聖典
アルマ書41


第41章

ふっかつときに,ひとびとて,きゅうこうふくじょうたいか,きゅうこうじょうたいはいる。あくけっしてこうふくしょうじたことがない。このてきじょうたいにあるものは,げんかみなしにきている。ひとみなすべきじょうたいにあってけたとくしつせいしつを,かいふくときふたたける。げんぜんやく七十四ねん

1 「さて,わがよ,いまべたかいふくについてっておくことがすこしある。よ,あるひとびとせいぶんげてかいしゃくし,このことについておおいにまよっているからである。また,あなたもこのことについてこころなやませてきたことがかる。しかしよ,このことについてあなたにせつめいしよう。

2 わがよ,あなたにっておく。かいふくけいかくかみせいにとってひつようである。すべてのものがふさわしいじょうたいかいふくされることはひつようだからである。よ,キリストのちからふっかつからいえば,ひとれいがそのからだかいふくされることと,からだのあらゆるぶんからだそのものにかいふくされることは,ひつようでありせいとうなことである。

3 また,ひとびとぶんおこなおうじてさばかれること,そしてげんでのかれらのおこないがく,こころのぞみもかったならば,かれらがわりのぜんなるものにかいふくされることは,かみせいにとってひつようである。

4 また,かれらのおこないがわるければ,それらのおこないはわざわいとしてかれらにかいふくされる。したがって,すべてのものはふさわしいじょうたいかいふくされ,あらゆるものはそのほんらいからだかいふくされるのである。すなわち,すべきじょうたいに,ちるものちないものによみがえるのである。そして,きゅうこうふくじょうたいによみがえってかみおうこくぐか,あるいはきゅうこうじょうたいによみがえってあくおうこくぐ。すなわち,ぜんしゃいっぽうにあり,こうしゃほうにある。

5 ぜんしゃこうふくのぞんだことによってこうふくに,すなわちぜんのぞんだことによってぜんによみがえり,こうしゃあくのぞんだことによってあくによみがえる。こうしゃしゅうじつあくおこなうことをのぞんだので,よるがやってると,むくいとしてわざわいをけるからである。

6 もういっぽうどうようである。つみあらためて,しょうがいさいまでのぞものは,にかなうむくいをあたえられるであろう。

7 このようなひとびとしゅあがなわれる。まことに,このようなひとびとは,あのきゅうあんこくよるからされ,すくわれるのである。このようにして,ひとびとったりたおれたりする。よ,ひとびとぜんおこなうかあくおこなうかぶんはんだんするからである。

8 さて,かみさだめはえることができない。そして,みちようされており,のぞものはだれでもそのみちあるいて,すくわれるようになっている。

9 さてよ,わがよ,あなたはこれまで,きょうのあるてんについてつみおかすというけんおかしてきたが,もうそのてんについて,かみたいしてつみおかさないようにしなさい。

10 かいふくについてべられているというので,つみからこうふくかいふくされるとおもってはならない。よ,あなたにっておくが,あくけっしてこうふくしょうじたことがない。

11 さて,わがよ,まれながらじょうたい,すなわちこのてきじょうたいにあるすべてのひとは,じゅうなかにあり,ざいあくなわけている。かれらはこのかみなしにきているひとびとであり,かみせいしつはんしてこうどうしてきた。したがってかれらは,こうふくほんしつはんするじょうたいにある。

12 さてよ,かいふくとは,あるものをぜんじょうたいからってぜんじょうたい,すなわちそのもののほんしつはんするじょうたいくことであろうか。

13 おお,わがよ,そうではない。かいふくとはあくあくに,にくよくにくよくに,あくしんあくしんに,ぜんぜんに,に,こうせいこうせいに,あわれみをあわれみにふたたかえすことである。

14 したがって,わがよ,同胞はらからたいしてつねあわれみぶかくありなさい。こうせいい,にかなってさばき,えずぜんおこないなさい。これらのことをすべておこなえば,そのときあなたはむくいをけるであろう。まことに,あなたにあわれみふたたかいふくされ,ふたたこうせいかいふくされ,ふたたにかなったさばきがかいふくされ,ふたたぜんむくわれるであろう。

15 あなたからるものがあなたにかえってて,かいふくされるからである。したがって,かいふくということつみびとをさらにはっきりとつみさだめるのであって,けっしてとはしないのである。」