、また​わたしたち​の​きょうかい​の​おおきな​とっけん​と、わたしたち​の​あがなぬし、わたしたち​の​かみ​の​たい​を​よろこべる​よう​に​しましょう。

    15 ​したがって、しょうすう​の​へい​を​ひきいて​すぐに​わたし​の​もと​に​て​ください。のこり​の​へい​は​リーハイ​と​テアンクム​に​その​​を​たくし、くに​の​その​ほう​で​かみ​の​たま、すなわち​かれら​の​うち​に​ある​ゆう​の​精神せいしん​に​おうじて​たたかい​を​​できる​よう​に、かれら​に​ちから​を​あたえて​おいて​ください。

    16 ​まことに、わたし​は​すでに​かれら​に​食糧しょくりょう​を​すこし​おくって​おいた​ので、あなた​が​わたし​の​もと​に​る​まで、かれら​は​ぬ​こと​は​ない​でしょう。

    17 ​こちら​に​こうぐん​する​あいだ​に、できる​だけ​へい​を​あつめて​ください。そして​わたしたち​は、ぶん​たち​の​うち​に​ある​しんこう​に​より、かみ​の​ちから​を​もって​すみやか​に​はんしゃ​たち​を​め​ましょう。

    18 ​そして​わたしたち​は、リーハイ​と​テアンクム​に​おくる​食糧しょくりょう​を​もっと​たくさん​​に​れる​ため​に、ゼラヘムラ​の​まち​を​占領せんりょう​しましょう。まことに、しゅ​の​ちから​を​もって​かれら​と​たたかい​ましょう。そして、この​おおきな​ざいあく​を​根絶こんぜつ​しましょう。

    19 ​ところで、モロナイ​殿どの、わたし​は​あなた​の​がみ​を​って​よろこんで​います。わたし​は、わたしたち​の​なす​べき​こと​に​ついて、すなわち​同胞はらから​と​たたかう​こと​が​せいとう​か​どう​か​に​ついて​少々しょうしょうおもい​なやんで​いた​から​です。

    20 ​ところが​あなた​は、かれら​が​あらため​なければ​かれら​と​たたかう​よう​に​しゅ​が​めいじられた​と​い​ました。

    21 しゅ​に​あって​リーハイ​と​テアンクム​を​かならず​つよめる​よう​に​して​ください。おそれない​よう​に​かれら​に​げて​ください。かみ​は​かれら​を​すくい、また​かみ​が​ゆう​な​もの​に​して​くださった​その​ゆう​に​しっかり​と​つ​人々ひとびと​も​すべて​すくって​くださる​から​です。これ​で​わたし​は​あいする​きょうだい​モロナイ​に​あてた​わたし​の​がみ​を​むすび​ます。」