アルマ書 46
    脚注

    第​46​章

    アマリキヤ、おう​に​なろう​と​たくらむ。モロナイ、ゆう​の​はた​を​かかげる。モロナイ、宗教しゅうきょう​を​まもる​ため​に​たみ​を​び​あつめる。まこと​の​信者しんじゃ​は​クリスチャン​と​ばれる。ヨセフ​の​のこり​の​もの​が​まもり​のこされる。アマリキヤ​と​はんしゃ​たち、ニーファイ​の​​へ​げる。ゆう​の​たい​を​​しよう​と​しない​もの​たち​は​けい​に​しょせられる。げんぜんやく​七十三​ねん​から​七十二​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、ヒラマン​と​かれ​の​どうりょう​たち​の​こと​に​き​したがおう​と​しない​もの​たち​は​みな同胞はらから​に​対抗たいこう​する​ため​に​あつまった。

    2 ​そして​よ、かれら​は​ひどく​いかって、同胞はらから​を​ころそう​と​けつ​した。

    3 ​この​よう​に​同胞はらから​に​たいして​いかった​もの​たち​の​しゅぼうしゃ​は、おおきな​つよい​おとこ​で、その​​を​アマリキヤ​と​いった。

    4 ​アマリキヤ​は​おう​に​なる​こと​を​のぞんで​おり、また、いかり​を​いだいた​もの​たち​も、かれ​が​おう​に​なる​こと​を​ねがった。これら​の​もの​たち​は​その​大半たいはん​が​くに​の​きゅう​さばきつかさ​で​あり、けんりょく​を​よう​と​して​いた。

    5 かれら​は、もし​ぶん​を​​して​おう​に​てて​くれれ​ば​たみ​の​どうしゃ​に​しよう​と​いう、アマリキヤ​の​甘言かんげん​に​った​の​で​ある。

    6 ​この​よう​に​して、ヒラマン​と​かれ​の​どうりょう​たち​が​おしえ​を​いた​に​も​かかわらず、また、きょうかい​を​つかさどる​だいさい​で​あった​かれら​の、きょうかい​に​たいする​じょう​に​ふかい​配慮はいりょ​が​あった​に​も​かかわらず、これら​の​もの​たち​は​アマリキヤ​に​まどわされて​はん​して​しまった。

    7 ​そして、アマリキヤ​の​へつらい​の​こと​を​しんじた​もの​が​きょうかい​の​なか​に​おおぜい​おり、かれら​は​きょうかい​から​はん​して​しまった。ニーファイ​の​たみ​は​レーマンじん​に​たいして​だいしょう​を​おさめ、しゅ​の​​に​よって​かいほう​された​こと​で​おおきな​よろこび​を​た​に​も​かかわらず、この​よう​に​かれら​の​じょうたい​は​じょう​に​安定あんてい​で​けん​で​あった。

    8 じょう​の​こと​から、ひと​の​ら​が​しゅ​なる​かみ​を​わすれる​の​が​どれ​ほど​はやく、また​ざいあく​を​おこなう​こと​や​しき​もの​に​まどわされる​こと​が​どれ​ほど​はやい​か​が​かる。

    9 ​さらに、ひと​の​じょう​に​わるい​人間にんげん​が、ひと​の​ら​の​なか​に​おおきな​あく​を​こす​原因げんいん​に​なる​こと​が​ある​と​いう​こと​も​かる。

    10 ​また、わたしたち​の​って​いる​よう​に、アマリキヤ​は​こうかつ​な​さくりゃく​に​つうじた​おとこ​で​あり、おおく​の​へつらい​の​こと​に​ちょうじた​おとこ​で​あった​ので、おおく​の​ひと​の​こころ​を​まどわして​わるい​こと​を​おこなわせ、また​かみ​の​きょうかい​を​ほろぼさせよう​と​し、さらに​かみ​が​ニーファイじん​に​あたえられた​ゆう​の​もとい、すなわち​かみ​が​じん​の​ため​に​​の​おもて​に​おくられた​しゅくふく​で​ある​ゆう​の​もとい​を​そこなわせよう​と​した。

    11 ​さて、ニーファイじん​の​ぐんたい​の​そうれいかん​で​あった​モロナイ​は、これら​の​はん​に​ついて​き、アマリキヤ​の​こと​を​いかった。

    12 ​そして、ぶん​の​ころも​を​いて、その​一片いっぺん​を​り、それ​に「我々われわれ​の​かみ​と​宗教しゅうきょうゆうへいさい​の​ため​に」と​いて、竿さお​の​さき​に​しっかり​と​くくり​けた。

    13 ​それから、かれ​は​ぶん​の​かぶと​と​むねて​と​たて​を​しっかり​と​​に​け、よろい​を​こし​に​まとい、先端せんたん​に​いた​ころも​を​けた​竿さお​を​って(かれ​は​それ​を​ゆう​の​はた​と​んだ)、​に​ひれし、そして​クリスチャン​の​一団いちだん​が​のこって​その​​を​しょゆう​して​いる​かぎり、ぶん​の​同胞はらから​に​ゆう​の​しゅくふく​を​とどめて​くださる​よう​に​と、熱烈ねつれつ​に​かみ​に​いのった。

    14 かみ​の​きょうかい​に​ぞくして​いる​キリスト​の​まこと​の​信者しんじゃ​は​みなきょうかい​に​ぞくして​いない​もの​たち​から​クリスチャン​と​ばれて​いた。

    15 きょうかい​に​ぞくして​いる​人々ひとびと​は​ちゅうじつ​で​あった。キリスト​の​まこと​の​信者しんじゃ​で​あった​人々ひとびと​は​みな将来しょうらいられる​キリスト​を​しんじて​いた​ので、ばれる​まま​に​​キリスト​の​、すなわち​​クリスチャン​と​いう​​を​よろこんで​けた。

    16 ​したがって、この​とき​モロナイ​は、クリスチャン​の​たい​と​くに​の​ゆう​に​かみ​の​めぐみ​が​ある​よう​に​と​いのった​の​で​あった。

    17 ​さて、かれ​は​その​こころ​を​かみ​に​そそぎ​して​から、​デソレション​の​​の​みなみ​の​ぜん​を、ようするに、北方ほっぽう​も​南方なんぽう​も​ふくめた​ぜん​を、えらばれた​ゆう​の​​と​けた。

    18 ​そして、かれ​は​った。「わたしたち​は​キリスト​の​​を​けて​いる​ため​に​さげすまれる​が、わたしたち​が​ぶん​の​そむき​に​よって​ぶん​の​​に​わざわい​を​まねく​まで​は、けっして​かみ​は​わたしたち​が​みにじられ、ほろぼされる​の​を​お​ゆるし​に​ならない。」

    19 ​モロナイ​は​この​こと​を​べて​から、たみ​の​なか​に​て​き、いた​ころも​の​一片いっぺん​に​いた​​が​すべて​の​ひと​に​える​よう​に、その​いた​ころも​を​くうちゅう​で​り、大声おおごえ​で​さけんで​った。

    20 よ、この​​に​この​はた​を​てて​まもろう​と​する​もの​たち​は​みなしゅ​の​ちから​を​もって​て​なさい。そして、しゅ​なる​かみ​から​しゅくふく​を​いただける​よう​に、ぶん​たち​の​けん​と​宗教しゅうきょう​を​まもる​と​いう​せいやく​を​わそう​で​は​ない​か。」

    21 ​さて、モロナイ​が​この​こと​を​宣言せんげん​した​ところ、よ、人々ひとびと​は​こし​に​よろい​を​まとって​はしって​やって​て、しゅ​なる​かみ​を​てない​しるし​として、すなわち​せいやく​として​ぶん​たち​の​ころも​を​いた。い​えれば、もし​かみ​の​いましめ​に​そむく​なら​ば、すなわち​りっぽう​に​そむいて​キリスト​の​​を​ける​の​を​はじ​と​する​なら​ば、ぶん​たち​が​ころも​を​いた​よう​に、しゅ​が​ぶん​たち​を​かれて​も​よい​と​いう​こと​で​あった。

    22 ​これ​が​かれら​の​わした​せいやく​で​ある。そして​かれら​は、ぶん​たち​の​ころも​を​モロナイ​の​あしもと​に​して​った。「わたしたち​は​かみ​と​せいやく​します。わたしたち​は​もし​いましめ​に​そむく​なら​ば、北方ほっぽう​の​​の​同胞はらから​の​よう​に​ほろぼされる​でしょう。まことに、もし​いましめ​に​そむく​なら​ば、わたしたち​が​ころも​を​あなた​の​あしもと​に​し、みつけられる​に​まかせる​よう​に、かみ​が​わたしたち​を​てき​の​あしもと​に​され​ます​よう。」

    23 ​そこで​モロナイ​は、かれら​に​った。「よ、わたしたち​は​ヤコブ​の​そん​の​のこり​の​もの​で​ある。また、わたしたち​は​きょうだい​に​ころも​を​ずたずた​に​かれた、​ヨセフ​の​そん​の​のこり​の​もの​で​ある。よ、わたしたち​は​かみ​の​いましめ​を​まもる​の​を​わすれない​よう​に​しよう。さもなければ、わたしたち​の​ころも​は​同胞はらから​に​よって​かれ、わたしたち​は​ろう​に​れられる​で​あろう。あるいは​られたり、ころされたり​する​で​あろう。

    24 ​わたしたち​は​​ヨセフ​の​のこり​の​もの​として​ゆう​を​たもとう。ヤコブ​が​ぬ​まえ​に​かたった​こと​を​おぼえて​おこう。よ、ヤコブ​は​ヨセフ​の​ころも​の​はし​が​ぞん​されて​おり、ちて​いない​の​を​て​った。『むす​の​ころも​の​この​はし​が​ぞん​されて​きた​よう​に、むす​の​そん​の​いち​の​もの​は​かみ​の​​に​よって​まもられ、かみしん​の​みもと​に​れられる​で​あろう。しかし、ヨセフ​の​そん​の​のこり​の​もの​は、かれ​の​ころも​の​ほか​の​ぶん​の​よう​に​ほろびて​しまう。

    25 ​さて​よ、これ​は​わたし​に​とって​かなしい​こと​だが、むす​の​そん​の​いち​の​もの​が​かみ​の​みもと​に​れられる​ので、わたし​は​その​むす​の​ため​に​よろこぶ。』

    26 よ、ヤコブ​は​この​よう​に​かたった。

    27 ​ヨセフ​の​ころも​の​よう​に​ほろびて​しまう​ヨセフ​の​のこり​の​もの​と​は、わたしたち​から​はん​した​もの​たち​で​は​ない​と、だれ​に​かる​で​あろう​か。わたしたち​が​キリスト​の​しんこう​を​もって​しっかり​と​たなければ、それ​は​わたしたち​しん​に​さえ​てはまる​で​あろう。」

    28 ​さて、モロナイ​は​これら​の​こと​を​かたり​える​と​て​き、また​はん​の​あった​すべて​の​ほう​へ​使しゃ​を​おくって、アマリキヤ​と、すでに​はん​して​アマリキヤ​じん​と​ばれて​いる​もの​たち​と​に​かって、ぶん​たち​の​ゆう​を​まもりたい​と​のぞむ​すべて​の​ひと​を​あつめた。

    29 ​さて、アマリキヤ​は、モロナイ​の​たみ​が​アマリキヤ​じん​より​も​おおい​の​を​て、また​ぶん​の​たみ​が​ぶん​たち​の​おこなって​きた​こと​の​せいとうせい​に​うたがい​を​いだいて​いる​の​を​る​と、もくてき​を​たっせられなく​なる​の​を​おそれて、その​たみ​の​なか​で​く​こと​を​のぞんだ​もの​たち​を​れて​ニーファイ​の​​へ​かった。

    30 ​しかし​モロナイ​は、レーマンじん​が​これ​じょう​の​兵力へいりょく​を​つ​こと​は​のぞましくない​と​おもった​ので、アマリキヤ​の​たみ​の​ごうりゅう​を​はばむ​か、そう​で​なければ​かれら​を​らえて​れ​もどし、アマリキヤ​を​ころして​しまおう​と​おもった。まことに、アマリキヤ​が​レーマンじん​を​せんどう​して​ニーファイじん​に​たいして​いかり​を​いだかせ、ニーファイじん​を​める​よう​に​ける​こと​を​って​いた​から​で​ある。モロナイ​は、アマリキヤ​が​ぶん​の​もくてき​を​たっする​ため​に​この​よう​に​する​の​を​って​いた。

    31 ​そこで​モロナイ​は、すでに​あつまって​そう​し、へい​を​まもる​と​いう​せいやく​を​わして​いる​ぶん​の​ぐんたい​を​ひきいて​く​の​が​よい​と​おもった。この​よう​に​して​かれ​は、​で​アマリキヤ​の​しん​を​つ​ため​に、ぐんたい​を​ひきいて、てんまく​を​たずさえて​​に​しんぐん​した。

    32 ​そして​かれ​は、ぶん​の​のぞむ​まま​に​おこない、​に​しんぐん​し、アマリキヤ​の​ぐんたい​の​まえ​に​ちはだかった。

    33 ​そこで​アマリキヤ​は、しょうすう​の​へい​と​ともに​げ​った。そして、のこり​の​もの​たち​は​モロナイ​の​​に​わたされて、ゼラヘムラ​の​​へ​れ​もどされた。

    34 ​さて、モロナイ​は​だい​さばきつかさ​たち​と​たみ​の​こえ​と​に​よって​にんめい​されて​いた​ので、ニーファイじん​の​ぐんたい​に​ついて​は​ぶん​の​​の​まま​に​これ​を​しき​する​こと​も、ぐんたい​に​たいする​けん​を​こう使​する​こと​も​できる​権限けんげん​を​って​いた。

    35 ​そこで​モロナイ​は、アマリキヤ​じん​の​なか​の、ゆう政体せいたい​を​まもる​ため​に​ゆう​の​たい​を​​する​と​いう​ちかい​を​てよう​と​しなかった​もの​を​すべて​ころ​させた。しかし、ゆう​の​ちかい​を​きょ​した​もの​は​ごく​わずか​で​あった。

    36 ​そして​かれ​は、ニーファイじん​が​しょゆう​して​いた​ぜん​に​ある​すべて​の​とう​の​うえ​に​ゆう​の​はた​を​かかげ​させた。モロナイ​は​この​よう​に​ニーファイじん​の​なか​に​ゆう​の​はた​を​かかげ​させた。

    37 ​そして​ニーファイじん​は、ふたたび​こくない​に​へい​を​たもつ​よう​に​なった。この​よう​に​して、かれら​は​さばきつかさ​の​とうだい十九​ねん​の​わり​ごろ​まで​こくない​に​へい​を​たもった。

    38 ​また、ヒラマン​と​だいさい​たち​も、きょうかいない​の​ちつじょ​を​たもった。そして、四​ねん​の​あいだきょうかい​の​なか​に​は​おおいに​平安へいあん​と​よろこび​が​あった。

    39 ​そして、んだ​ひと​が​おおぜい​いた​が、かれら​は​しゅ​イエス・​キリスト​に​よって​あがなわれる​こと​を​かたく​しんじて​いた​ので、よろこび​ながら​この​を​った。

    40 ​また​ある​せつ​に​なる​と、この​​に​よく​熱病ねつびょう​が​こった​ので、それ​に​かかって​んだ​人々ひとびと​も​いた。しかし、熱病ねつびょう​で​んだ​ひと​は​それほど​おおく​は​なかった。おおく​の​そう根​こんもく​の​こうのう​が​いちじるしかった​から​で​ある。これら​の​そう根​こんもく​は、とくゆう​な​こう​の​もと​で​ひと​が​かかり​やすい​びょう​を​原因げんいん​から​のぞく​ため​に、かみ​が​よう​して​くださった​もの​で​あった。

    41 ​さらに、老衰ろうすい​で​んだ​ひと​も​おおかった。キリスト​を​しんじ​ながら​んだ​人々ひとびと​は、いま​キリスト​に​あって​さいわい​を​て​いる​と​かくしん​できる。