アルマ書 50
脚注
テーマ

第​50​章

モロナイ、ニーファイじん​の​む​ほうぼう​の​​の​ぼう​を​かためる。ニーファイじんおおく​の​あたらしい​まち​を​きずく。ニーファイじん​が​あく​と​まわしい​おこない​に​おちいった​だい​に​は、せんそう​と​めつぼう​が​ニーファイじん​に​りかかった。モリアントン​と​かれ​に​したがう​はんしゃ​たち、テアンクム​に​ち​かされる。ニーファイハ​が​んで、その​むす​パホーラン​が​さばきつかさ​の​しょく​に​く。げんぜんやく​七十二​ねん​から​六十七​ねん​に​いたる。

1 ​さて、モロナイ​は​せんそう​の​じゅん​を​し、レーマンじん​から​たみ​を​まもる​じゅん​を​ととのえる​の​を​やめなかった。かれ​は​さばきつかさ​の​とうだい二十​ねん​の​はじめ​に、ぐんたい​に​めいじて、ニーファイじん​が​しょゆう​して​いた​ぜん​の​いたる​ところ​で​すべて​の​まち​の​しゅう​に​つち​を​げて​るい​を​きずく​ぎょう​を​かい​させた。

2 かれ​は​また、まち​を​かこむ​これら​の​​の​うえ​に​もくざい​を、すなわち​ひと​の​たけ​ほど​の​たかさ​の​もくざい​の​建造けんぞうぶつ​を​きずかせた。

3 ​そして、まち​を​かこむ​これら​の​もくざい​の​建造けんぞうぶつ​の​うえ​に、先端せんたん​の​とがった​くい​で​さく​を​つくらせた。この​くい​は​じょう​で、たけ​が​たかかった。

4 ​また​かれ​は、この​さく​を​ろす​やぐら​を​て​させ、その​やぐら​の​うえ​に​ぼうぎょ​の​しょ​を​つくらせて、レーマンじん​の​いし​や​​が​そこ​に​いる​人々ひとびと​に​たらない​よう​に​した。

5 ​また、ニーファイじん​の​へい​たち​は​ぶん​たち​の​おもう​まま​に、また​ちから​の​およぶ​かぎり、その​やぐら​の​うえ​から​いし​を​げつけ、まち​の​防壁ぼうへき​に​ちかづこう​と​する​もの​を​ころせる​よう​に​そなえ​を​した。

6 ​この​よう​に、モロナイ​は​ぜん​の​すべて​の​まち​の​しゅう​に​とりで​を​きずいて、てき​の​来襲らいしゅう​に​そなえた。

7 ​そして​モロナイ​は、ぐんたい​を​ひがし​の​​に​かせた。そこで、かれら​は​て​って、ひがし​の​​に​いた​すべて​の​レーマンじん​を、ゼラヘムラ​の​​の​みなみ​に​ある​かれら​の​​へ​はらった。

8 ​ニーファイ​の​​は、ひがし​の​う み​から​まっすぐ​西にし​の​う み​に​およんで​いた。

9 ​さて、モロナイ​は、かれら​の​しょゆう​の​北方ほっぽう​に​ある​ひがし​の​​から​すべて​の​レーマンじん​を​はらう​と、ゼラヘムラ​の​​と​その​周辺しゅうへん​の​​に​む​もの​たち​を​ひがし​の​​に​かせ、海岸かいがん​に​ちかい​ほう​まで​やって、その​​に​まわせた。

10 かれ​は​また、南方なんぽう​の​かれら​の​りょう​の​さかい​に​ぐんたい​を​はい​して、ぐんたい​と​たみ​が​てき​の​​から​まもられる​よう​に​いくつ​も​の​​とりで​を​きずかせた。

11 ​この​よう​に​して、かれ​は​ひがし​の​​の​レーマンじん​の​とりで​を​すべて​り、また​西にし​の​ほう​で​も​どうよう​に​して、ニーファイじん​と​レーマンじん​の​あいだ​の​きょうかいせんじょう​を​とりで​で​かためた。この​きょうかいせん​は​ゼラヘムラ​の​​と​ニーファイ​の​​の​あいだ​に​あり、西にし​の​う み​から​シドン​がわ​の​みなもと​の​きん​を​はしって​いた。ニーファイじん​は​その​北方ほっぽう​の​ぜん​を、すなわち、バウンティフル​の​​の​北方ほっぽう​に​ある​ぜん​を​ぶん​たち​の​このむ​まま​に​しょゆう​した。

12 ​この​よう​に​して、モロナイ​は​ぶん​の​ぐんたい​を​もって、すなわち、かれ​の​はたらき​に​よって​まもり​が​あたえられる​と​かくしん​して​え​つづける​ぐんたい​を​もって、レーマンじん​の​兵力へいりょく​と​勢力せいりょく​を​ニーファイじん​の​しょゆう​から​り、レーマンじん​が​ニーファイじん​の​しょゆう​で​まったく​けんりょく​を​るえなく​しよう​と​つとめた。

13 ​そして​ニーファイじん​は、一つ​の​まち​の​建設けんせつ​を​はじめ、その​まち​の​​を​モロナイ​と​んだ。それ​は​ひがし​の​う み​の​ちかく​で、レーマンじん​の​りょう​の​きょうかいせん​に​ちかい​みなみ​の​ほう​に​あった。

14 かれら​は​また、モロナイ​の​まち​と​アロン​の​まち​の​あいだ​に、アロン​の​まち​の​さかい​と​モロナイ​の​まち​の​さかい​に​せっして​一つ​の​まち​の​建設けんせつ​を​はじめた。そして​かれら​は、その​まち​の​、すなわち​その​​の​​を​ニーファイハ​と​んだ。

15 かれら​は​また、おなじ​とし​に​きた​の​ほう​で​おおく​の​まち​を​きずき​はじめた。その​代表だいひょうてき​な​もの​は​リーハイ​と​けた​まち​で、きた​の​ほう​の​海岸かいがん​に​ちかい​ところ​に​あった。

16 ​この​よう​に​して、だい二十​ねん​が​わった。

17 ​また、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい​二十一​ねん​の​はじめ​に、ニーファイ​の​たみ​は​この​よう​に​繁栄はんえい​して​いた。

18 かれら​は​じょう​に​さかえ、ゆたか​に​なり、また​えて、その​​で​つよく​なった。

19 じょう​の​こと​から、しゅ​が​ひと​の​ら​に​われた​こと​を​すべて​じょうじゅ​される​に​たって、しゅ​の​はからい​が​みな​どれ​ほど​あわれみ​ぶかく、こうせい​で​ある​か​が​かる。また、しゅ​が​リーハイ​に​われた​こと​が​いま​この​とき​で​さえ​実証じっしょう​されて​いる​こと​を、わたしたち​は​る​こと​が​できる​の​で​ある。しゅ​の​われた​こと​は​つぎ​の​とおり​で​ある。

20 「あなた​と​あなた​の​そん​と​は​さいわい​で​ある。かれら​は​しゅくふく​を​ける​で​あろう。かれら​は​わたし​の​命令めいれい​を​まもる​かぎり​​に​さかえる。しかし、わたし​の​命令めいれい​を​まもらなければ​しゅ​の​まえ​から​たれる​と​いう​こと​を​おぼえて​おき​なさい。」

21 ​そして​いま​わたしたち​は、この​やくそく​が​ニーファイ​の​たみ​に​実証じっしょう​されて​いる​こと​を​って​いる。かれら​の​なか​に​口論こうろん​や​あらそい、さつじん略奪りゃくだつぐうぞうれいはい、みだら​な​おこない、まわしい​おこない​が​あって、それら​が​かれら​に​せんそう​と​めつぼう​を​まねいた​から​で​ある。

22 ​しかし、しゅ​の​命令めいれい​を​ちゅうじつ​に​まもって​いた​人々ひとびと​は​いつも​すくい​された。いっぽうじゃあく​な​同胞はらから​は​なんぜんにん​も​れい​の​じょうたい​に​おちいったり、つるぎ​で​ころされたり、しんこう​に​おちいって​レーマンじん​と​じり​ったり​した。

23 ​しかし​よ、ニーファイ​の​だい​から​このかた、ニーファイ​の​たみ​に​とって、モロナイ​の​だい、すなわち​さばきつかさ​の​とうだい​二十一​ねんとうじょう​に​しあわせ​な​とき​は​かつて​いち​も​なかった。

24 ​そして、さばきつかさ​の​とうだい​二十二​ねん​が​平穏へいおん​に​わり、だい​二十三​ねん​も​どうよう​で​あった。

25 ​さて、さばきつかさ​の​とうだい​二十四​ねん​の​はじめ​も、リーハイ​の​​と​モリアントン​の​​に​ついて​こった​あらそい​が​なければ、ニーファイ​の​たみ​の​なか​に​は​へい​が​つづいた​こと​で​あろう。この​モリアントン​の​​は​リーハイ​の​​と​さかい​を​せっして​おり、両方りょうほう​と​も、海岸かいがん​に​ちかい​ほう​に​あった。

26 よ、モリアントン​の​​を​しょゆう​して​いた​人々ひとびと​が、リーハイ​の​​の​いち​に​ついて​しょゆうけん​を​しゅちょう​した​の​で​ある。その​ため、両者りょうしゃ​の​あいだ​に​はげしい​あらそい​が​こり、モリアントン​の​たみ​は​同胞はらから​に​たいして​​を​り、つるぎ​で​あい​を​ころそう​と​した。

27 ​しかし​よ、リーハイ​の​​を​しょゆう​して​いた​人々ひとびと​は​モロナイ​の​宿しゅくえい​に​んで、モロナイ​に​たすけ​を​もとめて​うったえた。かれら​に​​が​なかった​から​で​ある。

28 ​さて、モリアントン​と​いう​​の​おとこ​の​どう​に​あった​モリアントン​の​たみ​は、リーハイ​の​たみ​が​モロナイ​の​宿しゅくえい​に​んだ​こと​を​る​と、モロナイ​の​ぐんたい​が​やって​て​ぶん​たち​は​ほろぼされて​しまう​の​で​は​ない​か​と​じょう​に​おそれた。

29 ​そこで​モリアントン​は、おおきな​しょう​が​たくさん​ある​北方ほっぽう​の​​へ​げて​って​北方ほっぽう​の​​を​占有せんゆう​しよう​と​する​おもい​を​たみ​の​こころ​に​いだかせた。

30 ​そして​よ、かれら​は​この​けいかく​を​じっこう​しよう​と​した。(これ​が​せいこう​して​いれ​ば、かなしい​たい​が​しょうじて​いた​で​あろう。)しかし​よ、モリアントン​は、ひどく​おこりっぽい​おとこ​で​あった​ので、はしため​の​ひと​に​はら​を​て、なぐり​かかって​その​おんな​を​ひどく​ち​たたいて​しまった。

31 ​そこで​その​おんな​は、して​モロナイ​の​宿しゅくえい​に​やって​る​と、その​けん​に​ついて、また​北方ほっぽう​の​​へ​げよう​と​して​いる​かれら​の​くわだて​に​ついて、すべて​の​こと​を​モロナイ​に​げた。

32 ​さて​よ、バウンティフル​の​​に​いる​人々ひとびと​は、いや、モロナイ​は、バウンティフル​の​​に​いる​人々ひとびと​が​モリアントン​の​こと​に​き​したがって​かれ​の​たみ​に​くわわり、その​ため​に​かれ​が​その​​の​各所かくしょ​の​はいけん​を​て​ニーファイ​の​たみ​の​なか​に​じゅうだい​な​けっ​を​もたらし、ニーファイ​の​たみ​の​ゆう​を​くつがえす​こと​に​なる​の​で​は​ない​か​と​ねん​した。

33 ​そこで​モロナイ​は、モリアントン​の​たみ​の​​を​さえぎって、かれら​が​北方ほっぽう​の​​へ​げる​の​を​​する​ため​に、そう​を​ととのえた​ぐんたい​を​けん​した。

34 ​さて、​デソレション​の​​の​さかい​に​たっする​まで、かれら​は​モリアントン​の​たみ​の​しん​を​てなかった。それでも、う み​に​ちかく​北方ほっぽう​の​​に​つうじて​おり、また​西にし​も​ひがし​も​う み​に​ちかい​きょう​の​そば​で、かれら​は​モリアントン​の​たみ​の​しん​を​つ​こと​が​できた。

35 ​そして、モロナイ​に​よって​けん​され、テアンクム​と​いう​​の​ひと​に​よって​ひきいられた​ぐんたい​は、モリアントン​の​たみ​と​相対あいたい​した。ところが、モリアントン​の​たみ​は(モリアントン​の​あく​と​へつらい​の​こと​に​かん​されて)じょう​に​かたくな​に​なって​いた​ので、両者りょうしゃ​の​あいだ​で​たたかい​が​はじまった。そして、その​たたかい​で​テアンクム​は​モリアントン​を​ころし、かれ​の​ぐんたい​を​やぶって​かれら​を​りょ​に​し、モロナイ​の​宿しゅくえい​に​かえった。この​よう​に​して、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい​二十四​ねん​が​わった。

36 ​モリアントン​の​たみ​は​この​よう​に​して​れ​もどされた。そして​かれら​は、へい​を​まもる​と​ちかって​モリアントン​の​​へ​かえされ、かれら​と​リーハイ​の​たみ​の​あいだ​で​ごう​が​成立せいりつ​した。そして、リーハイ​の​たみ​も​ぶん​たち​の​​へ​もどった。

37 ​さて、ニーファイ​の​たみ​が​へい​を​もどした​その​おなじ​とし​に、二​だい​の​だい​さばきつかさ​で​あった​ニーファイハ​が、かみ​の​まえ​に​完全かんぜん​に​ただしく​さばきつかさ​の​しょく​を​たして​くなった。

38 ​ニーファイハ​は​かみ​の​まえ​に​完全かんぜん​に​ただしい​ひと​で​あった​が、アルマ​と​かれ​の​せん​たち​が​もっとも​神聖しんせい​で​ある​と​なして​いた、数々かずかず​の​ろく​と​品々しなじな​を​アルマ​から​あずかる​こと​は​退たい​して​いた。そこで​アルマ​は、それら​の​もの​を​むす​ヒラマン​に​たくして​いた。

39 よ、ニーファイハ​の​むす​が、ちち​に​わって​さばきつかさ​の​しょく​を​つとめる​よう​に​にんめい​された。まことに、かれ​は​​に​かなって​裁判さいばん​する​こと、たみ​の​へい​と​ゆう​を​まもる​こと、たみ​に​かれら​の​しゅ​なる​かみ​を​れいはい​する​神聖しんせい​な​とっけん​を​あたえる​こと、生涯しょうがいかみ​の​たい​を​​し、まもる​こと、あくにん​に​それぞれ​の​ざい​に​おうじた​ばつ​を​す​こと、これら​の​こと​を​ちかって、神聖しんせい​な​しき​に​より​たみ​の​だい​さばきつかさ​けんそうとく​に​にんめい​された。

40 よ、この​ひと​の​​は​パホーラン​と​いう。かれ​が​ちち​の​​に​き、だい​二十四​ねん​の​わり​に​ニーファイ​の​たみ​を​おさめる​かれ​の​とう​が​はじまった。