アルマ書 16
脚注
テーマ

第​16​章

レーマンじん、アモナイハ​の​たみ​を​ほろぼす。ゾーラム、ニーファイじん​を​ひきいて​レーマンじん​に​しょう​を​る。アルマ​と​アミュレク​と​その​ほか​おおく​の​ひとこと​を​べ​つたえ、キリスト​が​ふっかつ​に​ニーファイじん​に​しん​を​あらわされる​こと​を​おしえる。げんぜんやく​八十一​ねん​から​七十七​ねん​に​いたる。

1 ​さて、ゼラヘムラ​の​​は​じょう​に​へい​で​あり、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい十一​ねん​二がついつ​まで​の​すうねん​の​あいだせんそう​も​なければ​あらそい​も​なかった。ところが、だい十一​ねん​の​二がついつ​に、ぜん​で​せんそう​を​げる​さけび​が​かれた。

2 よ、レーマンじん​の​ぐんたい​が​すでに​​の​ほう​から​さかい​の​​に​侵入しんにゅう​して​​アモナイハ​の​まち​に​はいり、たみ​を​ころして​まち​を​かい​し​はじめた​から​で​ある。

3 ​そして、ニーファイじん​が​レーマンじん​を​その​​から​はらう​に​る​ぐんたい​を​こす​まえ​に、レーマンじん​は​アモナイハ​の​まち​に​いた​人々ひとびと​を​ころし、ノア​の​​の​さかいきん​で​も​かなり​の​人々ひとびと​を​ころし、また​のこり​の​人々ひとびと​を​らえて​​へ​れ​って​しまった。

4 ​そこで​ニーファイじん​は、とらわれ​の​​と​なって​​に​れ​られた​人々ひとびと​を​もどしたい​と​おもった。

5 ​その​ため、ニーファイじん​の​ぐんたい​を​​する​れいかん​に​にんめい​された​ひと(その​​は​ゾーラム​と​いい、かれ​に​は​ふた​の​むす、リーハイ​と​エーハ​が​いた)、すなわち、ゾーラム​と​かれ​の​ふた​の​むす​は、アルマ​が​きょうかい​を​かん​する​だいさい​で​ある​こと​を​って​おり、また​アルマ​が​げん​の​れい​を​けて​いる​こと​も​いて​って​いた​ので、かれ​の​もと​を​おとずれ、レーマンじん​に​らえられた​同胞はらから​を​さがす​の​に、しゅ​は​ぶん​たち​が​​の​どこ​へ​く​の​を​のぞんで​おられる​か​りたい​と​かれ​に​げた。

6 ​そこで​アルマ​は、その​けん​に​ついて​しゅ​に​たずねた。それから​もどって​る​と、かれら​に​った。「よ、レーマンじん​は​マンタイ​の​​の​さかい​の​はるか​こう​に​ある​みなみ​の​​で​シドン​がわ​を​わたる​でしょう。よ、あなたがた​は​シドン​がわ​の​ひがしがわ​で​かれら​を​むかえて​たたかい​なさい。そう​すれ​ば​しゅ​は​あなたがた​に、レーマンじん​に​らえられた​同胞はらから​を​わたされ​ます。」

7 ​そこで、ゾーラム​と​むす​たち​は、ぐんたい​を​ひきいて​シドン​がわ​を​わたり、マンタイ​の​​の​さかい​を​えて、シドン​がわ​の​ひがしがわ​に​たる​みなみ​の​​まで​しんぐん​した。

8 ​そして​かれら​は、レーマンじん​の​ぐんたい​に​め​かかり、レーマンじん​を​り​に​​の​なか​へ​はらった。この​よう​に​して​かれら​は、レーマンじん​に​らえられて​いた​同胞はらから​を​もどした。しかも、らえられて​いた​同胞はらから​は​ひと​も​うしなわれて​いなかった。そして​かれら​は、同胞はらから​に​れられて、それぞれ​の​​に​かえった。

9 ​この​よう​に​して、さばきつかさ​の​とうだい十一​ねん​が​わった。レーマンじん​は​すでに​その​​から​はらわれ、アモナイハ​の​たみ​は​ほろびた。まことに、アモナイハ​じん​は​ことごとく​ころされ、じょう​に​おおきい​ので​かみ​で​も​かい​できない​と​かれら​が​べた、その​おおきな​まち​も​また​ほろびた。

10 よ、その​まち​は​​一にち​で​れ​すたれた​ところ​と​なり、しかばね​は​いぬ​と​​の​じゅう​に​い​かれて​しまった。

11 ​それでも​おおく​の​​の​のちかれら​の​たい​は​​の​おもて​に​げられ、うすく​つち​が​かけられた。しかし、その​におい​が​とても​ひどかった​ので、長年ながねん​の​あいだ、アモナイハ​の​​に​て​そこ​を​しょゆう​しよう​と​する​もの​は​いなかった。そして、その​​は「ニーホルじん​の​はいきょ」と​ばれた。それ​は、そこ​で​ころされた​もの​たち​が​​ニーホル​の​教団きょうだん​に​ぞくし、かれら​の​​が​れ​すたれた​まま​で​あった​から​で​ある。

12 ​ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい十四​ねん​まで、レーマンじん​は​ふたたび​やって​て​ニーファイじん​と​たたかう​こと​を​しなかった。この​よう​に​して​三​年間ねんかん、ニーファイ​の​たみ​は​つづき​ぜん​に​へい​を​たもった。

13 ​そして、アルマ​と​アミュレク​は​て​って、ユダヤじん​に​ならって​てられた​神殿しんでん​や​聖堂せいどう​や​会堂かいどう​で、たみ​に​あらため​を​べ​つたえた。

14 ​そして​かれら​は、ぶん​たち​の​こと​を​こう​と​する​すべて​の​ひと​に、かたより​る​こと​なく、つづき​かみ​の​こと​を​げた。

15 ​この​よう​に、アルマ​と​アミュレク​と、その​つとめ​を​たす​よう​に​えらばれた​さらに​おおく​の​ひと​は、ぜん​に​こと​を​べ​つたえる​ため​に​て​った。そして​ぜん​で、すなわち​周辺しゅうへん​の​すべて​の​ほう​で、ニーファイじん​に​ぞくする​すべて​の​ひと​の​なか​に​ひろく​きょうかい​が​せつりつ​される​よう​に​なった。

16 ​また、きょうかいいん​の​なか​に​は​すこし​の​びょうどう​も​なかった。しゅ​は​ひと​の​ら​の​こころ​を​そなえ​させる​ため​に、すなわち、しゅ​の​らいりん​の​とき​に、かれら​の​なか​で​おしえられる​こと​を​れる​よう​に​かれら​の​こころ​を​そなえ​させる​ため​に、その​​の​全面ぜんめん​に​しゅ​の​たま​を​そそがれた。

17 かれら​が​こと​に​たいして​かたくな​に​なる​こと​が​なく、また​しんこう​に​なって​めつぼう​に​いたる​こと​も​なく、むしろ​よろこんで​こと​を​れて、一つ​の​えだ​として​まこと​の​​ぶどう​の​​に​がれ、しゅ​なる​かれら​の​かみ​の​あんそく​に​はいれる​よう​に​する​ため​で​ある。

18 ​さて、たみ​の​なか​に​て​った​その​さい​たち​は、あらゆる​いつわり​と​あざむき、​ねたみ、あらそい、あく、ののしり、ぬすみ、ごうとう略奪りゃくだつさつじん姦淫かんいん、および​あらゆる​こうしょく​を​める​おしえ​を​き、これら​の​こと​を​おこなって​は​ならない​と​うったえた。

19 ​そして​かれら​は、もなく​かならず​こる​こと、まことに、かみ​の​おん​の​らいりん​と、おん​の​お​け​に​なる​くるしみ​と​しゃ​の​ふっかつ​に​ついて​いた。

20 ​それで​おおく​の​ひと​は、かみ​の​おん​が​られる​しょ​に​ついて​たずね、かみ​の​おん​が​ふっかつ​に​この​たみ​に​しん​を​あらわされる​と​いう​こと​を​おそわった。そして​人々ひとびと​は、これ​を​いて​じょう​に​よろこんだ。

21 ​この​よう​に、きょうかい​が​ぜん​に​せつりつ​され、あく​に​しょう​し、かみ​の​こと​が​じゅんすい​な​まま​に​くにじゅう​に​べ​つたえられて、しゅ​は​人々ひとびと​に​しゅくふく​を​そそがれた。この​よう​に​して、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい十四​ねん​が​わった。