アルマ書14


第14章

アルマとアミュレク,とうごくされ,たれる。しんじたものたちとかれらのせいぶんかれる。これらのじゅんきょうしゃたち,えいこうのうちにしゅによってれられる。ろうかべけてくずちる。アルマとアミュレクはすくわれ,はくがいしゃたちはころされる。げんぜんやく八十二ねんから八十一ねんいたる。

1 さて,アルマがひとびとかたえたのちおおくのひとがアルマのことしんじ,あらためてせいぶん調しらはじめた。

2 しかしたいはんひとびとは,アルマとアミュレクをころしてしまいたいとおもっていた。アルマがゼーズロムにあからさまかたったことで,かれらはアルマにいかりをいだいたからである。かれらはまた,アミュレクがぶんたちにいつわい,ぶんたちのほうりつと,ほうりつと,さばきつかさをののしったとった。

3 かれらは,アルマとアミュレクのことをいかった。そして,二人ふたりかれらのあくをあからさまにしょうげんしたので,二人ふたりをひそかにころしてしまおうとした。

4 しかし,けっきょくかれらはそうせずに,二人ふたりらえ,じょうなわしばって,そのだいさばきつかさのまえれてった。

5 そして,ひとびとすすて,二人ふたりについてしょうげんをした。かれらは二人ふたりほうりつとそのほうりつたち,さばきつかさたち,またそのにいるすべてのひとをののしり,さらに,ゆいいつかみがおられてそのおんひとびとなかつかわされるが,おんひとびとすくわれないとべたとしょうげんした。ひとびとはアルマとアミュレクについてこのようにおおくのしょうげんをした。これはそのだいさばきつかさのまえおこなわれた。

6 そこでゼーズロムは,げられたことおどろくとともに,ぶんきょげんによってひとびとおもいがくらまされたのをった。そのため,かれぶんつみかくしてこころをひどくくるしめはじめた。まことに,かれごくくるしみにつつまれはじめたのである。

7 そしてゼーズロムは,ひとびとかってさけび,「よ,わたしにはつみがある。このかたがたかみまえみがない」とった。そしてかれは,そのときから二人ふたりべんはじめた。しかし,ひとびとかれをののしり,「おまえもあくりつかれたのか」とって,かれにつばきをきかけて,かれした。また,アルマとアミュレクのかたったことしんじたひとびとぜんいんされた。ひとびとはこれらのひとしたうえ,おっしてこれらのひといしげつけさせた。

8 またかれらは,されたひとびとさいたちをあつめて,かみことしんじているものたちとしんじるようにおしえられたものたちをなかませた。さらにかれらは,かみことしんじるものたちがっていたせいぶんっているろくし,それもなかんで,ててしまった。

9 そしてかれらは,アルマとアミュレクをすと,二人ふたりじゅんきょうはこんでき,かれているひとびとようせた。

10 するとアミュレクは,かれているおんなどもたちのくるしみをぶんつうかんじ,アルマにかって,「このいたましいありさまをどうしてていられましょうか。わたしたちのべ,わたしたちのうちにあるかみちからこう使して,かれらをほのおからすくしましょう」とった。

11 しかし,アルマはかれった。「たまが,べてはならないとわたしをせいされます。まことに,しゅはこのひとびとえいこうのうちにぶんのみもとにれられるからです。しゅかれらがこのことをおこなうのを,すなわちひとびとこころのかたくななままにこのひとびとにこのことをおこなうのをもくにんしておられます。それは,しゅいかってかれらにくだされるばつこうせいなものとなるためです。つみのないものかれらをめるしょうとなり,わりのかれらをなんしてはげしくさけぶことでしょう。」

12 すると,アミュレクはアルマに,「まことに,かれらはおそらくわたしたちもあぶりにするでしょう」とった。

13 そこで,アルマはった。「しゅこころのままであるように。しかしまことに,わたしたちのつとめはまだわっていないので,かれらがわたしたちをあぶりにすることはないでしょう。」

14 さて,なかまれたひとびとからだと,またかれらとともになかまれたろくけてしまうと,そのだいさばきつかさがしばられたままのアルマとアミュレクのまえにやってち,二人ふたりほおってった。「おまえたちはこれをてもなお,このたみに,おういけまれるとまたくつもりか。

15 よ,おまえたちがかったように,おまえたちには,まれたものたちをすくちからはない。かれらはおまえたちとおなしんこうっていたが,かみかれらをすくわなかったではないか。」それから,このさばきつかさはまた二人ふたりほおち,「おまえたちはなん弁解べんかいするのか」とった。

16 ところで,このさばきつかさはギデオンをころしたニーホルきょうだんぞくし,おなしんこうっていたものである。

17 さて,アルマとアミュレクはさばきつかさになにこたえなかった。そこで,かれはもういち二人ふたりち,やくにんわたしてろうれさせた。

18 そして,二人ふたりろうれられてみっ,ニーホルのきょうだんぞくしているおおくのほうりつやさばきつかさ,さいきょうたちがやってろうなかはいり,二人ふたりった。そしてかれらは,二人ふたりおおくのことがらについてしつもんしたが,二人ふたりなにこたえなかった。

19 そこで,あのさばきつかさが二人ふたりまえって,「なぜこのひとびとしつもんこたえないのか。おまえたちをほのおなかませるちからがわたしにあることを,おまえたちはらないのか」とった。そして,かれこたえるように二人ふたりめいじたが,二人ふたりこたえなかった。

20 そこでかれらはってった。ところが,かれらはまたよくじつにやってて,あのさばきつかさがまた二人ふたりほおった。それから,ほかにおおくのものたちもすすて,二人ふたりってった。「おまえたちはまたってこのたみさばき,われわれほうりつなんするつもりか。おまえたちにそのようなおおきなちからがあるならば,なぜぶんしんすくわないのか。」

21 そして,かれらはぎしりをし,二人ふたりにつばきをきかけながら,このようにたくさんのことをならて,「われわればつさだめをけるとき,どのようなありさまなのか」とった。

22 またかれらはたくさんのことを,まことにこのようなことをいろいろと二人ふたりった。このように,かれらはいくにちものあいだ二人ふたりをあざけった。そのうえかれらは,二人ふたりえさせるためにしょくもつあたえず,かわかせるためにみずませず,また,二人ふたりものをはぎってはだかにした。このようにして二人ふたりは,じょうなわしばられ,ろうめられていた。

23 そして,二人ふたりがこのようにいくにちものあいだくるしんだのち(ニーファイのたみのさばきつかさのとうだいねんの十がつ十二にちに),アモナイハのだいさばきつかさと,おおくのきょうほうりつが,アルマとアミュレクがなわしばられてめられていたろうはいってた。

24 そして,だいさばきつかさは二人ふたりまえつと,二人ふたりをまたち,「もしおまえたちにかみちからがあるのであれば,このなわからぶんしんはなて。そうすれば,おまえたちのことのとおりにしゅがこのたみほろぼすということを,われわれしんじよう」とった。

25 そして,ほかのものたちも,さい一人ひとりいたるまでみなすすて,だいさばきつかさとおなじことをいながら二人ふたりった。ところが,さいもの二人ふたりえたとき,かみちからがアルマとアミュレクにくだった。そこで,二人ふたりきて,がった。

26 そして,アルマはさけんでった。「おお,しゅよ,わたしたちはいつまでこのようなひどいくるしみえればよろしいのでしょうか。おお,しゅよ,キリストをしんじるわたしたちのしんこうおうじて,ゆうになるちからをわたしたちにおあたえください。」そして二人ふたりは,ぶんたちをしばっていたなわった。ひとびとはそれをると,ほろぼされるのではないかというきょうおそわれ,はじめた。

27 さて,かれらのおそれはじょうおおきかったので,かれらはたおれ,ろうそとがわぐちまでもせなかった。そして,はげしくうごき,ろうかべが二つにけてくずち,アルマとアミュレクをっただいさばきつかさとほうりつたち,さいたち,きょうたちは,くずちたかべたれてんでしまった。

28 そして,アルマとアミュレクはろうた。二人ふたりはキリストをしんじるかれらのしんこうおうじてしゅからちからさずけられていたので,きずっていなかった。かれらはろうからすぐにたが,かれらをしばっていたなわけていた。ろうはすでにくずちており,ろうなかにいたものは,アルマとアミュレクをのぞいてことごとくんだ。そこで,二人ふたりはすぐにまちはいってった。

29 そのとき,おおきなものおといたたみが,そのわけろうとしてれをしてはしってた。そしてかれらは,アルマとアミュレクがろうからたのをにし,またろうかべくずちているのをると,ひどいきょうおそわれ,アルマとアミュレクのまえからげた。それはまるで,やぎがやぎをれて二とうのライオンのまえからげるのにていた。このようにかれらは,アルマとアミュレクのまえからげたのである。