アルマ書16


第16章

レーマンじん,アモナイハのたみほろぼす。ゾーラム,ニーファイじんひきいてレーマンじんしょうる。アルマとアミュレクとそのほかおおくのひとことつたえ,キリストがふっかつにニーファイじんしんあらわされることをおしえる。げんぜんやく八十一ねんから七十七ねんいたる。

1 さて,ゼラヘムラのじょうへいであり,ニーファイのたみのさばきつかさのとうだい十一ねんがついつまでのすうねんあいだせんそうもなければあらそいもなかった。ところが,だい十一ねんの二がついつに,ぜんせんそうげるさけびがかれた。

2 よ,レーマンじんぐんたいがすでにほうからさかいしんにゅうしてアモナイハまちはいり,たみころしてまちかいはじめたからである。

3 そして,ニーファイじんがレーマンじんをそのからはらうにぐんたいこすまえに,レーマンじんはアモナイハのまちにいたひとびところし,ノアのさかいきんでもかなりのひとびところ,またのこりのひとびとらえてってしまった。

4 そこでニーファイじんは,とらわれのとなってられたひとびともどしたいとおもった。

5 そのため,ニーファイじんぐんたいするれいかんにんめいされたひと(そのはゾーラムといい,かれには二人ふたりむす,リーハイとエーハがいた),すなわち,ゾーラムとかれ二人ふたりむすは,アルマがきょうかいかんするだいさいであることをっており,またアルマがげんれいけていることもいてっていたので,かれのもとをおとずれ,レーマンじんらえられた同胞はらからさがすのに,しゅぶんたちがのどこへくのをのぞんでおられるかりたいとかれげた。

6 そこでアルマは,そのけんについてしゅたずねた。それからもどってると,かれらにった。「よ,レーマンじんはマンタイのさかいのはるかこうにあるみなみでシドンがわわたるでしょう。よ,あなたがたはシドンがわひがしがわかれらをむかえてたたかいなさい。そうすればしゅはあなたがたに,レーマンじんらえられた同胞はらからわたされます。」

7 そこで,ゾーラムとむすたちは,ぐんたいひきいてシドンがわわたり,マンタイのさかいえて,シドンがわひがしがわたるみなみまでしんぐんした。

8 そしてかれらは,レーマンじんぐんたいめかかり,レーマンじんりになかはらった。このようにしてかれらは,レーマンじんらえられていた同胞はらからもどした。しかも,らえられていた同胞はらから一人ひとりうしなわれていなかった。そしてかれらは,同胞はらかられられて,それぞれのかえった。

9 このようにして,さばきつかさのとうだい十一ねんわった。レーマンじんはすでにそのからはらわれ,アモナイハのたみほろびた。まことに,アモナイハじんはことごとくころされじょうおおきいのでかみでもかいできないとかれらがべた,そのおおきなまちもまたほろびた。

10 よ,そのまちにちすたれたところとなり,しかばねはいぬじゅうかれてしまった。

11 それでもおおくののちかれらのたいおもてげられ,うすつちがかけられた。しかし,そのにおいがとてもひどかったので,ながねんあいだ,アモナイハのてそこをしょゆうしようとするものはいなかった。そして,そのは「ニーホルじんはいきょ」とばれた。それは,そこでころされたものたちがニーホルきょうだんぞくし,かれらのすたれたままであったからである。

12 ニーファイのたみのさばきつかさのとうだい十四ねんまで,レーマンじんふたたびやっててニーファイじんたたかうことをしなかった。このようにして三ねんかん,ニーファイのたみつづぜんへいたもった。

13 そして,アルマとアミュレクはって,ユダヤじんならっててられたしん殿でんせいどうかいどうで,たみあらためをつたえた。

14 そしてかれらは,ぶんたちのことこうとするすべてのひとに,かたよることなくえずかみことげた。

15 このように,アルマとアミュレクと,そのつとめをたすようにえらばれたさらにおおくのひとは,ぜんことつたえるためにった。そしてぜんで,すなわちしゅうへんのすべてのほうで,ニーファイじんぞくするすべてのひとなかひろきょうかいせつりつされるようになった。

16 また,きょうかいいんなかにはすこしのびょうどうなかった。しゅひとらのこころそなえさせるために,すなわち,しゅらいりんときに,かれらのなかおしえられることれるようにかれらのこころそなえさせるために,そのぜんめんしゅたまそそがれた。

17 かれらがことたいしてかたくなになることがなく,またしんこうになってめつぼういたることもなく,むしろよろこんでことれて,一つのえだとしてまことのぶどうがれ,しゅなるかれらのかみあんそくはいれるようにするためである。

18 さて,たみなかったそのさいたちは,あらゆるいつわりとあざむねたみあらそい,あく,ののしり,ぬすみ,ごうとうりゃくだつさつじんかんいん,およびあらゆるこうしょくめるおしえをき,これらのことをおこなってはならないとうったえた。

19 そしてかれらは,もなくかならこること,まことに,かみおんらいりんと,おんのおけになるくるしみとしゃふっかつについていた。

20 それでおおくのひとは,かみおんられるしょについてたずね,かみおんふっかつにこのたみしんあらわされるということをおそわった。そしてひとびとは,これをいてじょうよろこんだ。

21 このように,きょうかいぜんせつりつされ,あくしょうし,かみことじゅんすいなままにくにじゅうつたえられて,しゅひとびとしゅくふくそそがれた。このようにして,ニーファイのたみのさばきつかさのとうだい十四ねんわった。