アルマ書54
戻る 次へ


第54章

アモロンとモロナイ,りょこうかんこうしょうする。モロナイ,てっぺいしてざんにんこうげきをやめるようレーマンじんようきゅうする。アモロン,ててレーマンじんふくじゅうすることをニーファイじんようきゅうする。げんぜんやく六十三ねん

1 さて,さばきつかさのとうだい二十九ねんはじめに,アモロンりょこうかんすることをもとめて,使しゃをモロナイにおくってきた。

2 そして,モロナイはこのようせいじょうよろこんだ。というのは,りょのレーマンじんやしなうのに使つかっているしょくりょうぶんたみやしなうのにてたいとおもい,またたみかえしてもらってぶんぐんたいぞうきょうしたいともおもっていたからである。

3 ところで,レーマンじんおおくのおんなどもらえていたが,モロナイのすべてのりょ,すなわち,モロナイがらえていたりょなかにはおんなどもはいなかった。そこでモロナイは,できるだけおおくのニーファイじんりょをレーマンじんからかえすために,一つのさくこうじることにした。

4 それでモロナイはがみをしたため,ぶんがみっててくれたアモロンのにそれをたくした。かれがアモロンにいたことつぎのとおりである。

5 「アモロンよ,よ,あなたがわたしのたみけたこのせんそう,いや,あなたのきょうだいがわたしのたみけ,あなたがきょうだいもなおつづけようとしているこのせんそうについて,わたしはぜんすこしあなたにおくったことがある。

6 よ,わたしは,かみせいかみはげしいいかりのつるぎについて,すこしあなたにげたい。あなたがたがあらためて,ぐんたいをあなたの,すなわち,あなたのしょゆうであるニーファイのてっ退たいさせなければ,かみはげしいいかりのつるぎがあなたのうえにせまるであろう。

7 まことに,もしこれらのことをりょうがあなたにあるならば,まことにわたしはあなたにげたい。すなわち,あなたがたがあらためてざんにんなもくろみをて,ぐんたいひきいてぶんかえらなければ,あのおそろしいごくがあなたやあなたのきょうだいのようなさつじんしゃむかれようとけていることを,あなたにげたい。

8 しかし,あなたはかつてこれらのことをこばみ,しゅたみてきたいしてたたかったので,わたしはあなたがまたそのようにするであろうとおもう。

9 さてよ,われわれにはあなたがたをむかようができている。また,あなたはぶんのもくろみをてなければ,よ,あなたがこばんだあのかみはげしいいかりをぶんけ,かんぜんめつぼうこうむるであろう。

10 あなたがたがてっ退たいしなければ,しゅきておられるように,われわれぐんたいはあなたがたにのぼり,あなたがたはもなくわれるであろう。われわれぶんたちのまちゆうし,またぶんたちのしゅうきょうかみたいまもるつもりだからである。

11 しかしよ,これらのことをあなたにべてもであるとわたしにはおもわれる。また,あなたはごくであるようにわたしにはおもわれる。したがってわたしは,がみむすぶにたってげる。一人ひとりりょたいしておとこ一人ひとりとそのつまとそのどもたちをわたすというじょうけんどうしなければ,わたしはりょこうかんをしない。もしあなたがたがそのようにするならば,こうかんをしよう。

12 よ,もしあなたがたがこれをおこなわなければ,わたしはぐんたいひきいてあなたがたをめるつもりである。まことに,わたしはおんなたちとどもたちをそうさせてあなたをめ,われわれさいしょぎのであるげんざいのあなたがたのまでもってこう。そして,にはを,いのちにはいのちもとめよう。そしてわたしは,あなたがたがおもてからほろぼしられるまでたたかおう。

13 よ,わたしはいかっており,わたしのたみいかっている。あなたがたはこれまでわれわれころそうとしてきたが,われわれぼうえいにのみつとめてきた。しかしよ,もしあなたがたがこれじょうわれわれほろぼそうとするならば,われわれもあなたがたをほろぼすようにしよう。そして,われわれぶんたちの,すなわちわれわれさいしょぎのれるであろう。

14 これでわたしはがみむすぶ。わたしはモロナイであり,ニーファイじんたみかんである。」

15 さて,アモロンはこのがみるとはらて,モロナイにがみをもう一つういた。かれいたことつぎのとおりである。

16 「わたしはレーマンじんおう,アモロンであり,おまえたちがころしたアマリキヤのきょうだいである。よ,わたしはおまえたちに,きょうだいほうふくをするつもりである。またわたしは,おまえのきょうはくなどおそれないので,ぐんたいひきいておまえたちをめよう。

17 よ,おまえのせんぶんあにたちをとうあつかった。とうけんせいとうにはそのあにたちのものであったのに,おまえのせんはそれをあにたちからうばった。

18 さてよ,もしおまえたちがてて,とうけんせいとうしょゆうしゃとうふくするならば,そのとき,わたしもたみてさせ,もうけっしてせんそうをさせないようにしよう。

19 よ,おまえはわたしとわたしのたみきょうはくことをたくさんいたが,よ,われわれはおまえのきょうはくおそれない。

20 しかしながら,わたしはよろこんでおまえのもとめるとおりにりょこうかんすることをみとめ,しょくりょうをわがぐんへいたちのためにたくわえておくようにしよう。そして,われわれはニーファイじんわれわれけんふくじゅうするまで,そうでなければ,ニーファイじんえいえんぜつめつさせるまで,いつまでもせんそうつづけよう。

21 また,われわれこばんだとおまえのうそのかみについてであるが,よ,われわれはそのようなものらないし,おまえにもかるはずがない。しかし,もしそのようなものがいるとすれば,そのものはおまえだけでなく,われわれをもつくったことになる。

22 また,もしあくがおり,ごくがあるとすれば,よ,わたしのきょうだいころしたうえに,かれはそのようなしょったとほのめかすおまえたちも,あくによってそこへおくまれ,わたしのきょうだいとともにそこでむことにならないだろうか。しかしよ,これらのことはどうでもよい。

23 わたしはアモロンであって,おまえのせんによってやりにエルサレムからされたゾーラムそんである。

24 そしてよ,いまやわたしはゆうかんなレーマンじんである。よ,このせんそうはレーマンじんけたとうあつかいのほうふくをし,レーマンじんとうけんまもり,れるためにおこなわれてきたものである。これでモロナイにあてたがみむすぶ。」