アルマ書53


第53章

レーマンじんりょはバウンティフルのまちぼうかためるためにはたらかされる。ニーファイじんなかがもとで,レーマンじんしょうる。ヒラマン,アンモンのたみからた二千にんせいねんる。げんぜんやく六十四ねんから六十三ねんいたる。

1 さて,ニーファイじんりょのレーマンじんばんぺいき,そのりょたちにレーマンじんたいと,ころされたニーファイじんたいとをほうむらせた。モロナイは,かれらがはたらいているあいだかれらをへいいた。

2 またモロナイは,リーハイとともにミュレクのまちき,そのまちけんしょうあくし,それをリーハイにあたえた。よ,このリーハイは,モロナイがせんとうるときにはほとんどいつもかれとともにいたひとで,モロナイにじんぶつであった。そして,二人ふたりたがいのよろこい,またたがいにあいい,ニーファイのたみみなこの二人ふたりあいしていた。

3 さて,レーマンじん同胞はらからたいとニーファイじんたいほうむえると,バウンティフルのもどされた。それからテアンクムは,モロナイのめいれいによってかれらにその,もっとせいかくえばそのまち,バウンティフルのまちまわりにほりきずぎょうかいさせた。

4 またテアンクムは,かれらにほりうちうえもくざいきょうへききずかせ,さらにそのきょうへきほりからげたつちらせた。このようにニーファイじんはレーマンじんはたらかせて,ついにバウンティフルのまちもくざいつちからじょうたかじょうぼうへきかこんだ。

5 このまちは,それらいじょうけんなとりでとなった。そして,かれらはこのまちなかで,すなわちりょのレーマンじんきずかせたぼうへきつこのまちなかで,りょたちをったのであった。レーマンじんはたらいているあいだかれらをるのはようであり,またレーマンじんこうげきけるのにぜんぐんしかったので,モロナイはどうしてもレーマンじんはたらかせなければならなかった。

6 そしてモロナイは,レーマンじんなかさいきょうぐんたいの一つにしょうおさめ,またニーファイのにおけるレーマンじんもっとけんなとりでの一つであるミュレクのまちれたのである。そして,りょよくりゅうするとりでも一つきずいたのであった。

7 さて,かれはそのとしにはもうレーマンじんたたかいをしようとせずに,へい使つかってせんそうじゅんをし,レーマンじんふせぐためのとりでをきずき,ニーファイじんおんなどもきんなんからすくい,またニーファイじんぐんたいのためにひょうろうそなえをした。

8 さて,ニーファイじんなかおおきないんぼうくわだてられてかれらのなかしょうじたため,モロナイがかけてざいになったあいだに,西にしうみちかなんぽうのレーマンじんぐんたいがニーファイじんたいしてしょうゆうせいになり,そのほうでニーファイじんまちをまとめてせんりょうした。

9 このようにして,ニーファイじんぶんたちのざいあくのために,すなわちぶんたちのなかいんぼうのために,もっとけんじょうきょうおちいった。

10 さてよ,アンモンのたみについてしょうしょうべておかなければならない。アンモンのたみはじめはレーマンじんであったが,アンモンとそのどうりょうたちによって,いや,かみちからことによってしゅしんじるようになった。そしてかれらは,ゼラヘムラのれてられ,それらいニーファイじんによってまもられてきた。

11 またかれらは,ちかいをてていたので,同胞はらからたいしてこれまでらなかった。かれらは,これからはもうけっしてながさないとちかいをてていたからである。したがって,もしアンモンとそのどうりょうたちがかれらにしめしたどうじょうふかあいじょうがなければ,かれらはぶんたちのちかいのためにほろぼされていたであろう。すなわち,あまんじて同胞はらからちていたことであろう。

12 このようなわけで,かれらはゼラヘムラのれてられ,ニーファイじんによってまもられてきたのである。

13 しかし,かれらはぶんたちのためにニーファイじんけんい,おおくのなんかんなんっているのをもうわけなくおもい,ぶんたちのくにまもるためにりたいとねがった

14 しかしよ,かれらはまさにろうとしたときに,ヒラマンやそのどうりょうたちのせっとくけてこころひるがえした。このようにヒラマンたちがかれらをせっとくしたのは,かれらがぜんてたちかをまさにやぶろうとしていたからである。

15 ヒラマンは,かれらがそうすることによってほろびることになりはしないかとねんしたのである。このようにして,ぜんにこのちかいをてたすべてのひとは,とうあやういじょうきょうなかかれらの同胞はらからなんとかなんけるのをているほかなかった。

16 しかしよ,かれらにはおおくのむすたちがおり,そのむすたちはっててきふせぐことはしないというちかいをまだてていなかった。そこで,かれらのなかることのできるものみなこのときにあつまり,ぶんたちをニーファイじんんだ。

17 そしてかれらは,ニーファイじんゆうのためにたたかうという,つまりぶんたちのいのちててでもくにまもるというちかいをてた。また,ぶんたちのゆうけっしてほうすることなく,ニーファイじんぶんたちがれいじょうたいおちいらないようにするために,どのようなあいでもたたかうとちかった。

18 さてよ,このちかいをてて,くにまもるためにったせいねんたちは,二千にんであった。

19 よ,このせいねんたちは,これまでいちもニーファイじんにとってたんとなったことがなく,このたびおおいなるたすとなった。かれらはり,ヒラマンがぶんたちのかんになることをねがった。

20 かれらはみなせいねんであって,じょうゆうかんであり,たいりょくかつりょくがみなぎっていた。しかもよ,それだけではなく,かれらはたくされたことはなんであろうと,いつでもせいじつたすものたちであった。

21 まことにかれらはかみいましめをまもり,かみまえをまっすぐにあゆようにおしえられていたので,せいじつでまじめなものたちであった。

22 そしてヒラマンは,西にしうみちかなんぽうさかいにいるひとびとえんするために,この二千にんわかへいひきいてった。

23 このようにして,ニーファイのたみのさばきつかさのとうだい二十八ねんわった。