ニーファイ第二書 27
    脚注

    第​27​章

    わり​の​とき​に​あんこく​と​背教はいきょう​が​​を​おおう。『モルモンしょ』​が​て​る。その​しょもつ​に​ついて​三にん​の​しょうにん​が​あかし​する。がくしゃ​は​その​ふうじられた​しょもつ​を​む​こと​は​できない​と​う。しゅ​は​おどろく​べき​わざ​と​​を​おこなわれる。イザヤしょだい​二十九​しょう​と​かく​せよ。げんぜんやく​五百五十九​ねん​から​五百四十五​ねん​に​いたる。

    1 ​しかし​よ、わり​の​とき、すなわち​ほうじん​の​だい​に​なる​と、よ、ほうじん​と​ユダヤじん​の​すべて​の​こくみん​は、この​​に​る​もの​も​ほか​の​​に​いる​もの​も、すなわち​ぜん​の​もの​が​みなよ、ざいあく​と​あらゆる​まわしい​おこない​で​う。

    2 ​その​​が​る​と、万軍ばんぐん​の​しゅ​は、かみなりしんだい音響おんきょうあらしぼうふうき​くす​​の​ほのお​を​かれら​に​くだされる。

    3 ​そして、シオン​と​たたかい、シオン​を​なやます​すべて​の​こくみん​は、よる​の​まぼろし​の​よう​に​なる。すなわち、えた​もの​が​ゆめ​を​る​よう​で​ある。えた​もの​が​ゆめ​の​なか​で​べて​も、​を​ませ​ば​くうふく​で​ある。あるいは、のど​の​かわいた​もの​が​ゆめ​を​る​よう​で​ある。よ、のど​の​かわいた​もの​が​ゆめ​の​なか​で​んで​も、​を​ませ​ば​からだ​は​よわって​おり、かわき​は​つづいて​いる。まことに、シオン​の​やま​と​たたかう​すべて​の​こくみん​の​れ​も、その​よう​に​なる。

    4 ​また​よ、ざいあく​を​おこなう​もの​たち​よ、あなたがた​は​みなち​くして​驚嘆きょうたん​せよ。あなたがた​は​大声おおごえ​で​さけび、わめく​で​あろう。まことに、あなたがた​は​う​が、ぶどう​しゅ​に​よる​の​で​は​ない。ふるえる​が、つよい​さけ​に​よる​の​で​は​ない。

    5 ​また​よ、しゅ​が​あなたがた​の​うえ​に、ふかい​ねむり​の​れい​を​そそがれた​から​で​ある。あなたがた​が​​を​じ、げんしゃ​たち​を​こばんだ​ため​で​ある。それで、しゅ​は​あなたがた​の​ざいあく​の​ため​に、とうしゃ​と​せいけんしゃ​を​かくして​しまわれた。

    6 ​そして​しゅ​なる​かみ​は、ある​しょもつ​の​こと​を​​あなたがた​に​もたらされる。それ​は​ねむり​に​いた​もの​たち​の​こと​で​ある。

    7 よ、その​しょもつ​は​ふうじられて​おり、その​なか​に​は、​の​はじめ​から​​の​わり​まで​の​かみ​から​の​けい​が​って​いる。

    8 ​また、ふうじられて​いる​もの​が​ある​ので、ふうじられて​いる​もの​は、たみ​が​あく​と​まわしい​おこない​に​ふけって​いる​だい​に​は​さずけられない。したがって、その​しょもつ​は​人々ひとびと​から​かくされる。

    9 ​しかし​その​しょもつ​は、やがて​ひと​の​おとこ​に​さずけられる。そして​かれ​は、その​しょもつ​の​なか​の​こと、すなわち​​の​なか​で​ねむり​に​いて​いる​もの​たち​の​こと​を、べつ​の​おとこ​に​さずける。

    10 ​しかし​かれ​は、ふうじられて​いる​こと​は​さずけない​し、その​しょもつ​も​わたさない。その​しょもつ​は​かみ​の​ちから​に​よって​ふうじられて​おり、また、ふうじられて​いる​けい​は、しゅ​が​ふさわしい​と​おもわれる​とき​が​て​​に​る​まで、その​しょもつ​の​なか​に​たもたれる​から​で​ある。よ、それら​の​けい​は​​の​はじめ​から​​の​わり​まで、すべて​の​こと​を​しめす​もの​で​ある。

    11 ​こう​して、ふうじられた​しょもつ​の​こと​が​​の​うえ​で​げられ、また​キリスト​の​ちから​に​よって​まれる​​が​る。そして、かつて​ひと​の​ら​の​なか​に​あった​こと​と、また​これから​​の​わり​まで​に​こる​こと​が​すべて、ひと​の​ら​に​しめされる。

    12 ​それゆえ、わたし​が​まえ​に​べた​おとこ​に​その​しょもつ​が​さずけられる​​に、その​しょもつ​は​​の​人々ひとびと​の​​に​つかない​よう​に​かくされる。そして、その​しょもつ​を​さずけられる​おとこ​の​ほか​に、​三にん​の​しょうにん​が​かみ​の​ちから​に​よって​それ​を​る​が、その​ほか​に​は​だれ​も​ない。そして​この​三にん​は、その​しょもつ​と​その​なか​に​いて​ある​こと​が​真実しんじつ​で​ある​こと​を​あかし​する。

    13 ​この​ほか​に​それ​を​る​もの​は、ただ​かみ​の​こころ​に​したがって​ひと​の​ら​に​かみ​の​こと​に​ついて​あかし​を​べる​しょうすう​の​もの​だけ​で、だれ​も​ほか​に​いない。しゅ​なる​かみ​は、ちゅうじつ​な​もの​の​こと​は​あたかも​しゃ​から​る​か​の​よう​に​かたる、と​われた。

    14 ​それゆえ、しゅ​なる​かみ​は​その​しょもつ​の​こと​を​もたらし、また​適切てきせつ​で​ある​と​なされる​人数にんずう​の​しょうにん​の​くち​を​とおして、ぶん​の​こと​を​たしか​な​もの​と​される。したがって、かみ​の​こと​を​こばむ​もの​は​わざわい​で​ある。

    15 ​しかし​よ、そこで​しゅ​なる​かみ​は​その​しょもつ​を​る​おとこ​に​こう​われる。「ふうじられて​いない​これら​の​こと​を​って​べつ​の​おとこ​に​わたし、かれ​が​がくしゃ​に​それ​を​せて、『どうぞ、これ​を​んで​ください』​と​う​よう​に​しなさい。すると​その​がくしゃ​は、『その​しょもつ​を​ここ​に​ってて​ください。そう​すれ​ば​み​ましょう』​と​う。

    16 ​ところで、かれら​が​そう​う​の​は、​の​ほまれ​の​ため、また​えき​を​る​ため​で​あって、かみ​の​えいこう​の​ため​で​は​ない。

    17 ​それで​さき​の​おとこ​は、『その​しょもつ​は​ふうじられて​いる​ので、ってる​こと​は​でき​ません』​と​う。

    18 ​すると、がくしゃ​は、『それ​で​は、わたし​に​は​めない』​と​う。」

    19 ​そこで、しゅ​なる​かみ​は​その​しょもつ​と​その​なか​の​こと​を​もう​いちがくしき​の​ない​もの​に​さずけられる。すると​がくしき​の​ない​もの​は、「わたし​は​がく​です」と​う。

    20 ​その​とき、しゅ​なる​かみ​は​われる。「がくしゃ​は、これら​の​こと​を​れなかった​ので、めない。しかし、わたし​に​は​わたし​しん​の​わざ​を​おこなう​のうりょく​が​ある​ので、あなた​は​わたし​が​さずける​こと​を​む​で​あろう。

    21 ふうじられて​いる​ぶん​に​れて​は​ならない。わたし​は、ぶん​が​ふさわしい​と​おもう​とき​に​それら​を​もたらす​から​で​ある。そして、わたし​に​は​わたし​しん​の​わざ​を​おこなう​のうりょく​が​ある​こと​を、ひと​の​ら​に​しめそう。

    22 ​それゆえ、あなた​は​わたし​の​めいじた​こと​を​み、また​わたし​が​あなた​に​やくそく​した​しょうにん​たち​を​たら、そののち、あなた​は​ふたたび​その​しょもつ​を​ふうじて、わたし​に​たくして​かくす​よう​に​しなさい。そう​すれ​ば​わたし​は、ひと​の​ら​に​すべて​の​こと​を​あきらか​に​する​の​が​わたし​の​​に​かなう​と​おもう​とき​まで、あなた​の​まだ​んで​いない​こと​を​たもって​おく​こと​が​できる。

    23 ​さて​よ、わたし​は​かみ​で​ある。せき​の​かみ​で​ある。わたし​は、昨日き の う​も、今日き ょ う​も、また​とこしえ​に​わらない​こと、また、わたし​は​ひと​の​ら​の​しんこう​に​おうじて​で​なければ​かれら​の​なか​で​わざ​を​おこなわない​こと​を、​の​人々ひとびと​に​しめそう。」

    24 ​そして​また、しゅ​は​こと​を​さずけられて、それ​を​む​さき​の​おとこ​に​われる。

    25 ​この​たみ​は​くち​で​は​わたし​に​ちかづき、くちびる​で​は​わたし​を​​あがめる​が、かれら​の​こころ​は​わたし​から​とおく​はなれて​いる。かれら​が​わたし​を​おそれ​うやまう​の​は、ひと​の​くんかい​に​よって​おしえられて​いる​から​で​ある。

    26 ​それゆえ、わたし​は​この​たみ​の​なか​で​おどろく​べき​わざ​を、まことに​おどろく​べき​わざ​と​​を​おこなう。しゃ​と​がくしゃ​の​​は​うしなわれ、賢者けんじゃ​の​しき​は​かくされる。」

    27 ぶん​たち​の​はかりごと​を​おくふかく​かくして、しゅ​に​られない​よう​に​しよう​と​する​もの​は、わざわい​で​ある。かれら​の​おこない​は​やみ​の​なか​に​あり、かれら​は、「だれ​が​わたしたち​を​て​いよう​か。だれ​が​わたしたち​を​って​いよう​か」と​う。かれら​は​また、「たしか​に、あなたがた​が​ものごと​を​てんとう​して​かんがえて​いる​こと​は、とう​の​ねん​の​よう​な​もの​だ」と​う。しかし​よ、万軍ばんぐん​の​しゅ​は​われる。「わたし​は​かれら​の​あらゆる​おこない​を​って​いる​こと​を​かれら​に​しめそう。つくられた​もの​が​それ​を​つくった​もの​に​ついて、『かれ​は​わたし​を​つくらなかった』​と​える​だろう​か。かたちづくられた​もの​が​かたちづくった​もの​に​ついて、『かれ​に​は​分別ふんべつ​が​ない』​と​える​だろう​か。」

    28 ​しかし​よ、万軍ばんぐん​の​しゅ​は​われる。「わたし​は​ひと​の​ら​に、もう​しばらく​する​と​レバノン​が​よく​えた​はたけ​に​わり、その​よく​えた​はたけ​が​もり​の​よう​に​おもわれる​とき​が​る​こと​を​しめそう。」

    29 ​そして​その​みみ​の​こえない​もの​も​その​しょもつ​の​こと​を​き、​の​えない​もの​も​くらやみ​から、また​あんこく​から​て​える​よう​に​なる。

    30 ​また、にゅう​な​もの​たち​も​えて​しゅ​に​あって​よろこび​を​人々ひとびと​の​なか​の​まずしい​もの​たち​は、イスラエル​の​せいじゃ​に​よって​よろこび​を​あじわう​よう​に​なる。

    31 荒々あらあらしい​もの​は​いなくなり、あざける​もの​は​き​くされ、ざいあく​の​​を​うかがう​もの​は​たれる​こと​を、しゅ​が​きて​おられる​よう​に​たしか​に、かれら​は​る​から​で​ある。

    32 ​たった​ひとこと​の​ため​に​ひと​を​わるく​る​ものもん​で​とがめる​もの​に​たいして​わな​を​ける​もの、また​​の​ない​もの​の​ため​に​ただしい​もの​を​退しりぞける​もの、これら​の​もの​は​たれる。

    33 ​さて、アブラハム​を​あがなわれた​しゅ​は、ヤコブ​の​いえ​に​ついて​こう​われる。「それゆえ、ヤコブ​は​もはや​はじ​を​ける​こと​なく、また、もはや​顔色かおいろ​を​うしなう​こと​も​ない。

    34 かれ​が​ぶん​の​なか​に​わたし​の​​の​わざ​で​ある​ぶん​の​そん​を​る​とき、かれら​は​わたし​の​​を​神聖しんせい​で​ある​と​たたえ、ヤコブ​の​賢者けんじゃ​を​神聖しんせい​な​かた​として​たたえ、イスラエル​の​かみ​を​おそれ​うやまう。

    35 こころ​に​かい​を​しょうじて​いた​もの​も​かい​する​よう​に​なり、つぶやいて​いた​もの​も​きょう​を​る​よう​に​なる。」