ニーファイ第二書22
戻る 次へ


第22章

ふくせんねんには,すべてのひとしゅをほめたたえる。しゅたみなかにとどまられる。イザヤしょだい十二しょうかくげんぜんやく五百五十九ねんから五百四十五ねんいたる。

1 「その,あなたはう。『おお,しゅよ,わたしはあなたをほめたたえます。あなたはかつて,わたしのことをおいかりになりましたが,いまはあなたのいかりもかれ,あなたはわたしをなぐさめてくださいました。』

2 よ,かみはわたしのすくいである。わたしはしんらいしておそれない。しゅなるエホバはわたしのちからであり,わたしのうたである。また,しゅはわたしのすくいとなってくださった。』

3 それゆえ,あなたがたはよろこんで,すくいのからみずをくむ。

4 その,あなたがたはう。『しゅほめたたえしゅび,しゅおこなわれたことをひとびとなからせ,しゅがあがめられていることをはなしなさい。

5 しゅをたたえてうたいなさいしゅはすばらしいことをされたからである。このことはぜんられている。

6 シオンにものよ,おおごえげてさけびなさい。イスラエルのせいじゃは,あなたのなかにあっておおいなるかたなのだから。』」