聖典
アルマ書35


第35章

ことつたえられたことで,ゾーラムじんかんこうくずれる。ゾーラムじんからされたかいしゅうしゃたち,ジェルションのむアンモンのたみくわわる。アルマ,たみあくなげく。げんぜんやく七十四ねん

1 さて,アミュレクがこれらのことかたえると,二人ふたりぐんしゅうのもとをり,ジェルションのった。

2 また,ほかのきょうだいたちも,ゾーラムじんことつたえたのち,ジェルションのった。

3 さて,ゾーラムじんなかすうめるものたちは,ゾーラムじんつたえられたことについてきょうしたのちことのためにぶんたちのかんこうくずれたことにはらて,つたえられたことしたがわないことにした。

4 そして,かれらは使つかいをし,そのいたところにいるすべてのたみあつめ,べられたことについてかれらのけんもとめた。

5 さて,ゾーラムじんどうしゃたちとさいたちときょうたちは,ぶんたちのしていることをたみらせず,ひそかにたみこうをうかがった。

6 そして,かれらがすべてのひとこうさぐしたのち,アルマとかれきょうだいたちがかたったことしたひとびとは,そのからされた。これらのひとびとかずおおく,かれらもまたジェルションのった。

7 そこで,アルマとかれきょうだいたちは,これらのひとびとおしえをつたえた。

8 さて,ゾーラムじんたみは,ジェルションにいるアンモンのたみはらてた。また,ゾーラムじんどうしゃちょうは,じょうわるおとこであったので,アンモンのたみ使つかいをおくり,ゾーラムじんからかれらのったすべてのひとを,そのからすようにもとめた。

9 またかれは,アンモンのたみおどことをたくさんいた。ところが,アンモンのたみかれらのことおそれなかったので,これらのひとびとすことなく,ぶんたちのもとにたすべてのまずしいゾーラムじんれた。そしてかれらは,これらのひとびとべるものものあたえ,またぎとしてゆずあたえた。かれらは,これらのひとびとようおうじてひつようなものをていきょうしたのであった。

10 さて,このことによってゾーラムじんは,アンモンのたみたいするいかりをかきてられた。そして,かれらはレーマンじんまじわりはじめ,レーマンじんせんどうしてアンモンのたみたいしていからせるようにした。

11 このようにして,ゾーラムじんとレーマンじんは,アンモンのたみとニーファイじんたいしてたたかようはじめた。

12 このようにして,ニーファイのたみのさばきつかさのとうだい十七ねんわった。

13 アンモンのたみはジェルションのってミレクのうつり,ジェルションのをニーファイじんぐんわたして,ニーファイじんぐんがジェルションのでレーマンじんぐんおよびゾーラムじんぐんたたかえるようにした。このようにして,さばきつかさのとうだい十八ねんに,レーマンじんとニーファイじんあいだせんそうはじまった。このせんそうはなしのちべることにする。

14 アルマとアンモンとかれらのきょうだいたちとアルマの二人ふたりむすは,かみ使つかわれるものとなっておおのゾーラムじんあらためさせたのち,ゼラヘムラのかえった。また,あらためにみちびかれたひとびとみなぶんたちのからされたが,ジェルションのぶんたちのぎのた。そして,ぶんしんさい,およびぶんたちのまもるためにった。

15 さて,アルマはぶんたみざいあく,すなわちたみなかにあるせんそうりゅうけつあらそいをなげき,かけてって,すなわちつかわされて,あらゆるまちのすべてのたみことらせた。ところが,たみこころはかたくなになり,またこときびしいためにかれらはだいいかようになった。それをたアルマのこころじょううれいにさいなまれた。

16 そこで,アルマはむすたちをあつめ,にかかわることについて,むすたちにそれぞれのせきにんあたえることにした。アルマがむすたちをいましめたことがらろくいまわたしたちのもとにあるが,これはアルマしんろくしたものである。