ニーファイ第二書16
戻る 次へ


第16章

イザヤ,しゅにする。イザヤのつみゆるされる。イザヤ,げんするようにされ,ユダヤじんがキリストのおしえをこばむことをげんする。のこりのものかえってる。イザヤしょだいしょうかくげんぜんやく五百五十九ねんから五百四十五ねんいたる。

1 「ウジヤおうんだとしに,わたしはたかげられたしゅしておられるのをた。しゅころものすそはしん殿でんちていた。

2 そのじょうほうセラピムがいて,それぞれ六つのつばさっており,二つのつばさかおおおい,二つのつばさりょうあしおおい,二つのつばさんでいた。

3 そして,一人ひとりべつ一人ひとりさけんでった。『せいなるかな,せいなるかな,せいなるかな,ばんぐんしゅぜんばんぐんしゅえいこうちる。』

4 そのようにさけんだものこえぐちはしらうごき,みやにはけむりちた。

5 それでわたしはった。『わたしはわざわいだ。わたしはほろぼされる。わたしはくちびるきよくないもので,くちびるきよくないひとびとなかんでいる。ところが,わたしのばんぐんしゅなるおうたからである。』

6 そのとき,セラピムの一人ひとりが,ばしでさいだんうえからったさかすみたずさえて,わたしのところにんでた。

7 そして,かれはそれをわたしのくちててった。『これがあなたのくちびるれたので,あなたのあくられ,あなたのつみきよめられた。』

8 またしゅこえがあって,こうわれた。『だれをつかわそうか。われわれのためにだれがくだろうか。』それでわたしはった。『わたしがここにいます。わたしをおつかわしください。』

9 するとしゅわれた。『ってこのたみかならけとげなさい。』しかしかれらはかいしなかった。『かならよとげなさい。』しかしかれらはさとらなかった。

10 またしゅわれた。『このたみこころにぶくし,かれらのみみおもくし,かれらのざしなさい。かれらがぶんぶんみみぶんこころかいし,こころあらためて,いやされることがないためである。』

11 それでわたしは,『しゅよ,いつまでですか』とった。するとしゅわれた。『もろもろのまちこうはいしてものがいなくなり,いえいえひとがいなくなり,もすっかりてるときまでである。

12 そして,そのただなかにはすたれたところえるので,しゅひとびととおくにうつした

13 しかし,それでもなお十ぶんの一のものがいる。かれらはかえってるが,くされる。しかし,テレビンのとかしのがそのとしてもみきなかにあるように,せいなるそんはそのみきとなる。』」

      • 紀元前約七百五十年

      • ヘブライ語で「入り口の土台が揺れた」の意

      • ヘブライ語で「断ち切られる」の意。自分と民の罪に気づき,それに圧倒されるということ

      • 清めの象徴

      • 木のように,葉は落ちても命と種を生じさせる力はその中にある,の意