アルマ書 62
    脚注

    第​62​章

    モロナイ、ギデオン​の​​に​いる​パホーラン​を​たすける​ため​に​しんぐん​する。くに​を​まもる​こと​を​こばむ​王政おうせいとう​の​もの​たち、処刑しょけい​される。パホーラン​と​モロナイ、ニーファイハ​の​まち​を​かえす。おおく​の​レーマンじん​が​アンモン​の​たみ​に​くわわる。テアンクム、アモロン​を​ころし、また​ぶん​も​ころされる。レーマンじん​が​その​​から​はらわれ、へい​が​かくりつ​される。ヒラマン、かみ​の​つとめ​に​もどり、きょうかい​を​かくりつ​する。げんぜんやく​六十二​ねん​から​五十七​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、この​がみ​を​る​と、モロナイ​の​こころ​は​ふるち、また​パホーラン​が​ぶん​の​くに​の​ゆう​と​たい​に​そむく​もの​で​は​なく​ちゅうじつ​で​あった​ので、じょう​に​おおきな​よろこび​に​たされた。

    2 ​しかし​どう​に、パホーラン​を​さばきつかさ​の​しょく​から​追放ついほう​した​もの​たち、ようするに、ぶん​たち​の​くに​と​かみ​に​そむいた​もの​たち​の​ざいあく​を​じょう​に​なげかわしく​おもった。

    3 ​そこで​モロナイ​は、パホーラン​の​のぞむ​とおり​しょうすう​の​へい​を​ともない、ぐんたい​の​のこり​の​へい​に​たいする​けん​を​リーハイ​と​テアンクム​に​あたえて​おいて、ギデオン​の​​に​かって​しんぐん​した。

    4 ​また​かれ​は、く​先々さきざき​の​すべて​の​ほう​で​ゆう​の​はた​を​かかげ、ギデオン​の​​へ​かって​すすみ​ながら、できる​だけ​おおく​の​へい​を​あつめた。

    5 ​そこで、なんぜん​も​の​人々ひとびと​が​かれ​の​はた​の​もと​に​れ​を​して​あつまり、れい​に​ならない​よう​ゆう​を​まもる​ため​に​​を​った。

    6 ​この​よう​に​して、モロナイ​は​こうぐんちゅう​に​できる​だけ​おおく​の​へい​を​あつめて、ギデオン​の​​に​やって​た。そして、かれ​の​ぐんたい​と​パホーラン​の​ぐんたい​が​連合れんごう​した​ので、かれら​は​じょう​に​強力きょうりょく​に​なり、ペーカス​の​へい​より​も​つよく​なった。この​ペーカス​と​は、ゼラヘムラ​の​​から​ゆうとう​の​人々ひとびと​を​して​その​​を​占領せんりょう​した、あの​はんしゃ​たち​の​おう​で​ある。

    7 ​そして​モロナイ​と​パホーラン​は、ぐんたい​を​ともなって​ゼラヘムラ​の​​へ​き、まち​を​め、ペーカス​の​へい​と​相対あいたい​して​たたかった。

    8 ​そして​よ、ペーカス​は​ころされ、かれ​の​へい​は​りょ​と​なり、パホーラン​は​もと​の​さばきつかさ​の​しょく​に​もどった。

    9 ​ペーカス​の​へい​は​ほうりつ​に​よって​裁判さいばん​を​け、また​らえられて​ろう​に​れられた​王政おうせいとう​の​もの​たち​も、ほうりつ​に​よって​裁判さいばん​を​けた。そして、かれら​は​ほうりつ​に​よって​処刑しょけい​された。まことに、ペーカス​の​へい​と、王政おうせいとう​の​もの​の​なか​で​くに​を​まもる​ため​に​​を​ろう​と​せず、むしろ​こっ​に​反抗はんこう​して​たたかおう​と​した​もの​たち​は​みな、だれ​で​あろう​と​処刑しょけい​された。

    10 ​この​よう​に、くに​の​安全あんぜん​の​ため​に​この​ほうりつ​を​きびしく​しっこう​する​こと​が​ひつよう​に​なった。そして、人々ひとびと​の​ゆう​を​はばんで​いる​こと​が​あきらか​に​なった​もの​は​だれ​で​あろう​と、ほうりつ​に​よって​すみやか​に​処刑しょけい​された。

    11 ​この​よう​に​して、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい​三十​ねん​が​わった。この​とし​の​うち​に、モロナイ​と​パホーラン​は​ゆう​の​たい​に​ちゅうじつ​で​ない​すべて​の​もの​に​けい​を​し、ゼラヘムラ​の​​の​かれら​しん​の​たみ​の​なか​に​へい​を​回復かいふく​した。

    12 ​さて、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい​三十一​ねん​の​はじめ​に、ヒラマン​が​くに​の​その​ほう​を​まもる​の​を​たすける​ため​に、モロナイ​は​かれ​の​もと​に​すぐに​食糧しょくりょう​を​おくらせ、また​六千​にん​の​へい​から​る​ぐんたい​を​けん​させた。

    13 かれ​は​また、リーハイ​と​テアンクム​の​ぐんたい​に​も​十分じゅうぶん​な​食糧しょくりょう​と​ともに​六千​にん​の​へい​から​る​ぐんたい​を​おくった。これ​は​レーマンじん​に​たいして​くに​の​ぼう​を​かためる​ため​に​おこなわれた​こと​で​あった。

    14 ​さて、モロナイ​と​パホーラン​は、ゼラヘムラ​の​​に​おおぜい​の​へい​を​のこして​おいて、ニーファイハ​の​まち​に​いる​レーマンじん​を​やぶろう​と​けつ​し、おおぜい​の​へい​を​ひきいて​ニーファイハ​の​​を​して​しんぐん​した。

    15 ​そして​かれら​は、その​​へ​しんぐん​しながら、ちゅう​で​レーマンじん​の​へい​を​おおぜいらえ、おおく​の​もの​を​ころし、また​かれら​の​食糧しょくりょう​と​​を​うばった。

    16 ​そして​かれら​は、これら​の​もの​を​らえた​のち​と​ニーファイじん​に​たいして​​を​らない​と​いう​ちかい​を​かれら​に​て​させた。

    17 ​そして、これら​の​もの​が​ちかい​を​てる​と、かれら​は​これら​の​もの​を​アンモン​の​たみ​と​ともに​める​よう​に​おくした。この​とき​に​ころされなかった​もの​は、およそ​四千​にん​で​あった。

    18 ​さて、かれら​は​これら​の​もの​を​おくして​しまう​と、ニーファイハ​の​​を​して​しんぐん​を​つづけた。そして、ニーファイハ​の​まち​に​く​と、まち​に​ちかい​ニーファイハ​の​平原へいげん​に​てんまく​を​った。

    19 ​モロナイ​は、レーマンじん​が​て​て​平原へいげん​で​たたかう​こと​を​のぞんだ。しかし​レーマンじん​は、モロナイ​の​へい​が​じょう​に​ゆうかん​で​ある​の​を​って​おり、また​人数にんずう​も​じょう​に​おおい​の​を​た​ので、あえて​て​て​たたかおう​と​せず、その​​は​たたかい​が​なかった。

    20 よる​に​なる​と、モロナイ​は​くらやみ​の​なか​を​て​き、じょうへき​の​うえ​に​のぼって、レーマンじん​が​まち​の​どこ​に​ぐんたい​を​宿しゅくえい​させて​いる​か​を​さぐった。

    21 ​さて、かれら​は、ひがし​の​ほう​の​ぐち​の​そば​に​おり、ぜんいんねむって​いた。そこで​モロナイ​は​ぶん​の​ぐん​へ​かえし、へい​たち​に​いそいで​じょう​な​なわ​と​はしご​を​いくつ​も​じゅん​させた。じょうへき​の​うえ​から​うちがわ​に​ろす​ため​で​あった。

    22 ​そして​モロナイ​は、へい​を​して​じょうへき​の​うえ​に​のぼらせ、レーマンじん​が​ぐんたい​を​宿しゅくえい​させて​いない​まち​の​西にし​の​ほう​に​かれら​を​ろした。

    23 ​そして​かれら​は​みなよる​の​あいだ​に​じょう​な​なわ​と​はしご​を​使つかって​まち​の​なか​に​りた​ので、あさ​に​は、ぜんいん​が​まち​の​じょうへき​の​うちがわ​に​はいって​いた。

    24 ​そして​レーマンじん​は​​を​まし、モロナイ​の​ぐんたい​が​じょうへき​の​うちがわ​に​はいって​いる​の​を​る​と、じょう​に​おどろき​おそれ、間道かんどう​を​とおって​そと​へ​した。

    25 ​モロナイ​は、かれら​が​ぶん​の​まえ​から​げる​の​を​て、へい​を​かれら​に​かわせた。へい​は​おおく​の​もの​を​ころし、また​おおく​の​もの​を​かこんで​りょ​に​した。その​ほか​の​もの​たち​は​海岸かいがん​に​ちかい​ほう​に​ある​モロナイ​の​​へ​げた。

    26 ​この​よう​に​して、モロナイ​と​パホーラン​は​かた​を​ひと​も​うしなう​こと​なく、ニーファイハ​の​まち​を​​に​れた。しかし、レーマンじん​は​おおく​の​もの​が​ころされた。

    27 ​さて、りょ​に​なった​レーマンじん​の​おおく​は、​アンモン​の​たみ​に​くわわって​ゆう​な​たみ​に​なる​こと​を​ねがった。

    28 ​そして、ねがった​もの​は​みなねがい​どおり​に​みとめられた。

    29 ​そこで、りょ​の​レーマンじん​は​みな、アンモン​の​たみ​に​くわわって、​を​たがやし、あらゆる​こくもつ​を​栽培さいばい​し、あらゆる​ちく​を​い、おおいに​はたらき​はじめた。この​よう​に​して​ニーファイじん​は​おおきな​おも​を​のぞかれた。まことに、レーマンじん​の​すべて​の​りょ​の​かん​から​かいほう​された​の​で​ある。

    30 ​さて、モロナイ​は​ニーファイハ​の​まち​を​​に​れ、おおく​の​もの​を​りょ​に​して​レーマンじん​の​ぐんたい​を​おおいに​らし、また​りょ​に​なって​いた​ニーファイじん​の​おおく​を​うばい​かえして​ぶん​の​ぐんたい​を​おおいに​増強ぞうきょう​した​のち、ニーファイハ​の​​から​リーハイ​の​​へ​かった。

    31 ​そこで​レーマンじん​は、モロナイ​が​め​せて​る​の​を​て、またもや​きも​を​つぶし、モロナイ​の​ぐんたい​の​まえ​から​した。

    32 ​そこで、モロナイ​と​かれ​の​ぐんたい​は​まち​から​まち​へ​と​かれら​を​追撃ついげき​し、われた​レーマンじん​は​リーハイ​と​テアンクム​に​う​こと​に​なった。そして​レーマンじん​は、リーハイ​と​テアンクム​から​も​げて​海岸かいがん​に​ちかい​ほう​へ​のがれて​き、ついに​モロナイ​の​​に​いたった。

    33 ​この​よう​に​して、レーマンじん​の​ぐんたい​は​すべて​あつまり、モロナイ​の​​で​一団いちだん​と​なった。レーマンじん​の​おう​アモロン​も​かれら​と​ともに​いた。

    34 ​そして、モロナイ​と​リーハイ​と​テアンクム​が​かれら​の​ぐんたい​を​ひきいて​モロナイ​の​​の​さかい一帯いったい​に​じん​を​った​ので、レーマンじん​は​南方なんぽう​の​​に​よって、また​とうほう​の​​に​よって、その​​に​ほう​されて​しまった。

    35 ​この​じょうたい​で、よる​ニーファイじん​は​宿しゅくえい​した。よ、ニーファイじん​も​レーマンじん​も​強行きょうこうぐん​で​つかれ​って​いた​ので、その​よる​は​なんの​戦略せんりゃく​も​めず、ただ​テアンクム​だけ​が​それ​を​かんがえて​いた。かれ​は​アモロン​の​こと​を​ひどく​いかり、アモロン​と​かれ​の​きょうだい​の​アマリキヤ​こそ​が​ニーファイじん​と​レーマンじん​の​あいだ​の​この​ちょう​の​大戦たいせん​の​​もと​で​あり、この​よう​に​ひどい​せんそう​と​りゅうけつ​と、また​この​よう​に​ひどい​きん​の​もと​で​ある​と​かんがえた。

    36 ​そして​テアンクム​は、いかって​レーマンじん​の​宿しゅくえい​に​はいって​き、まち​の​じょうへき​を​えて​した​に​りた。そして​かれ​は、なわ​を​って​あちら​こちら​へ​き、ついに​おう​を​さがし​した。そこで​かれ​は、おう​を​ねらって​やり​を​げ、心臓しんぞう​の​そば​を​つらぬいた。しかし​よ、おう​が​ぬ​まえ​に​​を​こした​ので、テアンクム​は​かれら​に​われて​ころされて​しまった。

    37 ​さて、リーハイ​と​モロナイ​は、テアンクム​が​んだ​こと​を​って​じょう​に​かなしんだ。よ、テアンクム​は​ぶん​の​くに​の​ため​に​いさましく​たたかった​ひと​で​あり、ゆう​の​まこと​の​とも​で​あった​から​で​ある。かれ​は​これまで​じょう​に​おおく​の​ひどい​なん​に​えて​きた。しかし​よ、いま​は​んで、​の​すべて​の​ひと​の​く​みち​を​った。

    38 ​そして​よくじつ、モロナイ​は​しんぐん​して​レーマンじん​を​め、モロナイ​の​へい​は​レーマンじん​を​おおぜいころし、その​​から​レーマンじん​を​はらった。そして、レーマンじん​は​し、その​とき​に​は、もどって​て​ニーファイじん​と​たたかう​こと​は​しなかった。

    39 ​この​よう​に​して、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい​三十一​ねん​が​わった。ニーファイじん​は​長年ながねん​の​あいだせんそう​と​りゅうけつ​と​きん​と​なん​に​って​きた​が、それ​は​じょう​の​とおり​で​ある。

    40 ​ニーファイ​の​たみ​の​なか​に​は、さつじん​と​あらそい​と​​と​あらゆる​ざいあく​が​あった。それでも​じん​が​いた​ため​に、まことに、じん​の​いのり​の​おかげ​で​かれら​は​すくわれた。

    41 ​しかし​よ、ニーファイじん​と​レーマンじん​の​あいだ​の​せんそう​が​じょう​に​ちょう​に​およんだ​ため、おおく​の​もの​が​かたくな​に​なった。せんそう​が​じょう​に​ちょう​に​およんだ​ため​に​そう​なった​の​で​ある。しかし、なん​を​けた​ため​に​にゅう​に​なった​もの​も​おおく、かれら​は​かみ​の​まえ​に​心底しんそこ謙遜けんそん​に​へりくだった。

    42 ​さて、モロナイ​は、レーマンじん​の​こうげき​を​きわめて​け​やすい​なん​かしょ​か​の​ほう​の​ぼう​を​かため、それら​の​ほう​が​十分じゅうぶんけん​に​なる​と、ゼラヘムラ​の​まち​へ​かえった。また、ヒラマン​も​かれ​の​ぎ​の​​へ​かえった。そして、ニーファイ​の​たみ​の​なか​に​ふたたび​へい​が​かくりつ​された。

    43 ​モロナイ​は、ぐん​の​けん​を​モロナイハ​と​いう​​の​むす​の​​に​ゆだねた。そして​かれ​は​いえ​に​きこもり、せい​を​やすらか​に​おくる​こと​に​した。

    44 ​パホーラン​は​もと​の​さばきつかさ​の​しょく​に​もどった。また​ヒラマン​も、かみ​の​こと​を​たみ​に​べ​つたえる​つとめ​に​いた。この​よう​に​おおく​の​せんそう​と​あらそい​が​あった​ので、ふたたび​きょうかいない​の​統一とういつ​を​はかる​こと​が​ひつよう​に​なった。

    45 ​そこで、ヒラマン​と​かれ​の​どうりょう​たち​は​て​って、おおく​の​ひと​に​かく​の​あく​を​かく​させる​ため、じょう​に​ちからづよく​かみ​の​こと​を​げ​らせた。その​けっ人々ひとびと​は​つみ​を​あらためて​バプテスマ​を​け、しゅ​なる​かみ​の​たみ​と​なった。

    46 ​そして、ヒラマン​と​かれ​の​どうりょう​たち​は、ぜん​の​いたる​ところ​に​ふたたび​かみ​の​きょうかい​を​かくりつ​した。

    47 ​そして、ほうりつ​に​ついて​数々かずかず​の​条例じょうれい​が​さだめられた。また、たみ​の​​さばきつかさ​たち​と​だい​さばきつかさ​たち​が​えらばれた。

    48 ​ニーファイ​の​たみ​は​ふたたび​​で​さかえ​はじめ、え​はじめ、ふたたび​じょう​に​ちから​を​つける​よう​に​なった。そして​かれら​は​大変たいへんゆたか​に​なった。

    49 ​しかし​かれら​は、とみ​と​ちから​と​繁栄はんえい​を​た​に​も​かかわらず、こうまん​な​​を​もって​たかぶる​こと​なく、しゅ​なる​かみ​を​わすれる​こと​も​なく、しゅ​の​まえ​に​ふかく​へりくだった。

    50 ​まことに​かれら​は、しゅ​が​ぶん​たち​の​ため​に​どれ​ほど​おおいなる​こと​を​おこなって​くださった​か​を​わすれず、しゅ​が​ぶん​たち​を​​から、そくばく​から、ろう​から、あらゆる​なん​から​すくい​して​くださった​こと、また​てき​の​​から​も​すくい​して​くださった​こと​を​わすれなかった。

    51 ​そして​かれら​は、しゅ​なる​かみ​に​えず​いのった​ので、しゅ​は​こと​の​とおり​に​かれら​を​しゅくふく​された。その​ため、かれら​は​その​​で​ちから​を​つけ、さかえた。

    52 ​さて、これら​の​こと​は​すべて​じょう​の​とおり​に​なった。そして​ヒラマン​は、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい​三十五​ねん​に​んだ。