アルマ書 29
    脚注

    第​29​章

    アルマ、てん使​の​よう​な​ねつ​を​もって​あらため​を​さけぶ​こと​を​のぞむ。しゅ​は​すべて​の​こくみん​の​ため​に​おしえる​人々ひとびと​を​あたえられる。アルマ、しゅ​の​わざ​を​ほこり、また​アンモン​と​かれ​の​どうりょう​たち​の​せいこう​を​ほこる。げんぜんやく​七十六​ねん

    1 「おお、わたし​が​てん使​で​あって、わたし​の​こころ​の​ねがい​を​げる​こと​が​できれ​ば​よい​もの​を。わたし​の​こころ​の​ねがい​と​は、て​って、かみ​の​ラッパ​の​よう​に​​を​ふるわせる​こえ​で​かたり、すべて​の​たみ​に​あらため​を​さけぶ​こと​で​ある。

    2 ​まことに、わたし​は​かみなり​の​よう​な​こえ​で、あらゆる​ひと​に​あらため​と​あがない​の​けいかく​を​げ​らせ、もはや​​の​全面ぜんめん​に​かなしみ​の​ない​よう​に、あらためて​かみ​の​みもと​に​る​こと​を​かれら​に​すすめたい。

    3 ​しかし​よ、わたし​は​ただ​の​ひと​で​あり、この​よう​に​ねがう​こと​さえ​も​つみ​で​ある。わたし​は​しゅ​から​あたえられた​もの​で​満足まんぞく​す​べき​だから​で​ある。

    4 ​わたし​は、こうせい​な​かみ​の​かたい​さだめ​を、わたし​の​ねがい​に​よって​みだして​は​ならない​の​で​ある。ひと​が​ぬ​こと​を​のぞもう​と​きる​こと​を​のぞもう​と、かみ​が​かれら​の​のぞむ​まま​に​される​こと​を​って​いる​から​で​ある。まことに、人々ひとびと​が​すくい​を​のぞもう​と​ほろび​を​のぞもう​と、かみ​は​かれら​の​​の​まま​に、へん​の​さだめ​を​かれら​に​こく​される​と​いう​こと​を​わたし​は​って​いる。

    5 ​また​わたし​は、ぜん​と​あく​が​すべて​の​ひと​の​まえ​に​ある​こと​も​って​いる。善悪ぜんあく​の​からない​ひと​は、つみ​の​ない​じょうたい​に​ある。しかし、善悪ぜんあく​の​かる​ひと​に​は、ぜん​を​のぞもう​と​あく​を​のぞもう​と、せい​を​のぞもう​と​​を​のぞもう​と、よろこび​を​のぞもう​と​良心りょうしん​の​とがめ​を​のぞもう​と、ぶん​の​のぞむ​まま​に​あたえられる​の​で​ある。

    6 ​さて、わたし​は​これら​の​こと​を​って​いながら、どうして​ぶん​の​された​つとめ​を​たす​こと​じょう​に​おおく​の​こと​を​のぞんで​よい​だろう​か。

    7 ​わたし​は​どうして、てん使​に​なって​​の​て​に​いたる​すべて​の​ひと​に​かたる​こと​が​できれ​ば​と​ねがって​よい​だろう​か。

    8 よ、しゅ​は​​すべて​の​こくみん​に、その​こくみん​を​使つかい、その​こくみん​の​こと​を​使つかって​しゅ​の​こと​を​おしえる​こと​を​ゆるされる​から​で​ある。まことに、しゅ​は​賢明けんめい​に​も、ぶん​が​かれら​に​とって​​ふさわしい​と​おもわれる​すべて​の​ことがら​を​おしえる​こと​を​ゆるされる。したがって、賢明けんめい​に​も​しゅ​は​ただしく​真実しんじつ​な​こと​に​おうじて​かんこく​される​と​いう​こと​が、わたしたち​に​は​かる​の​で​ある。

    9 ​わたし​は​しゅ​から​めいじられた​ことがら​を​って​おり、それ​に​ほこり​を​かんじて​いる。わたし​は​ぶんしん​の​こと​を​ほこらないで、しゅ​から​めいじられた​ことがら​を​ほこる。かみ​の​​に​使つかわれる​もの​と​なって​いくにん​か​で​も​あらため​に​みちびける​こと、これ​が​わたし​の​ほこり​で​あり、よろこび​で​ある。

    10 よ、わたし​は、おおく​の​同胞はらから​が​こころ​から​いて、しゅ​なる​かみ​の​みもと​に​る​の​を​る​とき、よろこび​に​たされる。また​その​とき、わたし​は​しゅ​が​わたし​の​ため​に​おこなって​くださった​こと、すなわち​わたし​の​いのり​を​とどけて​くださった​こと​を​おもす。まことに、わたし​は​その​とき​に、しゅ​が​かつて​わたし​に​あわれみ​ぶかい​うで​を​べて​くださった​こと​を​おもす。

    11 ​わたし​は​また、せん​が​とらわれ​の​じょうたい​に​あった​こと​も​おもす。しゅ​が​わたし​の​せん​を​れい​の​じょうたい​から​すくい​し、そう​する​こと​に​よって​ぶん​の​きょうかい​を​もうけられた​こと​を、わたし​は​たしか​に​って​いる​から​で​ある。まことに、アブラハム​の​かみ、イサク​の​かみ、ヤコブ​の​かみ​で​ある​しゅ​なる​かみ​は、わたし​の​せん​を​れい​の​じょうたい​から​すくい​して​くださった​の​で​ある。

    12 ​まことに​わたし​は、せん​が​とらわれ​の​じょうたい​に​あった​こと​を​いつも​おもす。わたし​の​せん​を​エジプトじん​の​​から​すくい​して​くださった​その​おなじ​かみ​が、わたし​の​せん​を​れい​の​じょうたい​から​も​すくい​して​くださった。

    13 ​まことに、その​おなじ​かみ​が​わたし​の​せん​の​なか​に​ぶん​の​きょうかい​を​もうけられた。また、その​おなじ​かみ​が、この​たみ​に​こと​を​べ​つたえる​ため​に、せい​なる​し​に​よって​わたし​を​し、わたし​に​おおきな​せいこう​を​​させて​くださった。そして、その​せいこう​に​よって​わたし​は​よろこび​に​たされて​いる。

    14 ​しかし​わたし​は、ぶん​の​せいこう​だけ​を​よろこぶ​こと​は​しない。ニーファイ​の​​へ​った​わたし​の​きょうだい​たち​の​せいこう​で、わたし​は​なおさら​よろこび​に​たされて​いる。

    15 よ、かれら​は​じょう​に​よく​はたらき、おおきな​せい​を​た。将来しょうらいかれら​の​る​むくい​は​なんと​おおきい​こと​だろう。

    16 ​さて、この​きょうだい​たち​の​せいこう​を​かんがえる​と、わたし​の​よろこび​は​おおきくて、まるで​ぶん​の​れい​が​にくたい​を​はなれる​か​と​おもう​ほど​に​われ​を​わすれて​しまう。

    17 ​わたし​の​きょうだい​で​ある​これら​の​人々ひとびと​が​かみ​の​おうこく​で​​に​く​こと​を、かみ​が​お​ゆるし​くださり、また​かれら​の​ろう​の​むすぶ​​で​ある​すべて​の​ひと​が、もはや​​と​て​く​こと​なく、とこしえ​に​かみ​を​ほめ​たたえる​こと​も​お​ゆるし​くださる​よう​に。かみ​が​わたし​の​こと​の​とおり​に、すなわち、わたし​が​これまで​かたって​きた​よう​に​なる​こと​を​お​ゆるし​くださる​よう​に。アーメン。」