アルマ書 8
脚注
テーマ

第​8​章

アルマ、ミレク​で​おしえ​を​き、バプテスマ​を​ほどこす。アモナイハ​で​こばまれ、そこ​を​る。ひと​の​てん使​が、かえして​たみ​に​あらため​を​さけぶ​よう​に​アルマ​に​めいじる。アルマ、アミュレク​に​むかえられる。アルマ​と​アミュレク、アモナイハ​で​おしえ​を​く。げんぜんやく​八十二​ねん

1 ​さて、アルマ​は​ここ​に​しるせない​おおく​の​こと​を​ギデオン​の​たみ​に​おしえ、また、ぜん​ゼラヘムラ​の​​で​おこなった​よう​に​きょうかい​の​ちつじょ​を​かくりつ​した​のち、まことに、​ギデオン​の​​から​ゼラヘムラ​の​たく​に​かえり、それ​まで​たして​きた​つとめ​を​はなれて​やすんだ。

2 ​この​よう​に​して、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい九​ねん​が​わった。

3 ​そして、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい十​ねん​の​はじめ​に、アルマ​は​ゼラヘムラ​を​て、​シドン​がわ​の​西にし​に​あって​西方せいほう​に​​を​のぞむ​ミレク​の​​へ​たびった。

4 ​そして​かれ​は、ぶん​が​された​かみ​の​せい​なる​くらい​に​したがって、ミレク​の​​で​人々ひとびと​を​おしえ​はじめた。かれ​は​ミレク​の​ぜん​で​人々ひとびと​を​おしえ​はじめた​の​で​ある。

5 ​そこで、その​​の​​の​さかい​の​全域ぜんいき​で、人々ひとびと​が​かれ​の​もと​に​やって​た。そして、その​​の​全域ぜんいき​で、人々ひとびと​は​バプテスマ​を​けた。

6 ​この​よう​に​して、かれ​は​ミレク​の​​で​つとめ​を​える​と、そこ​を​り、ミレク​の​​の​北方ほっぽう​を​みっかんたび​した。そして、アモナイハ​と​いう​まち​に​いた。

7 ​さて、ニーファイ​の​たみ​の​​や​まち​や​むら​は、ちいさい​むら​で​あって​も​すべて、さいしょ​に​そこ​を​しょゆう​した​ひと​の​​を​ける​と​いう​の​が​かれら​の​ならわし​で​あった。アモナイハ​の​​に​ついて​も​どうよう​で​あった。

8 ​さて、アルマ​は​アモナイハ​の​まち​に​く​と、人々ひとびと​に​かみ​の​こと​を​べ​つたえ​はじめた。

9 ​しかし、サタン​が​すでに​アモナイハ​の​まち​の​人々ひとびと​の​こころ​を​しっかり​と​らえて​いた​ので、かれら​は​アルマ​の​こと​を​こう​と​しなかった。

10 ​それでも、アルマ​は​精神せいしん​を​めて​熱心ねっしん​に​はたらき、かみ​に​りすがって​熱烈ねつれつ​に​いのり、その​まち​に​む​人々ひとびと​に​たま​を​そそいで​くださる​よう​に、また、かれら​に​あらため​の​ため​の​バプテスマ​を​ほどこさせて​くださる​よう​に​ねがった。

11 ​それでも、かれら​は​こころ​を​かたくな​に​して、かれ​に​った。「よ、我々われわれ​は​おまえ​が​アルマ​で​ある​こと​を​って​いる。また​おまえ​が、おまえたち​の​つたえ​に​よって​こくない​の​おおく​の​しょ​に​もうけた​きょうかい​の​だいさい​で​ある​こと​も、我々われわれ​は​って​いる。我々われわれ​は​おまえ​の​きょうかい​の​もの​で​は​ない​し、その​よう​な​おろか​な​つたえ​は​しんじて​いない。

12 ​また、我々われわれ​は​おまえ​の​きょうかい​の​もの​で​は​ない​から、おまえ​に​は​我々われわれ​を​おさめる​ちから​が​ない​こと​も、我々われわれ​は​って​いる。おまえ​は​もう​さばきつかさ​の​しょく​を​​ニーファイハ​に​ゆずって​しまった​ので、我々われわれ​を​おさめる​だい​さばきつかさ​で​は​ない。」

13 人々ひとびと​は​この​よう​に​って、かれ​の​こと​に​ことごとく​反論はんろん​し、かれ​を​ののしり、かれ​に​つばき​を​き​かけ、かれ​を​ぶん​たち​の​まち​から​した​ので、かれ​は​そこ​を​って​アロン​と​いう​まち​へ​かって​たびった。

14 ​さて、かれ​が​アモナイハ​の​まち​に​んで​いる​人々ひとびと​の​あく​の​ため​に​かなしみ​に​ち​ひしがれ、おおく​の​艱難かんなん​と​くるしみ​に​え​ながら​たび​を​して​いた​とき​に、すなわち、アルマ​が​この​よう​に​かなしみ​に​ち​ひしがれて​いた​とき​に、よ、しゅ​の​てん使​が​かれ​に​あらわれて​った。

15 「アルマ、あなた​は​さいわい​で​ある。あたま​を​げて​よろこび​なさい。あなた​に​は​よろこんで​よい​十分じゅうぶん​な​ゆう​が​ある。あなた​は​はじめて​かみ​から​げ​を​けて​らいちゅうじつ​に​かみ​の​いましめ​を​まもって​きた​から​で​ある。よ、わたし​は​あなた​に​その​げ​を​つたえた​もの​で​ある。

16 ​そして​よ、わたし​が​つかわされた​の​は、あなた​が​アモナイハ​の​まち​へ​かえして​その​まち​の​たみ​に​もう​いちおしえ​を​く​よう​に、あなた​に​めいじる​ため​で​ある。まことに、かれら​に​おしえ​を​き​なさい。まことに、あらため​なければ​しゅ​なる​かみ​が​かれら​を​ほろぼされる​こと​を​げ​なさい。

17 よ、かれら​は​いま、あなた​の​たみ​の​ゆう​を​そこなおう​と​もくろんで​いる。(しゅ​が​この​よう​に​われる。)それ​は、かみ​が​ぶん​の​たみ​に​あたえられた​おきて​と​裁決さいけつ​と​いましめ​に​はんする​こと​で​ある。」

18 ​さて、アルマ​は​しゅ​の​てん使​から​げ​を​ける​と、すぐに​アモナイハ​の​​へ​かえした。そして、べつ​の​みち、すなわち​アモナイハ​の​まち​の​みなみ​に​ある​みち​を​とおって​まち​に​はいった。

19 まち​に​はいった​とき、かれ​は​えて​いた​ので、ひと​の​ひと​に、「かみ​の​いたらない​しもべ​に​なにか​べる​もの​を​ください​ません​か」と​った。

20 ​すると​その​ひと​は、かれ​に​った。「わたし​は​ニーファイじん​で​あり、あなた​が​かみ​の​せい​なる​げんしゃ​で​ある​こと​を​ぞんじて​います。げん​の​なか​で​てん使​が、『むかえ​なさい』​と、あなた​の​こと​を​げた​から​です。ですから、いっしょ​に​わたし​の​いえ​に​おいで​ください。わたし​の​もの​を​し​げ​ます。わたし​は、あなた​が​わたし​と​ぞく​に​しゅくふく​を​もたらす​かた​で​ある​こと​を​ぞんじて​います。」

21 ​そして​その​ひと​は、アルマ​を​ぶん​の​いえ​に​むかえた。その​ひと​は​​アミュレク​と​いった。かれ​は​パン​と​にく​を​はこんで​る​と、アルマ​の​まえ​に​いた。

22 ​そこで​アルマ​は、パン​を​べて​たされた。そして​かれ​は、アミュレク​と​その​ぞく​を​しゅくふく​し、また​かみ​に​感謝かんしゃ​を​ささげた。

23 かれ​は​しょく​を​して​たされる​と、アミュレク​に​った。「わたし​は​アルマ​で​あり、ぜん​の​かみ​の​きょうかい​を​かん​する​だいさい​です。

24 ​そして​まことに、わたし​は​けい​と​げん​の​れい​に​よって、この​すべて​の​たみ​の​なか​で​かみ​の​こと​を​べ​つたえる​よう​に​されて、この​​に​やって​ました​が、人々ひとびと​は​わたし​を​れよう​と​せず、し​ました。そこで​わたし​は、とこしえ​に​この​​に​​を​ける​つもり​でした。

25 ​ところが​まことに、わたし​は​もう​いちかえして​この​たみ​に​げん​し、かれら​の​ざいあく​に​ついて​かれら​を​める​あかし​を​べる​よう​に​めいじられ​ました。

26 ​さて、アミュレク、あなた​は​もの​を​あたえ、わたし​を​れて​くれた​ので、しゅくふく​を​け​ます。わたし​は​いくにち​も​の​あいだ断食だんじき​を​して​いた​ので、えて​いました。」

27 ​それから​アルマ​は​たみ​に​おしえ​を​き​はじめる​まで、いくにち​も​の​あいだ​アミュレク​の​いえ​に​滞在たいざい​した。

28 ​さて、たみ​は​ますます​ひどい​ざいあく​を​おかす​よう​に​なった。

29 ​そこで、こと​が​アルマ​に​くだった。「き​なさい。また、わたし​の​しもべ​アミュレク​に​も​げ​なさい。『て​って、この​たみ​に​げん​し、あらためる​よう​に​い​なさい。あらため​なければ​しゅ​は​いかって​この​たみ​を​ばっし、その​はげしい​いかり​を​かれない​と​い​なさい』​と。」

30 ​それで​アルマ​と​アミュレク​は、かみ​の​こと​を​げ​らせる​ため​に​人々ひとびと​の​なか​に​て​った。そして、ふた​は​聖霊せいれい​に​たされた。

31 ​また​かれら​は、だれ​も​かれら​を​ろう​に​める​こと​も​でき​なければ、ころす​こと​も​できない​ほど​の​ちから​を​あたえられて​いた。それでも​かれら​は、なわ​で​しばられて​ろう​に​まれる​まで、その​ちから​を​使つかわなかった。それ​は、しゅ​が​かれら​に​よって​しゅ​の​ちから​を​あらわされる​よう​に​する​ため​で​あった。

32 ​さて、かれら​は​て​く​と、しゅ​から​さずかった​たま​と​ちから​に​よって、人々ひとびと​に​おしえ​を​き、また​げん​し​はじめた。