アルマ書59


第59章

モロナイ,ヒラマンのぐんたいきょうするようにパホーランにようせいする。レーマンじん,ニーファイハのまちうばう。モロナイ,せいはらてる。げんぜんやく六十二ねん

1 さて,ニーファイのたみのさばきつかさのとうだい三十ねんに,モロナイはヒラマンのがみってむと,そのさいわいを,すなわち,ぜんうしなったるのにヒラマンがおおきなせいこうおさめたことをじょうよろこんだ。

2 また,かれぶんたみにもよろこんでもらおうとして,ぶんのいるそのほうぜんいきですべてのたみにそれをらせた。

3 そしてかれは,すぐにパホーランがみき,ヒラマンがそのようにせきてきしゅよくかえしたほうようまもとおせるように,ヒラマンを,いや,ヒラマンのぐんたいきょうするためにへいあつめるようにらいした。

4 そして,そのがみをゼラヘムラのおくると,モロナイは,レーマンじんがニーファイじんからうばったりょうまちなかでまだかえしていないぶんれるために,ふたたさくはじめた。

5 さて,モロナイがこのようにレーマンじんめるじゅんをしているあいだに,よ,モロナイのまち,リーハイのまち,モリアントンのまちからあつまったニーファイハのたみが,レーマンじんからこうげきけた。

6 まことに,マンタイのとそのしゅうへんからわれたものたちが,このほうのレーマンじんのもとにごうりゅうしていた。

7 このようにして,かれらはじょうにんずうおおくなったうえに,えんぺいたので,アモロンのめいれいによってニーファイハのたみめ,かれらにたいしてたいへんさつりくはじめたのである。

8 かれらのぐんたいじょうたいぐんであったので,ニーファイハのたみなかのこったものたちはかたなくかれらのまえからし,モロナイのもとへやってかれぐんたいくわわった。

9 ところでモロナイは,ニーファイハのまちにすでにへいおくられていて,そのまちまもとおすためにたみたすけるにんいているものとおもっており,またレーマンじんちないようにまちまもることのほうが,それをかれらからかえすことよりもようであるのをっていたので,ニーファイハのまちたみようにそのまちまもとおせるとおもった。

10 そこでかれは,ぶんかえしたところなんしょまもるために,ぶんぜんぐんもちいていた。

11 モロナイは,ニーファイハのまちうしなったことをってじょうなげき,またニーファイじんたみあくのために同胞はらからちてしまうのではないかとあやぶみはじめた。

12 これはかれれんたいちょうたちもみなおなじであった。かれらもたみあくあやぶみ,おどろいた。それは,レーマンじんがニーファイハのまちたみったからである。

13 そしてモロナイは,せいくにゆうまもるのにれいたんであるということで,かれらにはらてた。