アルマ書 23
    脚注

    第​23​章

    信教しんきょう​の​ゆう​が​宣言せんげん​される。七つ​の​​と​まち​の​レーマンじん​が​改宗かいしゅう​する。かれら​は​アンタイ・​ニーファイ・​リーハイ​じん​と​しょう​し、のろい​を​かれる。アマレカイ​じん​と​アミュロン​じんしん​を​こばむ。げんぜんやく​九十​ねん​から​七十七​ねん​に​いたる。

    1 ​さて​よ、レーマンじん​の​おう​は​すべて​の​たみ​の​なか​に​こく​を​して、こくない​の​どこ​に​おいて​も、たみ​は​アンモン​や​アロン、オムナー、ヒムナイ、その​ほか​かみ​の​こと​を​べ​つたえ​ながら​たび​を​して​いる​その​どうりょう​たち​に、​を​かけて​は​ならない​と​げた。

    2 ​まことに、おう​は​たみ​に​こく​を​して、たみ​は​かれら​を​らえて​しばったり、ろう​に​れたり​して​は​ならない、つばき​を​き​かけたり、ったり、会堂かいどう​から​したり、むちったり​して​は​ならない、また​かれら​に​いし​を​げつけて​は​ならない、むしろ​かれら​が​たみ​の​いえ​や、神殿しんでん​や、聖堂せいどう​に​ゆう​に​り​できる​よう​に​しなければ​ならない​と​した。

    3 ​その​ため​かれら​は、おもい​の​まま​に​めぐり​あるいて​こと​を​べ​つたえる​こと​が​できた。それ​は、おう​と​おう​の​いえ​の​すべて​の​もの​が​しゅ​に​​した​から​で​ある。おう​は​たみ​に​あてて​ぜん​に​こく​を​し、かみ​の​こと​が​なんの​さまたげ​に​も​う​こと​なく​くにじゅう​に​つたわって、せん​の​つたえ​が​ただしくない​こと​を​たみ​が​なっとく​する​よう​に、また​ぶん​たち​は​みな同胞はらから​で​ある​の​で、さつじん​や​略奪りゃくだつぬすみ、姦淫かんいん、その​ほか​どの​よう​な​あく​も​おこなって​は​ならない​こと​を​なっとく​する​よう​に​けた。

    4 ​さて、おう​が​この​こく​を​した​のち、アロン​と​かれ​の​どうりょう​たち​は​まち​から​まち​へ、また​れいはい​の​建物たてもの​から​建物たてもの​へ​と​めぐって、くにじゅう​の​レーマンじん​の​なか​に​きょうかい​を​もうけ、さい​たち​と​きょう​たち​を​聖任せいにん​して、かれら​の​なか​で​かみ​の​こと​を​べ​つたえ、おしえる​よう​に​した。この​よう​に​して、かれら​は​おおきな​せいこう​を​おさめ​はじめた。

    5 ​そして、なんぜん​も​の​人々ひとびと​が​しゅ​を​る​よう​に​なった。まことに、なんぜん​も​の​人々ひとびと​が​ニーファイじん​の​つたえ​を​しんじる​よう​に​なった​の​で​ある。そして​これら​の​人々ひとびと​に​は、その​とう​まで​つたえられて​きた​数々かずかず​の​ろく​と​げん​が​おしえられた。

    6 ​そして、しゅ​が​きて​おられる​よう​に​たしか​に、アンモン​と​かれ​の​どうりょう​たち​が​けい​と​げん​の​れい​に​よって​おこなった​宣教せんきょう​と、かれら​を​つうじて​数々かずかず​の​せき​を​おこなわれた​かみ​の​ちから​に​よって​しんこう​を​つ​よう​に​なった​すべて​の​ひと、すなわち​しん​を​る​よう​に​なった​すべて​の​ひと​は、あなたがた​に​もうげる​が、しゅ​が​きて​おられる​よう​に​たしか​に、かれら​の​せっきょう​を​しんじて​しゅ​に​​した​レーマンじん​は​みな​と​みち​を​はずさなかった。

    7 かれら​は​​に​かなった​たみ​と​なった​の​で​ある。まことに、かれら​は​ほん​に​使つかう​​を​てて、もはや​かみ​と​たたかわず、同胞はらから​の​だれ​と​も​たたかわなかった。

    8 ​さて、しゅ​に​​した​の​は​つぎ​の​人々ひとびと​で​ある。

    9 ​すなわち、イシマエル​の​​に​いた​レーマンじん​の​たみ

    10 ​また、ミドーナイ​の​​に​いた​レーマンじん​の​たみ

    11 ​また、ニーファイ​の​まち​に​いた​レーマンじん​の​たみ

    12 ​また、​シャイロム​の​、シェムロン​の​、レムエル​の​まち、シムナイロム​の​まち​に​いた​レーマンじん​の​たみ

    13 じょう​は​しゅ​に​​した​レーマンじん​の​んで​いた​まち​の​​で​あり、また​ほん​に​使つかう​、すなわち​せんそう​に​使つかう​すべて​の​​を​てた​人々ひとびと​で​ある。かれら​は​すべて​レーマンじん​で​あった。

    14 ​ところが、アマレカイ​じん​は​たった​ひと​が​改宗かいしゅう​した​だけ​で​あり、​アミュロン​じん​は​だれ​も​改宗かいしゅう​しなかった。むしろ​かれら​は​こころ​を​かたくな​に​し、かれら​の​んで​いる​​で、すなわち​かれら​の​すべて​の​むら​と​かれら​の​すべて​の​まち​で、レーマンじん​の​こころ​を​かたくな​に​させた。

    15 ​その​ため​に、あらためて​しん​を​り、改宗かいしゅう​した​レーマンじん​の​む​まち​の​​を、すべて​げた​の​で​ある。

    16 ​さて、おう​と​改宗かいしゅう​した​人々ひとびと​は、かれら​の​どうこくじん​と​べつ​される​​を​ちたい​と​のぞんだ。そこで​おう​は、なん​と​いう​​を​けて​べつ​される​の​が​よい​か​に​ついて、アロン​と​おおく​の​さい​たち​に​けん​を​もとめた。

    17 ​そして​かれら​は、ぶん​たち​を​​アンタイ・​ニーファイ・​リーハイ​じん​と​けた。かれら​は​この​​で​ばれる​よう​に​なり、もはや​レーマンじん​と​は​ばれなかった。

    18 ​そして​かれら​は、じょう​に​勤勉きんべん​な​たみ​に​なった。また​かれら​は、ニーファイじん​と​したしく​なった​ので、ニーファイじん​と​まじわり​を​つ​よう​に​なった。そして、かみ​の​​のろい​は​もはや​かれら​から​はなれ​った。