アルマ書 54
脚注
テーマ

第​54​章

アモロン​と​モロナイ、りょ​の​こうかん​を​交渉こうしょう​する。モロナイ、撤兵てっぺい​して​残忍ざんにん​な​こうげき​を​やめる​よう​レーマンじん​に​ようきゅう​する。アモロン、​を​てて​レーマンじん​に​服従ふくじゅう​する​こと​を​ニーファイじん​に​ようきゅう​する。げんぜんやく​六十三​ねん

1 ​さて、さばきつかさ​の​とうだい​二十九​ねん​の​はじめ​に、​アモロン​は​りょ​を​こうかん​する​こと​を​もとめて、使しゃ​を​モロナイ​に​おくって​きた。

2 ​そして、モロナイ​は​この​要請ようせい​を​じょう​に​よろこんだ。と​いう​の​は、りょ​の​レーマンじん​を​やしなう​の​に​使つかって​いる​食糧しょくりょう​を​ぶん​の​たみ​を​やしなう​の​に​てたい​と​おもい、また​たみ​を​かえして​もらって​ぶん​の​ぐんたい​を​増強ぞうきょう​したい​と​も​おもって​いた​から​で​ある。

3 ​ところで、レーマンじん​は​おおく​の​おんなども​を​らえて​いた​が、モロナイ​の​すべて​の​りょ、すなわち、モロナイ​が​らえて​いた​りょ​の​なか​に​は​おんな​と​ども​は​いなかった。そこで​モロナイ​は、できる​だけ​おおく​の​ニーファイじん​の​りょ​を​レーマンじん​から​かえす​ため​に、一つ​の​さく​を​こうじる​こと​に​した。

4 ​それで​モロナイ​は​がみ​を​したため、ぶん​に​がみ​を​ってて​くれた​アモロン​の​​に​それ​を​たくした。かれ​が​アモロン​に​いた​こと​は​つぎ​の​とおり​で​ある。

5 「アモロン​よ、よ、あなた​が​わたし​の​たみ​に​けた​この​せんそう、いや、あなた​の​きょうだい​が​わたし​の​たみ​に​け、あなた​が​きょうだい​の​​も​なお​つづけよう​と​して​いる​この​せんそう​に​ついて、わたし​は​ぜん​に​すこし​あなた​に​き​おくった​こと​が​ある。

6 よ、わたし​は、かみ​の​せい​と​かみ​の​はげしい​いかり​の​つるぎ​に​ついて、すこし​あなた​に​げたい。あなたがた​が​あらためて、ぐんたい​を​あなた​の​、すなわち、あなた​の​しょゆう​で​ある​ニーファイ​の​​に​撤退てったい​させ​なければ、かみ​の​はげしい​いかり​の​つるぎ​が​あなた​の​うえ​に​せまる​で​あろう。

7 ​まことに、もし​これら​の​こと​を​く​りょう​が​あなた​に​ある​なら​ば、まことに​わたし​は​あなた​に​げたい。すなわち、あなたがた​が​あらためて​残忍ざんにん​な​もくろみ​を​て、ぐんたい​を​ひきいて​ぶん​の​​へ​かえら​なければ、あの​おそろしい​ごく​が​あなた​や​あなた​の​きょうだい​の​よう​な​さつじんしゃ​を​むかえ​れよう​と​けて​いる​こと​を、あなた​に​げたい。

8 ​しかし、あなた​は​かつて​これら​の​こと​を​こばみ、しゅ​の​たみ​に​敵対てきたい​して​たたかった​ので、わたし​は​あなた​が​また​その​よう​に​する​で​あろう​と​おもう。

9 ​さて​よ、我々われわれ​に​は​あなたがた​を​むかつ​よう​が​できて​いる。また、あなた​は​ぶん​の​もくろみ​を​て​なければ、あなた​が​こばんだ​あの​かみ​の​はげしい​いかり​を​ぶん​の​​に​け、完全かんぜん​な​めつぼう​を​こうむる​で​あろう。

10 ​あなたがた​が​撤退てったい​しなければ、しゅ​が​きて​おられる​よう​に​たしか​に、我々われわれ​の​ぐんたい​は​あなたがた​に​め​のぼり、あなたがた​は​もなく​​に​われる​で​あろう。我々われわれ​は​ぶん​たち​の​まち​と​​を​ゆう​し、また​ぶん​たち​の​宗教しゅうきょう​と​かみ​の​たい​を​まもる​つもり​だから​で​ある。

11 ​しかし​よ、これら​の​こと​を​あなた​に​べて​も​​で​ある​と​わたし​に​は​おもわれる。また、あなた​は​ごく​の​​で​ある​よう​に​わたし​に​は​おもわれる。したがって​わたし​は、がみ​を​むすぶ​に​たって​げる。ひと​の​りょ​に​たいして​おとこひと​と​その​つま​と​その​ども​たち​を​わたす​と​いう​じょうけん​に​どう​しなければ、わたし​は​りょ​の​こうかん​を​しない。もし​あなたがた​が​その​よう​に​する​なら​ば、こうかん​を​しよう。

12 よ、もし​あなたがた​が​これ​を​おこなわなければ、わたし​は​ぐんたい​を​ひきいて​あなたがた​を​める​つもり​で​ある。まことに、わたし​は​おんな​たち​と​ども​たち​を​そう​させて​あなた​を​め、我々われわれ​の​さいしょ​の​ぎ​の​​で​ある​現在げんざい​の​あなたがた​の​​まで​も​って​こう。そして、​に​は​​を、いのち​に​は​いのち​を​もとめよう。そして​わたし​は、あなたがた​が​​の​おもて​から​ほろぼし​られる​まで​たたかおう。

13 よ、わたし​は​いかって​おり、わたし​の​たみ​も​いかって​いる。あなたがた​は​これまで​我々われわれ​を​ころそう​と​して​きた​が、我々われわれ​は​防衛ぼうえい​に​のみ​つとめて​きた。しかし、もし​あなたがた​が​これ​じょう我々われわれ​を​ほろぼそう​と​する​なら​ば、我々われわれ​も​あなたがた​を​ほろぼす​よう​に​しよう。そして、我々われわれ​は​ぶん​たち​の​、すなわち​我々われわれ​の​さいしょ​の​ぎ​の​​を​​に​れる​で​あろう。

14 ​これ​で​わたし​は​がみ​を​むすぶ。わたし​は​モロナイ​で​あり、ニーファイじん​の​たみ​の​かん​で​ある。」

15 ​さて、アモロン​は​この​がみ​を​る​と​はら​を​て、モロナイ​に​がみ​を​もう​一​つういた。かれ​が​いた​こと​は​つぎ​の​とおり​で​ある。

16 「わたし​は​レーマンじん​の​おう、アモロン​で​あり、おまえたち​が​ころした​アマリキヤ​の​きょうだい​で​ある。よ、わたし​は​おまえたち​に、きょうだい​の​​の​ほうふく​を​する​つもり​で​ある。また​わたし​は、おまえ​の​きょうはく​など​おそれない​ので、ぐんたい​を​ひきいて​おまえたち​を​めよう。

17 よ、おまえ​の​せん​は​ぶん​の​あに​たち​を​とう​に​あつかった。とうけん​は​せいとう​に​は​その​あに​たち​の​もの​で​あった​の​に、おまえ​の​せん​は​それ​を​あに​たち​から​うばった。

18 ​さて​よ、もし​おまえたち​が​​を​てて、とうけん​の​せいとう​な​しょゆうしゃ​の​とう​に​ふくする​なら​ば、その​とき、わたし​も​たみ​に​​を​て​させ、もう​けっして​せんそう​を​させない​よう​に​しよう。

19 よ、おまえ​は​わたし​と​わたし​の​たみ​に​きょうはく​の​こと​を​たくさん​いた​が、我々われわれ​は​おまえ​の​きょうはく​を​おそれない。

20 ​しかしながら、わたし​は​よろこんで​おまえ​の​もとめる​とおり​に​りょ​を​こうかん​する​こと​を​みとめ、食糧しょくりょう​を​わが​ぐん​の​へい​たち​の​ため​に​たくわえて​おく​よう​に​しよう。そして、我々われわれ​は​ニーファイじん​が​我々われわれ​の​けん​に​服従ふくじゅう​する​まで、そう​で​なければ、ニーファイじん​を​永遠えいえん​に​絶滅ぜつめつ​させる​まで、いつまで​も​せんそう​を​つづけよう。

21 ​また、我々われわれ​が​こばんだ​と​おまえ​の​う​その​かみ​に​ついて​で​ある​が、よ、我々われわれ​は​その​よう​な​もの​を​らない​し、おまえ​に​も​かる​はず​が​ない。しかし、もし​その​よう​な​もの​が​いる​と​すれ​ば、その​もの​は​おまえ​だけ​で​なく、我々われわれ​を​も​つくった​こと​に​なる。

22 ​また、もし​あく​が​おり、ごく​が​ある​と​すれ​ば、わたし​の​きょうだい​を​ころした​うえ​に、かれ​は​その​よう​な​しょ​に​った​と​ほのめかす​おまえたち​も、あく​に​よって​そこ​へ​おくまれ、わたし​の​きょうだい​と​ともに​そこ​で​む​こと​に​ならない​だろう​か。しかし、これら​の​こと​は​どう​で​も​よい。

23 ​わたし​は​アモロン​で​あって、おまえ​の​せん​に​よって​やり​に​エルサレム​から​された​​ゾーラム​の​そん​で​ある。

24 ​そして​よ、いまや​わたし​は​ゆうかん​な​レーマンじん​で​ある。よ、この​せんそう​は​レーマンじん​が​けた​とう​な​あつかい​の​ほうふく​を​し、レーマンじん​の​とうけん​を​まもり、​に​れる​ため​に​おこなわれて​きた​もの​で​ある。これ​で​モロナイ​に​あてた​がみ​を​むすぶ。」