アルマ書 27
脚注
テーマ

第​27​章

しゅ​は​アンモン​に、アンタイ・​ニーファイ・​リーハイ​の​たみ​を​安全あんぜん​な​​に​みちびく​よう​に​めいじられる。アンモン、アルマ​に​い、よろこび​の​あまり​ちから​を​うしなう。ニーファイじん、アンタイ・​ニーファイ・​リーハイ​の​たみ​に​ジェルション​の​​を​ゆずり​あたえる。アンタイ・​ニーファイ・​リーハイ​の​たみ​は、アンモン​の​たみ​と​ばれる。げんぜんやく​九十​ねん​から​七十七​ねん​に​いたる。

1 ​さて、ニーファイじん​に​かって​すすんだ​レーマンじん​は、ニーファイじん​を​めて、かれら​を​ほろぼそう​と​なん​も​戦闘せんとう​を​かえした​のちかれら​を​ほろぼそう​と​して​も​​で​ある​こと​を​って、ニーファイ​の​​へ​げた。

2 ​そして、アマレカイ​じん​は​なか​を​うしなった​こと​で​じょう​に​いかって​いた​ので、ニーファイじん​に​ほうふく​する​かい​が​られなく​なった​の​を​る​と、たみ​を​せんどう​して、同胞はらから​で​ある​​アンタイ・​ニーファイ・​リーハイ​の​たみ​に​たいして​いかり​を​いだかせた。そこで​かれら​は、ふたたび​アンタイ・​ニーファイ・​リーハイ​の​たみ​を​ころし​はじめた。

3 ​ところが​この​たみ​は、​またもや​​を​る​こと​を​こばみ、あい​の​おもい​の​まま​に​ころされる​に​まかせた。

4 ​アンモン​と​かれ​の​どうりょう​たち​は、ぶん​たち​が​じょう​に​ふかく​あいする​と​ともに、また​ぶん​たち​を​じょう​に​ふかく​あいして​くれた​たみ​の​なか​で​この​よう​な​殺害さつがい​が​おこなわれて​いる​の​を​て、すなわち、アンモン​と​かれ​の​どうりょう​たち​は、永遠えいえん​の​ほろび​から​その​たみ​を​すくう​ため​に​かみ​より​つかわされた​てん使​で​ある​か​の​よう​な​あつかい​を​けて​いた​ので、この​よう​な​ひどい​殺害さつがい​が​おこなわれて​いる​の​を​て​あわれみ​の​じょう​に​うごかされ、おう​に​った。

5 「この​しゅ​の​たみ​を​あつめて、わたしたち​の​同胞はらから​で​ある​ニーファイじん​の​いる​ゼラヘムラ​の​​へ​くだって​き、ほろぼされる​こと​の​ない​よう​に​てき​の​​から​のがれ​ましょう。」

6 ​しかし、おう​は​かれら​に、「よ、われら​は​これまで、ニーファイじん​に​たいして​さつじん​と​つみ​を​度々たびたびおかして​きた​ので、ニーファイじん​は​われら​を​ころす​で​あろう」と​こたえた。

7 ​そこで​アンモン​は、「わたし​は​って、しゅ​に​たずね​ましょう。もし​しゅ​が​わたしたち​の​同胞はらから​の​ところ​へ​く​よう​に​われたら、あなたがた​は​かれ​ます​か」と​たずねた。

8 ​すると、おう​は​かれ​に​った。「そう​しよう。しゅ​が​もし​く​よう​に​われる​なら、われら​は​同胞はらから​の​ところ​へ​こう。そして、これまで​かれら​に​たいして​度々たびたびおかして​きた​さつじん​と​つみ​の​つぐない​を​える​まで、かれら​の​れい​に​なろう。」

9 ​しかし、アンモン​は​おう​に​った。「わたしたち​の​同胞はらから​の​なか​に​れい​が​いる​こと​は、わたし​の​ちち​が​制定せいてい​した​ほうりつ​に​はんする​こと​です。ですから、って、同胞はらから​の​あわれみ​に​すがり​ましょう。」

10 ​しかし、おう​は​かれ​に、「しゅ​に​たずねて​ほしい。もし​しゅ​が​く​よう​に​われる​なら、われら​は​く。そう​で​なければ、われら​は​この​​で​ほろびよう」と​った。

11 ​そこで、アンモン​が​って​しゅ​に​たずねる​と、しゅ​は​アンモン​に​こう​われた。

12 「この​たみ​が​ほろびない​よう​に、この​​を​らせ​なさい。サタン​が​アマレカイ​じん​の​こころ​を​しっかり​と​らえて​いる​から​で​ある。アマレカイ​じん​は​レーマンじん​を​せんどう​して、その​同胞はらから​に​たいして​いかり​を​いだかせ、ころ​させよう​と​して​いる。それゆえ、あなたがた​は​この​​を​り​なさい。この​だい​の​この​たみ​は​さいわい​で​ある。わたし​が​この​たみ​を​まもる​から​で​ある。」

13 ​そこで、アンモン​は​おう​の​もと​に​き、しゅ​が​われた​こと​を​すべて​おう​に​げた。

14 ​すると​かれら​は、ぶん​たち​の​たみ、すなわち​しゅ​の​たみ​を​ぜんいんあつめ、また​かれら​の​ちく​の​れ​も​すべて​あつめて、その​​を​り、ニーファイ​の​​と​ゼラヘムラ​の​​を​へだてる​​に​はいって​った。そして​かれら​は、ゼラヘムラ​の​​の​さかい​の​ちかく​に​やって​た。

15 ​そして、アンモン​は​かれら​に​った。「わたし​と​どうりょう​たち​は​ゼラヘムラ​の​​へ​き​ます。あなたがた​は、わたしたち​が​もどって​る​まで​ここ​で​って​いて​ください。あなたがた​が​その​​に​はいる​こと​を​わたしたち​の​くに​の​もの​が​ゆるす​か​どう​か、かれら​の​ち​を​さぐって​ます。」

16 ​そして、アンモン​が​その​​に​かって​いた​とき​に、かれ​と​どうりょう​たち​は、まえ​に​べた​しょ​で​アルマ​に​った​の​で​ある。そして​よ、これ​は​よろこばしい​い​で​あった。

17 ​アンモン​の​よろこび​は​たとえ​よう​も​なく、むね​に​あふれる​ほど​で​あった。まことに、かれ​は​ちから​が​きて​しまう​ほど​に​かみ​の​よろこび​に​のまれて​しまった。そして、かれ​は​​またもや​​に​たおれた。

18 ​これ​は​じょう​な​よろこび​で​は​なかった​だろう​か。よ、これ​は​こころ​から​いて​謙遜けんそん​に​こうふく​を​もとめる​もの​で​なければ​られない​よろこび​で​ある。

19 どうりょう​たち​に​った​とき​の​アルマ​の​よろこび​は​まことに​おおきく、また、アロン​と​オムナー、ヒムナイ​の​よろこび​も​おおきかった。しかし​よ、かれら​の​よろこび​は​その​​の​ちから​を​しのぐ​ほど​で​は​なかった。

20 ​さて、アルマ​は​どうりょう​たち​を​ゼラヘムラ​の​​へ​案内あんない​して​かえり、ぶん​の​いえ​に​れてった。それから​かれら​は、だい​さばきつかさ​の​もと​に​き、ぶん​たち​の​同胞はらから​で​ある​レーマンじん​の​なか​に​いた​あいだ​に​ニーファイ​の​​で​ぶん​たち​に​こった​こと​を、すべて​かれ​に​はなした。

21 ​そこで​だい​さばきつかさ​は​ぜん​に​こく​を​し、同胞はらから​で​ある​アンタイ・​ニーファイ・​リーハイ​の​たみ​を​くに​に​れる​こと​に​ついて​たみ​の​こえ​を​もとめた。

22 ​そして、たみ​の​こえ​は​つぎ​の​とおり​で​あった。「よ、我々われわれ​は、ひがし​の​ほう​の​う み​の​そば​に​あり、バウンティフル​の​​の​南方なんぽう​に​あって、バウンティフル​の​​と​さかい​を​せっして​いる​ジェルション​の​​を​ゆずろう。この​ジェルション​の​​を​ぎ​の​​と​して​同胞はらから​に​ゆずろう。

23 よ、我々われわれ​は、ジェルション​の​​と​ニーファイ​の​​の​あいだ​に​ぐんたい​を​はい​して、ジェルション​の​​の​同胞はらから​を​まもる。かれら​が​同胞はらから​に​たいして​​を​る​こと​に​より​つみ​を​おかす​こと​に​なる​の​を​おそれる​から​で​ある。かれら​が​この​こと​を​ひどく​おそれる​の​は、かれら​が​かつて​おおく​の​さつじん​と​おそろしい​あく​を​おこなって​きた​こと​に​ついて、つらい​あらため​を​した​から​で​ある。

24 ​さて​よ、我々われわれ​は​同胞はらから​の​ため​に​この​よう​に​して、かれら​が​ジェルション​の​​を​ぐ​こと​が​できる​よう​に​しよう。また、かれら​が​ぶっ​の​いち​を​提供ていきょう​して、我々われわれ​の​ぐんたい​を​​できる​よう​に​援助えんじょ​する​と​いう​じょうけん​の​もと​に、我々われわれ​は​ぐんたい​を​もって​かれら​を​その​てき​から​まもろう。」

25 ​さて、アンモン​は​これ​を​く​と、アンタイ・​ニーファイ・​リーハイ​の​たみ​が​てんまく​を​って​いる​​へ​アルマ​と​いっしょ​に​かえし、これら​の​こと​を​すべて​かれら​に​らせた。そして​アルマ​も​また、ぶん​が​アンモン​や​アロン、その​ほか​の​どうりょう​たち​と​ともに​改心かいしん​した​とき​の​こと​を​かれら​に​はなした。

26 ​さて、アンタイ・​ニーファイ・​リーハイ​の​たみ​は​じょう​に​よろこび、ジェルション​の​​へ​くだって​って、そこ​を​しょゆう​した。また​かれら​は、ニーファイじん​から​アンモン​の​たみ​と​ばれた​ので、そののち​いつまで​も​その​​に​よって​べつ​された。

27 ​また​かれら​は、ニーファイ​の​たみ​の​なか​に​あり、かみ​の​きょうかい​に​ぞくする​たみ​の​なか​に​かぞえられた。さらに​かれら​は、かみ​と​人々ひとびと​に​貢献こうけん​する​熱心ねっしんさ​で​も​ひいでて​いた。かれら​は​すべて​の​こと​に​ついて​まったく​しょうじき​で​まっすぐ​で​あり、また​さい​まで​かっ​と​して​キリスト​を​しんじた。

28 ​そして​かれら​は、同胞はらから​の​​を​ながす​こと​を​もっとも​まわしい​こと​で​ある​と​かんがえて​いた。そこで​かれら​は、同胞はらから​に​たいして​​を​る​よう​に​かれて​も​けっして​それ​に​おうじなかった。また​かれら​は、キリスト​と​ふっかつ​に​ついて​の​のぞみ​と​おもい​が​あった​ので、​を​すこしも​おそろしい​と​おもわなかった。かれら​に​とって​は、​は​すでに​それ​に​つ​キリスト​の​しょう​に​のまれて​しまった​の​で​ある。

29 ​したがって​かれら​は、つるぎ​や​づきとう​を​って​同胞はらから​を​つ​より​も、むしろ​同胞はらから​が​くわえる​もっとも​ざん​で​いたましい​​を​ける​ほう​を​のぞんだ。

30 ​この​よう​に、かれら​は​熱心ねっしん​な​あいす​べき​たみ​で​あり、しゅ​から​あつい​めぐみ​を​けた​たみ​で​あった。