ニーファイ第二書 16
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第​16​章

イザヤ、しゅ​を​​に​する。イザヤ​の​つみ​は​ゆるされる。イザヤ、げん​する​よう​に​され、ユダヤじん​が​キリスト​の​おしえ​を​こばむ​こと​を​げん​する。のこり​の​もの​が​かえって​る。イザヤしょだい六​しょう​と​かく​せよ。げんぜんやく​五百五十九​ねん​から​五百四十五​ねん​に​いたる。

1 「ウジヤ​おう​が​んだ​とし​に、わたし​は​たかく​げられた​​に​しゅ​が​して​おられる​の​を​た。しゅ​の​ころも​の​すそ​は​神殿しんでん​に​ちて​いた。

2 ​その​上方じょうほう​に​​セラピム​が​いて、それぞれ​六つ​の​つばさ​を​って​おり、二つ​の​つばさ​で​かお​を​おおい、二つ​の​つばさ​で​りょうあし​を​おおい、二つ​の​つばさ​で​んで​いた。

3 ​そして、ひと​が​べつ​の​ひと​に​さけんで​った。『せい​なる​かな、せい​なる​かな、せい​なる​かな、万軍ばんぐん​の​しゅぜん​は​万軍ばんぐん​の​しゅ​の​えいこう​に​ちる。』

4 ​その​よう​に​さけんだ​もの​の​こえ​で​ぐち​の​はしら​が​れ​うごき、みや​に​は​けむり​が​ちた。

5 ​それで​わたし​は​った。『わたし​は​わざわい​だ。わたし​は​ほろぼされる。わたし​は​くちびる​の​きよくない​もの​で、くちびる​の​きよくない​人々ひとびと​の​なか​に​んで​いる。ところが、わたし​の​​は​万軍ばんぐん​の​しゅ​なる​おう​を​た​から​で​ある。』

6 ​その​とき、セラピム​の​ひと​が、ばし​で​さいだん​の​うえ​から​った​さかる​すみ​を​​に​たずさえて、わたし​の​ところ​に​んで​た。

7 ​そして、かれ​は​それ​を​わたし​の​くち​に​てて​った。『これ​が​あなた​の​くちびる​に​れた​ので、あなた​の​あく​は​られ、あなた​の​つみ​は​きよめられた。』

8 ​また​しゅ​の​こえ​が​あって、こう​われた。『だれ​を​つかわそう​か。我々われわれ​の​ため​に​だれ​が​く​だろう​か。』​それで​わたし​は​った。『わたし​が​ここ​に​います。わたし​を​お​つかわし​ください。』

9 ​すると​しゅ​は​われた。『って​この​たみ​に​かならず​け​と​げ​なさい。』​しかし​かれら​は​かい​しなかった。『かならず​よ​と​げ​なさい。』​しかし​かれら​は​さとらなかった。

10 ​また​しゅ​は​われた。『この​たみ​の​こころ​を​にぶく​し、かれら​の​みみ​を​おもく​し、かれら​の​​を​ざし​なさい。かれら​が​ぶん​の​​で​ぶん​の​みみ​で​き、ぶん​の​こころ​で​かい​し、こころ​を​あらためて、いやされる​こと​が​ない​ため​で​ある。』

11 ​それで​わたし​は、『しゅ​よ、いつまで​です​か』​と​った。すると​しゅ​は​われた。『もろもろ​の​まち​が​こうはい​して​む​もの​が​いなくなり、家々いえいえ​に​ひと​が​いなくなり、​も​すっかり​てる​とき​まで​で​ある。

12 ​そして、その​ただなか​に​は​れ​すたれた​ところ​が​える​ので、しゅ​は​人々ひとびと​を​とおく​に​うつした。

13 ​しかし、それでも​なお​十​ぶん​の​一​の​もの​が​いる。かれら​は​かえって​る​が、い​くされる。しかし、テレビン​の​​と​かし​の​​が​その​​を​として​も​みき​が​​の​なか​に​ある​よう​に、せい​なる​そん​は​その​みき​と​なる。』」