アルマ書 14
    脚注

    第​14​章

    アルマ​と​アミュレク、とうごく​され、たれる。しんじた​もの​たち​と​かれら​の​聖文せいぶん​が​​で​かれる。これら​の​殉教じゅんきょうしゃ​たち、えいこう​の​うち​に​しゅ​に​よって​れられる。ろう​の​かべ​は​けて​くずれ​ちる。アルマ​と​アミュレク​は​すくわれ、はくがいしゃ​たち​は​ころされる。げんぜんやく​八十二​ねん​から​八十一​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、アルマ​が​人々ひとびと​に​かたり​えた​のちおおく​の​ひと​が​アルマ​の​こと​を​しんじ、あらためて​聖文せいぶん​を​調しらべ​はじめた。

    2 ​しかし​大半たいはん​の​人々ひとびと​は、アルマ​と​アミュレク​を​ころして​しまいたい​と​おもって​いた。アルマ​が​ゼーズロム​に​​あからさま​に​かたった​こと​で、かれら​は​アルマ​に​いかり​を​いだいた​から​で​ある。かれら​は​また、アミュレク​が​ぶん​たち​に​いつわり​を​い、ぶん​たち​の​ほうりつ​と、ほうりつ​と、さばきつかさ​を​ののしった​と​った。

    3 かれら​は、アルマ​と​アミュレク​の​こと​を​いかった。そして、ふた​が​かれら​の​あく​を​あからさま​に​証言しょうげん​した​ので、ふた​を​ひそか​に​ころして​しまおう​と​した。

    4 ​しかし、けっきょくかれら​は​そう​せず​に、ふた​を​らえ、じょう​な​なわ​で​しばって、その​​の​だい​さばきつかさ​の​まえ​に​れてった。

    5 ​そして、人々ひとびと​は​すすみ​て、ふた​に​ついて​​な​証言しょうげん​を​した。かれら​は​ふた​が​ほうりつ​と​その​​の​ほうりつ​たち、さばきつかさ​たち、また​その​​に​いる​すべて​の​ひと​を​ののしり、さらに、唯一ゆいいつ​の​かみ​が​おられて​その​おん​を​人々ひとびと​の​なか​に​つかわされる​が、おん​は​人々ひとびと​を​すくわれない​と​べた​と​証言しょうげん​した。人々ひとびと​は​アルマ​と​アミュレク​に​ついて​この​よう​に​おおく​の​​な​証言しょうげん​を​した。これ​は​その​​の​だい​さばきつかさ​の​まえ​で​おこなわれた。

    6 ​そこで​ゼーズロム​は、げられた​こと​に​おどろく​と​ともに、ぶん​の​虚言きょげん​に​よって​人々ひとびと​の​おもい​が​くらまされた​の​を​った。その​ため、かれ​は​ぶん​の​つみ​を​かく​して​こころ​を​ひどく​くるしめ​はじめた。まことに、かれ​は​ごく​の​くるしみ​に​つつまれ​はじめた​の​で​ある。

    7 ​そして​ゼーズロム​は、人々ひとびと​に​かって​さけび、「よ、わたし​に​は​つみ​が​ある。この​方々かたがた​は​かみ​の​まえ​に​み​が​ない」と​った。そして​かれ​は、その​とき​から​ふた​の​べん​を​はじめた。しかし、人々ひとびと​は​かれ​を​ののしり、「おまえ​も​あく​に​りつかれた​の​か」と​って、かれ​に​つばき​を​き​かけて、かれ​を​した。また、アルマ​と​アミュレク​の​かたった​こと​を​しんじた​人々ひとびと​も​ぜんいんされた。人々ひとびと​は​これら​の​ひと​を​した​うえ、おっ​を​して​これら​の​ひと​に​いし​を​げつけ​させた。

    8 ​また​かれら​は、された​人々ひとびと​の​さい​たち​を​あつめて、かみ​の​こと​を​しんじて​いる​もの​たち​と​しんじる​よう​に​おしえられた​もの​たち​を​​の​なか​に​ませた。さらに​かれら​は、かみ​の​こと​を​しんじる​もの​たち​が​って​いた​聖文せいぶん​の​って​いる​ろく​を​し、それ​も​​の​なか​に​んで、き​てて​しまった。

    9 ​そして​かれら​は、アルマ​と​アミュレク​を​す​と、ふた​を​殉教じゅんきょう​の​​へ​はこんで​き、​で​かれて​いる​人々ひとびと​の​ぬ​よう​を​せた。

    10 ​すると​アミュレク​は、​で​かれて​いる​おんな​や​ども​たち​の​くるしみ​を​て​ぶん​も​つう​を​かんじ、アルマ​に​かって、「この​いたましい​ありさま​を​どうして​て​いられ​ましょう​か。わたしたち​の​​を​べ、わたしたち​の​うち​に​ある​かみ​の​ちから​を​こう使​して、かれら​を​ほのお​から​すくい​し​ましょう」と​った。

    11 ​しかし、アルマ​は​かれ​に​った。「たま​が、​を​べて​は​ならない​と​わたし​を​せいされ​ます。まことに、しゅ​は​この​人々ひとびと​を​えいこう​の​うち​に​ぶん​の​みもと​に​れられる​から​です。しゅ​は​かれら​が​この​こと​を​おこなう​の​を、すなわち​人々ひとびと​が​こころ​の​かたくな​な​まま​に​この​人々ひとびと​に​この​こと​を​おこなう​の​を​もくにん​して​おられ​ます。それ​は、しゅ​が​いかって​かれら​に​くだされる​ばつ​が​こうせい​な​もの​と​なる​ため​です。つみ​の​ない​もの​の​​は​かれら​を​める​しょう​と​なり、わり​の​​に​かれら​を​なん​して​はげしく​さけぶ​こと​でしょう。」

    12 ​すると、アミュレク​は​アルマ​に、「まことに、かれら​は​おそらく​わたしたち​も​あぶり​に​する​でしょう」と​った。

    13 ​そこで、アルマ​は​った。「しゅ​の​こころ​の​まま​で​ある​よう​に。しかし​まことに、わたしたち​の​つとめ​は​まだ​わって​いない​ので、かれら​が​わたしたち​を​あぶり​に​する​こと​は​ない​でしょう。」

    14 ​さて、​の​なか​に​まれた​人々ひとびと​の​からだ​と、また​かれら​と​ともに​​の​なか​に​まれた​ろく​が​けて​しまう​と、その​​の​だい​さばきつかさ​が​しばられた​まま​の​アルマ​と​アミュレク​の​まえ​に​やって​て​ち、​で​ふた​の​ほお​を​って​った。「おまえたち​は​これ​を​て​も​なお、この​たみ​に、​と​おう​の​いけ​に​まれる​と​また​く​つもり​か。

    15 よ、おまえたち​が​かった​よう​に、おまえたち​に​は、​に​まれた​もの​たち​を​すくい​す​ちから​は​ない。かれら​は​おまえたち​と​おなじ​しんこう​を​って​いた​が、かみ​は​かれら​を​すくわなかった​で​は​ない​か。」それから、この​さばきつかさ​は​また​ふた​の​ほお​を​ち、「おまえたち​は​なん​と​弁解べんかい​する​の​か」と​った。

    16 ​ところで、この​さばきつかさ​は​ギデオン​を​ころした​​ニーホル​の​教団きょうだん​に​ぞくし、おなじ​しんこう​を​って​いた​もの​で​ある。

    17 ​さて、アルマ​と​アミュレク​は​さばきつかさ​に​なにも​こたえなかった。そこで、かれ​は​もう​いちふた​を​ち、やくにん​に​わたして​ろう​に​れ​させた。

    18 ​そして、ふた​が​ろう​に​れられて​みっ、ニーホル​の​教団きょうだん​に​ぞくして​いる​おおく​の​ほうりつ​や​さばきつかさ、さいきょう​たち​が​やって​て​ろう​の​なか​に​はいり、ふた​に​った。そして​かれら​は、ふた​に​おおく​の​ことがら​に​ついて​質問しつもん​した​が、ふた​は​なにも​こたえなかった。

    19 ​そこで、あの​さばきつかさ​が​ふた​の​まえ​に​って、「なぜ​この​人々ひとびと​の​質問しつもん​に​こたえない​の​か。おまえたち​を​ほのお​の​なか​に​ませる​ちから​が​わたし​に​ある​こと​を、おまえたち​は​らない​の​か」と​った。そして、かれ​は​こたえる​よう​に​ふた​に​めいじた​が、ふた​は​こたえなかった。

    20 ​そこで​かれら​は​って​った。ところが、かれら​は​また​よくじつ​に​やって​て、あの​さばきつかさ​が​また​ふた​の​ほお​を​った。それから、ほか​に​おおく​の​もの​たち​も​すすみ​て、ふた​を​って​った。「おまえたち​は​また​って​この​たみ​を​さばき、我々われわれ​の​ほうりつ​を​なん​する​つもり​か。おまえたち​に​その​よう​な​おおきな​ちから​が​ある​なら​ば、なぜ​ぶんしん​を​すくわない​の​か。」

    21 ​そして、かれら​は​ぎしり​を​し、ふた​に​つばき​を​き​かけ​ながら、この​よう​に​たくさん​の​こと​を​ならて、「我々われわれ​は​ばつ​の​さだめ​を​ける​とき、どの​よう​な​ありさま​な​の​か」と​った。

    22 ​また​かれら​は​たくさん​の​こと​を、まことに​この​よう​な​こと​を​いろいろ​と​ふた​に​った。この​よう​に、かれら​は​いくにち​も​の​あいだふた​を​あざけった。そのうえ​かれら​は、ふた​を​え​させる​ため​に​食物しょくもつ​を​あたえず、かわかせる​ため​に​みず​も​ませず、また、ふた​の​もの​を​はぎ​って​はだか​に​した。この​よう​に​して​ふた​は、じょう​な​なわ​で​しばられ、ろう​に​められて​いた。

    23 ​そして、ふた​が​この​よう​に​いくにち​も​の​あいだくるしんだ​のち(ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい十​ねん​の​十がつ​十二​にち​に)、アモナイハ​の​​の​だい​さばきつかさ​と、おおく​の​きょう​と​ほうりつ​が、アルマ​と​アミュレク​が​なわ​で​しばられて​められて​いた​ろう​に​はいって​た。

    24 ​そして、だい​さばきつかさ​は​ふた​の​まえ​に​つ​と、ふた​を​また​ち、「もし​おまえたち​に​かみ​の​ちから​が​ある​の​で​あれ​ば、この​なわ​から​ぶんしん​を​はなて。そう​すれ​ば、おまえたち​の​こと​の​とおり​に​しゅ​が​この​たみ​を​ほろぼす​と​いう​こと​を、我々われわれ​は​しんじよう」と​った。

    25 ​そして、ほか​の​もの​たち​も、さい​の​ひと​に​いたる​まで​みなすすみ​て、だい​さばきつかさ​と​おなじ​こと​を​い​ながら​ふた​を​った。ところが、さい​の​もの​が​ふた​に​い​えた​とき、かみ​の​ちから​が​アルマ​と​アミュレク​に​くだった。そこで、ふた​は​きて、がった。

    26 ​そして、アルマ​は​さけんで​った。「おお、しゅ​よ、わたしたち​は​いつまで​この​よう​な​ひどい​くるしみ​に​えれば​よろしい​の​でしょう​か。おお、しゅ​よ、キリスト​を​しんじる​わたしたち​の​しんこう​に​おうじて、ゆう​に​なる​ちから​を​わたしたち​に​お​あたえ​ください。」そして​ふた​は、ぶん​たち​を​しばって​いた​なわ​を​った。人々ひとびと​は​それ​を​る​と、ほろぼされる​の​で​は​ない​か​と​いう​きょう​に​おそわれ、げ​はじめた。

    27 ​さて、かれら​の​おそれ​は​じょう​に​おおきかった​ので、かれら​は​​に​たおれ、ろう​の​外側そとがわ​の​ぐち​まで​も​せなかった。そして、​が​はげしく​れ​うごき、ろう​の​かべ​が​二つ​に​けて​くずれ​ち、アルマ​と​アミュレク​を​った​だい​さばきつかさ​と​ほうりつ​たち、さい​たち​は、くずれ​ちた​かべ​に​たれて​んで​しまった。

    28 ​そして、アルマ​と​アミュレク​は​ろう​を​た。ふた​は​キリスト​を​しんじる​かれら​の​しんこう​に​おうじて​しゅ​から​ちから​を​さずけられて​いた​ので、きず​も​って​いなかった。かれら​は​ろう​から​すぐに​て​た​が、かれら​を​しばって​いた​なわ​は​けて​いた。ろう​は​すでに​くずれ​ちて​おり、ろう​の​なか​に​いた​もの​は、アルマ​と​アミュレク​を​のぞいて​ことごとく​んだ。そこで、ふた​は​すぐに​まち​に​はいって​った。

    29 ​その​とき、おおきな​物音ものおと​を​いた​たみ​が、その​わけ​を​ろう​と​して​れ​を​して​はしって​た。そして​かれら​は、アルマ​と​アミュレク​が​ろう​から​て​た​の​を​​に​し、また​ろう​の​かべ​が​​に​くずれ​ちて​いる​の​を​る​と、ひどい​きょう​に​おそわれ、アルマ​と​アミュレク​の​まえ​から​げた。それ​は​まるで、やぎ​が​​やぎ​を​れて​二​とう​の​ライオン​の​まえ​から​げる​の​に​て​いた。この​よう​に​かれら​は、アルマ​と​アミュレク​の​まえ​から​げた​の​で​ある。