アルマ書13


第13章

ひとびとだいさいとしてされるのは,そのひとしんじょうふかしんこうおこないのためである。だいさいいましめをおしえなければならない。かれらはによってきよめられ,しゅあんそくはいる。メルキゼデクはその一人ひとりであった。てん使たち,くにじゅうよろこびのおとずれをらせる。てん使たちはしょうらい,キリストのじっさいらいりんらせる。げんぜんやく八十二ねん

1 「さて,わたしの同胞はらからよ,しゅなるかみぶんどもたちにこれらのいましめをあたえられたときのことに,あなたがたのちゅうけたいとおもう。あなたがたは,しゅなるかみが,おんくらいしたがせいなるくらいしたがってさいたちをせいにんし,たみにこれらのいましめをおしえるようにされたことをおぼえておいてほしい。

2 そのさいたちはかみおんくらいしたがってせいにんされたが,ひとびとはそのせいにんだいから,どのようにすればかみおんのぞんであがないをられるかをることができた。

3 そして,さいたちがせいにんされただいつぎのとおりである。すなわち,さいたちはかれらのじょうふかしんこうおこないのために,かみせんけんめいによってはじからされそなえられていた。かれらははじめにぜんえらぶのもあくえらぶのもまかされていた。そこでかれらは,ぜんえらんでじょうふかしんこうはたらかせたので,げんざいせいなるけている。まことに,このようなもののためにまえもってようされたあがないとともにそなえられ,またあがないにおうじてそなえられた,そのせいなるしをけている。

4 このように,さいたちはかれらのしんこうのゆえにこのせいなるけたのである。いっぽう,ほかのものたちは,そのこころがかたくなで,おもいをくらませているために,かみたまこばんだ。もしそうでなかったならば,かれらはその同胞はらからおなおおきなとっけんることができたであろう。

5 ようするに,かれらははじめはその同胞はらからおなたちにいた。このように,このせいなるしは,こころをかたくなにしないひとびとのためにはじめからそなえられており,まえもってようされたかみひとしょくざいによって,またしょくざいとおしてさだめられている。

6 このように,さいたちはひとらにかみいましめをおしえて,かれらもかみあんそくはいることができるようにするため,このせいなるしによってされ,かみせいなるくらいだいしんけんせいにんされたのである。

7 このだいしんけんかみおんくらいしたがうものであり,そのくらいはじめからそんざいしていた。えれば,それははじめもなくとしわりもなく,すべてのものごとたいするかみせんけんめいによって,えいえんからえいえんにわたってそなえられているのである。

8 さて,かれらはつぎのようにしてせいにんされた。すなわち,かれらはせいなるしによってされ,せいなるしきによってせいにんされて,せいなるくらいだいしんけんけた。このしとしきだいしんけんは,はじめもなくわりもない。

9 このようにして,かれらはとこしえにおんくらいしたがだいさいとなる。このおんおんちちのもうけられるひとであり,はじめもなくとしわりもないかたであり,めぐこうへいしんちておられるかたである。まことにそのとおりである。アーメン。

10 さて,このせいなるくらい,すなわちだいしんけんについてべたように,せいにんされてかみだいさいになったひとおおぜいいた。それはかれらのじょうふかしんこうあらたと,かみまえでのかれらのによるものであり,かれらはほろびることよりも,むしろあらためておこなほうえらんだのである。

11 そのために,かれらはこのせいなるくらいしたがってされ,きよめられてかれらのころもひつじによってしろあらきよめられた。

12 そしてかれらは,せいれいによってきよめられころもしろくされ,かみまえきよみのないじょうたいになったので,つみきらのをきんじることができなかった。このようにきよめられて,しゅなるかみあんそくはいったひとびとおおぜいおり,じょうおおくのかずのぼった。

13 さて,わたしの同胞はらからよ,あなたがたもそのあんそくはいれるように,かみまえにへりくだり,あらためにふさわしいむすんでほしい。

14 まことに,メルキゼデクだいたみのようにへりくだりなさい。メルキゼデクも,わたしがこれまでかたってきたこのおなくらいしたがだいさいであり,とこしえにだいしんけんけたひとである。

15 アブラハムじゅうぶんの一おさめたあいはこのメルキゼデクであった。まことに,わたしたちのせんアブラハムは,かれしょゆうしたすべてのものの十ぶんの一をこのひとおさめたのである。

16 さて,これらのしきは,それによってひとびとかみおんのぞめるようにさだめられた。それはかみおんくらいけい,すなわちかみおんくらいそのものであった。これがおこなわれたのは,ひとびとぶんつみゆるしをけるためにかみおんのぞんで,しゅあんそくはいれるようにするためであった。

17 ところで,このメルキゼデクは,サレムのおさめるおうであった。かれたみはかつてざいあくまわしいおこないをつのらせていた。かれらはみなまよって,あらゆるあくにふけっていたのである。

18 しかし,メルキゼデクはちからづよしんこうはたらかせ,かみせいなるくらいしたがだいしんけんしょくけたので,たみあらためをいた。するとよ,かれらはあらためた。そして,メルキゼデクはしょうがいそのへいかくりつした。そのために,かれはサレムのおうであったので,へいきみばれた。かれはそのちちもとくにおさめた。

19 さて,メルキゼデクよりもまえおおくのひとがおり,メルキゼデクよりのちにもおおくのひとがいたが,かれよりもだいひと一人ひとりいなかった。そのため,ひとびとかれについてべることはとくべつであった。

20 さて,わたしがそのことをならてるひつようはなく,これまでかたってきたことでじゅうぶんであろう。よ,せいぶんはあなたがたのまえにある。もしせいぶんげてかいしゃくするならば,あなたがたしんほろびをまねくであろう。」

21 さて,アルマはかれらにこれらのことかたえると,かれらにかってばし,ちからづよこえさけんだ。「いまこそあらためるときである。すくいのちかづいている。

22 しゅこえは,てん使たちのくちとおして,すべてのこくみんにそれをらせておられる。まことに,かれらがむねおどおおいなるよろこびのおとずれをられるように,それをげておられる。しゅぶんのすべてのたみなかに,すなわちおもてひろらされているぶんたみに,これらのよろこびのおとずれをげてひろめておられる。そして,それはわたしたちにもあきらかにされたのである。

23 また,そのおとずれは,わたしたちがあやまりなくかいできるように,かりやすいことらされている。これは,わたしたちがきょうろうたみとなっているからである。このようにわたしたちは,ぶんのぶどうえんぜんいきでこれらのよろこびのおとずれをらされているので,じょうめぐまれている。

24 よ,てん使たちはわたしたちのおおくのひとにそれをせんげんしている。これは,しゅえいこうのうちにられるときに,ひとらがしゅことれるように,かれらのこころそなえさせるためである。

25 そして,いましゅらいりんについて,てん使たちのくちとおしてわたしたちにらされる,よろこびにちたおとずれをくのをつばかりである。どれくらいはやるかからないが,そのときるからである。それがわたしのきているあいだであるようにとかみねがっている。しかし,それがはやくてもおそくても,わたしはそれをよろこぶ。

26 しゅらいりんときには,そのことがてん使たちのくちとおして,ただしいせいなるひとびとらされるであろう。それは,わたしたちのせんかれらのうちにあるげんれいしたがってしゅについてかたってきたとおりに,かれらのことじょうじゅするためである。

27 さて,わたしの同胞はらからよ,まことにわたしがしんつうかんじるほどにひどくしんぱいするとともに,こころそこからねがっていることがある。それは,あなたがたがわたしのことき,つみて,あらためのさきばすことのないようにということである。

28 しかし,あなたがたはしゅまえにへりくだり,しゅせいなるび,ぶんえられないようなゆうわくけないように,ましていてえずいのりなさい。そのようにして,せいなるたまみちびきをて,けんそんにゅうじゅうじゅんになり,にんたいづよくなり,あいみ,かぎりなくかんようになって,

29 さらにしゅしんじるしんこうち,えいえんいのちぼういだき,つねこころなかかみあいって,わりのげられてかみあんそくはいれるようにしてほしい。

30 しゅがあなたがたにあらためることをゆるしてくださって,あなたがたがしゅはげしいいかりをまねくことのないように,またごくくさりにつながれることのないように,そして,だい二のけることのないようにねがっている。」

31 アルマはこのしょしるされていないもっとおおくのことひとびとかたった。