聖典
アルマ書3


第3章

アムリサイじんげんされたことのとおりにぶんにしるしをける。レーマンじんそむいたためののろいをすでにけていた。ひとぶんまねいたのろいをぶんしんける。ニーファイじん,レーマンじんのほかのぐんたいやぶる。げんぜんやく八十七ねんから八十六ねんいたる。

1 さて,によってころされなかったニーファイじんは,ころされたものたちをほうむったのち,すなわち,ころされたものはおびただしいかずおよんだので,それをかぞえることもなくたいほうむえたのちかれらはみなぶんたちのぶんたちのいえぶんたちのさいのもとにかえった。

2 ところが,おおくのおんなどもたちがつるぎころされており,ちくれもおおころされ,またこくもつばたけおおくもぐんたいらされていた。

3 さて,シドンがわきしころされたレーマンじんとアムリサイじんおおくは,シドンのみずまれたので,よ,かれらのほねいまうみふかみにあり,そのかずおおい。

4 アムリサイじんはレーマンじんならって,ひたいあかしるしけていたので,ニーファイじんけることができた。しかしかれらは,レーマンじんのようにそのとうはつをそってはいなかった。

5 いっぽう,レーマンじんとうはつをそっており,こしかわをまとい,よろいをけ,ゆみいしいしげなどをっているほかははだかであった。

6 またレーマンじんはだは,かれらのせんけられたしるしのとおりにくろずんでいた。そのしるしは,せんいましめにそむき,きょうだいたちにそむいたためにけたのろいであった。また,そのきょうだいたちとは,ただしいせいなるひとびとであったニーファイとヤコブ,ヨセフ,サムである。

7 これらのひとびとあにたちは,これらのひとびとほろぼそうとしたために,のろわれたのであった。しゅなるかみかれら,まことにレーマンとレムエル,およびイシマエルのむすたちとイシマエルじんおんなたちにしるしけられたのである。

8 そして,このことがおこなわれたのは,かれらのそんをそのきょうだいたちのそんけられるようにするためであった。それによってしゅなるかみは,ぶんたみがのろいをけたたみえんむすんでちがったつたしんじ,ほろびることがないように,かれらをまもろうとされたのである。

9 さて,ぶんそんをレーマンじんそんけっこんさせたものはだれであろうと,そのそんおなじのろいをまねいた。

10 したがって,レーマンじんまどわされたものはだれであろうと,そのばれ,しるしをけられた。

11 そして,レーマンじんつたしんじようとせずに,エルサレムのからってたあのろくせんただしいつたえをしんじたものかみいましめをしんじてまもったものはだれであろうと,そのときこう,ニーファイじん,すなわちニーファイのたみばれた。

12 そしてこのたみは,ぶんたみとレーマンじんたみについてのろくいでおり,そのろくしんじつである。

13 さて,ふたたびアムリサイじんのことにはなしもどすと,かれらもまたしるしけた。まことに,かれらはぶんにしるしを,すなわちぶんひたいあかいしるしをけた。

14 このようにして,かみことじょうじゅした。かみがかつてニーファイにわれたことつぎのとおりである。「よ,わたしはレーマンじんをのろった。わたしはかれらにしるしをけて,いまよりのちとこしえに,かれらとかれらのそんあくあらためてわたしにかえらないかぎり,あなたとあなたのそんからべつされるようにする。

15 そしてまた,わたしはあなたのきょうだいたちとたねまじえるものにもしるしをけ,かれらものろおう。

16 そしてまた,わたしはあなたやあなたのそんたたかものにもしるしをけよう。

17 そしてまた,あなたのもとをものは,もはやあなたのそんんではならない。わたしはあなたと,またあなたのそんばれるものたちを,これからさきとこしえにしゅくふくしよう。」これは,ニーファイとかれそんにあてたしゅやくそくである。

18 ところで,アムリサイじんはそのひたいぶんでしるしをはじめたとき,ぶんたちがかみことじょうじゅしているのをらなかった。しかし,かれらはこうぜんかみそむいた。したがって,のろいがかれらにくだってとうぜんであった。

19 さて,あなたがたは,かれらがぶんしんのろいまねいたということをってほしい。また,のろいをけるものみな,そのようにぶんしんぶんつみせんこくまねくのである。

20 さて,レーマンじんとアムリサイじんによるゼラヘムラのでのせんとうのち,あまりのたたないうちに,レーマンじんべつぐんたいがニーファイじんたみしゅうげきした。そこは,かつてレーマンじんさいしょぐんたいがアムリサイじんごうりゅうしたところである。

21 そこで,かれらをそのからはらうためにぐんたいけんされた。

22 さて,アルマしんしょうしていたので,ってレーマンじんたたかうことはしなかった。

23 しかし,かれだいぐんたいけんした。そして,ぐんたいっておおくのレーマンじんころし,のこりのものたちをさかいからそとはらった。

24 そして,かれらはまたかえってて,そののちしばらくてきなやまされなかったので,こくないへいかくりつした。

25 さて,これらのことはすべて,さばきつかさのとうだいねんこった。まことに,これらのせんそうあらそいはすべて,そのとしはじまっておなとしわった。

26 そしてその一ねんかんに,なんぜんなんまんというひとびとえいえんおくられた。かれらはそこで,ぶんおこないがいか,それともわるいか,そのおこないにおうじてむくり,ぶんしたがおうとしたれいれいであったかわるれいであったか,そのれいおうじてえいえんこうふくあるいはえいえんこうるのである。

27 ひとみなぶんしたがおうとしたものからむくけるものである。これはげんれいことによるものであるから,しんにかなってそのようになるであろう。このようにして,さばきつかさのとうだいねんわった。