ニーファイ第二書18
戻る 次へ


第18章

キリストはつまずきのいしさまたげのいわのようである。さえずるくちせにではなく,しゅもとめよ。りっぽうあかしたよってみちびきをよ。イザヤしょだいしょうかくげんぜんやく五百五十九ねんから五百四十五ねんいたる。

1 「さらに,しゅことがわたしにわれた。『おおきなものを一かんり,それにつうマヘル・シャラル・ハシ・バズきなさい。』

2 わたしは,しょうげんするたしかなしょうにんとして,さいウリヤとエベレキヤののゼカリヤをわたしのためにてた。

3 わたしがおんなげんしゃのもとにくと,かのじょごもっておとこんだ。すると,しゅはわたしにわれた。『このをマヘル・シャラル・ハシ・バズとびなさい。

4 それは,よ,このがまだ「おとうさん,おかあさん」とぶことをらないうちに,ダマスコのとみとサマリヤのぶんひんが,アッスリヤのおうのもとにはこられるからである。』

5 しゅはまたかさねてわたしにわれた。

6 『このたみゆるやかにながれるシロアのみずてて,レヂンとレマリヤのとをよろこんでいる。

7 それゆえよ,しゅいきおいとすいりょうのあるかわみず,すなわちアッスリヤのおうかれのすべてのえいこうかれらのうえにもたらす。それはすべてのすいにあふれ,すべてのつつみえ,

8 ユダながみ,あふれみなぎって,くびにまでたっする。おお,インマヌエルよ,かれつばさびて,あなたのくにひろがりのすべてをおおう。』

9 おお,たみよ,れんごうせよ。それでもあなたがたはくだかれる。とおくのくにぐにのすべてのものよ,みみかたむけよ。こしおびをせよ。それでもあなたがたはくだかれる。こしおびをせよ。それでもあなたがたはくだかれる。

10 ともにはかれ。しかし,それはする。ことせ。しかしそれはおこなわれない。かみがわたしたちとともにおられるからである。

11 しゅつよをもってつぎのようにわたしにかたり,このたみみちあゆまないようにわたしをさとされた。

12 『このたみが「どうめいを」とうすべてのあいに,あなたがたは「どうめいを」とってはならない。かれらのおそれるものをおそれてはならない。おののいてはならない。

13 ばんぐんしゅせいなるかたとしてたたえ,そのかたあなたがたのおそれとし,また,あなたがたのおののきとしなさい。

14 そうすれば,そのかたせいじょとなる。しかし,イスラエルのりょうにはつまずきのいしとなり,さまたげのいわとなる。また,エルサレムにものには,わなとなり,としあなとなる。

15 そしてかれらのおおくがつまずきたおれ,くだかれ,わなにかかり,らえられる。』

16 あかしたばね,りっぽうをわたしのたちのなかふうじておきなさい。

17 わたしは,ヤコブのいえからかおかくしておられるしゅのぞむ。わたしはしゅける。

18 よ,わたしと,しゅがわたしにたまわったどもたちは,シオンのやまんでおられるばんぐんしゅからイスラエルにあたえられたしるしであり,である。

19 ひとびとがあなたに,『れいばいもとめよ,さえずりささやくくちもとめよ』とうとき,たみしゃかららせをけようとするせいしゃのために,ぶんたちのかみもとめるべきではないだろうか。

20 りっぽうあかしもとめなさい。もしかれがこのことしたがってかたらないとすれば,それはかれらのなかひかりがまったくないためである。

21 かれはそこでつらいい,えにくるしむ。そして,かれらはえるといらだって,ぶんたちのおうかみをのろってうえる。

22 またかれらがると,よ,さいなんくらやみくるしみのやみがあり,かれらはくらやみいやられる。」