第三ニーファイ 26
    脚注

    第​26​章

    イエス、はじめ​から​わり​に​いたる​まで​の​すべて​の​こと​に​ついて​かされる。​と​しょう​たち、しるせない​おどろく​べき​ことがら​を​べる。キリスト​の​きょうかい​の​人々ひとびと、すべて​の​もの​を​きょうゆう​する。げんやく​三十四​ねん

    1 ​さて、イエス​は​これら​の​こと​を​かたり​える​と、群衆ぐんしゅう​に​それ​を​かし、また​大小だいしょう​を​わず、あらゆる​こと​を​かれら​に​かされた。

    2 ​そして​イエス​は、「あなたがた​の​って​いない​​これら​の​聖文せいぶん​が、のち​の​だい​の​人々ひとびと​に​つたえられる​こと​は、ちち​の​​に​かなって​いた​ので、ちち​は、これら​の​聖文せいぶん​を​あなたがた​に​つたえる​よう​に​わたし​に​めいじられた」と​われた。

    3 ​そして、イエス​は​​の​はじめ​から​将来しょうらいぶん​が​えいこう​の​うち​に​られる​とき​まで​の​すべて​の​こと、すなわち、しょげん​が​こくねつ​に​け、だい​が​もの​の​よう​に​かれ、てん​が​る​とき​まで​に​​の​おもて​に​こる​すべて​の​こと​に​ついて​かされた。

    4 ​すべて​の​民族みんぞく、すべて​の​ぞく、すべて​の​こくみん​および​こく​の​たみ​が、かれら​の​おこない​が​い​か​わるい​か、おこない​に​おうじて​さばかれる​ため​に​かみ​の​まえ​に​つ、おおいなる​わり​の​​に​いたる​まで​の​こと​を、イエス​は​かされた​の​で​あった。

    5 おこない​が​ければ​永遠えいえん​の​いのち​の​ふっかつ​に​あずかり、わるければ​ばつ​の​さだめ​の​ふっかつ​を​ける。すなわち、​の​はじまる​まえ​から​すでに​おられた​キリスト​の​うち​に​ある​あわれみ​と​こうせい​と​神聖しんせいさ​に​よって、ぜんしゃ​は​いっぽう​に​あり、こうしゃ​は​ほう​に​あって、たがいに​平行へいこう​して​いる。

    6 ​ところで、イエス​が​じっさい​に​たみ​に​おしえられた​こと​は、その​​百​ぶん​の​一​も​この​しょ​に​しるせない。

    7 ​しかし​よ、ニーファイ​の​はん​に​は、イエス​が​たみ​に​おしえられた​こと​の​だいぶん​が​せられて​いる。

    8 ​わたし​が​これまで​しるした​これら​の​こと​は、イエス​が​たみ​に​おしえられた​こと​の​ほんの​いち​で​しか​ない。わたし​が​しるして​きた​の​は、これら​の​こと​が​イエス​の​われた​こと​の​よう​に、ほうじん​から​この​たみ​に​ふたたび​つたえられる​ため​で​ある。

    9 かれら​が​まず​これ​を​つ​こと​は、かれら​の​しんこう​を​ためす​の​に​ひつよう​で​ある。かれら​は​これ​を​あたえられた​とき、これら​の​こと​を​しんじる​なら​ば、その​とき​に​は​​もっと​おおいなる​こと​が​かれら​に​あきらか​に​される。

    10 ​しかし、かれら​が​これら​の​こと​を​しんじ​なければ、その​とき​に​は​それ​より​おおいなる​こと​は​かれら​に​あたえられる​こと​なく、かれら​は​つみ​の​せんこく​を​ける​で​あろう。

    11 よ、わたし​が​ニーファイ​の​はん​に​きざまれて​いる​すべて​の​こと​を​しるそう​と​した​ところ、しゅ​は​それ​を​きんじて、「わたし​は​ぶん​の​たみ​の​しんこう​を​こころみよう」と​われた。

    12 ​そこで​わたし​モルモン​は、しゅ​から​めいじられた​こと​を​く。わたし​モルモン​は、これ​で​わたし​の​こと​を​え、めいじられた​こと​を​き​すすめよう。

    13 ​したがって、わたし​は、あなたがた​に​って​もらいたい。しゅ​は​じっさい​に​みっかんたみ​を​おしえられた。そののちしゅ​は​しばしば​かれら​に​しん​を​あらわし、しばしば​​パン​を​いて​しゅくふく​し、かれら​に​あたえられた。

    14 ​そして​イエス​は、まえ​に​べた​群衆ぐんしゅう​の​ども​たち​を​も​おしえ​みちびき、かれら​の​した​を​ゆるめられた。そこで​ども​たち​は、おおいなる​おどろく​べき​こと​を、じつに、イエス​が​かつて​たみ​に​あきらか​に​された​こと​より​も​おおいなる​こと​を、ぶん​たち​の​父親ちちおや​に​かたった。イエス​が​ども​たち​の​した​を​ゆるめられた​ので、かれら​は​かたる​こと​が​できた​の​で​あった。

    15 ​そして、イエス​が​てん​に​のぼって​かれた​のち、すなわち、イエス​が​二​に​群衆ぐんしゅう​に​しん​を​あらわし、かれら​の​なか​の​びょう​の​もの​も、あし​の​ゆう​な​もの​も​すべて​いやし、​の​えない​もの​の​​を​け、みみ​の​こえない​もの​の​みみ​を​ひらき、その​ほか​かれら​の​なか​で​あらゆる​いやし​を​あたえ、ひと​の​おとこ​を​しゃ​の​なか​から​よみがえらせ、かれら​に​ぶん​の​ちから​を​しめして、御父おんちち​の​もと​に​のぼって​かれた​のち​の、

    16 よ、その​よくじつ群衆ぐんしゅう​は​あつまり、これら​の​ども​たち​が​かたる​の​を、まことに​​で​さえ​も​くち​を​ひらいて​おどろく​べき​こと​を​かたる​の​を​き​した。しかし、かれら​の​かたった​こと​は​だれ​も​しるして​は​ならない​と​められた。

    17 ​さて、イエス​から​えらばれた​​たち​は、その​とき​から、かれら​の​もと​に​る​すべて​の​もの​に​​バプテスマ​を​ほどこし、かれら​を​おしえ​はじめた。そして、イエス​の​​に​よって​バプテスマ​を​けた​もの​は​みな聖霊せいれい​に​たされた。

    18 ​また、かれら​の​おおく​は、かたって​は​ならない​様々さまざま​な​こと​を​たり​いたり​した。いま、それ​を​しるす​こと​は​ゆるされて​いない。

    19 ​また​かれら​は、たがいに​おしえ、たがいに​つかえ​った。そして、かれら​は​​すべて​の​もの​を​きょうゆう​し、みなたがいに​こうせい​に​った。

    20 ​そして​かれら​は、イエス​から​めいじられた​とおり​に​すべて​の​こと​を​おこなった。

    21 ​そして、イエス​の​​に​よって​バプテスマ​を​けた​人々ひとびと​は、キリスト​の​きょうかい​と​ばれた。