アルマ書62


第62章

モロナイ,ギデオンのにいるパホーランをたすけるためにしんぐんする。くにまもることをこばおうせいとうものたち,しょけいされる。パホーランとモロナイ,ニーファイハのまちかえす。おおくのレーマンじんがアンモンのたみくわわる。テアンクム,アモロンをころし,またぶんころされる。レーマンじんがそのからはらわれ,へいかくりつされる。ヒラマン,かみつとめにもどり,きょうかいかくりつする。げんぜんやく六十二ねんから五十七ねんいたる。

1 さて,このがみると,モロナイのこころふるち,またパホーランがぶんくにゆうたいそむものではなくちゅうじつであったので,じょうおおきなよろこびにたされた。

2 しかしどうに,パホーランをさばきつかさのしょくからついほうしたものたち,ようするに,ぶんたちのくにかみそむいたものたちのざいあくじょうなげかわしくおもった。

3 そこでモロナイは,パホーランののぞむとおりしょうすうへいともない,ぐんたいのこりのへいたいするけんをリーハイとテアンクムにあたえておいて,ギデオンのかってしんぐんした。

4 またかれは,さきざきのすべてのほうゆうはたかかげ,ギデオンのかってすすみながら,できるだけおおくのへいあつめた。

5 そこで,なんぜんものひとびとかれはたもとれをしてあつまり,れいにならないようゆうまもるためにった。

6 このようにして,モロナイはこうぐんちゅうにできるだけおおくのへいあつめて,ギデオンのにやってた。そして,かれぐんたいとパホーランのぐんたいれんごうしたので,かれらはじょうきょうりょくになり,ペーカスのへいよりもつよくなった。このペーカスとは,ゼラヘムラのからゆうとうひとびとしてそのせんりょうした,あのはんしゃたちのおうである。

7 そしてモロナイとパホーランは,ぐんたいともなってゼラヘムラのき,まちめ,ペーカスのへいあいたいしてたたかった。

8 そしてよ,ペーカスはころされ,かれへいりょとなり,パホーランはもとのさばきつかさのしょくもどった。

9 ペーカスのへいほうりつによってさいばんけ,またらえられてろうれられたおうせいとうものたちも,ほうりつによってさいばんけた。そして,かれらはほうりつによってしょけいされた。まことに,ペーカスのへいと,おうせいとうものなかくにまもるためにろうとせず,むしろこっはんこうしてたたかおうとしたものたちはみな,だれであろうとしょけいされた。

10 このように,くにあんぜんのためにこのほうりつきびしくしっこうすることがひつようになった。そして,ひとびとゆうはばんでいることがあきらかになったものはだれであろうと,ほうりつによってすみやかにしょけいされた。

11 このようにして,ニーファイのたみのさばきつかさのとうだい三十ねんわった。このとしのうちに,モロナイとパホーランはゆうたいちゅうじつでないすべてのものけいし,ゼラヘムラのかれしんたみなかへいかいふくした。

12 さて,ニーファイのたみのさばきつかさのとうだい三十一ねんはじめに,ヒラマンがくにのそのほうまもるのをたすけるために,モロナイはかれのもとにすぐにしょくりょうおくらせ,また六千にんへいからぐんたいけんさせた。

13 かれはまた,リーハイとテアンクムのぐんたいにもじゅうぶんしょくりょうとともに六千にんへいからぐんたいおくった。これはレーマンじんたいしてくにぼうかためるためにおこなわれたことであった。

14 さて,モロナイとパホーランは,ゼラヘムラのおおぜいへいのこしておいて,ニーファイハのまちにいるレーマンじんやぶろうとけつし,おおぜいへいひきいてニーファイハのしてしんぐんした。

15 そしてかれらは,そのしんぐんしながら,ちゅうでレーマンじんへいおおぜいらえ,おおくのものころし,またかれらのしょくりょううばった。

16 そしてかれらは,これらのものらえたのちとニーファイじんたいしてらないというちかいをかれらにてさせた。

17 そして,これらのものちかいをてると,かれらはこれらのものをアンモンのたみとともにめるようにおくした。このときにころされなかったものは,およそ四千にんであった。

18 さて,かれらはこれらのものおくしてしまうと,ニーファイハのしてしんぐんつづけた。そして,ニーファイハのまちくと,まちちかいニーファイハのへいげんてんまくった。

19 モロナイは,レーマンじんへいげんたたかうことをのぞんだ。しかしレーマンじんは,モロナイのへいじょうゆうかんであるのをっており,また人数にんずうじょうおおいのをたので,あえてたたかおうとせず,そのたたかいがなかった。

20 よるになると,モロナイはくらやみなかき,じょうへきうえのぼって,レーマンじんまちのどこにぐんたい宿しゅくえいさせているかをさぐった。

21 さて,かれらは,ひがしほうぐちのそばにおり,ぜんいんねむっていた。そこでモロナイはぶんぐんかえし,へいたちにいそいでじょうなわとはしごをいくつもじゅんさせた。じょうへきうえからうちがわろすためであった。

22 そしてモロナイは,へいしてじょうへきうえのぼらせ,レーマンじんぐんたい宿しゅくえいさせていないまち西にしほうかれらをろした。

23 そしてかれらはみなよるあいだじょうなわとはしごを使つかってまちなかりたので,あさには,ぜんいんまちじょうへきうちがわはいっていた。

24 そしてレーマンじんまし,モロナイのぐんたいじょうへきうちがわはいっているのをると,じょうおどろおそれ,かんどうとおってそとした。

25 モロナイは,かれらがぶんまえからげるのをて,へいかれらにかわせた。へいおおくのものころし,またおおくのものかこんでりょにした。そのほかのものたちはかいがんちかほうにあるモロナイのげた。

26 このようにして,モロナイとパホーランはかた一人ひとりうしなうことなく,ニーファイハのまちれた。しかし,レーマンじんおおくのものころされた。

27 さて,りょになったレーマンじんおおくは,アンモンのたみくわわってゆうたみになることをねがった。

28 そして,ねがったものみなねがいどおりにみとめられた。

29 そこで,りょのレーマンじんみな,アンモンのたみくわわって,たがやし,あらゆるこくもつさいばいし,あらゆるちくい,おおいにはたらはじめた。このようにしてニーファイじんおおきなおものぞかれた。まことに,レーマンじんのすべてのりょかんからかいほうされたのである。

30 さて,モロナイはニーファイハのまちれ,おおくのものりょにしてレーマンじんぐんたいおおいにらし,またりょになっていたニーファイじんおおくをうばかえしてぶんぐんたいおおいにぞうきょうしたのち,ニーファイハのからリーハイのかった。

31 そこでレーマンじんは,モロナイがせてるのをて,またもやきもをつぶし,モロナイのぐんたいまえからした。

32 そこで,モロナイとかれぐんたいまちからまちへとかれらをついげきし,われたレーマンじんはリーハイとテアンクムにうことになった。そしてレーマンじんは,リーハイとテアンクムからもげてかいがんちかほうのがれてき,ついにモロナイのいたった。

33 このようにして,レーマンじんぐんたいはすべてあつまり,モロナイのいちだんとなった。レーマンじんおうアモロンもかれらとともにいた。

34 そして,モロナイとリーハイとテアンクムがかれらのぐんたいひきいてモロナイのさかいいったいじんったので,レーマンじんなんぽうによって,またとうほうによって,そのほうされてしまった。

35 このじょうたいで,よるニーファイじん宿しゅくえいした。よ,ニーファイじんもレーマンじんきょうこうぐんつかっていたので,そのよるなんせんりゃくめず,ただテアンクムだけがそれをかんがえていた。かれはアモロンのことをひどくいかり,アモロンとかれきょうだいのアマリキヤこそがニーファイじんとレーマンじんあいだのこのちょうたいせんもとであり,このようにひどいせんそうりゅうけつと,またこのようにひどいきんのもとであるとかんがえた。

36 そしてテアンクムは,いかってレーマンじん宿しゅくえいはいってき,まちじょうへきえてしたりた。そしてかれは,なわってあちらこちらへき,ついにおうさがした。そこでかれは,おうをねらってやりしんぞうのそばをつらぬいた。しかしよ,おうまえこしたので,テアンクムはかれらにわれてころされてしまった。

37 さて,リーハイとモロナイは,テアンクムがんだことをってじょうかなしんだ。よ,テアンクムはぶんくにのためにいさましくたたかったひとであり,ゆうのまことのともであったからである。かれはこれまでじょうおおくのひどいなんえてきた。しかしよ,いまんで,のすべてのひとみちった。

38 そしてよくじつ,モロナイはしんぐんしてレーマンじんめ,モロナイのへいはレーマンじんおおぜいころし,そのからレーマンじんはらった。そして,レーマンじんし,そのときには,もどっててニーファイじんたたかうことはしなかった。

39 このようにして,ニーファイのたみのさばきつかさのとうだい三十一ねんわった。ニーファイじんながねんあいだせんそうりゅうけつきんなんってきたが,それはじょうのとおりである。

40 ニーファイのたみなかには,さつじんあらそいととあらゆるざいあくがあった。それでもじんがいたために,まことに,じんいのりのおかげでかれらはすくわれた。

41 しかしよ,ニーファイじんとレーマンじんあいだせんそうじょうちょうおよんだため,おおくのものがかたくなになった。せんそうじょうちょうおよんだためにそうなったのである。しかし,なんけたためににゅうになったものおおく,かれらはかみまえしんそこけんそんにへりくだった。

42 さて,モロナイは,レーマンじんこうげきをきわめてけやすいなんしょかのほうぼうかため,それらのほうじゅうぶんけんになると,ゼラヘムラのまちかえった。また,ヒラマンもかれぎのかえった。そして,ニーファイのたみなかふたたへいかくりつされた。

43 モロナイは,ぐんけんをモロナイハというむすにゆだねた。そしてかれいえきこもり,せいやすらかにおくることにした。

44 パホーランはもとのさばきつかさのしょくもどった。またヒラマンも,かみことたみつたえるつとめにいた。このようにおおくのせんそうあらそいがあったので,ふたたきょうかいないとういつはかることがひつようになった。

45 そこで,ヒラマンとかれどうりょうたちはって,おおくのひとかくあくかくさせるため,じょうちからづよかみことらせた。そのけっひとびとつみあらためてバプテスマをけ,しゅなるかみたみとなった。

46 そして,ヒラマンとかれどうりょうたちは,ぜんいたところふたたかみきょうかいかくりつした。

47 そして,ほうりつについてかずかずじょうれいさだめられた。また,たみさばきつかさたちとだいさばきつかさたちがえらばれた。

48 ニーファイのたみふたたさかはじめ,はじめ,ふたたじょうちからをつけるようになった。そしてかれらはたいへんゆたかになった。

49 しかしかれらは,とみちからはんえいたにもかかわらず,こうまんをもってたかぶることなく,しゅなるかみわすれることもなく,しゅまえふかくへりくだった。

50 まことにかれらは,しゅぶんたちのためにどれほどおおいなることをおこなってくださったかをわすれず,しゅぶんたちをから,そくばくから,ろうから,あらゆるなんからすくしてくださったこと,またてきからもすくしてくださったことをわすれなかった。

51 そしてかれらは,しゅなるかみえずいのったので,しゅことのとおりにかれらをしゅくふくされた。そのため,かれらはそのちからをつけ,さかえた。

52 さて,これらのことはすべてじょうのとおりになった。そしてヒラマンは,ニーファイのたみのさばきつかさのとうだい三十五ねんんだ。