アルマ書 49
    脚注

    第​49​章

    侵攻しんこう​して​た​レーマンじん​は、ぼう​を​ほどこした​アモナイハ​の​まち​と​ノア​の​まち​を​攻略こうりゃく​できない。アマリキヤ、かみ​を​のろい、モロナイ​の​​を​む​と​ちかう。ヒラマン​と​どうりょう​たち、きょうかい​を​きょう​し​つづける。げんぜんやく​七十二​ねん

    1 ​さて、だい十九​ねん​の​十一がつとお​に、レーマンじん​の​ぐんたい​が​アモナイハ​の​​に​ちかづいて​る​の​が​えた。

    2 よ、すでに​その​まち​は​再建さいけん​されて​おり、モロナイ​は​まち​の​さかい​の​ちかく​に​ぐんたい​を​はい​して​いた。そして​かれら​は、レーマンじん​の​​と​いし​を​ける​ため​に、しゅう​に​つち​を​げて​おいた。レーマンじん​は​いし​と​​で​たたかった​から​で​ある。

    3 よ、わたし​は​​アモナイハ​の​まち​が​再建さいけん​された​と​べた​が、まち​は​いちぶん再建さいけん​された​と​なおそう。レーマンじん​は、たみ​の​ざいあく​の​ため​に​その​まち​が​かつて​ほろぼされた​こと​が​ある​ので、ふたたび​そこ​が​よう​に​ぶん​たち​の​えじき​に​なる​で​あろう​と​おもった​の​で​ある。

    4 ​しかし​よ、かれら​の​たい​は​なんと​おおきく​はずれた​こと​か。ニーファイじん​は​ぶん​たち​の​しゅう​に​​を​きずき​げて​おり、それ​が​じょう​に​たかかった​ので、レーマンじん​は​ニーファイじん​に​いし​を​げて​も​​を​て​も​こう​を​げる​こと​が​できず、また​ぐち​から​で​なければ​かれら​を​める​こと​が​できなかった​の​で​ある。

    5 ​この​とき、レーマンじん​の​連隊長れんたいちょう​たち​は、ニーファイじん​が​ぼうぎょ​の​しょ​を​そなえる​に​たって​​を​はたらかせた​こと​に​じょう​に​おどろいた。

    6 ​レーマンじん​の​かん​たち​は、ぶん​たち​の​人数にんずう​が​じょう​に​おおかった​ので、これまで​と​おなじ​よう​に​とうぜん​ニーファイじん​を​める​こと​が​できる​と​おもって​いた。また、レーマンじん​も​たて​と​むねて​を​そう​し、さらに​かわ​の​ころも、まことに​はだか​を​おおう​じょう​に​あつい​ころも​を​て​いた。

    7 ​この​よう​に​そう​を​ととのえて​いた​ので、レーマンじん​は、ぶん​たち​の​​の​まま​に​よう​に​同胞はらから​を​ち​かして、かれら​に​れい​の​くびき​を​かける​こと​が​できる、そう​で​なければ​かれら​を​ころし、虐殺ぎゃくさつ​できる​と​おもって​いた。

    8 ​しかし​よ、まったく​おどろいた​こと​に、ニーファイじん​は​これまで​リーハイ​の​そん​の​なか​に​まったく​られて​いなかった​ほうほう​で、レーマンじん​に​たいする​そなえ​を​して​いた。ニーファイじん​は​モロナイ​の​​に​したがって、レーマンじん​と​たたかう​そなえ​を​して​いた​の​で​ある。

    9 ​そして、レーマンじん、いや​アマリキヤ​じん​は​ニーファイじん​の​たたかい​の​そなえ​かた​に​じょう​に​おどろいた。

    10 ​さて、もし​アマリキヤ​おう​が​ぐんたい​を​ひきいて​​ニーファイ​の​​から​くだって​て​いたら、おそらく​かれ​は​レーマンじん​に​アモナイハ​の​まち​で​ニーファイじん​を​こうげき​させて​いた​こと​で​あろう。よ、かれ​は​ぶん​の​たみ​の​​など​​に​も​かけなかった​から​で​ある。

    11 ​しかし​よ、アマリキヤ​しん​は​たたかう​ため​に​くだって​て​は​いなかった。そこで​かれ​の​連隊長れんたいちょう​たち​は、アモナイハ​の​まち​で​あえて​ニーファイじん​を​こうげき​しよう​と​しなかった。モロナイ​が​ニーファイじん​の​なか​の​しょ​の​かん体制たいせい​を​えて​いた​から​で​ある。その​ため、レーマンじん​は​ニーファイじん​が​なん​する​しょ​を​もうけて​いた​こと​に​たい​を​うらられ、かれら​を​める​こと​が​できなかった。

    12 ​そこで​かれら​は​​へ​退しりぞき、ぐんたい​を​ひきいて​ノア​の​​へ​かって​しんぐん​した。そこ​が​ニーファイじん​を​める​つぎ​の​最適さいてき​だ​と​おもった​から​で​ある。

    13 かれら​は​モロナイ​が​すでに​くにじゅう​の​すべて​の​まち​で​ぼう​を​かためて​いた​こと、すなわち​ぼうぎょ​の​​とりで​を​きずいて​いた​こと​を​らなかった。その​ため、かれら​は​かたい​けつ​を​もって​ノア​の​​へ​しんぐん​した。じつに、かれら​の​連隊長れんたいちょう​たち​は​まえ​に​すすみ​て、その​まち​の​たみ​を​ほろぼす​と​ちかった​の​で​あった。

    14 ​しかし​よ、おどろいた​こと​に、これまで​よわい​ところ​で​あった​ノア​の​まち​は、モロナイ​の​はたらき​に​よって​いまや​けん​に​なって​おり、アモナイハ​の​まち​の​けんさ​を​しのぐ​ほど​に​なって​いた。

    15 ​さて​よ、これ​は​モロナイ​の​​に​よる​もの​で​あった。モロナイ​は、かれら​が​アモナイハ​の​まち​に​おどろく​で​あろう​と​おもい、また​これまで​ノア​の​まち​が​その​​で​いちばん​よわい​ところ​で​あった​ので、かれら​は​そこ​へ​しんぐん​して​たたかおう​と​する​で​あろう​と​おもった​から​で​ある。そして、それ​は​かれ​の​のぞみ​どおり​に​なった。

    16 よ、すでに​モロナイ​は​リーハイ​を、その​まち​の​へい​を​​する​れいかん​に​にんめい​して​いた。この​リーハイ​は​シドン​がわ​の​ひがし​の​たに​で​レーマンじん​と​たたかった​​あの​リーハイ​で​ある。

    17 ​さて​よ、レーマンじん​は​リーハイ​が​その​まち​で​​を​って​いる​こと​を​る​と、またもや​消沈しょうちん​した。かれら​は​リーハイ​を​じょう​に​おそれて​いた​の​で​ある。それでも、かれら​の​連隊長れんたいちょう​たち​は​その​まち​を​こうげき​する​と​かたく​ちかって​いた​ので、それぞれ​の​ぐんたい​を​ひきいて​め​せた。

    18 よ、しゅう​に​きずき​げられた​​は​たかく、ほり​は​ふかかった​ので、レーマンじん​は​ぐち​に​よる​がい、ほか​の​みち​から​ニーファイじん​の​ぼうぎょ​の​とりで​に​はいる​こと​は​できなかった。

    19 ​この​よう​に、ニーファイじん​は​ぐちがい​の​ところ​から​とりで​に​はいろう​と​して​のぼって​る​もの​たち​に、うえ​から​いし​を​げつけ、​を​て​ぜんいん​を​ころして​しまおう​と​そなえ​を​して​いた。

    20 ​また​かれら​は、ニーファイじん​の​なか​で​も​もっとも​つよい​へい​の​一団いちだん​を​いて、ぐち​から​ニーファイじん​の​ぼうぎょ​に​はいって​よう​と​する​すべて​の​もの​を、つるぎ​と​いしげ​で​ち​たおそう​と​かまえて​いた。この​よう​に​かれら​は、レーマンじん​に​たいして​えい​する​そなえ​を​して​いた。

    21 ​さて、レーマンじん​の​隊長たいちょう​たち​は、それぞれ​の​ぐんたい​を​ぐち​の​まえ​に​ひきいて​き、ニーファイじん​の​ぼうぎょ​に​はいろう​と​して​ニーファイじん​と​たたかい​はじめた。しかし​よ、かれら​は​なん​も​撃退げきたい​され、おびただしい​かず​の​しゃ​を​した。

    22 かれら​は​その​つう​で​ニーファイじん​に​てない​こと​を​る​と、つぎ​に、​を​り​くずして​ニーファイじん​の​ぐんたい​に​ちかづく​みち​を​ひらき、たいとう​に​たたかう​かい​を​よう​と​した。しかし​よ、その​最中さいちゅう​に​かれら​は​いし​を​げつけられ、​を​られて​たおされた。その​ため、​を​り​くずして​ほり​を​める​わり​に、しゃ​や​しょうしゃ​の​からだ​で​しょうほり​が​められる​こと​に​なった。

    23 ​この​よう​に、ニーファイじん​は​あらゆる​てん​で​てき​に​まさって​いた。また、この​よう​に​レーマンじん​は​ニーファイじん​を​ほろぼそう​と​こころみた​が、とうとう​かれら​の​連隊長れんたいちょう​たち​は​ぜんいんころされて​しまった。そして、千​にん​を​える​レーマンじん​が​ころされた。いっぽう、ニーファイじん​で​ころされた​もの​は​ただ​の​ひと​も​いなかった。

    24 ​しかし、しょうしゃ​が​およそ​五十​にん​いた。それ​は​つう​で​レーマンじん​の​​が​たった​もの​たち​で​ある。かれら​は​たて​と​むねて​と​かぶと​で​​されて​いた​ので、しょう​した​しょ​は​あし​で、その​おおく​が​重傷じゅうしょう​で​あった。

    25 ​さて、レーマンじん​は、連隊長れんたいちょう​たち​が​ぜんいんころされた​の​を​る​と、​へ​げて​った。そして​かれら​は​ニーファイ​の​​へ​かえし、まれ​は​ニーファイじん​で​あり​ながら​いま​は​おう​と​なって​いる​アマリキヤ​に、ぶん​たち​の​こうむった​おおきな​損害そんがい​に​ついて​ほうこく​した。

    26 ​そこで​かれ​は、ぶん​の​たみ​を​ひどく​いかった。ニーファイじん​を​はい​する​と​いう​のぞみ​を​たっせられず、ニーファイじん​に​れい​の​くびき​を​かける​こと​が​できなかった​から​で​ある。

    27 ​まことに、かれ​は​ひどく​いかり、かみ​と​モロナイ​を​​のろい、かならず​モロナイ​の​​を​む​と​ちかった。それ​は、モロナイ​が​かみ​の​めいじられた​こと​を​まもって、たみ​を​​する​そなえ​を​した​から​で​ある。

    28 ​さて​いっぽう、ニーファイ​の​たみ​は、しゅ​が​たぐい​ない​ちから​で​ぶん​たち​を​てき​の​​から​すくって​くださった​こと​を、しゅ​なる​かみ​に​感謝かんしゃ​した。

    29 ​この​よう​に​して、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい十九​ねん​が​わった。

    30 ​そして、かれら​の​なか​に​は​つづき​へい​が​あり、また​かれら​が​かみ​の​こと​に​ちゅう​を​はらい、勤勉きんべん​で​あった​ため​に、きょうかい​は​じょう​に​おおきな​繁栄はんえい​を​た。かみ​の​こと​は​ヒラマン​と​シブロン、コリアントン、アンモン、かれ​の​どうりょう​たち、および​あらため​の​ため​の​バプテスマ​を​けて​かみ​の​せい​なる​くらい​に​よって​聖任せいにん​され、たみ​の​なか​で​おしえ​を​く​よう​に​つかわされた​すべて​の​ひと​に​より、かれら​に​げ​らされた​の​で​ある。