アルマ書49


第49章

しんこうしてたレーマンじんは,ぼうほどこしたアモナイハのまちとノアのまちこうりゃくできない。アマリキヤ,かみをのろい,モロナイのむとちかう。ヒラマンとどうりょうたち,きょうかいきょうつづける。げんぜんやく七十二ねん

1 さて,だい十九ねんの十一がつとおに,レーマンじんぐんたいがアモナイハのちかづいてるのがえた。

2 よ,すでにそのまちさいけんされており,モロナイはまちさかいちかくにぐんたいはいしていた。そしてかれらは,レーマンじんいしけるために,しゅうつちげておいた。よ,レーマンじんいしたたかったからである。

3 よ,わたしはアモナイハまちさいけんされたとべたが,まちいちぶんさいけんされたとなおそう。レーマンじんは,たみざいあくのためにそのまちがかつてほろぼされたことがあるので,ふたたびそこがようぶんたちのえじきになるであろうとおもったのである。

4 しかしよ,かれらのたいなんおおきくはずれたことか。よ,ニーファイじんぶんたちのしゅうきずげており,それがじょうたかかったので,レーマンじんはニーファイじんいしげてもてもこうげることができず,またぐちからでなければかれらをめることができなかったのである。

5 このとき,レーマンじんれんたいちょうたちは,ニーファイじんぼうぎょしょそなえるにたってはたらかせたことにじょうおどろいた。

6 レーマンじんかんたちは,ぶんたちのにんずうじょうおおかったので,これまでとおなじようにとうぜんニーファイじんめることができるとおもっていた。また,レーマンじんたてむねてをそうし,さらにかわころも,まことにはだかおおじょうあつころもていた。

7 このようにそうととのえていたので,レーマンじんは,ぶんたちののままによう同胞はらからかして,かれらにれいのくびきをかけることができる,そうでなければかれらをころし,ぎゃくさつできるとおもっていた。

8 しかしよ,まったくおどろいたことに,ニーファイじんはこれまでリーハイのそんなかにまったくられていなかったほうほうで,レーマンじんたいするそなをしていた。ニーファイじんはモロナイのしたがって,レーマンじんたたかそなえをしていたのである。

9 そして,レーマンじん,いやアマリキヤじんはニーファイじんたたかいのそなかたじょうおどろいた。

10 さて,もしアマリキヤおうぐんたいひきいてニーファイのからくだってていたら,おそらくかれはレーマンじんにアモナイハのまちでニーファイじんこうげきさせていたことであろう。よ,かれぶんたみなどにもかけなかったからである。

11 しかしよ,アマリキヤしんたたかうためにくだっててはいなかった。よ,かれれんたいちょうたちは,アモナイハのまちであえてニーファイじんこうげきしようとしなかった。モロナイがニーファイじんなかしょかんたいせいえていたからである。そのため,レーマンじんはニーファイじんなんするしょもうけていたことにたいうらられ,かれらをめることができなかった。

12 そこでかれらは退しりぞき,ぐんたいひきいてノアのかってしんぐんした。そこがニーファイじんめるつぎさいてきだとおもったからである。

13 かれらはモロナイがすでにくにじゅうのすべてのまちぼうかためていたこと,すなわちぼうぎょとりできずいていたことをらなかった。そのため,かれらはかたけつをもってノアのしんぐんした。じつに,かれらのれんたいちょうたちはまえすすて,そのまちたみほろぼすとちかったのであった。

14 しかしよ,おどろいたことに,これまでよわところであったノアのまちは,モロナイのはたらきによっていまけんになっており,アモナイハのまちけんさをしのぐほどになっていた。

15 さてよ,これはモロナイのによるものであった。モロナイは,かれらがアモナイハのまちおどろくであろうとおもい,またこれまでノアのまちがそのでいちばんよわところであったので,かれらはそこへしんぐんしてたたかおうとするであろうとおもったからである。そして,それはかれのぞみどおりになった。

16 よ,すでにモロナイはリーハイを,そのまちへいするれいかんにんめいしていた。このリーハイはシドンがわひがしたにでレーマンじんたたかったあのリーハイである。

17 さてよ,レーマンじんはリーハイがそのまちっていることをると,またもや消沈しょうちんした。かれらはリーハイをじょうおそれていたのである。それでも,かれらのれんたいちょうたちはそのまちこうげきするとかたちかっていたので,それぞれのぐんたいひきいてせた。

18 よ,しゅうきずげられたたかく,ほりふかかったので,レーマンじんぐちによるがい,ほかのみちからニーファイじんぼうぎょのとりでにはいることはできなかった。

19 このように,ニーファイじんぐちがいところからとりでにはいろうとしてのぼってものたちに,うえからいしげつけ,ぜんいんころしてしまおうとそなえをしていた。

20 またかれらは,ニーファイじんなかでももっとつよへいいちだんいて,ぐちからニーファイじんぼうぎょはいってようとするすべてのものを,つるぎいしげでたおそうとかまえていた。このようにかれらは,レーマンじんたいしてえいするそなえをしていた。

21 さて,レーマンじんたいちょうたちは,それぞれのぐんたいぐちまえひきいてき,ニーファイじんぼうぎょはいろうとしてニーファイじんたたかはじめた。しかしよ,かれらはなんげき退たいされ,おびただしいかずしゃした。

22 かれらはそのつうでニーファイじんてないことをると,つぎに,くずしてニーファイじんぐんたいちかづくみちひらき,たいとうたたかかいようとした。しかしよ,そのさいちゅうかれらはいしげつけられ,られてたおされた。そのため,くずしてほりめるわりに,しゃしょうしゃからだしょうほりめられることになった。

23 このように,ニーファイじんはあらゆるてんてきまさっていた。また,このようにレーマンじんはニーファイじんほろぼそうとこころみたが,とうとうかれらのれんたいちょうたちはぜんいんころされてしまった。そして,千にんえるレーマンじんころされた。いっぽう,ニーファイじんころされたものはただの一人ひとりもいなかった。

24 しかし,しょうしゃがおよそ五十にんいた。それはつうでレーマンじんたったものたちである。かれらはたてむねてとかぶとでされていたので,しょうしたしょあしで,そのおおくがじゅうしょうであった。

25 さて,レーマンじんは,れんたいちょうたちがぜんいんころされたのをると,げてった。そしてかれらはニーファイのかえし,まれはニーファイじんでありながらいまおうとなっているアマリキヤに,ぶんたちのこうむったおおきなそんがいについてほうこくした。

26 そこでかれは,ぶんたみをひどくいかった。ニーファイじんはいするというのぞみをたっせられず,ニーファイじんれいのくびきをかけることができなかったからである。

27 まことに,かれはひどくいかり,かみとモロナイをのろいかならずモロナイのむとちかった。それは,モロナイがかみめいじられたことをまもって,たみするそなえをしたからである。

28 さていっぽう,ニーファイのたみは,しゅがたぐいないちからぶんたちをてきからすくってくださったことを,しゅなるかみかんしゃした。

29 このようにして,ニーファイのたみのさばきつかさのとうだい十九ねんわった。

30 そして,かれらのなかにはつづへいがあり,またかれらがかみことちゅうはらい,きんべんであったために,きょうかいじょうおおきなはんえいた。かみことはヒラマンとシブロン,コリアントン,アンモン,かれどうりょうたち,およびあらためのためのバプテスマをけてかみせいなるくらいによってせいにんされ,たみなかおしえをくようにつかわされたすべてのひとにより,かれらにらされたのである。