ニーファイ第二書 22
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第​22​章

ふくせんねん​に​は、すべて​の​ひと​が​しゅ​を​ほめ​たたえる。しゅ​は​たみ​の​なか​に​とどまられる。イザヤしょだい十二​しょう​と​かく​せよ。げんぜんやく​五百五十九​ねん​から​五百四十五​ねん​に​いたる。

1 「その​、あなた​は​う。『おお、しゅ​よ、わたし​は​あなた​を​ほめ​たたえ​ます。あなた​は​かつて、わたし​の​こと​を​お​いかり​に​なり​ました​が、いま​は​あなた​の​いかり​も​かれ、あなた​は​わたし​を​なぐさめて​ください​ました。』

2 よ、かみ​は​わたし​の​すくい​で​ある。わたし​は​しんらい​して​おそれない。しゅ​なる​​エホバ​は​わたし​の​ちから​で​あり、わたし​の​うた​で​ある。また、しゅ​は​わたし​の​すくい​と​なって​くださった。』

3 ​それゆえ、あなたがた​は​よろこんで、すくい​の​​から​みず​を​くむ。

4 ​その​、あなたがた​は​う。『しゅ​を​​ほめ​たたえ、しゅ​の​​を​び、しゅ​の​おこなわれた​こと​を​人々ひとびと​の​なか​に​げ​らせ、しゅ​の​​が​あがめられて​いる​こと​を​はなし​なさい。

5 しゅ​を​たたえて​うたい​なさい。しゅ​は​すばらしい​こと​を​された​から​で​ある。この​こと​は​ぜん​に​られて​いる。

6 ​シオン​に​む​もの​よ、大声おおごえ​を​げて​さけび​なさい。イスラエル​の​せいじゃ​は、あなた​の​なか​に​あって​おおいなる​かた​な​の​だから。』」