アルマ書 35
    脚注

    第​35​章

    こと​が​べ​つたえられた​こと​で、ゾーラムじん​の​慣行かんこう​が​くずれる。ゾーラムじん​から​された​改宗かいしゅうしゃ​たち、ジェルション​の​​に​む​アンモン​の​たみ​に​くわわる。アルマ、たみ​の​あく​を​なげく。げんぜんやく​七十四​ねん

    1 ​さて、アミュレク​が​これら​の​こと​を​かたり​える​と、ふた​は​群衆ぐんしゅう​の​もと​を​り、ジェルション​の​​へ​った。

    2 ​また、ほか​の​きょうだい​たち​も、ゾーラムじん​に​こと​を​べ​つたえた​のち、ジェルション​の​​へ​った。

    3 ​さて、ゾーラムじん​の​なか​で​すう​を​める​もの​たち​は、ゾーラムじん​に​べ​つたえられた​こと​に​ついて​きょう​した​のちこと​の​ため​に​ぶん​たち​の​慣行かんこう​が​くずれた​こと​に​はら​を​て、べ​つたえられた​こと​に​き​したがわない​こと​に​した。

    4 ​そして、かれら​は​使つかい​を​し、その​​の​いたる​ところ​に​いる​すべて​の​たみ​を​あつめ、べられた​こと​に​ついて​かれら​の​けん​を​もとめた。

    5 ​さて、ゾーラムじん​の​どうしゃ​たち​と​さい​たち​と​きょう​たち​は、ぶん​たち​の​​して​いる​こと​を​たみ​に​らせず、ひそか​に​たみ​の​こう​を​うかがった。

    6 ​そして、かれら​が​すべて​の​ひと​の​こう​を​さぐり​した​のち、アルマ​と​かれ​の​きょうだい​たち​が​かたった​こと​を​​した​人々ひとびと​は、その​​から​された。これら​の​人々ひとびと​の​かず​は​おおく、かれら​も​また​ジェルション​の​​へ​った。

    7 ​そこで、アルマ​と​かれ​の​きょうだい​たち​は、これら​の​人々ひとびと​に​おしえ​を​さずけた。

    8 ​さて、ゾーラムじん​の​たみ​は、ジェルション​に​いる​アンモン​の​たみ​に​はら​を​てた。また、ゾーラムじん​の​どうしゃ​の​ちょう​は、じょう​に​わるい​おとこ​で​あった​ので、アンモン​の​たみ​に​使つかい​を​おくり、ゾーラムじん​の​​から​かれら​の​​に​った​すべて​の​ひと​を、その​​から​す​よう​に​もとめた。

    9 ​また​かれ​は、アンモン​の​たみ​を​おどす​こと​を​たくさん​いた。ところが、アンモン​の​たみ​は​かれら​の​こと​を​おそれなかった​ので、これら​の​人々ひとびと​を​す​こと​なく、ぶん​たち​の​もと​に​た​すべて​の​まずしい​ゾーラムじん​を​れた。そして​かれら​は、これら​の​人々ひとびと​に​べる​もの​や​る​もの​を​あたえ、また​​を​ぎ​として​ゆずり​あたえた。かれら​は、これら​の​人々ひとびと​の​よう​に​おうじて​ひつよう​な​もの​を​提供ていきょう​した​の​で​あった。

    10 ​さて、この​こと​に​よって​ゾーラムじん​は、アンモン​の​たみ​に​たいする​いかり​を​かきてられた。そして、かれら​は​レーマンじん​と​まじわり​はじめ、レーマンじん​を​せんどう​して​アンモン​の​たみ​に​たいして​いからせる​よう​に​した。

    11 ​この​よう​に​して、ゾーラムじん​と​レーマンじん​は、アンモン​の​たみ​と​ニーファイじん​に​たいして​たたかう​よう​を​はじめた。

    12 ​この​よう​に​して、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい十七​ねん​が​わった。

    13 ​アンモン​の​たみ​は​ジェルション​の​​を​って​ミレク​の​​に​うつり、ジェルション​の​​を​ニーファイじん​の​ぐん​に​わたして、ニーファイじん​の​ぐん​が​ジェルション​の​​で​レーマンじん​の​ぐん​および​ゾーラムじん​の​ぐん​と​たたかえる​よう​に​した。この​よう​に​して、さばきつかさ​の​とうだい十八​ねん​に、レーマンじん​と​ニーファイじん​の​あいだ​で​せんそう​が​はじまった。この​せんそう​の​はなし​は​のち​に​べる​こと​に​する。

    14 ​アルマ​と​アンモン​と​かれら​の​きょうだい​たち​と​アルマ​の​ふた​の​むす​は、かみ​の​​に​使つかわれる​もの​と​なって​おおく​の​ゾーラムじん​を​あらため​させた​のち、ゼラヘムラ​の​​に​かえった。また、あらため​に​みちびかれた​人々ひとびと​は​みなぶん​たち​の​​から​された​が、ジェルション​の​​で​ぶん​たち​の​ぎ​の​​を​た。そして、ぶんしん​と​さい、および​ぶん​たち​の​​を​まもる​ため​に​​を​った。

    15 ​さて、アルマ​は​ぶん​の​たみ​の​ざいあく、すなわち​たみ​の​なか​に​ある​せんそう​と​りゅうけつ​と​あらそい​を​なげき、かけて​って、すなわち​つかわされて、あらゆる​まち​の​すべて​の​たみ​に​こと​を​げ​らせた。ところが、たみ​の​こころ​は​かたくな​に​なり、また​こと​が​きびしい​ため​に​かれら​は​だい​に​いかる​よう​に​なった。それ​を​た​アルマ​の​こころ​は​じょう​な​うれい​に​さいなまれた。

    16 ​そこで、アルマ​は​むす​たち​を​あつめ、​に​かかわる​こと​に​ついて、むす​たち​に​それぞれ​の​責任せきにん​を​あたえる​こと​に​した。アルマ​が​むす​たち​を​いましめた​ことがら​の​ろく​は​いま​わたしたち​の​もと​に​ある​が、これ​は​アルマ​しん​が​ろく​した​もの​で​ある。