アルマ書8
戻る 次へ


第8章

アルマ,ミレクでおしえをき,バプテスマをほどこす。アモナイハでこばまれ,そこをる。一人ひとりてん使が,かえしてたみあらためをさけぶようにアルマにめいじる。アルマ,アミュレクにむかえられる。アルマとアミュレク,アモナイハでおしえをく。げんぜんやく八十二ねん

1 さて,アルマはここにしるせないおおくのことをギデオンのたみおしえ,また,ぜんゼラヘムラのおこなったようにきょうかいちつじょかくりつしたのち,まことに,ギデオンのからゼラヘムラのたくかえり,それまでたしてきたつとめをはなれてやすんだ。

2 このようにして,ニーファイのたみのさばきつかさのとうだいねんわった。

3 そして,ニーファイのたみのさばきつかさのとうだいねんはじめに,アルマはゼラヘムラをて,シドンがわ西にしにあって西せいほうのぞむミレクのたびった。

4 そしてかれは,ぶんされたかみせいなるくらいしたがって,ミレクのひとびとおしはじめた。かれはミレクのぜんひとびとおしはじめたのである。

5 そこで,そのさかいぜんいきで,ひとびとかれのもとにやってた。そして,そのぜんいきで,ひとびとはバプテスマをけた。

6 このようにして,かれはミレクのつとめをえると,そこをり,ミレクのほっぽうみっかんたびした。そして,アモナイハというまちいた。

7 さて,ニーファイのたみまちむらは,ちいさいむらであってもすべて,さいしょにそこをしょゆうしたひとけるというのがかれらのならわしであった。アモナイハのについてもどうようであった。

8 さて,アルマはアモナイハのまちくと,ひとびとかみことつたはじめた。

9 しかし,サタンがすでにアモナイハのまちひとびとこころをしっかりとらえていたので,かれらはアルマのことこうとしなかった。

10 それでも,アルマはせいしんめてねっしんはたらかみりすがってねつれついの,そのまちひとびとたまそそいでくださるように,また,かれらにあらためのためのバプテスマをほどこさせてくださるようにねがった。

11 それでも,かれらはこころをかたくなにして,かれった。「よ,われわれはおまえがアルマであることをっている。またおまえが,おまえたちのつたえによってこくないおおくのしょもうけたきょうかいだいさいであることも,われわれっている。われわれはおまえのきょうかいものではないし,そのようなおろかなつたえはしんじていない。

12 また,われわれはおまえのきょうかいものではないから,おまえにはわれわれおさめるちからがないことも,われわれっている。おまえはもうさばきつかさのしょくニーファイハゆずってしまったので,われわれおさめるだいさばきつかさではない。」

13 ひとびとはこのようにって,かれことにことごとくはんろんし,かれをののしり,かれにつばきをきかけ,かれぶんたちのまちからしたので,かれはそこをってアロンというまちかってたびった。

14 さて,かれがアモナイハのまちんでいるひとびとあくのためにかなしみにちひしがれ,おおくのかんなんくるしみにえながらたびをしていたときに,すなわち,アルマがこのようにかなしみにちひしがれていたときに,よ,しゅてん使かれあらわれてった。

15 「アルマ,あなたはさいわいである。あたまげてよろこびなさい。あなたにはよろこんでよいじゅうぶんゆうがある。あなたははじめてかみからげをけてらいちゅうじつかみいましめをまもってきたからである。よ,わたしはあなたにそのげをつたえたものである。

16 そしてよ,わたしがつかわされたのは,あなたがアモナイハのまちかえしてそのまちたみにもういちおしえをくように,あなたにめいじるためである。まことに,かれらにおしえをきなさい。まことに,あらためなければしゅなるかみかれらをほろぼされることをげなさい。

17 よ,かれらはいま,あなたのたみゆうそこなおうともくろんでいる。(しゅがこのようにわれる。)それは,かみぶんたみあたえられたおきてさいけついましめにはんすることである。」

18 さて,アルマはしゅてん使からげをけると,すぐにアモナイハのかえした。そして,べつみち,すなわちアモナイハのまちみなみにあるみちとおってまちはいった。

19 まちはいったとき,かれえていたので,一人ひとりひとに,「かみいたらないしもべなにべるものをくださいませんか」とった。

20 するとそのひとは,かれった。「わたしはニーファイじんであり,あなたがかみせいなるげんしゃであることをぞんじています。げんなかてん使が,『むかえなさい』と,あなたのことをげたからです。ですから,いっしょにわたしのいえにおいでください。わたしのものげます。わたしは,あなたがわたしとぞくしゅくふくをもたらすかたであることをぞんじています。」

21 そしてそのひとは,アルマをぶんいえむかえた。そのひとアミュレクといった。かれはパンとにくはこんでると,アルマのまえいた。

22 そこでアルマは,パンをべてたされた。そしてかれは,アミュレクとそのぞくしゅくふくし,またかみかんしゃをささげた。

23 かれしょくをしてたされると,アミュレクにった。「わたしはアルマであり,ぜんかみきょうかいかんするだいさいです。

24 そしてまことに,わたしはけいげんれいによって,このすべてのたみなかかみことつたえるようにされて,このにやってましたが,ひとびとはわたしをれようとせず,ました。そこでわたしは,とこしえにこのけるつもりでした。

25 ところがまことに,わたしはもういちかえしてこのたみげんし,かれらのざいあくについてかれらをめるあかしべるようにめいじられました。

26 さて,アミュレク,あなたはものあたえ,わたしをれてくれたので,しゅくふくけます。わたしはいくにちものあいだだんじきをしていたので,えていました。」

27 それからアルマはたみおしえをはじめるまで,いくにちものあいだアミュレクのいえたいざいした。

28 さて,たみはますますひどいざいあくおかすようになった。

29 そこで,ことがアルマにくだった。「きなさい。また,わたしのしもべアミュレクにもげなさい。『って,このたみげんし,あらためるようにいなさい。あらためなければしゅいかってこのたみばっし,そのはげしいいかりをかれないといなさい』と。」

30 それでアルマとアミュレクは,かみことらせるためにひとびとなかった。そして,二人ふたりせいれいたされた。

31 またかれらは,だれもかれらをろうめることもできなければ,ころすこともできないほどのちからあたえられていた。それでもかれらは,なわしばられてろうまれるまで,そのちから使つかわなかった。それは,しゅかれらによってしゅちからあらわされるようにするためであった。

32 さて,かれらはくと,しゅからさずかったたまちからによって,ひとびとおしえをき,またげんはじめた。