アルマ書24
戻る 次へ


第24章

レーマンじんかみたみめる。アンタイ・ニーファイ・リーハイじん,キリストのことをよろこび,てん使たちのおとずれをける。かれらはえいするよりもむしろほうえらぶ。さらにおおくのレーマンじんかいしゅうする。げんぜんやく九十ねんから七十七ねんいたる。

1 さて,アミュロンの,またヘラムの,さらにエルサレムようするにしゅうへんぜんにいて,かいしゅうしておらず,アンタイ・ニーファイ・リーハイけていないアマレカイじんとアミュロンじんとレーマンじんたちは,アマレカイじんとアミュロンじんせんどうされて同胞はらからいかりをしめすようになった。

2 そして,同胞はらからたいするかれらのにくしみはじょうにひどくなって,ついにかれらはぶんたちのおうそむくようになり,そのおうぶんたちのおうであることをのぞまなくなった。そのけっかれらはアンタイ・ニーファイ・リーハイのたみたいしてった。

3 ところで,おうむすおうゆずり,かれをアンタイ・ニーファイ・リーハイとんだ。

4 そしておうは,レーマンじんかみたみたたかうためのじゅんはじめたそのとしくなった。

5 さて,アンモンとかれどうりょうたちと,かれこうどうともにしていたすべてのひとは,レーマンじんがその同胞はらからほろぼすじゅんをしているのをて,ミデアンのかった。そこでアンモンはどうりょうたちぜんいんい,そこからかれらはイシマエルのかった。ラモーナイおよびかれきょうだいであるアンタイ・ニーファイ・リーハイとともに,レーマンじんたいしてえいするためになにをすればよいかきょうするためであった。

6 ところが,すでにしゅしていたひとびとなかには,その同胞はらからたいしてろうとするひとはだれ一人ひとりいなかった。それだけでなく,かれらはたたかいのじゅんをすることさえものぞまなかった。また,かれらのおうたたかいのじゅんをしてはならないとめいじたのである。

7 さて,おうがこのけんについてたみかたったことつぎのとおりである。「あいするたみよ,わたしはかみかんしゃする。おおいなるかみいつくしみをもって,同胞はらからであるこのニーファイじんたちをわれらのもとにつかわしてくださった。そして,われらにおしえをき,また,せんつたただしくないことをみとめさせてくださった。

8 またよ,われらのこころやわらげるために,おおいなるかみたまいちをおさずけくださったことに,わたしはかんしゃしている。おかげでわれらは,同胞はらからであるこれらのニーファイじんたちとするようになった。

9 またよ,することによって,われらがぶんたちのつみと,これまでにおかしたおおくのさつじんかくするようになったことも,わたしはかみかんしゃしている。

10 さらに,わたしのかみ,まことにおおいなるかみは,われらがこれらのことをあらためられるようにしてくださり,またこれまでにおかしたおおくのつみさつじんつみゆるかみおんどくによってわれらのこころからつみのぞいてくださった。わたしはこのこともかみかんしゃしている。

11 さてよ,わたしの同胞はらからよ,(われらはぜんじんるいなかもっとれいてきにすさんだものであったので)われらができることはただ,われらのすべてのつみと,これまでにおかしたおおくのさつじんつみあらためて,われらのこころからそれらのものをかみっていただくことであった。われらができることはただ,かみわれらのけがれをのぞいていただけるように,かみまえじゅうぶんあらためをすることであったからである。

12 さて,わたしのさいあい同胞はらからよ,かみがすでにわれらのけがれをのぞいてくださり,われらのつるぎひかりはなつようになったので,つるぎ同胞はらからけがすことのないようにしようではないか。

13 よ,わたしはあなたがたにう。われらはつるぎ同胞はらからけがされることのないようにしようではないか。おそらく,もしわれらがふたたつるぎけがすならば,それらは,しょうらいわれらのつみあがないのためにながされる,おおいなるかみおんによってあらわれてひかりはなつことはとないであろう。

14 おおいなるかみわれらをあわれみ,われらがほろびないようにこれらのことをらせてくださった。かみわれらのどもたちをあいするようにわれあいしてくださっているので,これらのことをあらかじめらせてくださったのである。そのために,かみあわれみをもっててん使たちをつかわして,しょうらいそんおなじようにわれらにもすくいのけいかくらせてくださっている。

15 おお,われらのかみなんあわれみぶかいことか。さてよ,われらはけがれをのぞいていただくためにできることはすべておこなってきて,いまわれらのつるぎひかっているので,そのかがやきをたもてるように,それをかくしてしまおうではないか。そうすればそのつるぎは,わりのに,すなわちさばきをけるためにかみまえされるに,かみことつたえてわれらをきよめてくださってらいわれらがつるぎ同胞はらからけがしたことはないという,かみへのしょうとなることであろう。

16 さて,わたしの同胞はらからよ,たとえ同胞はらからわれらをころそうとしても,よ,われらはつるぎかくしてしまおう。それをけっして使つかわなかったというしょうとして,わりのかがやきをたもっているように,それをちゅうふかめてしまおう。そうすれば,たとえ同胞はらからころされても,よ,われらはかみのみもとへすくわれることであろう。」

17 さて,おうがこのようにかたえると,たみみなあつまり,ぶんたちのつるぎと,かつてひとながすのに使つかったあらゆるってて,それをちゅうふかめてしまった。

18 かれらがこのようにしたのは,こうすることが,使つかってひとながすことはけっしてないことをかみひとしめしょうになるとかんがえたからである。かれらはこのようにして,同胞はらからながすよりはぶんいのち同胞はらからからうばうよりは同胞はらからあたえ,たいしょうがいおくるよりはぶん使つかっていっしょうけんめいはたらくつもりであることをしょうめいし,かみせいやくしたのである。

19 このことからかるように,このレーマンじんたちはしんこうち,しんるようになったときに,かっとしたものになり,つみおかすよりはいたるまでもくるしみにえようとしたのである。また,まえべたことからかるように,かれらはへい,すなわちへいるためのたたかいのめてしまったのである。

20 さて,かれらの同胞はらからであるレーマンじんたたかいのじゅんととのえ,ニーファイのかってた。かれらがもくてきとしていたのは,おうころしてほかのものわりにて,アンタイ・ニーファイ・リーハイのたみもまたそのからほろぼしくすことであった。

21 さて,アンタイ・ニーファイ・リーハイのたみは,レーマンじんめてるのをると,ってかれらにい,かれらのまえせてしゅはじめた。かれらがこのような姿せいっていたところ,レーマンじんかれらにおそいかかり,かれらをころはじめた。

22 このようにして,レーマンじんなんていこうけることなく,アンタイ・ニーファイ・リーハイのたみを千五にんころした。これらのひとびとかみとともにむためにったのでさいわいであることを,わたしたちはっている。

23 ところでレーマンじんは,ぶんたちの同胞はらからつるぎからのがれようとせず,みぎにもひだりにもをかわそうとせずに,したままのうとしており,つるぎたおれるそのさいちゅうでさえかみをほめたたえるのをて,

24 すなわち,レーマンじんはそれをて,かれらをころすのをやめた。そして,おおくのものぶんたちのしたことをい,つるぎたおれた同胞はらからのためにひどくこころいためた

25 そして,これらのものぶんたちのて,ひところしてきたことにひどくくるしみをおぼえ,ろうとしなかった。それからかれらは,同胞はらからおなじようにせて,かれらをころすためにうでげたものたちのなすがままにまかせたのであった。

26 そしてそのころされたひとかずよりもおおくのものかみたみくわわった。また,ころされたひとびとにかなったひとびとであったので,かれらがすくわれたことはけっしてうたががない。

27 また,このようにしてんだひとびとなかには一人ひとりあくにんもなく,しかもしんるようになったひとびとは千にんえた。このことから,しゅぶんたみすくうためにさまざまほうほうもちいられることがかる。

28 ところで,そのようにおおくの同胞はらからころしたレーマンじんぞくするものだいすうは,アマレカイじんとアミュロンじんであり,しかもそのだいすうニーホルきょうだんぞくするものであった。

29 しゅたみくわわったひとびとなかには,アマレカイじんやアミュロンじん,あるいはニーホルのきょうだんぞくするものだれ一人ひとりおらず,しゅたみくわわったのはレーマンとレムエルのじつそんだけであった。

30 このことからあきらかにかるように,たみいちかみたまらされにかかわることにかんしておおいなるしきてから,そののちつみそむきにおちいと,まえよりもいっそうかたくなになる。したがってかれらのじょうたいは,これらのことをまったくらないあいよりももっとわるなるのである。