アルマ書50


第50章

モロナイ,ニーファイじんほうぼうぼうかためる。ニーファイじんおおくのあたらしいまちきずく。ニーファイじんあくまわしいおこないにおちいっただいには,せんそうめつぼうがニーファイじんりかかった。モリアントンとかれしたがはんしゃたち,テアンクムにかされる。ニーファイハがんで,そのむすパホーランがさばきつかさのしょくく。げんぜんやく七十二ねんから六十七ねんいたる。

1 さて,モロナイはせんそうじゅんをし,レーマンじんからたみまもじゅんととのえるのをやめなかった。かれはさばきつかさのとうだい二十ねんはじめに,ぐんたいめいじて,ニーファイじんしょゆうしていたぜんいたところですべてのまちしゅうつちげてるいきずぎょうかいさせた。

2 かれはまた,まちかこむこれらのうえもくざいを,すなわちひとたけほどのたかさのもくざいけんぞうぶつきずかせた。

3 そして,まちかこむこれらのもくざいけんぞうぶつうえに,せんたんのとがったくいさくつくらせた。このくいじょうで,たけたかかった。

4 またかれは,このさくろすやぐらをてさせ,そのやぐらのうえぼうぎょしょつくらせて,レーマンじんいしがそこにいるひとびとたらないようにした。

5 また,ニーファイじんへいたちはぶんたちのおもうままに,またちからおよぶかぎり,そのやぐらのうえからいしげつけ,まちぼうへきちかづこうとするものころせるようにそなえをした。

6 このように,モロナイはぜんのすべてのまちしゅうにとりでをきずいて,てきらいしゅうそなえた。

7 そしてモロナイは,ぐんたいひがしかせた。そこで,かれらはって,ひがしにいたすべてのレーマンじんを,ゼラヘムラのみなみにあるかれらのはらった。

8 ニーファイのは,ひがしうみからまっすぐ西にしうみおよんでいた。

9 さて,モロナイは,かれらのしょゆうほっぽうにあるひがしからすべてのレーマンじんはらうと,ゼラヘムラのとそのしゅうへんものたちをひがしかせ,かいがんちかほうまでやって,そのまわせた。

10 かれはまた,なんぽうかれらのりょうさかいぐんたいはいして,ぐんたいたみてきからまもられるようにいくつものとりできずかせた。

11 このようにして,かれひがしのレーマンじんのとりでをすべてり,また西にしほうでもどうようにして,ニーファイじんとレーマンじんあいだきょうかいせんじょうをとりででかためた。このきょうかいせんはゼラヘムラのとニーファイのあいだにあり,西にしうみからシドンがわみなもときんはしっていた。ニーファイじんはそのほっぽうぜんを,すなわち,バウンティフルのほっぽうにあるぜんぶんたちのこのむままにしょゆうした。

12 このようにして,モロナイはぶんぐんたいをもって,すなわち,かれはたらきによってまもりがあたえられるとかくしんしてつづけるぐんたいをもって,レーマンじんへいりょくせいりょくをニーファイじんしょゆうからり,レーマンじんがニーファイじんしょゆうでまったくけんりょくるえなくしようとつとめた。

13 そしてニーファイじんは,一つのまちけんせつはじめ,そのまちをモロナイとんだ。それはひがしうみちかくで,レーマンじんりょうきょうかいせんちかみなみほうにあった。

14 かれらはまた,モロナイのまちとアロンのまちあいだに,アロンのまちさかいとモロナイのまちさかいせっして一つのまちけんせつはじめた。そしてかれらは,そのまち,すなわちそのをニーファイハとんだ。

15 かれらはまた,おなとしきたほうおおくのまちきずはじめた。そのだいひょうてきなものはリーハイとけたまちで,きたほうかいがんちかところにあった。

16 このようにして,だい二十ねんわった。

17 また,ニーファイのたみのさばきつかさのとうだい二十一ねんはじめに,ニーファイのたみはこのようにはんえいしていた。

18 かれらはじょうさかえ,ゆたかになり,またえて,そのつよくなった。

19 じょうのことから,しゅひとらにわれたことをすべてじょうじゅされるにたって,しゅはからいがみなどれほどあわれみぶかく,こうせいであるかがかる。また,しゅがリーハイにわれたこといまこのときでさえじっしょうされていることを,わたしたちはることができるのである。しゅわれたことつぎのとおりである。

20 「あなたとあなたのそんとはさいわいである。かれらはしゅくふくけるであろう。かれらはわたしのめいれいまもるかぎりさかえる。しかし,わたしのめいれいまもらなければしゅまえからたれるということをおぼえておきなさい。」

21 そしていまわたしたちは,このやくそくがニーファイのたみじっしょうされていることをっている。かれらのなかこうろんあらそい,さつじんりゃくだつぐうぞうれいはい,みだらなおこない,まわしいおこないがあって,それらがかれらにせんそうめつぼうまねいたからである。

22 しかし,しゅめいれいちゅうじつまもっていたひとびとはいつもすくされた。いっぽうじゃあく同胞はらからなんぜんにんれいじょうたいおちいったり,つるぎころされたり,しんこうおちいってレーマンじんじりったりした。

23 しかしよ,ニーファイのだいからこのかた,ニーファイのたみにとって,モロナイのだい,すなわちさばきつかさのとうだい二十一ねんとうじょうしあわときはかつていちもなかった。

24 そして,さばきつかさのとうだい二十二ねんへいおんわり,だい二十三ねんどうようであった。

25 さて,さばきつかさのとうだい二十四ねんはじめも,リーハイのとモリアントンのについてこったあらそがなければ,ニーファイのたみなかにはへいつづいたことであろう。このモリアントンのはリーハイのさかいせっしており,りょうほうとも,かいがんちかほうにあった。

26 よ,モリアントンのしょゆうしていたひとびとが,リーハイのいちについてしょゆうけんしゅちょうしたのである。そのため,りょうしゃあいだはげしいあらそいがこり,モリアントンのたみ同胞はらからたいしてり,つるぎあいころそうとした。

27 しかしよ,リーハイのしょゆうしていたひとびとはモロナイの宿しゅくえいんで,モロナイにたすけをもとめてうったえた。よ,かれらにがなかったからである。

28 さて,モリアントンというおとこどうにあったモリアントンのたみは,リーハイのたみがモロナイの宿しゅくえいんだことをると,モロナイのぐんたいがやってぶんたちはほろぼされてしまうのではないかとじょうおそれた。

29 そこでモリアントンは,おおきなしょうがたくさんあるほっぽうげてってほっぽうせんゆうしようとするおもいをたみこころいだかせた。

30 そしてよ,かれらはこのけいかくじっこうしようとした。(これがせいこうしていれば,かなしいたいしょうじていたであろう。)しかしよ,モリアントンは,ひどくおこりっぽいおとこであったので,はしための一人ひとりはらて,なぐりかかってそのおんなをひどくちたたいてしまった。

31 そこでそのおんなは,してモロナイの宿しゅくえいにやってると,そのけんについて,またほっぽうげようとしているかれらのくわだてについて,すべてのことをモロナイにげた。

32 さてよ,バウンティフルのにいるひとびとは,いや,モロナイは,バウンティフルのにいるひとびとがモリアントンのことしたがってかれたみくわわり,そのためにかれがその各所かくしょはいけんてニーファイのたみなかじゅうだいけっをもたらし,ニーファイのたみゆうくつがえすことになるのではないかとねんした。

33 そこでモロナイは,モリアントンのたみさえぎって,かれらがほっぽうげるのをするために,そうととのえたぐんたいけんした。

34 さて,デソレションさかいたっするまで,かれらはモリアントンのたみしんてなかった。それでも,うみちかほっぽうつうじており,また西にしひがしうみちかきょうのそばで,かれらはモリアントンのたみしんつことができた。

35 そして,モロナイによってけんされ,テアンクムというひとによってひきいられたぐんたいは,モリアントンのたみあいたいした。ところが,モリアントンのたみは(モリアントンのあくとへつらいのことかんされて)じょうにかたくなになっていたので,りょうしゃあいだたたかいがはじまった。そして,そのたたかいでテアンクムはモリアントンをころし,かれぐんたいやぶってかれらをりょにし,モロナイの宿しゅくえいかえった。このようにして,ニーファイのたみのさばきつかさのとうだい二十四ねんわった。

36 モリアントンのたみはこのようにしてもどされた。そしてかれらは,へいまもるとちかってモリアントンのかえされ,かれらとリーハイのたみあいだごうせいりつした。そして,リーハイのたみぶんたちのもどった。

37 さて,ニーファイのたみへいもどしたそのおなとしに,二だいだいさばきつかさであったニーファイハが,かみまえかんぜんただしくさばきつかさのしょくたしてくなった。

38 ニーファイハはかみまえかんぜんただしいひとであったが,アルマとかれせんたちがもっとしんせいであるとなしていた,かずかずろくしなじなをアルマからあずかることは退たいしていた。そこでアルマは,それらのものをむすヒラマンにたくしていた。

39 よ,ニーファイハのむすが,ちちわってさばきつかさのしょくつとめるようににんめいされた。まことに,かれにかなってさいばんすること,たみへいゆうまもること,たみかれらのしゅなるかみれいはいするしんせいとっけんあたえること,しょうがいかみたいし,まもること,あくにんにそれぞれのざいおうじたばつすこと,これらのことをちかって,しんせいしきによりたみだいさばきつかさけんそうとくにんめいされた。

40 よ,このひとはパホーランという。かれちちき,だい二十四ねんわりにニーファイのたみおさめるかれとうはじまった。