アルマ書 52
脚注
テーマ

第​52​章

アモロン、アマリキヤ​の​あと​を​いで​レーマンじん​の​おう​と​なる。モロナイ​と​テアンクム​と​リーハイ、ニーファイじん​を​ひきいて​たたかい、レーマンじん​に​しょう​を​る。ミュレク​の​まち​は​かえされ、ゾーラムじん​ヤコブ​は​ぬ。げんぜんやく​六十六​ねん​から​六十四​ねん​に​いたる。

1 ​さて、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい​二十六​ねん​の​一がつ一日ついたち​の​あさよ、レーマンじん​は​​を​まし、よ、アマリキヤ​が​かれ​の​てんまく​の​なか​で​んで​いる​の​を​はっけん​した。また​かれら​は、テアンクム​が​その​かれら​と​たたかう​じゅん​を​して​いる​の​も​た。

2 ​レーマンじん​は​これ​を​て​おどろき​おそれ、北方ほっぽう​の​​へ​しんぐん​する​くわだて​を​てて、ぜんぐん​が​ミュレク​の​まち​へ​退しりぞき、とりで​に​こもって​まもり​を​かためよう​と​した。

3 ​そして、アマリキヤ​の​きょうだい​が​たみ​を​おさめる​おう​に​えらばれた。その​おう​の​​は​アモロン​と​いう。この​よう​に​アマリキヤ​おう​の​きょうだい​で​ある​アモロン​おう​が​えらばれ、アマリキヤ​おう​に​わって​おさめる​こと​に​なった。

4 ​そして​アモロン​おう​は、​を​ながして​うばい​った​それら​の​まち​を​まもり​とおす​よう​に​たみ​に​めいじた。かれら​が​おおく​の​​を​うしなわず​に​うばい​った​まち​は​一つ​と​して​なかった​から​で​ある。

5 ​さて、テアンクム​は、レーマンじん​が​これまで​に​うばい​った​それら​の​まち​と、​に​れた​それら​の​​を​まもり​とおそう​と​けつ​して​いる​の​を​り、また​かれら​の​人数にんずう​が​おびただしい​の​を​て、とりで​に​こもって​いる​かれら​を​こうげき​しよう​と​する​の​は​とくさく​で​は​ない​と​おもった。

6 ​それでも​かれ​は、たたかう​じゅん​を​して​いる​か​の​よう​に、へい​を​とりで​の​ちかく​に​とどめて​おいた。そして、じっさい​は​その​あいだ​に​ほうぼう​に​防壁ぼうへき​を​きずき、​を​かくす​しょ​を​よう​して、レーマンじん​の​来襲らいしゅう​を​ふせぐ​じゅん​を​すすめて​いた。

7 ​そして、かれ​が​たたかい​の​じゅん​を​つづけて​いる​と、やがて​モロナイ​から​テアンクム​の​ぐんたい​を​きょう​する​おおぜい​の​へい​が​おくられて​きた。

8 ​また、モロナイ​から​テアンクム​に、かれ​の​​に​ちた​りょ​は​ぜんいん​その​まま​らえて​おく​よう​に​と​の​命令めいれい​も​とどいた。レーマンじん​も​おおぜい​を​りょ​に​して​いた​ので、レーマンじん​に​らえられて​いる​人々ひとびと​と​こうかん​する​ため​に、レーマンじん​の​りょ​を​ぜんいんのこして​おく​ひつよう​が​あった​から​で​ある。

9 ​モロナイ​は​また、バウンティフル​の​​の​ぼう​を​かためて​北方ほっぽう​の​​に​つうじる​きょう​を​まもり、レーマンじん​が​その​てん​に​たっして​ほう​から​ニーファイじん​を​め​なやます​ちから​を​たない​よう​に​する​こと​を​テアンクム​に​めいじた。

10 ​さらに​モロナイ​は​かれ​に​伝言でんごん​を​おくり、ちゅうじつ​に​その​いき​を​まもる​よう​に、また​ニーファイじん​の​​から​うばい​られた​それら​の​まち​を、計略けいりゃく​や​その​ほか​の​ほうほう​で​ふたたび​かえす​こと​が​できる​かも​しれない​ので、できる​かぎり​あらゆる​かい​を​もとめて​その​いき​で​レーマンじん​を​くるしめ​なやます​よう​に、さらに、レーマンじん​の​​に​ちて​いない​ほうぼう​の​まち​を​ぼう​を​かためて​きょう​する​よう​に​もとめた。

11 ​また、モロナイ​は​かれ​に、「わたし​は​あなた​の​ところ​に​きたい​が、まことに​レーマンじん​が​西にし​の​う み​に​ちかい​さかい​の​​で​わたしたち​を​めて​て​おり、まことに、わたし​は​かれら​に​かって​いる​ので、あなた​の​ところ​へ​は​けない」と​も​べた。

12 ​さて、(アモロン)おう​は​ゼラヘムラ​の​​を​って、おう​に​ぶん​の​きょうだい​の​​に​ついて​らせ、おおぜい​の​へい​を​あつめて、西にし​の​う み​に​ちかい​さかい​の​​で​ニーファイじん​と​たたかう​ため​に​ぐんたい​を​すすめて​いた。

13 ​この​よう​に​して、かれ​は​ニーファイじん​を​やすみなく​めて、その​いき​に​ニーファイじん​の​ぐん​の​いち​を​せる​よう​に​した。その​いっぽう​で、かれ​は​ぜん​に​うばい​った​まち​を​まもる​ため​に​のこして​きた​もの​たち​に​も、ひがし​の​う み​に​ちかい​さかい​の​​で​ニーファイじん​を​やすみなく​め、兵力へいりょく​の​およぶ​かぎり​できる​だけ​ニーファイじん​の​​を​占領せんりょう​する​よう​に​めいじて​おいた。

14 ​ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい​二十六​ねん​の​わり​に、ニーファイじん​は​この​よう​な​あやうい​状況じょうきょう​に​あった。

15 ​しかし​よ、さばきつかさ​の​とうだい​二十七​ねん​に​は、モロナイ​は​みなみ​と​西にし​の​さかい​を​まもる​ぐんたい​の​しき​を​え、ぜん​に​うしなった​まち​を​テアンクム​と​かれ​の​へい​が​かえす​の​を​たすける​ため​に、バウンティフル​の​​へ​ぐんたい​を​すすめた。

16 ​さて、テアンクム​は、ミュレク​の​まち​に​こうげき​を​くわえて、できれ​ば​そこ​を​かえす​よう​に​と​いう​命令めいれい​を​けて​いた。

17 ​そこで​テアンクム​は、ミュレク​の​まち​に​こうげき​を​くわえる​じゅん​を​し、ぐんたい​を​ひきいて​レーマンじん​に​め​かかる​じゅん​を​ととのえた。しかし、レーマンじん​が​とりで​の​なか​に​いる​あいだ​は​ち​かせない​こと​を​った​ので、その​けいかく​を​断念だんねん​し、バウンティフル​の​まち​に​かえして​モロナイ​の​とうちゃく​を​ち、ぐんたい​を​増強ぞうきょう​する​こと​に​した。

18 ​そして、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい​二十七​ねん​の​すえ​に、モロナイ​が​ぐんたい​を​ひきいて​バウンティフル​の​​に​とうちゃく​した。

19 ​また、だい​二十八​ねん​の​はじめ​に、モロナイ​と​テアンクム​と​おおく​の​連隊長れんたいちょう​たち​が​作戦さくせんかい​を​ひらき、レーマンじん​を​そと​に​して​たたかわせる​に​は​どう​すれ​ば​よい​か、また​なんら​か​の​ほうほう​で​かれら​を​とりで​から​さそい​し、かれら​より​ゆう​に​って​ふたたび​ミュレク​の​まち​を​かえす​に​は​どう​すれ​ば​よい​か​を​きょう​した。

20 ​そして​かれら​は、ミュレク​の​まち​を​まもって​いる​レーマンじん​の​ぐんたい​に、すなわち​ヤコブ​と​いう​​の​かれら​の​かん​に​使しゃ​を​おくり、ぐんたい​を​ひきいて​て​て​二つ​の​まち​の​あいだ​の​平原へいげん​で​たたかい​を​まじえる​よう​に​もとめた。しかし​よ、ゾーラムじん​で​あった​ヤコブ​は、ぐんたい​を​ひきいて​て​て​平原へいげん​で​たたかい​を​まじえよう​と​は​しなかった。

21 ​そこで​モロナイ​は、たいとう​の​じょうけん​で​かれら​と​たたかい​を​まじえる​のぞみ​を​うしなった​ため、さく​を​もちいて​レーマンじん​を​とりで​から​さそい​す​こと​に​した。

22 かれ​は​テアンクム​に​しょうすう​の​へい​を​れて​海岸かいがん​の​ちかく​を​くだって​かせた。また、モロナイ​と​かれ​の​ぐんたい​は​よる​に​まぎれて​ミュレク​の​まち​の​西方せいほう​の​​に​しんぐん​した。すると​その​翌朝よくあさ、レーマンじん​の​り​の​へい​たち​が​テアンクム​を​つけ、はしって​って、その​こと​を​ぶん​たち​の​かん​で​ある​ヤコブ​に​らせた。

23 ​そして、レーマンじん​の​ぐんたい​は、テアンクム​の​へい​の​かず​が​すくなかった​ので​ぶん​たち​の​ぜい​で​ち​かせる​と​おもい、テアンクム​に​かって​すすんで​った。そこで​テアンクム​は、レーマンじん​の​ぐんたい​が​ぶん​に​かって​て​た​の​を​て、海岸かいがん​の​ちかく​を​北方ほっぽう​に​退却たいきゃく​し​はじめた。

24 ​さて、レーマンじん​は、かれ​が​した​の​を​て​いさち、いきおい​よく​かれら​を​った。また、テアンクム​が​​な​追跡ついせき​を​して​る​レーマンじん​を​この​よう​に​さそい​して​いる​あいだ​に、よ、モロナイ​は​ぶん​が​ひきいて​いた​ぐん​の​いち​に、まち​に​はいって​そこ​を​占領せんりょう​する​よう​に​めいじた。

25 ​そこで​かれら​は、まち​に​はいって​そこ​を​占領せんりょう​し、まち​を​まもる​ため​に​のこって​いた​すべて​の​もの、すなわち​​を​わたそう​と​しない​すべて​の​もの​を​ころした。

26 ​この​よう​に​して​モロナイ​は、ぶん​の​ぐん​の​いち​を​もって​ミュレク​の​まち​を​​に​れる​と​ともに、ぶん​は​テアンクム​の​追跡ついせき​から​もどって​る​レーマンじん​と​たたかい​を​まじえる​ため​に、のこり​の​へい​を​ひきいて​しんぐん​した。

27 ​さて、レーマンじん​は​テアンクム​を​追跡ついせき​し、ついに​バウンティフル​の​まち​の​ちかく​まで​やって​た。そして、かれら​は​そこで、バウンティフル​の​まち​を​まもる​ため​に​のこって​いた​リーハイ​と​しょうすう​の​ぐんたい​に​った。

28 ​さて​よ、レーマンじん​の​連隊長れんたいちょう​たち​は、リーハイ​が​かれ​の​ぐんたい​を​ひきいて​かって​る​の​を​た​とき、ぶん​たち​が​ミュレク​の​まち​に​かえり​く​まえ​に​リーハイ​に​いつかれる​の​で​は​ない​か​と​おおあわて​で​した。かれら​は​こうぐん​の​ため​に​つかれて​いる​の​に、リーハイ​の​へい​たち​は​げん​で​あった​から​で​ある。

29 ​さて、この​とき​レーマンじん​は、モロナイ​が​かれ​の​ぐんたい​を​ひきいて​かれら​の​こうほう​に​せまって​いた​の​を​らず、ただ​リーハイ​と​その​へい​だけ​を​おそれて​いた。

30 ​ところで​リーハイ​は、モロナイ​と​その​ぐんたい​に​う​まで、かれら​に​いつこう​と​しなかった。

31 ​そして​レーマンじん​は、とおく​へ​退しりぞく​まえ​に​ニーファイじん​に​かこまれて​しまった。いっぽう​に​は​モロナイ​の​へい、もう​いっぽう​に​は​リーハイ​の​へい​が​いて、どちら​も​みなげん​で​ちから​に​ち​あふれて​いた。それ​に​き​え、レーマンじん​は​ながい​こうぐん​で​つかれ​って​いた。

32 ​そこで、モロナイ​は​へい​に、かれら​が​​を​わたす​まで​こうげき​を​つづける​よう​に​めいじた。

33 ​さて、レーマンじん​の​かん​ヤコブ​は​​ゾーラムじん​で​あり、くつ​の​精神せいしん​を​って​いた​ので、レーマンじん​を​ひきいて​モロナイ​に​かって​猛烈もうれつ​な​たたかい​を​けて​きた。

34 ​モロナイ​が​レーマンじん​の​​を​さえぎって​いた​ので、ヤコブ​は​モロナイ​の​へい​を​ころし、みち​を​ひらいて​ミュレク​の​まち​へ​かえろう​と​けつ​した​の​で​あった。しかし​よ、モロナイ​と​その​へい​の​ほう​が​つよく、レーマンじん​に​みち​を​ゆずらなかった。

35 ​そして​かれら​は、どちら​も​じょう​に​はげしく​たたかった。そして、そうほう​ともに​おおく​の​もの​が​ころされ、モロナイ​は​しょう​し、ヤコブ​は​んだ。

36 ​また、リーハイ​が​くっきょう​な​へい​を​ひきいて​はげしく​レーマンじん​の​こうほう​を​てた​ので、こうほう​の​レーマンじん​は​​を​わたした。また​のこり​の​もの​たち​も​ひどく​うろたえ、どこ​へ​け​ば​よい​の​か、どこ​を​めれ​ば​よい​の​か​からない​ありさま​で​あった。

37 ​それで​モロナイ​は、かれら​が​うろたえて​いる​の​を​て、「もし​​を​って​すすみ​て、それ​を​わたす​なら​ば、おまえたち​の​​を​ながす​の​を​やめよう」と​かれら​に​げた。

38 ​さて、レーマンじん​が​この​こと​を​く​と、まだ​ころされて​いない​その​連隊長れんたいちょう​たち​は​みなすすみ​て、​を​モロナイ​の​あしもと​に​し、へい​たち​に​も​おなじ​よう​に​する​こと​を​めいじた。

39 ​しかし​よ、そう​する​こと​を​のぞまない​もの​も​おおかった。そこで、つるぎ​を​わたそう​と​しない​もの​たち​は​らえられて​しばられ、​を​げられた。そして、かれら​の​なか​と​ともに​バウンティフル​の​​へ​てられて​った。

40 らえられた​りょ​の​人数にんずう​は、ころされた​もの​の​かず​より​も、まことに​りょうぐん​の​ころされた​もの​の​かず​より​も​おおかった。