アルマ書63
戻る 次へ


第63章

シブロンがせいなるろくしょゆうし,のちにヒラマンがしょゆうする。おおくのニーファイじんほっぽうく。ハゴス,なんせきものふねつくり,それらのふね西にしうみる。モロナイハ,たたかいでレーマンじんやぶる。げんぜんやく五十六ねんから五十二ねんいたる。

1 さて,ニーファイのたみのさばきつかさのとうだい三十六ねんはじめに,シブロンは,アルマがヒラマンにわたしたしんせいしなじなしょゆうすることになった。

2 シブロンはただしいひとであって,かみまえをまっすぐにあゆんでいた。そして,えずぜんおこない,しゅなるかみいましめをまもるようにつとめた。かれきょうだいもまたどうようであった。

3 さて,モロナイもまたんだ。このようにして,さばきつかさのとうだい三十六ねんわった。

4 さて,さばきつかさのとうだい三十七ねんには,ゼラヘムラのからほっぽうたびったおおきないちだんがあった。そのいちだんは五千四百にんおとこたちと,かれらのさいからっていた。

5 さて,ハゴスというひとがおり,かれじょうりょうすぐれたひとであったので,かけてって,デソレションのちかいバウンティフルのさかいで一せきじょうおおきなふねけんぞうし,それを西にしうみしんすいさせた。そこはほっぽうつうじているきょうちかくであった。

6 そしてよ,おおくのニーファイじんがそれにみ,たくさんのしょくりょうってふなした。おおくのおんなどもいっしょであった。そして,かれらはほっぽうしんった。このようにして,だい三十七ねんわった。

7 だい三十八ねんに,このひとはほかにもなんせきふねけんぞうした。さいしょふねもどってると,またおおくのひとがそれにみ,かれらもたくさんのしょくりょうってふたたほっぽうしゅっぱつした。

8 そして,かれらのしょうそくえてしまった。おもうに,かれらはうみふかみにしずんでおぼれてしまったのであろう。また,ほかにも一せきふなしたが,それもどこへったかわたしたちにはからない。

9 そして,このとしおおくのひとほっぽうった。そして,だい三十八ねんわった。

10 さて,さばきつかさのとうだい三十九ねんに,シブロンもんだ。コリアントンは,ほっぽうったひとびとしょくりょうとどけるためにふねでそのかけてった。

11 そこでシブロンはまえに,ヒラマンむすしんせいしなじなたくさなければならなかった。ヒラマンのこのむすは,ちちにちなんでけられ,ヒラマンとばれていた。

12 さてよ,ヒラマンがしょゆうしたはんきざまれたろくは,おおやけにしてはならないとアルマがめいじたぶんのぞいて,すべてうつされてぜんいたところひとらにおくられた。

13 それでも,これらのしなじなしんせいたもち,つたえなければならないので,このとしに,シブロンがまえにヒラマンにたくされたのである。

14 さて,このとしにレーマンじんのもとへってったなんにんかのはんしゃがおり,レーマンじんはまたそそのかされてニーファイじんたいしていかった。

15 そしてこのおなとしに,かれらはモロナイハたみ,いや,モロナイハのぐんたいたたかうためにたいぐんくだってた。しかし,かれらはかされ,おおきなそんがいけてぶんたちのくにかえされた。

16 このようにして,ニーファイのたみのさばきつかさのとうだい三十九ねんわった。

17 これで,アルマと,むすヒラマンと,アルマのむすシブロンについてのはなしわった。