アルマ書 4
脚注
テーマ

第​4​章

アルマ、改心かいしん​した​すうせん​の​人々ひとびと​に​バプテスマ​を​ほどこす。ざいあく​が​きょうかい​に​はいみ、きょうかい​の​発展はってん​が​さまたげられる。ニーファイハ、だい​さばきつかさ​に​にんめい​される。アルマ、だいさい​として​の​つとめ​に​専念せんねん​する。げんぜんやく​八十六​ねん​から​八十三​ねん​に​いたる。

1 ​さて、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい六​ねん​に​は、​ゼラヘムラ​の​​に​あらそい​も​せんそう​も​なかった。

2 ​しかし、たみ​は​同胞はらから​を​うしない、大小だいしょう​の​ちく​の​れ​を​うしない、レーマンじん​に​よって​あし​で​みつけられ、らされて​こくもつばたけ​を​うしなった​ので​くるしんだ。

3 ​すべて​の​もの​が​なげき​かなしんで​とうぜん​な​ほど、かれら​の​けた​なん​は​ひどい​もの​で​あった。そして​かれら​は、ぶん​たち​の​あく​と​まわしい​おこない​の​ため​に​かみ​の​さばき​が​くだされた​と​おもい、めて​ぶん​たち​の​​を​おもこした。

4 ​そして​かれら​は、さらに​完全かんぜん​に​きょうかい​を​かくりつ​する​わざ​に​りかかり、おおく​の​ひと​が​シドン​の​みず​で​​バプテスマ​を​けて、かみ​の​きょうかい​に​くわえられた。かれら​は​アルマ​の​​に​よって​バプテスマ​を​けた。この​アルマ​は、かれ​の​ちち​アルマ​の​​に​よって、きょうかい​の​人々ひとびと​を​まもる​だいさい​に​聖任せいにん​されて​いた。

5 ​さて、さばきつかさ​の​とうだい七​ねん​に​は、かみ​の​きょうかい​に​くわわった​もの、バプテスマ​を​けた​もの​は、およそ​三千五百​にん​に​のぼった。この​よう​に​して、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい七​ねん​が​わり、その​あいだ​は​つづき​へい​で​あった。

6 ​さて、さばきつかさ​の​とうだい八​ねん​に​は、きょうかい​の​人々ひとびと​は​だい​に​こうまん​に​なり​はじめた。それ​は、かれら​が​勤勉きんべん​で​ある​こと​に​よって​た​じょう​に​おおく​の​とみ​と​​の​こまかい​きぬ​と、よりいと​で​った​ぬの​と、大小だいしょう​の​おおく​の​ちく​の​れ​と、きん​と​ぎん、あらゆる​ちょう​な​品々しなじな​の​ため​で​あった。かれら​は​これら​の​もの​に​めぐまれて​じょう​に​こう​な​ふく​を​​に​ける​よう​に​なり、こうまん​な​​を​もって​たかぶった。

7 ​これ​は、アルマ​に​とって​も、また​アルマ​から​きょうかい​を​まもる​きょう​や​さい長老ちょうろう​の​しょく​に​にんじられた​おおく​の​ひと​に​とって​も、ひどい​つう​の​たね​で​あった。かれら​の​おおく​は、すでに​あく​が​きょうかい​の​人々ひとびと​の​なか​に​はいり​はじめて​いる​の​を​て、じょう​に​なげいた。

8 きょうかい​の​人々ひとびと​は​こうまん​な​​を​もって​たかぶり、とみ​や​ぞく​の​むなしい​もの​に​執着しゅうちゃく​する​よう​に​なり、たがいに​あざけり​い、ぶん​たち​の​おもい​と​のぞみ​に​った​かんがかた​を​しない​もの​を​はくがい​する​よう​に​なって​きた。アルマ​は、この​よう​な​ありさま​を​て、じょう​に​うれい​かなしんだ。

9 ​この​よう​に​して、さばきつかさ​の​とうだい八​ねん​に、きょうかい​の​人々ひとびと​の​なか​に​ひどい​あらそい​が​こった。すなわち、​ねたみ、あらそい、あくはくがいこうまん​が​あり、かれら​の​こうまん​は​かみ​の​きょうかい​に​ぞくして​いない​もの​の​こうまん​より​も​ひどかった。

10 ​この​よう​に​して、さばきつかさ​の​とうだい八​ねん​が​わった。きょうかいいん​の​あく​は、きょうかい​に​ぞくして​いない​もの​たち​に​とって​おおきな​つまずき​の​いし​と​なり、その​ため​に​きょうかい​の​発展はってん​が​にぶり​はじめた。

11 ​そして​だい九​ねん​の​はじめ​に、アルマ​は​きょうかいいん​の​あく​を​た。また、きょうかいいん​の​くない​ほん​の​ため​に​しんこうしん​の​ない​もの​たち​が​次々つぎつぎ​と​ざいあく​を​おかし、たみ​の​めつぼう​が​おとずれよう​と​して​いる​の​も​た。

12 ​まことに​かれ​は、人々ひとびと​の​なか​に​ひどい​びょうどう​が​あり、いち​の​もの​たち​が​こうまん​に​なって​たかぶり、ほか​の​もの​を​さげすみ、とぼしい​もの​や​る​もの​の​ない​ものえて​いる​ものかわいて​いる​ものびょう​の​ものくるしんで​いる​もの​に​​を​けて​いる​の​も​た。

13 ​さて​これ​は、人々ひとびと​の​なか​に​うれい​を​もたらした​おおきな​原因げんいん​で​あった​が、その​いっぽう​で、ある​人々ひとびと​は​へりくだり、ぶん​の​もの​を​まずしい​もの​や​とぼしい​もの​に​け​あたえ、えて​いる​もの​に​食物しょくもつ​を​あたえる​など​して、たすけ​を​ひつよう​と​して​いる​もの​を​たすけて​おり、さらに​あらゆる​なん​に​えて​いた。かれら​は​げん​の​れい​の​しめす​とおり​に、将来しょうらいられる​​キリスト​を​しんじて​いた​から​で​ある。

14 ​また​かれら​は、キリスト​の​らいりん​の​​を​のぞんで、つみ​の​ゆるし​を​たもち、イエス・​キリスト​の​こころ​と​ちから​と​​の​なわ​から​の​かいほう​と​に​よって​しゃ​の​ふっかつ​が​もたらされる​こと​を​かんがえて、おおきな​よろこび​に​たされた。

15 ​さて、アルマ​は​かみ​に​したがう​謙遜けんそん​な​人々ひとびと​の​けて​いる​なん​と、ほか​の​もの​たち​が​かれら​に​くわえる​はくがい​と、たみ​の​あらゆる​びょうどう​を​て、じょう​に​なげいた​が、それでも​しゅ​の​たま​は​かれ​から​はなれなかった。

16 ​アルマ​は​きょうかい​の​長老ちょうろう​たち​の​なか​から​ひと​の​賢明けんめい​な​ひと​を​えらび、たみ​の​こえ​に​よって​かれ​に​権限けんげん​を​さずけて、かれ​が​すでに​さだめられて​いる​ほうりつ​に​う​ほうりつ​を​制定せいてい​する​権限けんげん​と、また​人々ひとびと​の​あく​と​ざい​と​に​おうじて​その​ほうりつ​を​適用てきよう​する​権限けんげん​を​てる​よう​に​した。

17 ​さて、この​ひと​の​​は​ニーファイハ​と​いって、だい​さばきつかさ​に​にんめい​された。そして、かれ​は​人々ひとびと​を​裁判さいばん​し、また​おさめる​ため​に、さばきつかさ​の​しょく​に​いた。

18 ​しかし​アルマ​は、きょうかい​の​だいさい​として​の​しょく​は​かれ​に​さずける​こと​なく、だいさい​の​しょく​は​ぶん​で​ゆう​し、さばきつかさ​の​しょく​だけ​を​ニーファイハ​に​ゆずった。

19 かれ​が​この​よう​に​した​の​は、かれしん​が​たみ​の​なか​に、すなわち​ニーファイ​の​たみ​の​なか​に​て​って、人々ひとびと​に​かみ​の​こと​を​べ​つたえて、かれら​の​​を​おもこす​よう​に​うながす​ため、また​人々ひとびと​の​なか​に​ある​あらゆる​こうまん​と​わるだくみ​と​あらそい​を、かみ​の​こと​に​よって​のぞく​ため​で​ある。それ​は、じゅんすい​な​あかし​を​もって​める​ほか​に、人々ひとびと​を​改心かいしん​させる​ほうほう​が​ない​こと​を​って​いた​から​で​ある。

20 ​この​よう​に、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい九​ねん​の​はじめ​に、アルマ​は​​ニーファイハ​に​さばきつかさ​の​しょく​を​ゆずり、ぶん​は​ひたすら​かみ​の​せい​なる​くらい​の​だいさい​の​しょく​に​専念せんねん​し、けい​と​げん​の​れい​に​したがって​こと​を​あかし​した。