ニーファイ第二書 21
    脚注

    第​21​章

    エッサイ​の​かぶ(キリスト)は、​を​もって​さばき​を​おこなわれる。ふくせんねん​に​は​かみ​を​る​しき​が​​を​おおう。しゅ​は​はた​を​かかげて、イスラエル​を​あつめられる。イザヤしょだい十一​しょう​と​かく​せよ。げんぜんやく​五百五十九​ねん​から​五百四十五​ねん​に​いたる。

    1 ​エッサイ​の​かぶ​から​一つ​の​​が​、その​​から​一つ​の​えだ​が​しょうじる。

    2 ​そして、その​うえ​に​しゅ​の​たま​が​とどまる。それ​は​​と​かい​の​れいしんりょ​と​のうりょく​の​れいしゅ​を​る​しき​と​しゅ​へ​の​おそれ​の​れい​で​ある。

    3 しゅ​の​たま​は、しゅ​を​おそれる​こと​を​かれ​に​はやく​さとらせる。かれ​は​ぶん​の​​で​た​こと​に​よって​さばかず、ぶん​の​みみ​で​いた​こと​に​よって​める​こと​を​しない。

    4 ​しかし、かれ​は​​を​もって​まずしい​もの​を​さばき、こうへい​を​もって​​の​にゅう​な​もの​の​ため​に​められる。また、かれ​の​くち​の​むち​で​​を​ち、かれ​の​くちびる​の​いき​で​あくにん​を​ころす。

    5 ​は​かれ​の​こし​の​おび​と​なり、ちゅうしん​は​かれ​の​はら​の​おび​と​なる。

    6 ​おおかみ​は​ひつじ​と​ともに​宿やどり、ひょう​は​やぎ​と​ともに​し、うし​と​わかい​ライオン​と​えた​わかい​ちく​は​ともに​いて、おさない​ども​が​これら​を​みちびく。

    7 うし​と​くま​は​ともに​べ、その​ら​は​ともに​し、ライオン​は​うし​の​よう​に​わら​を​べる。

    8 ​は​どくじゃ​の​あな​の​うえ​で​たわむれ、ばなれ​した​​は​​まむし​の​あな​に​​を​く。

    9 かれら​は​わたし​の​せい​なる​やま​の​どこ​に​おいて​も、がい​を​あたえる​こと​も​そこなう​こと​も​ない。みず​が​う み​を​おおって​いる​よう​に、しゅ​を​る​しき​が​​に​ちる​から​で​ある。

    10 ​その​​エッサイ​の​​が​たみ​の​はた​として​ち、ほうじん​は​​これ​に​もとめ、かれ​の​あんそく​は​えいこう​に​ちる。

    11 ​そして​その​しゅ​は​ふたたび、のこされて​いる​ぶん​の​たみ​の​のこり​の​もの​を、アッスリヤ、エジプト、パテロス、クシ、エラム、シナル、ハマテ、および​う み​の​島々しまじま​から​もと​に​もどす​わざ​を​はじめられる。

    12 しゅ​は​もろもろ​の​こくみん​の​ため​に​はた​を​かかげ、イスラエル​の​追放ついほう​された​もの​を​あつめ、ユダ​の​らされた​もの​を​​の​ほう​から​あつめられる。

    13 ​また、エフライム​の​​ねたみ​は​り、ユダ​の​てき​は​たれる。エフライム​は​​ユダ​を​​ねたまず、ユダ​も​また​エフライム​を​なやまさない。

    14 かれら​は​西にし​の​ほう​の​ペリシテびと​の​かた​に​びかかり、また​ともに​ひがし​の​たみ​から​強奪ごうだつ​する。かれら​は​エドム​と​モアブ​に​も​​を​ばし、また​アンモン​の​そん​を​したがわせる。

    15 しゅ​は​エジプト​の​う み​の​いり​を​ことごとく​らされる。また、強風きょうふう​を​ともなって​かわ​の​うえ​で​​を​り​うごかし、それ​を​って​七つ​の​ながれ​と​し、かわいた​くつ​で​人々ひとびと​を​わたらせられる。

    16 のこされた​しゅ​の​たみ​の​のこり​の​もの​の​ため​に、アッスリヤ​から​の​おお​が​ある。イスラエル​が​エジプト​の​​から​のぼって​た​​に、イスラエル​の​ため​に​そなえられた​よう​に。」

    True