アルマ書 44
脚注
テーマ

第​44​章

モロナイ、へい​の​ちかい​を​てる​よう​に​レーマンじん​に​めいじ、そう​しなければ​ほろびる​と​けいこく​する。ゼラヘムナ、その​もう​を​拒絶きょぜつ​し、たたかい​が​つづく。モロナイ​の​ぐんたい、レーマンじん​を​ち​かす。げんぜんやく​七十四​ねん​から​七十三​ねん​に​いたる。

1 ​さて、モロナイ​の​へい​は​たたかう​の​を​やめて、レーマンじん​から​いっ退しりぞいた。そこで、モロナイ​は​ゼラヘムナ​に​った。「よ、ゼラヘムナ​よ、我々われわれ​は​​を​ながす​もの​に​は​なりたくない。おまえたち​に​も​かる​とおり、おまえたち​は​我々われわれ​の​​の​なか​に​ある。しかし、我々われわれ​は​おまえたち​を​ころしたくない。

2 よ、我々われわれ​が​おまえたち​と​たたかう​ため​に​やって​た​の​は、おまえたち​の​​を​ながして​けんりょく​を​る​ため​で​は​けっして​ない。また、だれか​に​れい​の​くびき​を​かけたい​と​おもって​いる​ため​で​も​ない。しかし、おまえたち​が​我々われわれ​を​めて​た​の​は、まさに​この​ため​で​ある。そのうえ、おまえたち​は​我々われわれ​の​宗教しゅうきょう​の​こと​で​我々われわれ​に​はら​を​てて​いる。

3 ​しかし、おまえたち​の​る​とおり、しゅ​は​我々われわれ​と​ともに​おられる。おまえたち​の​る​とおり、しゅ​は​おまえたち​を​我々われわれ​の​​に​わたされた。しゅ​が​我々われわれ​に​こう​して​くださった​の​は、我々われわれ​の​宗教しゅうきょう​と​キリスト​を​しんじる​我々われわれ​の​しんこう​の​ため​で​ある​こと​を​って​もらいたい。また、おまえたち​の​る​とおり、おまえたち​は​この​我々われわれ​の​しんこう​を​くだく​こと​は​できない。

4 ​おまえたち​の​る​とおり、これ​は​かみ​の​まこと​の​しんこう​で​ある。まことに、おまえたち​の​る​とおり、我々われわれ​が​かみ​と​ぶん​の​しんこう​と​宗教しゅうきょう​に​ちゅうじつ​で​ある​かぎり、かみ​は​我々われわれ​を​ささえ、たもち、まもって​くださる。また、我々われわれ​が​いましめ​に​そむいて​ぶん​の​しんこう​を​てい​する​よう​な​こと​が​なければ、しゅ​は​我々われわれ​が​ほろぼされる​の​を​けっして​その​まま​に​して​おかれない。

5 ​ゼラヘムナ​よ、我々われわれ​の​うで​を​つよく​して​おまえたち​を​ち​かす​ちから​を​​させて​くださった​あの​ぜんのう​の​かみ​の​​に​よって、また​我々われわれ​の​しんこう宗教しゅうきょうれいはい​の​しききょうかい​に​かけて、さい​を​やしなう​神聖しんせい​な​つとめ​に​かけて、我々われわれ​の​こく​に​愛着あいちゃく​を​こさせる​ゆう​に​かけて、我々われわれ​の​あらゆる​こうふく​の​みなもと​で​ある​かみ​の​神聖しんせい​な​こと​を​まもる​こう​に​かけて、また​我々われわれ​に​とって​じょう​に​大切たいせつ​な​すべて​の​もの​に​かけて、わたし​は​おまえ​に​めいじる。

6 ​それ​だけ​で​は​ない。おまえたち​が​びたい​と​おもって​いる​のぞみ​に​かけて、おまえ​に​めいじる。我々われわれ​に​​を​わたせ。そう​すれ​ば、我々われわれ​は​おまえたち​の​​を​もとめない。もし​おまえたち​が​って、ふたたび​めて​ない​と​いう​の​で​あれ​ば、いのち​を​たすけて​やろう。

7 ​しかし、もし​そう​しない​の​で​あれ​ば、よ、おまえたち​は​我々われわれ​の​​の​なか​に​ある​ので、わたし​は​へい​に​めいじて​こうげき​させ、おまえたち​の​​に​めいしょう​を​わせて​全滅ぜんめつ​させよう。その​とき​に、我々われわれ​の​どちら​が​この​たみ​を​おさめる​けんりょく​を​ち、どちら​が​れい​に​なる​か​が​かる​で​あろう。」

8 ​さて、ゼラヘムナ​は​これら​の​こと​を​く​と、まえ​に​すすみ​て、つるぎ​と​づきとう​と​ゆみ​を​モロナイ​の​​に​わたして​った。「よ、我々われわれ​の​​は​この​とおり​おまえたち​に​わたそう。しかし、将来しょうらい我々われわれ​も​そん​も​やぶる​と​かって​いる​ちかい​に​ついて​は、これ​を​おまえたち​に​てる​こと​は​できない。だが、​を​り、我々われわれ​を​​へ​らせて​くれ。さもなければ、我々われわれ​は​ぶん​の​つるぎ​を​わたさず​に、ほろびる​か​しょう​を​る​か​けっする​まで​たたかい​つづける。

9 よ、我々われわれ​は、おまえたち​と​おなじ​しんこう​を​って​は​いない。かみ​が​我々われわれ​を​おまえたち​の​​に​わたした​など​と​は​しんじない。我々われわれ​は、おまえたち​を​我々われわれ​の​つるぎ​から​まもった​の​は​おまえたち​の​わる​で​ある​と​おもって​いる。よ、おまえたち​を​まもった​の​は​むねて​と​たて​だ。」

10 ​ゼラヘムナ​が​これら​の​こと​を​かたり​える​と、モロナイ​は​った​つるぎ​と​​を​ゼラヘムナ​に​かえして​った。「さあ、たたかい​の​決着けっちゃく​を​つけよう。

11 ​わたし​は​すでに​かたった​こと​を​す​こと​が​できない​ので、しゅ​が​きて​おられる​よう​に​たしか​に、​と​我々われわれ​の​もと​に​もどって​て​たたかわない​と​ちかって​る​の​で​なければ、おまえたち​を​らせる​わけ​に​は​いかない。おまえたち​は​我々われわれ​の​​の​なか​に​ある​ので、我々われわれ​は​おまえたち​の​​を​じょう​に​ながそう。それ​が​いや​なら​ば、おまえたち​は​わたし​の​げた​じょうけん​に​したがえ。」

12 ​モロナイ​が​これら​の​こと​を​べる​と、ゼラヘムナ​は​つるぎ​を​った。そして、モロナイ​の​こと​を​いかり、モロナイ​を​ころそう​と​して​った。しかし、ゼラヘムナ​が​つるぎ​を​げた​とき、よ、モロナイ​の​へい​の​ひと​が​それ​を​​に​たたき​とした。すると、それ​は​つか​の​ところ​で​れて​しまった。その​へい​は​また、ゼラヘムナ​を​って​かれ​の​あたま​の​かわ​を​はぎ、それ​を​​に​とした。そこで​ゼラヘムナ​は、ぶん​の​へい​の​なか​に​んで​しまった。

13 ​そして、かたわら​に​って​いた​ゼラヘムナ​の​あたま​の​かわ​を​はぎ​った​へい​は、その​とう​を、かみ​を​つかんで​​から​ひろい​げ、つるぎ​の​さき​に​っかけて​レーマンじん​の​ほう​に​し​べ、大声おおごえ​で​かれら​に​った。

14 「おまえたち​が​​を​わたして​へい​の​ちかい​を​てて​らなければ、おまえたち​の​かん​の​この​あたま​の​かわ​が​​に​ちた​よう​に、おまえたち​も​​に​たおれる​こと​に​なる​だろう。」

15 ​レーマンじん​は​この​こと​を​き、つるぎ​に​かけられて​いる​あたま​の​かわ​を​て、おおく​の​もの​が​おそれ​を​なした。そして、おおく​の​もの​が​すすみ​て、モロナイ​の​あしもと​に​​を​し、へい​の​ちかい​を​てた。そして、ちかい​を​てた​もの​は​みな​へ​る​こと​を​ゆるされた。

16 ​そこで、ゼラヘムナ​は​じょう​に​いかり、のこった​へい​たち​を​そそのかして​いからせ、まえ​より​も​さらに​はげしく​ニーファイじん​と​たたかわせた。

17 ​そして、モロナイ​も​レーマンじん​が​ごうじょう​で​ある​こと​を​いかって、かれら​を​めて​ころす​よう​に​たみ​に​めいじた。そこで、かれ​の​たみ​は​レーマンじん​を​ころし​はじめ、レーマンじん​も​つるぎ​を​るい、ちから​を​くして​応戦おうせん​した。

18 ​しかし​よ、レーマンじん​は、むきし​の​はだ​と​おおい​の​ない​あたま​を​ニーファイじん​の​するどい​つるぎ​に​さらして​おり、まことに​よ、かれら​は​し​つらぬかれ、たれて、ニーファイじん​の​つるぎ​の​まえ​で​​に​たおれて​いった。そして、モロナイ​の​へい​が​げん​した​よう​に、かれら​は​いっそう​され​はじめた。

19 ​すると​ゼラヘムナ​は、かれら​が​みなごろし​に​されて​しまいそう​な​の​を​て、モロナイ​に​ひっ​に​さけび​もとめて、のこった​もの​の​いのち​を​たすけて​くれる​なら​ば​ぶん​も​​も​​と​めて​ない​と​ちかう​こと​を​やくそく​した。

20 ​そこで​モロナイ​は、ふたたび​ころす​の​を​やめ​させ、レーマンじん​から​​を​げた。こう​して​レーマンじん​は、モロナイ​と​へい​の​ちかい​を​てた​のち​へ​る​こと​を​ゆるされた。

21 りょうぐん​の​しゃ​は​すう​に​およんだ​ため​に​かぞえられなかった。しゃ​の​かず​は​ニーファイじんがわ​で​も​レーマンじんがわ​で​も​じょう​に​おおかった。

22 ​そこで​かれら​は​たい​を​シドン​の​みず​に​み、たい​は​ながれて​って​う み​の​ふかみ​に​ほうむられた。

23 ​そののち、ニーファイじん​の​ぐんたい、すなわち​モロナイ​の​ぐんたい​は​げ、ぶん​たち​の​いえ​と​​へ​かえって​った。

24 ​この​よう​に​して、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい十八​ねん​が​わった。これ​で​ニーファイ​の​はん​に​しるされて​いた​アルマ​の​ろく​は​わった。