アルマ書 58
    脚注

    第​58​章

    ヒラマン​と​ギド​と​テオムナー、さく​を​もちいて​マンタイ​の​まち​を​かえす。レーマンじん撤退てったい​する。アンモン​の​たみ​の​むす​たち、しっかり​と​って​ぶん​たち​の​ゆう​と​しんこう​を​よう​する​とき​に​まもられる。げんぜんやく​六十三​ねん​から​六十二​ねん​に​いたる。

    1 「さて、まことに、わたしたち​の​つぎ​の​目標もくひょう​は、マンタイ​の​まち​を​​に​れる​こと​でした​が、わたしたち​の​ちいさな​ぐんたい​で​は​どうしても​レーマンじん​を​その​まち​から​さそい​せ​ません​でした。かれら​は​わたしたち​が​これまで​に​おこなった​こと​を​おぼえて​いた​ため、かれら​を​とりで​から​​おびきせ​ません​でした。

    2 ​また、かれら​が​わたしたち​の​ぐんたい​より​も​はるか​に​おおぜい​で​あった​ので、わたしたち​は​あえて​て​って、とりで​に​こもって​いる​かれら​を​こうげき​しません​でした。

    3 ​また、わたしたち​は、これまで​に​かえした​​を​まもり​とおす​ため​に​へい​を​使つかう​こと​が​ひつよう​に​なり、ゼラヘムラ​の​​から​もっと​おおく​の​援兵えんぺい​と​あらた​な​食糧しょくりょう​が​とどく​の​を​たなければ​なりません​でした。

    4 ​そこで​わたし​は、くに​の​そうとく​の​もと​に​使しゃ​を​おくって、わたしたち​の​たみ​の​状況じょうきょう​に​ついて​らせ​ました。そして​わたしたち​は、ゼラヘムラ​の​​から​食糧しょくりょう​と​援兵えんぺい​が​る​の​を​ち​ました。

    5 ​しかし​まことに、レーマンじん​も​おおく​の​援兵えんぺい​と​おおく​の​食糧しょくりょう​を​て​いた​ので、これ​は、わたしたち​に​とって​あまり​とく​に​は​なりません​でした。とう​の​わたしたち​の​状況じょうきょう​は​じょう​の​とおり​でした。

    6 ​また​レーマンじん​は、さく​を​めぐらして​わたしたち​を​ほろぼそう​と​して、ときどきしゅつげき​して​ました。しかし、かれら​に​は​たいじょ​と​とりで​が​あった​ので、わたしたち​は​かれら​と​たたかう​こと​が​でき​ません​でした。

    7 ​そして​わたしたち​は、むずかしい​状況じょうきょう​の​もと​で​なん​か​げつ​も​ち、とうとう​食糧しょくりょう​の​欠乏けつぼう​で​に​しそう​に​なり​ました。

    8 ​さて、わたしたち​を​援助えんじょ​する​ため​に​た​二千​にん​の​へい​から​る​ぐんたい​に​まもられて、食糧しょくりょう​が​とどき​ました。しかし、わたしたち​が​ぶんしん​と​くに​と​を​てき​の​​に​ちない​よう​に​まもり、おびただしい​かず​の​てき​と​たたかう​ため​に​った​援助えんじょ​は、ただ​これだけ​でした。

    9 ​この​よう​な​くるしい​たい​に​いたった​原因げんいん、すなわち、なぜ​かれら​が​わたしたち​に​もっと​おおく​の​援兵えんぺい​を​おくって​くれなかった​の​か、その​ゆう​は​わたしたち​に​は​かり​ません。その​ため、わたしたち​は​こころ​を​いため、また​なんら​か​の​しゅだん​で​かみ​の​さばき​が​わたしたち​の​くに​に​くだって、わたしたち​が​ち​たおされ、完全かんぜん​に​ほろぼされて​しまう​の​で​は​ない​か​と​いう​おそれ​で​いっぱい​に​なり​ました。

    10 ​そこで​わたしたち​は、こころ​を​かみ​に​そそぎ​して​いのり、わたしたち​を​つよめて​くださる​よう​に、また​てき​の​​から​すくって​くださる​よう​に、さらに​わたしたち​の​たみ​を​ささえる​ため​に、わたしたち​の​まち​と​​と​しょゆうぶつ​を​かえす​ちから​を​わたしたち​に​あたえて​くださる​よう​に​と​お​ねがい​しました。

    11 ​そして、しゅ​なる​わたしたち​の​かみ​は、わたしたち​を​すくう​と​いう​しょう​を​あたえて​ください​ました。わたしたち​の​れい​に​平安へいあん​を​げ、わたしたち​に​おおいなる​しんこう​を​さずけ、また​しゅ​に​よって​かいほう​される​と​いう​のぞみ​を​わたしたち​に​いだかせて​くださった​の​です。

    12 ​そこで​わたしたち​は、しょうすう​ながら​援兵えんぺい​を​た​こと​に​ゆう​を​ふるこし、てき​を​やぶって、わたしたち​の​​と​しょゆうぶつ​と​さい​と​ゆう​の​たい​を​まもろう​と​かたく​けつ​しました。

    13 ​この​よう​に​して​わたしたち​は、マンタイ​の​まち​に​いる​レーマンじん​と​たたかう​ため​に​ぜん勢力せいりょく​を​そそいで​て​き、その​まち​に​ちかい​​の​そば​に​てんまく​を​り​ました。

    14 ​その​よくじつ、レーマンじん​は​わたしたち​が​まち​に​ちかい​​の​そば​の​さかい​の​​に​いる​の​を​る​と、わたしたち​の​ぐんたい​の​へいすう​と​兵力へいりょく​を​る​ため​に、わたしたち​の​まわり​に​何人なんにん​も​の​密偵みってい​を​おくって​きました。

    15 ​そして​密偵みってい​の​調しらべ​で、わたしたち​が​へいすう​の​うえ​で​強力きょうりょく​で​ない​の​が​かる​と、かれら​は、しゅつげき​して​たたかって​わたしたち​を​ころさなければ​ぶん​たち​へ​の​えん​が​たれる​に​ちがいない​と​おそれ、また​ぶん​たち​の​大軍たいぐん​で​よう​に​わたしたち​を​ほろぼせる​と​おもい、わたしたち​を​こうげき​する​よう​を​はじめ​ました。

    16 かれら​が​こうげき​の​よう​を​して​いる​の​を​り、まことに、わたし​は​ギド​を​しょうすう​の​へい​と​ともに​​の​なか​に​かくれ​させ、また​テオムナー​と​しょうすう​の​へい​も​​の​なか​に​かくれ​させ​ました。

    17 ​ギド​と​かれ​の​へい​は​みぎがわ​に、ほか​の​もの​たち​は​ひだりがわ​に​いました。かれら​が​この​よう​に​かくれて​しまう​と、まことに、わたし​は​さいしょ​に​てんまく​を​った​その​おなじ​しょ​に​わたし​の​ぐんたい​の​のこり​の​へい​と​ともに​とどまり、レーマンじん​が​めて​る​の​を​ち​ました。

    18 ​そこで​レーマンじん​は、わたしたち​に​かって​大軍たいぐん​で​めて​ました。そして、かれら​が​めて​て、わたしたち​に​つるぎ​で​まさに​おそい​かかろう​と​した​とき、わたし​は​ひきいて​いた​へい​を​​に​退却たいきゃく​させ​ました。

    19 ​そこで​レーマンじん​は、なん​と​して​で​も​いついて​わたしたち​を​ころしたい​と​おもった​ので、猛烈もうれつ​な​はやさ​で​わたしたち​の​あと​を​い、​に​はいって​ました。わたしたち​は​ギド​と​テオムナー​の​なか​を​とおり​けた​ため、かれら​は​レーマンじん​に​づかれ​ません​でした。

    20 ​さて、レーマンじん​が​とおり​ぎる​と、すなわち​その​ぐんたい​が​とおり​ぎる​と、ギド​と​テオムナー​は​かくれて​いた​しょ​から​がり、レーマンじん​の​密偵みってい​たち​が​まち​に​かえれない​よう​に​かれら​の​​を​ち​ました。

    21 ​そして、ギド​と​テオムナー​と​へい​たち​は​密偵みってい​たち​の​​を​って​から​まち​に​はしって​き、その​まち​を​まもる​ため​に​のこって​いた​り​の​へい​たち​に​おそい​かかって、かれら​を​ころし、まち​を​占領せんりょう​しました。

    22 ​これ​は、レーマンじん​が​しょうすう​の​り​の​へい​を​のこして​ぜんぐん​を​​に​さそい​されて​しまった​ため​に​こった​こと​でした。

    23 ​そして​ギド​と​テオムナー​は、レーマンじん​の​とりで​を​​に​れ​ました。いっぽう、わたしたち​は​しばらく​​の​なか​を​げた​のち、ゼラヘムラ​の​​の​ほうこう​に​しん​を​り​ました。

    24 ​すると​レーマンじん​は、ゼラヘムラ​の​​に​かって​すすんで​いる​の​に​づき、ぶん​たち​を​めつぼう​に​さそい​む​ため​に​られた​計略けいりゃく​が​ある​の​で​は​ない​か​と​じょう​に​おそれ​ました。そこで​かれら​は​ふたたび​​に​もどり、やって​た​おなじ​みち​を​かえし​ました。

    25 ​そして​まことに​よる​に​なり、かれら​は​てんまく​を​り​ました。レーマンじん​の​連隊長れんたいちょう​たち​は、ニーファイじん​も​こうぐん​で​つかれ​って​いる​と​おもった​から​です。また​かれら​は、すでに​ニーファイじん​の​ぜんぐん​を​はらって​しまった​と​おもい、マンタイ​の​まち​の​こと​は​すこしも​かんがえ​ません​でした。

    26 ​さて、よる​に​なる​と、わたし​は​へい​を​ねむらせず​に、べつ​の​みち​から​マンタイ​の​​へ​かわせ​ました。

    27 ​そして、わたしたち​は​よる​の​あいだこうぐん​した​ため、まことに、よくじつ​に​は​レーマンじん​より​はるか​に​さき​に​なり、かれら​より​も​はやく​マンタイ​の​まち​に​き​ました。

    28 ​そして、この​さく​に​よって​わたしたち​は​​を​ながす​こと​なく​マンタイ​の​まち​を​占領せんりょう​しました。

    29 ​そして、レーマンじん​の​ぐんたい​は​まち​の​ちかく​に​とうちゃく​し、わたしたち​が​かれら​と​たたかい​を​まじえる​よう​を​して​いる​の​を​て​じょう​に​おどろき、また​ひどい​きょう​を​おぼえて、​の​なか​へ​げて​き​ました。

    30 ​そして、レーマンじん​の​ぐんたい​は、この​ほう​の​全域ぜんいき​から​し​ました。しかし​まことに、かれら​は​この​​から​おおく​の​じん​たち​と​ども​たち​を​れ​って​しまい​ました。

    31 ​かつて​レーマンじん​に​うばわれた​まち​は、現在げんざい​すべて​わたしたち​の​しょゆう​に​あり​ます。そして、わたしたち​の​父親ちちおや​たち​と​じん​たち​と​ども​たち​は、りょ​に​なって​レーマンじん​に​れ​られた​人々ひとびと​を​のぞいて、ぜんいんかく​の​いえ​へ​かえって​いる​ところ​です。

    32 ​しかし​まことに、わたしたち​の​ぐんたい​は、その​よう​に​おおく​の​まち​と​その​よう​に​たくさん​の​りょう​を​まもり​とおす​に​は​ちいさすぎ​ます。

    33 ​それでも​まことに、わたしたち​は、それら​の​​で​わたしたち​に​しょう​を​​させ、かつて​しょゆう​して​いた​それら​の​まち​と​​を​かえさせて​くださった​かみ​に​たよって​います。

    34 ​わたしたち​に​は、せい​が​もっと​おおく​の​援兵えんぺい​を​おくって​くれない​ゆう​が​かり​ません。わたしたち​の​もと​に​た​へい​たち​も、どうして​わたしたち​に​もっと​援兵えんぺい​が​おくられなかった​の​か、その​わけ​を​り​ません。

    35 ​まことに、あなた​の​ほう​が​しゅ​よく​いって​おらず、そちら​の​ほう​に​ぐんたい​を​退却たいきゃく​させ​なければ​ならなかった​の​かも​しれ​ません。もし​そう​で​あれ​ば、わたしたち​は​つぶやきたく​あり​ません。

    36 ​また、もし​そう​で​なければ、せい​の​なか​に​なんら​か​の​たいりつ​が​あり、かれら​は​わたしたち​を​援助えんじょ​する​へい​を​これ​じょうおくって​こない​の​で​は​ない​か​と、わたしたち​は​ねん​して​います。なぜなら​ば、すでに​けん​されて​きた​へい​より​も​もっと​おおく​の​へい​が​いる​こと​を、わたしたち​は​って​いる​から​です。

    37 ​しかし​まことに、それ​は​どう​で​も​よい​こと​です。わたしたち​の​ぐんたい​が​よわくて​も、かみ​が​わたしたち​を​すくい、てき​の​​から​すくい​して​くださる​こと​を​しんじて​います。

    38 ​まことに、いま​は​だい​二十九​ねん​の​すえ​で、わたしたち​は​ぶん​たち​の​​を​しょゆう​して​おり、レーマンじん​は​ニーファイ​の​​へ​げ​ました。

    39 ​わたし​が​まえ​に​おおいに​ほめ​たたえた​アンモン​の​たみ​の​むす​たち​は、いま​わたし​と​いっしょ​に​マンタイ​の​まち​に​います。しゅ​は​かれら​を​ちから​づけ、つるぎ​で​たおされない​よう​に​まもって​くださった​ので、ひと​も​ころされ​ません​でした。

    40 ​しかし​まことに、かれら​は​おおく​の​きず​を​い​ました。それでも​かれら​は、かみ​が​ぶん​たち​を​ゆう​な​もの​に​して​くださった​その​ゆう​に​しっかり​と​って​います。そして​かれら​は、しゅ​なる​かみ​を​よく​おぼえ、まことに、しゅ​の​おきて​と​裁決さいけつ​と​いましめ​を​いつも​まもる​よう​に​つとめて​おり、将来しょうらいこる​こと​に​ついて​の​げん​を​ふかく​しんじて​います。

    41 あいする​きょうだい、モロナイ​殿どの。わたしたち​を​あがない、ゆう​に​して​くださった​しゅ​なる​わたしたち​の​かみ​が、いつも​あなた​を​まえ​に​とどめて​ください​ます​よう​に。また、しゅ​が​この​たみ​に​めぐみ​を​さずけて​くださり、かつて​レーマンじん​が​わたしたち​から​うばった​生活せいかつ​に​ひつよう​な​すべて​の​もの​を、あなたがた​が​しゅ​よく​かえす​こと​が​でき​ます​よう​に。まことに、これ​で​わたし​の​がみ​を​むすび​ます。わたし​は​アルマ​の​、ヒラマン​です。」

    True