アルマ書 47
脚注
テーマ

第​47​章

アマリキヤ、うらり​と​さつじん​と​陰謀いんぼう​に​よって​レーマンじん​の​おう​と​なる。ニーファイじん​の​はんしゃ​たち、レーマンじん​より​も​じゃあく​で​残忍ざんにん​な​もの​と​なる。げんぜんやく​七十二​ねん

1 ​さて、アマリキヤ​および​かれ​と​ともに​​へ​げて​った​もの​たち​の​ろく​に​もどろう。よ、アマリキヤ​は、ぶん​に​したがう​もの​たち​を​れて​​ニーファイ​の​​へ​のぼって​き、レーマンじん​の​なか​に​って、レーマンじん​を​せんどう​して​ニーファイ​の​たみ​に​たいして​いからせた。その​ため、レーマンじん​の​おう​は​くにじゅういたる​ところ​に、すなわち​ぶん​の​すべて​の​たみ​の​なか​に、ニーファイじん​と​の​たたかい​に​る​ため​もう​いちあつまる​よう​に​と​いう​こく​を​した。

2 ​そして、その​こく​が​かれら​の​なか​に​される​と、かれら​は​ひどく​おそれた。おう​の​ち​を​そこねる​の​を​おそれる​と​ともに、ニーファイじん​と​たたかう​ため​に​て​け​ば​いのち​を​うしなう​こと​に​なる​の​で​は​ない​か​と​おそれた​の​で​あった。そこで​かれら​は、正確せいかく​に​え​ば​かれら​の​大半たいはん​は、おう​の​命令めいれい​に​したがおう​と​しなかった。

3 ​そして​おう​は、かれら​が​したがおう​と​しない​ので​いかった。そして​おう​は、ぶん​の​ぐんたい​の​なか​の、命令めいれい​に​従順じゅうじゅん​な​もの​たち​に​たいする​けん​を​アマリキヤ​に​あたえ、って​きょうせいてき​に​かれら​に​​を​らせる​よう​に​かれ​に​めいじた。

4 ​さて​よ、これ​は​アマリキヤ​の​ねがって​いた​こと​で​あった。アマリキヤ​は​あく​を​おこなう​の​に​じょう​に​たくみ​な​おとこ​で​あった​ので、レーマンじん​の​おう​を​おう​から​退しりぞける​けいかく​を​こころ​の​なか​で​って​いた。

5 かれ​は​レーマンじん​の​なか​の、おう​を​​する​もの​たち​に​たいする​けん​を​た​ので、つぎ​に、したがわない​もの​たち​の​歓心かんしん​を​おう​と​した。そこで​かれ​は、​オナイダ​と​ばれて​いる​ところ​へ​すすんで​った。レーマンじん​は​みな、そこ​へ​げて​いた​から​で​ある。かれら​は​ぐんたい​が​やって​る​の​を​る​と、ぶん​たち​を​ほろぼす​ため​に​た​の​だ​と​おもい、オナイダ、すなわち​​の​しょ​へ​げた​の​で​ある。

6 ​そして​かれら​は、ニーファイじん​と​たたかわされる​こと​の​ない​よう​に​しよう​と​かたく​けつ​して​いた​ので、ひと​の​おとこ​を​にんめい​して​ぶん​たち​を​おさめる​おう​と​し、また​かん​と​して​いた。

7 ​そして​かれら​は、たたかう​じゅん​を​して、アンテパス​と​ばれて​いる​やま​の​頂上ちょうじょう​に​あつまって​いた。

8 ​ところで、おう​の​命令めいれい​に​したがって​かれら​と​たたかう​こと​は、アマリキヤ​の​ほん​で​は​なかった。しかし​よ、かれ​の​もくてき​は​レーマンじん​の​ぐんたい​の​歓心かんしん​を​い、ぶん​が​かれら​の​ちょう​の​​に​き、おう​を​退たい​させて、ぶん​が​おう​を​​に​れる​こと​で​あった。

9 よ、そこで​かれ​は、ぶん​の​ぐんたい​に​アンテパスさん​に​ちかい​たに​で​てんまく​を​らせた。

10 ​そして​よる​に​なる​と、かれ​は​みっ使​を​アンテパスさん​に​けん​し、その​​を​レホンタイ​と​いう、さんじょう​に​いる​もの​たち​の​かん​に、会談かいだん​したい​ので​やま​の​ふもと​に​りて​る​よう​に​もとめた。

11 ​さて、レホンタイ​は​その​伝言でんごん​を​けて​も、やま​の​ふもと​に​りて​よう​と​は​しなかった。そこで​アマリキヤ​は​さい伝言でんごん​を​おくって、りて​る​よう​に​かれ​に​もとめた。それでも​レホンタイ​は​りて​よう​と​しなかった。そこで​かれ​は、三​​の​伝言でんごん​を​おくった。

12 ​さて、アマリキヤ​は、レホンタイ​を​やま​から​りて​させる​こと​が​できない​の​を​る​と、ぶん​から​やま​を​のぼって​き、レホンタイ​の​宿しゅくえい​の​ちかく​まで​った。そして​かれ​は、四​​の​伝言でんごん​を​レホンタイ​に​おくり、りて​る​よう​に、また​衛兵えいへい​を​れてる​よう​に​もとめた。

13 ​そして、レホンタイ​が​衛兵えいへい​と​ともに​アマリキヤ​の​ところ​に​りて​た​とき、アマリキヤ​は​かれ​に、よる​の​あいだ​に​ぐんたい​を​ひきいて​りて​て、おう​が​ぶん​に​けん​を​あたえて​くれた​宿しゅくえいちゅう​の​へい​を​ほう​する​よう​に​もとめた。また、もし​レホンタイ​が​ぶん(アマリキヤ)を​ぜんぐん​の​ふくかん​に​して​くれる​なら​ば、その​へい​を​レホンタイ​の​​に​わたして​も​いい​と​った。

14 ​そこで​レホンタイ​は、へい​を​ひきいて​りて​て、アマリキヤ​の​へい​を​ほう​した。この​よう​に​アマリキヤ​の​へい​は、​が​けて​​を​ます​まえ​に​レホンタイ​の​ぐんたい​に​ほう​された​の​で​あった。

15 ​さて、アマリキヤ​の​へい​は、ぶん​たち​が​ほう​されて​いる​の​を​る​と、ほろぼされる​こと​の​ない​よう​に​同胞はらから​に​ごうりゅう​させて​もらいたい​と​アマリキヤ​に​懇願こんがん​した。これ​は​まさに​アマリキヤ​が​ねがって​いた​こと​で​あった。

16 ​そこで​かれ​は、おう​の​命令めいれい​に​そむいて​へい​を​わたした。これ​は​おう​を​退たい​させる​と​いう​くわだて​を​げる​ため​に、アマリキヤ​が​ねがって​いた​こと​で​あった。

17 ​ところで、レーマンじん​の​なか​で​は、そうかん​が​ころされる​こと​が​あれ​ば、ふくかん​を​そうかん​に​にんめい​する​と​いう​の​が​ならわし​で​あった。

18 ​そこで​アマリキヤ​は、​の​ひと​を​使つかって、すこし​ずつ​レホンタイ​に​どく​を​らせた。その​ため​に​かれ​は​んで​しまった。

19 ​さて、レホンタイ​が​ぬ​と、レーマンじん​は​アマリキヤ​を​ぶん​たち​の​かんぶん​たち​の​そうれいかん​に​にんめい​した。

20 ​そして、アマリキヤ​は(ぶん​の​のぞみ​を​たっした​ので)ぐんたい​を​ひきいて​ニーファイ​の​​へ、すなわち​しゅ​で​ある​ニーファイ​の​まち​へ​かった。

21 ​すると​おう​は、衛兵えいへい​を​ともない、かれ​を​むかえる​ため​に​て​た。おう​は、アマリキヤ​が​ぶん​の​命令めいれい​を​たし、ニーファイじん​に​かって​たたかい​に​る​ため​に、これほど​の​大軍たいぐん​を​あつめて​きた​の​だ​と​おもった​から​で​ある。

22 ​ところが​よ、おう​が​むかえよう​と​して​て​る​と、アマリキヤ​は​​を​さき​に​かせて​おう​を​むかえ​させた。かれ​の​​は​おう​の​まえ​に​る​と、おう​が​だい​で​ある​ため​に​おう​を​うやまう​か​の​よう​に​おう​の​まえ​に​ひれした。

23 ​そこで​おう​は、​を​し​べて​かれら​を​たせよう​と​した。そう​する​こと​が​レーマンじん​の​ならわし​で​あり、へい​の​しるし​で​あった。かれら​は​この​ならわし​を​ニーファイじん​から​れた​の​で​あった。

24 ​そして、おう​が​さいしょ​の​もの​を​​から​たせた​とき、よ、その​おとこ​は​おう​の​心臓しんぞう​を​した​ので、おう​は​​に​たおれた。

25 ​これ​を​て、おう​の​しもべ​たち​は​した。そこで、アマリキヤ​の​​たち​は​さけんだ。

26 よ、おう​の​しもべ​たち​が​おう​の​心臓しんぞう​を​し、おう​を​たおして​げた。て​たしかめて​みよ。」

27 ​そこで、アマリキヤ​は​ぶん​の​へい​に、って、おう​に​何事なにごと​が​こった​の​か​る​よう​に​めいじた。そして、かれら​が​その​​に​いて、まみれ​に​なって​たおれて​いる​おう​を​つけた​とき、アマリキヤ​は​いかった​ふり​を​して、「おう​を​あいして​いた​もの​は​みなって、おう​の​しもべ​たち​を​いかけて​ころせ」と​った。

28 ​そこで、おう​を​あいして​いた​もの​たち​は​みな、この​こと​を​く​と、おう​の​しもべ​たち​の​あと​を​いかけた。

29 おう​の​しもべ​たち​は​ぐんたい​が​ぶん​たち​を​って​る​の​を​て、またもや​おびえ、​へ​んだ。そして、ゼラヘムラ​の​​へ​って、​アンモン​の​たみ​に​くわわった。

30 いっぽうかれら​を​いかけた​ぐんたい​は、追跡ついせき​が​​に​わって​もどって​た。この​よう​に​して、アマリキヤ​は​まん​に​よって​たみ​の​信用しんよう​を​た。

31 ​そして、その​よくじつかれ​は​ぐんたい​を​ひきいて​ニーファイ​の​まち​に​はいり、まち​を​はい​に​いた。

32 ​さて、おう​は​おう​が​ころされた​こと​を​く​と​--​と​いう​の​は、アマリキヤ​は​すでに​使しゃ​を​つかわして、おう​が​おう​の​しもべ​たち​に​よって​ころされた​こと​と、ぶん​が​ぐんたい​を​ひきいて​かれら​を​いかけた​が、その​かい​が​なく​かれら​を​がして​しまった​こと​を、おう​に​らせて​おいた​から​で​ある​--

33 ​したがって、おう​は​この​らせ​を​ける​と、アマリキヤ​に​使しゃ​を​おくって、その​まち​の​たみ​の​いのち​を​たすけて​くれる​よう​に​もとめた。また​おう​は、かれ​に​ぶん​の​もと​に​て​ほしい​と​つたえ、さらに​おう​の​​に​ついて​りっしょう​する​しょうにん​たち​を​いっしょ​に​れてて​ほしい​と​げた。

34 ​そこで​アマリキヤ​は、おう​を​ころした​その​、および​いっしょ​に​いた​すべて​の​もの​を​れて​おう​の​もと​へ、おう​の​して​いる​ところ​へ​はいって​った。そして、かれら​は​みなおう​が​おうしん​の​しもべ​たち​に​よって​ころされた​こと​を​おう​に​証言しょうげん​し、また、「かれら​は​げ​ました。この​こと​は​かれら​に​たいする​しょう​に​ならない​でしょう​か」と​った。この​よう​に​して、かれら​は​おう​の​​に​ついて​おう​の​い​に​十分じゅうぶん​に​こたえた​の​で​あった。

35 ​そして、アマリキヤ​は​おう​の​歓心かんしん​を​う​よう​に​つとめ、おう​を​つま​に​した。この​よう​に​して、かれ​は​まん​に​より、また​わるがしこい​​たち​の​たすけ​に​よって​おう​を​ぜん​の​いたる​ところ​で、レーマンじん​の​すべて​の​たみ​の​なか​で​おう​と​みとめられた。この​レーマンじん​の​たみ​は、レーマンじん​と​レムエルじん、イシマエルじん、それに​ニーファイ​の​とう​から​その​とう​に​いたる​まで​の​ニーファイじん​の​すべて​の​はんしゃ​から​って​いた。

36 ​これら​の​はんしゃ​たち​は、ニーファイじん​と​おなじ​おしえ​と​おなじ​しき​を​て​いた。また、おなじ​よう​に​しゅ​に​ついて​る​おしえ​を​けて​いた。に​も​かかわらず、​な​はなし​で​ある​が、はんもなく、レーマンじん​より​も​かたくな​で​あらためない​もの、また​かれら​より​も​ばん​で​じゃあく残忍ざんにん​な​もの​と​なって​しまい、レーマンじん​の​つたえ​を​れ、たい​や​あらゆる​こうしょく​に​​を​まかせ、しゅ​なる​かみ​を​すっかり​わすれて​しまった​の​で​ある。