アルマ書 59
脚注
テーマ

第​59​章

モロナイ、ヒラマン​の​ぐんたい​を​きょう​する​よう​に​パホーラン​に​要請ようせい​する。レーマンじん、ニーファイハ​の​まち​を​うばう。モロナイ、せい​に​はら​を​てる。げんぜんやく​六十二​ねん

1 ​さて、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい​三十​ねん​に、モロナイ​は​ヒラマン​の​がみ​を​って​む​と、その​さいわい​を、すなわち、ぜん​に​うしなった​​を​る​の​に​ヒラマン​が​おおきな​せいこう​を​おさめた​こと​を​じょう​に​よろこんだ。

2 ​また、かれ​は​ぶん​の​たみ​に​も​よろこんで​もらおう​と​して、ぶん​の​いる​その​ほう​の​全域ぜんいき​で​すべて​の​たみ​に​それ​を​らせた。

3 ​そして​かれ​は、すぐに​​パホーラン​に​がみ​を​き、ヒラマン​が​その​よう​に​せきてき​に​しゅ​よく​かえした​ほう​を​よう​に​まもり​とおせる​よう​に、ヒラマン​を、いや、ヒラマン​の​ぐんたい​を​きょう​する​ため​に​へい​を​あつめる​よう​に​らい​した。

4 ​そして、その​がみ​を​ゼラヘムラ​の​​へ​おくる​と、モロナイ​は、レーマンじん​が​ニーファイじん​から​うばった​りょう​と​まち​の​なか​で​まだ​かえして​いない​ぶん​を​​に​れる​ため​に、ふたたび​さく​を​り​はじめた。

5 ​さて、モロナイ​が​この​よう​に​レーマンじん​を​める​じゅん​を​して​いる​あいだ​に、モロナイ​の​まち、リーハイ​の​まち、モリアントン​の​まち​から​あつまった​ニーファイハ​の​たみ​が、レーマンじん​から​こうげき​を​けた。

6 ​まことに、マンタイ​の​​と​その​周辺しゅうへん​の​​から​われた​もの​たち​が、この​ほう​の​レーマンじん​の​もと​に​て​ごうりゅう​して​いた。

7 ​この​よう​に​して、かれら​は​じょう​に​人数にんずう​が​おおく​なった​うえ​に、援兵えんぺい​を​た​ので、アモロン​の​命令めいれい​に​よって​ニーファイハ​の​たみ​を​め、かれら​に​たいして​大変たいへん​な​さつりく​を​はじめた​の​で​ある。

8 かれら​の​ぐんたい​が​じょう​に​大軍たいぐん​で​あった​ので、ニーファイハ​の​たみ​の​なか​で​のこった​もの​たち​は​かたなく​かれら​の​まえ​から​し、モロナイ​の​もと​へ​やって​て​かれ​の​ぐんたい​に​くわわった。

9 ​ところで​モロナイ​は、ニーファイハ​の​まち​に​すでに​へい​が​おくられて​いて、その​まち​を​まもり​とおす​ため​に​たみ​を​たすける​にん​に​いて​いる​もの​と​おもって​おり、また​レーマンじん​の​​に​ちない​よう​に​まち​を​まもる​こと​の​ほう​が、それ​を​かれら​から​かえす​こと​より​も​よう​で​ある​の​を​って​いた​ので、ニーファイハ​の​まち​の​たみ​が​よう​に​その​まち​を​まもり​とおせる​と​おもった。

10 ​そこで​かれ​は、ぶん​が​かえした​ところ​を​なん​かしょ​も​まもる​ため​に、ぶん​の​ぜんぐん​を​もちいて​いた。

11 ​モロナイ​は、ニーファイハ​の​まち​を​うしなった​こと​を​って​じょう​に​なげき、また​ニーファイじん​が​たみ​の​あく​の​ため​に​同胞はらから​の​​に​ちて​しまう​の​で​は​ない​か​と​あやぶみ​はじめた。

12 ​これ​は​かれ​の​連隊長れんたいちょう​たち​も​みなおなじ​で​あった。かれら​も​たみ​の​あく​を​あやぶみ、おどろいた。それ​は、レーマンじん​が​ニーファイハ​の​まち​の​たみ​に​った​から​で​ある。

13 ​そして​モロナイ​は、せい​が​くに​の​ゆう​を​まもる​の​に​冷淡れいたん​で​ある​と​いう​こと​で、かれら​に​はら​を​てた。