アルマ書 31
    脚注

    第​31​章

    アルマ、かみ​の​おしえ​に​そむいて​いる​ゾーラムじん​を​改心かいしん​させる​ため​に、先頭せんとう​に​って​でんどう​の​わざ​に​じゅう​する。ゾーラムじん、キリスト​を​てい​し、選民せんみん​に​ついて​の​ちがった​かんがえ​を​しんじ、まり​もん​の​いのり​で​れいはい​する。せんきょう​たち、せい​なる​たま​に​たされる。かれら​の​なん​は​キリスト​の​よろこび​に​のまれて​しまう。げんぜんやく​七十四​ねん

    1 ​さて、コリホル​の​、アルマ​は、ゾーラムじん​が​しゅ​の​みち​を​げて​おり、また​かれら​の​どうしゃ​で​ある​ゾーラム​が​人々ひとびと​の​こころ​を​まよわせて、もの​の​えない​ぐうぞう​を​おがませて​いる​と​いう​らせ​を​けた​ので、その​たみ​の​ざいあく​の​ため​に​ふたたび​こころ​を​いためた。

    2 ぶん​の​たみ​の​なか​に​ざいあく​が​ある​の​を​る​こと​は、アルマ​に​とって​ふかい​なげき​の​たね​で​あった​から​で​ある。したがって、ゾーラムじん​が​ニーファイじん​から​わかれた​こと​で、かれ​は​こころ​に​じょう​な​かなしみ​を​おぼえた。

    3 ​ところで、ゾーラムじん​は​かれら​が​アンテオヌム​と​けた​​に​あつまって​いた。その​​は​ゼラヘムラ​の​​の​ひがし​に​あり、ほとんど​海岸かいがん​に​せっして​おり、ジェルション​の​​の​みなみ​に​あって、南方なんぽう​の​​に​も​せっして​いた。その​南方なんぽう​の​​に​は​レーマンじん​が​おおぜい​いた。

    4 ​そこで​ニーファイじん​は、ゾーラムじん​が​レーマンじん​と​​し、その​ため​に​ニーファイじん​の​がわ​に​おおきな​損害そんがい​が​る​の​で​は​ない​か​と​ひどく​おそれた。

    5 ​ところで、こと​を​き​おしえる​こと​は​たみ​に​ただしい​こと​を​おこなわせる​の​に​おおきな​こう​が​あり、まことに​それ​は、つるぎ​や​その​ほか、これまで​たみ​に​こった​どの​よう​な​こと​より​も​たみ​の​こころ​に​ちからづよい​影響えいきょう​を​およぼした​ので、アルマ​は​このたび​も​かみ​の​こと​の​ちから​を​使つかう​の​が​のぞましい​と​おもった。

    6 ​それで​アルマ​は、アンモン​と​アロン​と​オムナー​を​れて​かけた。アルマ​は​ヒムナイ​を​ゼラヘムラ​の​きょうかい​に​のこして、さき​の​三にん​と​ミレク​に​いた​アミュレク​と​ゼーズロム、および​ぶん​の​ふた​の​むす​を​れてった​の​で​ある。

    7 ​この​とき、アルマ​は​ちょうなん​を​れてかなかった。その​ちょうなん​の​​は​​ヒラマン​と​いう。また、かれ​が​れてった​むす​たち​の​​は、シブロン​と​コリアントン​で​ある。じょう​が、​ゾーラムじん​に​こと​を​べ​つたえる​ため​に、アルマ​と​いっしょ​に​ゾーラムじん​の​なか​に​かけて​った​人々ひとびと​の​​で​ある。

    8 ​さて、ゾーラムじん​は​ニーファイじん​から​はん​した​もの​たち​で​あった​ので、かれら​は​ぜん​に​こと​を​いて​いた。

    9 ​しかし​かれら​は、モーセ​の​りっぽう​に​したがって​かみ​の​いましめ​と​かみ​の​おきて​を​まもろう​と​つとめなかった​ので、おおきな​あやまち​に​おちいって​いた。

    10 ​また​かれら​は、ゆうわく​に​おちいらない​ため​に​かみ​へ​の​いのり​と​嘆願たんがん​を​つづける​よう​に​と​いう​きょうかい​の​まり​を​まもろう​と​しなかった。

    11 ようするに、かれら​は​じょう​に​おおく​の​てん​で​しゅ​の​みち​を​げて​いた。それで​アルマ​と​かれ​の​どうりょう​たち​は、かれら​に​こと​を​つたえよう​と​して​その​​に​はいって​った​の​で​ある。

    12 ​さて、かれら​が​その​​に​はいって​みる​と、よ、おどろいた​こと​に、ゾーラムじん​は​会堂かいどう​を​いくつ​も​てて​おり、一​しゅう​の​うち​の​一にち​を​しゅ​の​​と​んで、その​​に​あつまる​こと​に​して​いた。そして​かれら​は、アルマ​と​かれ​の​どうりょう​たち​が​まだ​いち​も​た​こと​の​ない​ほうほう​で​れいはい​して​いた。

    13 かれら​は​会堂かいどう​の​ちゅうおう​に​一つ​の​しょ、すなわち​ち​だい​を​もうけて​いた。それ​は​ひと​の​たけ​より​も​たかく、その​うえ​の​ぶん​は​ひと​が​ひと​しか​てない​ひろさ​で​あった。

    14 ​そして、れいはい​したい​と​おもう​もの​は​だれでも、すすみ​て​その​だい​の​うえ​に​ち、りょう​を​てん​に​けて​ばし、大声おおごえ​で​つぎ​の​よう​に​さけばなければ​ならなかった。

    15 せい​なる、せい​なる​かみ​よ、わたしたち​は​あなた​が​かみ​で​まします​こと​を​しんじて​います。あなた​が​せい​なる​かた​で​あり、あなた​が​​に​れい​で​あり、現在げんざい​も​れい​で​あり、将来しょうらい​も​とこしえ​に​れい​で​あられる​こと​を、わたしたち​は​しんじて​います。

    16 せい​なる​かみ​よ、わたしたち​は、あなた​が​わたしたち​を​同胞はらから​から​けられた​こと​を​しんじて​います。わたしたち​は、同胞はらから​の​せん​が​おろか​に​も​同胞はらから​に​つたえ、かれら​が​いま​も​なお​れて​いる​つたえ​を​しんじて​いません。しかし、あなた​が​わたしたち​を​あなた​の​せい​なる​​と​なる​よう​に​えらばれた​こと、また​わたしたち​に​キリスト​が​あらわれる​こと​は​ない​と​らせて​くださった​こと​を、わたしたち​は​しんじて​います。

    17 ​また​あなた​は、昨日き の う​も、今日き ょ う​も、とこしえ​に​わらない​かた​で​まします。あなた​は​わたしたち​を​えらんで、わたしたち​が​将来しょうらいすくわれる​よう​に​して​ください​ました。いっぽう、わたしたち​の​まわり​の​もの​は​みな、あなた​の​いかり​に​よって​ごく​に​まれる​よう​に​さだめられて​います。おお、かみ​よ、わたしたち​を​きよ​い​もの​と​して​くださった​こと​を、わたしたち​は​感謝かんしゃ​します。また、わたしたち​を​えらんで、同胞はらから​の​おろか​な​つたえ​に​まどわされる​こと​の​ない​よう​に​して​くださった​こと​を​感謝かんしゃ​します。その​おろか​な​つたえ​は​かれら​を​そくばく​して​キリスト​を​しんじ​させ、かれら​の​こころ​を​かみ​で​まします​あなた​から​とおく​はなして​います。

    18 ​おお、かみ​よ、いまいち、わたしたち​が​えらばれた​せい​なる​たみ​で​ある​こと​を​あなた​に​感謝かんしゃ​します。アーメン。」

    19 ​さて、アルマ​と​どうりょう​たち​と​かれ​の​むす​たち​は、この​いのり​を​いて​じょう​に​おどろいた。

    20 よ、すべて​の​おとこ​が​すすみ​て、この​おなじ​いのり​を​ささげた​から​で​ある。

    21 ​ところで、ゾーラムじん​は​その​しょ​を​ラミアンプトム​と​けた。それ​は​聖台せいだい​と​いう​​で​ある。

    22 ​さて、かれら​は​ひとのこらず​この​だい​から​まったく​おなじ​いのり​を​かみ​に​ささげ、ぶん​たち​が​かみ​から​えらばれて​いる​こと、また​かみ​が​ぶん​たち​を​同胞はらから​の​つたえ​に​まどわされない​よう​に​された​こと、また​こころ​を​うばわれて、ぶん​たち​の​まったく​らない​将来しょうらい​の​こと​を​しんじる​よう​に​けられる​こと​の​なかった​こと​を、ぶん​たち​の​かみ​に​感謝かんしゃ​した。

    23 人々ひとびと​は​みな​この​ほうほう​で​感謝かんしゃ​を​ささげて​から​各々おのおの​の​いえ​に​かえった​が、そののち​は、ふたたび​その​ほうほう​で​感謝かんしゃ​を​ささげる​ため​に​その​聖台せいだい​に​あつまる​まで、かみ​の​こと​を​​まったく​くち​に​しなかった。

    24 ​さて、アルマ​は​これ​を​る​と、こころ​が​いたんだ。かれら​が​じゃあく​で​よこしま​な​たみ​で​ある​の​を​た​から​で​ある。まことに​かれら​が、きんぎん​その​ほか​あらゆる​りっ​な​品々しなじな​に​執着しゅうちゃく​して​いる​の​を​た​から​で​ある。

    25 ​アルマ​は​また、かれら​が​こころ​を​たかぶらせて、じょう​に​ほこる​よう​に​なり、こうまん​に​なって​いる​の​も​た。

    26 ​そこで​アルマ​は、てん​に​かって​こえ​を​げ、さけび​もとめた。「おお、いつまで、おお、しゅ​よ、あなた​は​しもべ​たち​が​にく​に​あって​この​じょう​で​らし、ひと​の​ら​の​なか​で​この​よう​な​ひどい​あく​を​る​の​を​その​まま​に​して​おかれる​の​でしょう​か。

    27 ​まことに、おお、かみ​よ、この​たみ​は​あなた​に​さけび​もとめて​います​が、その​こころ​は​こうまん​に​のまれて​います。まことに、おお、かみ​よ、かれら​は​くち​で​は​あなた​に​さけび​もとめ​ながら、ぞく​の​むなしい​もの​を​もって、はなはだしく​ほこり​たかぶって​います。

    28 ​まことに、おお、わたし​の​かみ​よ、かれら​の​こう​な​ふく​と​小環しょうかんうできん​の​そうしん、その​ほか​装飾そうしょく​に​もちいる​すべて​の​こう​な​品々しなじな​を​らん​ください。まことに、かれら​は​それら​の​もの​に​執着しゅうちゃく​して​いながら、あなた​に​さけび​もとめ、『おお、かみ​よ、ほか​の​人々ひとびと​は​ほろび​ます​が、わたしたち​は​あなた​に​とって​えらばれた​たみ​で​ある​こと​を、あなた​に​感謝かんしゃ​します』​と​って​います。

    29 ​また​かれら​は、キリスト​は​あらわれる​こと​は​ない​と、あなた​が​かれら​に​しめされた​と​って​います。

    30 ​おお、しゅ​なる​かみ​よ、いつまで​この​よう​な​あく​と​しんこう​が​この​たみ​の​なか​に​ある​の​を​お​ゆるし​に​なる​の​でしょう​か。おお、しゅ​よ、わたし​が​ぶん​の​よわさ​に​えられる​よう​に、どうか​わたし​に​ちから​を​お​あたえ​ください。わたし​は​よわい​もの​で​あり、この​たみ​の​なか​の​この​よう​な​あく​が​わたし​を​くるしめ​ます。

    31 ​おお、しゅ​よ、わたし​の​こころ​は​じょう​に​なげいて​います。どうか、​キリスト​に​あって​わたし​を​なぐさめて​ください。おお、しゅ​よ、この​たみ​の​ざいあく​の​ため​に​これから​さき​わたし​に​りかかる​これら​の​なん​を、忍耐にんたい​を​もって​る​こと​が​できる​よう​に、どうか​ちから​を​​させて​ください。

    32 ​おお、しゅ​よ、どうか​わたし​を​なぐさめ、わたし​に​せいこう​を​おさめ​させて​ください。また、わたし​と​ともに​いる​どうりょう​の​アンモン​と​アロン、オムナー、アミュレク、ゼーズロム、および​ふた​の​むす​たち​に​も​せいこう​を​おさめ​させて​ください。おお、しゅ​よ、これら​の​人々ひとびと​を​すべて​なぐさめて​ください。どうか​キリスト​に​あって​かれら​を​なぐさめて​ください。

    33 たみ​の​ざいあく​の​ため​に​かれら​に​りかかる​なん​に​える​こと​が​できる​よう​に、どうか​かれら​に​ちから​を​​させて​ください。

    34 ​おお、しゅ​よ、どうか​わたしたち​が​この​たみ​を​キリスト​に​あって​ふたたび​あなた​の​みもと​に​れ​もどす​の​に、せいこう​を​おさめられる​よう​に​して​ください。

    35 ​まことに、おお、しゅ​よ、かれら​は​とうとい​人々ひとびと​で​あり、その​おおく​は​わたしたち​の​同胞はらから​です。ですから、おお、しゅ​よ、わたしたち​が​同胞はらから​で​ある​これら​の​人々ひとびと​を​ふたたび​あなた​の​みもと​に​れ​もどす​こと​が​できる​よう​に、わたしたち​に​ちから​と​​を​お​あたえ​ください。」

    36 ​さて、アルマ​は​これら​の​こと​を​べ​える​と、ともに​いた​すべて​の​ひと​に​​を​いた。すると​よ、アルマ​が​​を​いた​ので、かれら​は​せい​なる​たま​に​たされた。

    37 ​そののちかれら​は​それぞれ​かれて​かけた​が、なに​を​べよう​か、なに​を​もう​か、なに​を​よう​か​など​と​おもわずらう​こと​は​まったく​なかった。

    38 かれら​が​える​こと​も​かわく​こと​も​ない​よう​に、しゅ​が​かれら​の​ため​に​そなえ​を​された​の​で​ある。また​しゅ​は、かれら​に​ちから​を​あたえ、キリスト​の​よろこび​に​のまれて​しまう​なん​の​ほか、かれら​が​どの​よう​な​なん​も​ける​こと​が​ない​よう​に​された。これ​は​アルマ​の​いのり​に​よる​もの​で​あった。かれ​が​しんこう​を​もって​いのった​ので、この​よう​に​なった​の​で​ある。