ニーファイ第二書 17
    脚注

    第​17​章

    エフライム​と​スリヤ、ユダ​と​たたかう。キリスト​は​おとめ​から​お​まれ​に​なる。イザヤしょだい七​しょう​と​かく​せよ。げんぜんやく​五百五十九​ねん​から​五百四十五​ねん​に​いたる。

    1 「さて、ユダ​の​おう、ウジヤ​の​​の​ヨタム​の​、アハズ​の​だい​に、スリヤ​の​おう​レヂン​と​レマリヤ​の​​で​ある​イスラエル​の​おう​ぺカ​が、エルサレム​に​のぼって​て​めた​が、つ​こと​が​できなかった。

    2 ​ときに、スリヤ​が​​エフライム​と​どうめい​を​して​いる​と​ダビデ​の​いえ​に​らせ​が​あった。それで、おう​の​こころ​も、たみ​の​こころ​も、もり​の​​が​かぜ​に​らぐ​よう​に​どうよう​した。

    3 ​その​とき、しゅ​は​イザヤ​に​われた。『あなた​と​あなた​の​​シャル・​ヤシュブ​と​は​て​って、ぬの​さらし​の​​の​おお​に​ある​かみ​の​いけ​の​すいどう​の​はし​で​アハズ​に​い、

    4 かれ​に​い​なさい。​を​けて​しずか​に​して​いなさい。おそれて​は​ならない。スリヤ​を​ひきいる​レヂン​と​レマリヤ​の​​が​はげしく​いかって​も、それ​は​二つ​の​くすぶって​いる​たいまつ​の​えさし​に​すぎない​ので、よわ​に​なって​は​ならない。

    5 ​スリヤ​と​エフライム、および​レマリヤ​の​​は、あなた​に​たいして​あく​を​くわだてて​って​いる。

    6 我々われわれ​は​ユダ​に​め​のぼって、これ​を​なやまそう。そして​我々われわれ​の​ため​に​これ​を​けて、タビエル​の​​を​そこ​で​おう​に​しよう。」

    7 しゅ​なる​かみ​は​こう​われる。その​こと​は​おこなわれない。また​こる​こと​は​ない。

    8 ​スリヤ​の​かしら​は​ダマスコ、ダマスコ​の​かしら​は​レヂン​で​ある。エフライム​は​六十五​ねん​の​うち​に​やぶられて、一つ​の​たみ​を​さなくなる。

    9 ​また​エフライム​の​かしら​は​サマリヤ、サマリヤ​の​かしら​は​レマリヤ​の​​で​ある。もし​あなたがた​が​しんじ​なければ、しっかり​と​つ​こと​は​できない。』

    10 ​さらに​しゅ​は、ふたたび​アハズ​に​われた。

    11 しゅ​なる​あなた​の​かみ​に​​しるし​を​もとめ​なさい。ふかい​ところ​に​も、また​じょう​の​たかい​ところ​に​も​もとめ​なさい。』

    12 ​しかし​アハズ​は​った。『わたし​は​もとめ​ません。しゅ​を​こころみる​こと​は​いたし​ません。』

    13 ​そこで​イザヤ​は​った。『おお、ダビデ​の​いえ​よ、き​なさい。ひと​を​わずらわす​こと​は​あなたがた​に​とって​ささい​な​こと​だろう​か。その​よう​に​して、わたし​の​かみ​まで​も​わずらわそう​と​する​の​か。

    14 ​それゆえ、しゅ​は​みずから​しるし​を​あなたがた​に​あたえられる。よ、​おとめ​が​ごもって​おとこ​を​み、その​​の​​を​​インマヌエル​と​ぶ。

    15 ​その​​は​バター​と​蜂蜜はちみつ​を​べて、あく​を​退しりぞけ、ぜん​を​えらぶ​こと​を​る​よう​に​なる。

    16 ​その​​が​あく​を​退しりぞけ、ぜん​を​えらぶ​こと​を​る​よう​に​なる​まえ​に、あなた​が​み​きらった​​は​ふた​の​おう​から​てられる。

    17 しゅ​は、あなた​と、あなた​の​たみ​と、あなた​の​ちち​の​いえ​に、​エフライム​が​ユダ​から​はなれた​らい​まだ​のぞんだ​こと​の​ない​​を​​もたらされる。それ​は​アッスリヤ​の​おう​で​ある。』

    18 ​さて、その​しゅ​は​エジプト​の​て​の​​に​いる​あぶ​と、アッスリヤ​の​​に​いる​はち​を​ばれる。

    19 ​すると、かれら​は​やって​て、れた​たに​や​いわ​の​​に、また​すべて​の​いばら​と、すべて​の​潅木かんぼく​の​うえ​に​とどまる。

    20 ​その​おなじ​​に、しゅ​は​やとれた​かみそり、すなわち​かわ​の​こう​の​もの​アッスリヤ​の​おう​に​よって、あたま​と​あし​の​​を​​そり、また​ひげ​も​そり​とす。

    21 ​そして​その​ひと​の​おとこ​が​わかい​うし​一とう​と​ひつじ​二​とう​を​う。

    22 ​そして、これら​は​ちち​を​たくさん​す​ので、かれ​は​バター​を​べる。その​​に​のこされた​もの​は​みな、バター​と​蜂蜜はちみつ​を​べる。

    23 ​そして​その​​に、かつて​ぎん​千​まい​に​あたいした​千​かぶ​の​ぶどう​の​​の​あった​ところ​は、すべて​いばら​と​おどろ​の​える​ところ​と​なる。

    24 ぜん​が​いばら​と​おどろ​に​なる​ので、人々ひとびと​は​ゆみ​と​​を​って​そこ​へ​く。

    25 ​しかし、くわ​で​り​たがやされた​すべて​の​おか​は、いばら​と​おどろ​の​える​おそれ​が​ない。そこ​は​うし​を​はなす​ところちいさな​ちく​の​む​ところ​と​なる。」