アルマ書47
戻る 次へ


第47章

アマリキヤ,うらりとさつじんいんぼうによってレーマンじんおうとなる。ニーファイじんはんしゃたち,レーマンじんよりもじゃあくざんにんものとなる。げんぜんやく七十二ねん

1 さて,アマリキヤおよびかれとともにげてったものたちのろくもどろう。よ,アマリキヤは,ぶんしたがものたちをれてニーファイののぼってき,レーマンじんなかって,レーマンじんせんどうしてニーファイのたみたいしていからせた。そのため,レーマンじんおうくにじゅういたところに,すなわちぶんのすべてのたみなかに,ニーファイじんとのたたかいにるためもういちあつまるようにというこくした。

2 そして,そのこくかれらのなかされると,かれらはひどくおそれた。おうちをそこねるのをおそれるとともに,ニーファイじんたたかうためにけばいのちうしなうことになるのではないかとおそれたのであった。そこでかれらは,せいかくえばかれらのたいはんは,おうめいれいしたがおうとしなかった。

3 そしておうは,かれらがしたがおうとしないのでいかった。そしておうは,ぶんぐんたいなかの,めいれいじゅうじゅんものたちにたいするけんをアマリキヤにあたえ,ってきょうせいてきかれらにらせるようにかれめいじた。

4 さてよ,これはアマリキヤのねがっていたことであった。アマリキヤはあくおこなうのにじょうたくみなおとこであったので,レーマンじんおうおうから退しりぞけるけいかくこころなかっていた。

5 かれはレーマンじんなかの,おうするものたちにたいするけんたので,つぎに,したがわないものたちのかんしんおうとした。そこでかれは,オナイダばれているところすすんでった。レーマンじんみな,そこへげていたからである。かれらはぐんたいがやってるのをると,ぶんたちをほろぼすためにたのだとおもい,オナイダ,すなわちしょげたのである。

6 そしてかれらは,ニーファイじんたたかわされることのないようにしようとかたけつしていたので,一人ひとりおとこにんめいしてぶんたちをおさめるおうとし,またかんとしていた。

7 そしてかれらは,たたかじゅんをして,アンテパスとばれているやまちょうじょうあつまっていた。

8 ところで,おうめいれいしたがってかれらとたたかうことは,アマリキヤのほんではなかった。しかしよ,かれもくてきはレーマンじんぐんたいかんしんい,ぶんかれらのちょうき,おう退たいさせて,ぶんおうれることであった。

9 よ,そこでかれは,ぶんぐんたいにアンテパスさんちかたにてんまくらせた。

10 そしてよるになると,かれみっ使をアンテパスさんけんし,そのをレホンタイという,さんじょうにいるものたちのかんに,かいだんしたいのでやまのふもとにりてるようにもとめた。

11 さて,レホンタイはそのでんごんけても,やまのふもとにりてようとはしなかった。そこでアマリキヤはさいでんごんおくって,りてるようにかれもとめた。それでもレホンタイはりてようとしなかった。そこでかれは,三でんごんおくった。

12 さて,アマリキヤは,レホンタイをやまからりてさせることができないのをると,ぶんからやまのぼってき,レホンタイの宿しゅくえいちかくまでった。そしてかれは,四でんごんをレホンタイにおくり,りてるように,またえいへいれてるようにもとめた。

13 そして,レホンタイがえいへいとともにアマリキヤのところにりてたとき,アマリキヤはかれに,よるあいだぐんたいひきいてりてて,おうぶんけんあたえてくれた宿しゅくえいちゅうへいほうするようにもとめた。また,もしレホンタイがぶん(アマリキヤ)をぜんぐんふくかんにしてくれるならば,そのへいをレホンタイのわたしてもいいとった。

14 そこでレホンタイは,へいひきいてりてて,アマリキヤのへいほうした。このようにアマリキヤのへいは,けてますまえにレホンタイのぐんたいほうされたのであった。

15 さて,アマリキヤのへいは,ぶんたちがほうされているのをると,ほろぼされることのないように同胞はらからごうりゅうさせてもらいたいとアマリキヤにこんがんした。これはまさにアマリキヤがねがっていたことであった。

16 そこでかれは,おうめいれいそむいてへいわたした。これはおう退たいさせるというくわだてをげるために,アマリキヤがねがっていたことであった。

17 ところで,レーマンじんなかでは,そうかんころされることがあれば,ふくかんそうかんにんめいするというのがならわしであった。

18 そこでアマリキヤは,一人ひとり使つかって,すこしずつレホンタイにどくらせた。そのためにかれんでしまった。

19 さて,レホンタイがぬと,レーマンじんはアマリキヤをぶんたちのかんぶんたちのそうれいかんにんめいした。

20 そして,アマリキヤは(ぶんのぞみをたっしたので)ぐんたいひきいてニーファイのへ,すなわちしゅであるニーファイのまちかった。

21 するとおうは,えいへいともない,かれむかえるためにた。おうは,アマリキヤがぶんめいれいたし,ニーファイじんかってたたかいにるために,これほどのたいぐんあつめてきたのだとおもったからである。

22 ところがよ,おうむかえようとしてると,アマリキヤはさきかせておうむかえさせた。かれおうまえると,おうだいであるためにおううやまうかのようにおうまえにひれした。

23 そこでおうは,べてかれらをたせようとした。そうすることがレーマンじんならわしであり,へいのしるしであった。かれらはこのならわしをニーファイじんかられたのであった。

24 そして,おうさいしょものからたせたとき,よ,そのおとこおうしんぞうしたので,おうたおれた。

25 これをて,おうしもべたちはした。そこで,アマリキヤのたちはさけんだ。

26 よ,おうしもべたちがおうしんぞうし,おうたおしてげた。さあ,たしかめてみよ。」

27 そこで,アマリキヤはぶんへいに,って,おうなにごとこったのかるようにめいじた。そして,かれらがそのいて,まみれになってたおれているおうつけたとき,アマリキヤはいかったふりをして,「おうあいしていたものみなって,おうしもべたちをいかけてころせ」とった。

28 そこで,おうあいしていたものたちはみな,このことくと,おうしもべたちのあといかけた。

29 おうしもべたちはぐんたいぶんたちをってるのをて,またもやおびえ,んだ。そして,ゼラヘムラのって,アンモンのたみくわわった。

30 いっぽうかれらをいかけたぐんたいは,ついせきわってもどってた。このようにして,アマリキヤはまんによってたみしんようた。

31 そして,そのよくじつかれぐんたいひきいてニーファイのまちはいり,まちはいいた。

32 さて,おうおうころされたことをくと—というのは,アマリキヤはすでに使しゃつかわして,おうおうしもべたちによってころされたことと,ぶんぐんたいひきいてかれらをいかけたが,そのかいがなくかれらをがしてしまったことを,おうらせておいたからである—

33 したがって,おうはこのらせをけると,アマリキヤに使しゃおくって,そのまちたみいのちたすけてくれるようにもとめた。またおうは,かれぶんのもとにてほしいとつたえ,さらにおうについてりっしょうするしょうにんたちをいっしょれててほしいとげた。

34 そこでアマリキヤは,おうころしたその,およびいっしょにいたすべてのものれておうのもとへ,おうしているところはいってった。そして,かれらはみなおうおうしんしもべたちによってころされたことをおう証言しょうげんし,また,「かれらはげました。このことはかれらにたいするしょうにならないでしょうか」とった。このようにして,かれらはおうについておういにじゅうぶんこたえたのであった。

35 そして,アマリキヤはおうかんしんうようにつとめ,おうつまにした。このようにして,かれまんにより,またわるがしこたちのたすけによっておうぜんいたところで,レーマンじんのすべてのたみなかおうみとめられた。このレーマンじんたみは,レーマンじんとレムエルじん,イシマエルじん,それにニーファイのとうからそのとういたるまでのニーファイじんのすべてのはんしゃからっていた。

36 これらのはんしゃたちは,ニーファイじんおなおしえとおなしきていた。また,おなじようにしゅについておしえをけていた。にもかかわらず,はなしであるが,はんもなく,レーマンじんよりもかたくなであらためないもの,またかれらよりもばんじゃあくざんにんものとなってしまい,レーマンじんつたえをれ,たいやあらゆるこうしょくまかせ,しゅなるかみをすっかりわすれてしまったのである。