ニーファイ第二書17
戻る 次へ


第17章

エフライムとスリヤ,ユダとたたかう。キリストはおとめからおまれになる。イザヤしょだいしょうかくげんぜんやく五百五十九ねんから五百四十五ねんいたる。

1 「さて,ユダのおう,ウジヤののヨタムの,アハズのだいに,スリヤのおうレヂンとレマリヤのであるイスラエルのおうぺカが,エルサレムにのぼってめたが,つことができなかった。

2 ときに,スリヤがエフライムどうめいをしているとダビデのいえらせがあった。それで,おうこころも,たみこころも,もりかぜらぐようにどうようした。

3 そのとき,しゅはイザヤにわれた。『あなたとあなたのシャル・ヤシュブとはって,ぬのさらしのおおにあるかみいけすいどうはしでアハズにい,

4 かれいなさい。けてしずかにしていなさい。おそれてはならない。スリヤをひきいるレヂンとレマリヤのはげしくいかっても,それは二つのくすぶっているたいまつのえさしにすぎないので,よわになってはならない。

5 スリヤとエフライム,およびレマリヤのは,あなたにたいしてあくくわだててっている。

6 われわれはユダにのぼって,これをなやまそう。そしてわれわれのためにこれをけて,タビエルのをそこでおうにしよう。」

7 しゅなるかみはこうわれる。そのことはおこなわれない。またこることはない。

8 スリヤのかしらはダマスコ,ダマスコのかしらはレヂンである。エフライムは六十五ねんのうちにやぶられて,一つのたみさなくなる。

9 またエフライムのかしらはサマリヤ,サマリヤのかしらはレマリヤのである。もしあなたがたがしんじなければ,しっかりとつことはできない。』

10 さらにしゅは,ふたたびアハズにわれた。

11 しゅなるあなたのかみしるしもとめなさい。ふかところにも,またじょうたかところにももとめなさい。』

12 しかしアハズはった。『わたしはもとめません。しゅこころみることはいたしません。』

13 そこでイザヤはった。『おお,ダビデのいえよ,きなさい。ひとわずらわすことはあなたがたにとってささいなことだろうか。そのようにして,わたしのかみまでもわずらわそうとするのか。

14 それゆえ,しゅみずからしるしをあなたがたにあたえられる。よ,おとめごもっておとこみ,そのインマヌエルぶ。

15 そのはバターとはちみつべて,あく退しりぞけ,ぜんえらぶことをるようになる。

16 そのあく退しりぞけ,ぜんえらぶことをるようになるまえに,あなたがきらった二人ふたりおうからてられる。

17 しゅは,あなたと,あなたのたみと,あなたのちちいえに,エフライムがユダからはなれたらいまだのぞんだことのないもたらされる。それはアッスリヤのおうである。』

18 さて,そのしゅはエジプトのてのにいるあぶと,アッスリヤのにいるはちばれる

19 すると,かれらはやってて,れたたにいわに,またすべてのいばらと,すべてのかんぼくうえにとどまる。

20 そのおなに,しゅやとれたかみそり,すなわちかわこうのものアッスリヤのおうによって,あたまあしをそり,またひげもそりとす。

21 そしてその一人ひとりおとこわかうしとうひつじとう

22 そして,これらはちちをたくさんすので,かれはバターをべる。そののこされたものみな,バターとはちみつべる。

23 そしてそのに,かつてぎんまいあたいした千かぶのぶどうののあったところは,すべていばらとおどろのえるところとなる。

24 ぜんがいばらとおどろになるので,ひとびとゆみってそこへく。

25 しかし,くわたがやされたすべてのおかは,いばらとおどろのえるおそれがない。そこはうしはなところちいさなちくところとなる。」