アルマ書27
戻る 次へ


第27章

しゅはアンモンに,アンタイ・ニーファイ・リーハイのたみあんぜんみちびくようにめいじられる。アンモン,アルマにい,よろこびのあまりちからうしなう。ニーファイじん,アンタイ・ニーファイ・リーハイのたみにジェルションのゆずあたえる。アンタイ・ニーファイ・リーハイのたみは,アンモンのたみばれる。げんぜんやく九十ねんから七十七ねんいたる。

1 さて,ニーファイじんかってすすんだレーマンじんは,ニーファイじんめて,かれらをほろぼそうとなんせんとうかえしたのちかれらをほろぼそうとしてもであることをって,ニーファイのげた。

2 そして,アマレカイじんなかうしなったことでじょういかっていたので,ニーファイじんほうふくするかいられなくなったのをると,たみせんどうして,同胞はらからであるアンタイ・ニーファイ・リーハイたみたいしていかりをいだかせた。そこでかれらは,ふたたびアンタイ・ニーファイ・リーハイのたみころはじめた。

3 ところがこのたみは,またもやることをこばみ,あいおもいのままにころされるにまかせた。

4 アンモンとかれどうりょうたちは,ぶんたちがじょうふかあいするとともに,またぶんたちをじょうふかあいしてくれたたみなかでこのようなさつがいおこなわれているのをて,すなわち,アンモンとかれどうりょうたちは,えいえんほろびからそのたみすくうためにかみよりつかわされたてん使であるかのようなあつかいをけていたので,このようなひどいさつがいおこなわれているのをあわれみのじょううごかされ,おうった

5 「このしゅたみあつめて,わたしたちの同胞はらからであるニーファイじんのいるゼラヘムラのくだってき,ほろぼされることのないようにてきからのがれましょう。」

6 しかし,おうかれらに,「よ,われらはこれまで,ニーファイじんたいしてさつじんつみたびたびおかしてきたので,ニーファイじんわれらをころすであろう」とこたえた。

7 そこでアンモンは,「わたしはって,しゅたずねましょう。もししゅがわたしたちの同胞はらからのところへくようにわれたら,あなたがたはかれますか」とたずねた。

8 すると,おうかれった。「そうしよう。しゅがもしくようにわれるなら,われらは同胞はらからのところへこう。そして,これまでかれらにたいしてたびたびおかしてきたさつじんつみつぐないをえるまで,かれらのれいになろう。」

9 しかし,アンモンはおうった。「わたしたちの同胞はらからなかれいがいることは,わたしのちちせいていしたほうりつはんすることです。ですから,って,同胞はらからあわれみにすがりましょう。」

10 しかし,おうかれに,「しゅたずねてほしい。もししゅくようにわれるなら,われらはく。そうでなければ,われらはこのほろびよう」とった。

11 そこで,アンモンがってしゅたずねると,しゅはアンモンにこうわれた。

12 「このたみほろびないように,このらせなさい。サタンがアマレカイじんこころをしっかりとらえているからである。アマレカイじんはレーマンじんせんどうして,その同胞はらからたいしていかりをいだかせ,ころさせようとしている。それゆえ,あなたがたはこのりなさい。このだいのこのたみさいわいである。わたしがこのたみまもるからである。」

13 そこで,アンモンはおうのもとにき,しゅわれたことをすべておうげた。

14 するとかれらは,ぶんたちのたみ,すなわちしゅたみぜんいんあつめ,またかれらのちくれもすべてあつめて,そのり,ニーファイのとゼラヘムラのへだてるはいってった。そしてかれらは,ゼラヘムラのさかいちかくにやってた。

15 そして,アンモンはかれらにった。「では,わたしとどうりょうたちはゼラヘムラのきます。あなたがたは,わたしたちがもどってるまでここでっていてください。あなたがたがそのはいることをわたしたちのくにものゆるすかどうか,かれらのちをさぐってます。」

16 そして,アンモンがそのかっていたときに,かれどうりょうたちは,まえべたしょでアルマにったのである。そしてよ,これはよろこばしいいであった。

17 アンモンのよろこはたとえようもなく,むねにあふれるほどであった。まことに,かれちからきてしまうほどにかみよろこびにのまれてしまった。そして,かれまたもやたおれた。

18 これはじょうよろこびではなかっただろうか。よ,これはこころからいてけんそんこうふくもとめるものでなければられないよろこびである。

19 どうりょうたちにったときのアルマのよろこびはまことにおおきく,また,アロンとオムナー,ヒムナイのよろこびもおおきかった。しかしよ,かれらのよろこびはそのちからをしのぐほどではなかった。

20 さて,アルマはどうりょうたちをゼラヘムラのあんないしてかえり,ぶんいえれてった。それからかれらは,だいさばきつかさのもとにき,ぶんたちの同胞はらからであるレーマンじんなかにいたあいだにニーファイのぶんたちにこったことを,すべてかれはなした。

21 そこでだいさばきつかさはぜんこくし,同胞はらからであるアンタイ・ニーファイ・リーハイのたみくにれることについてたみこえもとめた。

22 そして,たみこえつぎのとおりであった。「よ,われわれは,ひがしほううみのそばにあり,バウンティフルのなんぽうにあって,バウンティフルのさかいせっしているジェルションのゆずろう。このジェルションのぎのとして同胞はらからゆずろう。

23 よ,われわれは,ジェルションのとニーファイのあいだぐんたいはいして,ジェルションの同胞はらからまもる。かれらが同胞はらからたいしてることによりつみおかすことになるのをおそれるからである。かれらがこのことをひどくおそれるのは,かれらがかつておおくのさつじんおそろしいあくおこなってきたことについて,つらいあらためをしたからである。

24 さてよ,われわれ同胞はらからのためにこのようにして,かれらがジェルションのぐことができるようにしよう。また,かれらがぶっいちていきょうして,われわれぐんたいできるようにえんじょするというじょうけんもとに,われわれぐんたいをもってかれらをそのてきからまもろう。」

25 さて,アンモンはこれをくと,アンタイ・ニーファイ・リーハイのたみてんまくっているへアルマといっしょかえし,これらのことをすべてかれらにらせた。そしてアルマもまた,ぶんがアンモンやアロン,そのほかのどうりょうたちとともにかいしんしたときのことをかれらにはなした。

26 さて,アンタイ・ニーファイ・リーハイのたみじょうよろこび,ジェルションのくだってって,そこをしょゆうした。またかれらは,ニーファイじんからアンモンのたみばれたので,そののちいつまでもそのによってべつされた。

27 またかれらは,ニーファイのたみなかにあり,かみきょうかいぞくするたみなかかぞえられた。さらにかれらは,かみひとびとこうけんするねっしんさでもひいでていた。かれらはすべてのことについてまったくしょうじきでまっすぐであり,またさいまでかっとしてキリストをしんじた。

28 そしてかれらは,同胞はらからながすことをもっとまわしいことであるとかんがえていた。そこでかれらは,同胞はらからたいしてるようにかれてもけっしてそれにおうじなかった。またかれらは,キリストとふっかつについてののぞみとおもいがあったので,すこしもおそろしいとおもわなかった。かれらにとっては,はすでにそれにつキリストのしょうにのまれてしまったのである。

29 したがってかれらは,つるぎづきとうって同胞はらからつよりも,むしろ同胞はらからくわえるもっとざんいたましいけるほうのぞんだ。

30 このように,かれらはねっしんあいすべきたみであり,しゅからあつめぐみをけたたみであった。