ニーファイ第二書 18
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第​18​章

キリスト​は​つまずき​の​いしさまたげ​の​いわ​の​よう​で​ある。さえずる​くちせ​に​で​は​なく、しゅ​に​もとめよ。りっぽう​と​あかし​に​たよって​みちびき​を​よ。イザヤしょだい八​しょう​と​かく​せよ。げんぜんやく​五百五十九​ねん​から​五百四十五​ねん​に​いたる。

1 「さらに、しゅ​の​こと​が​わたし​に​われた。『おおきな​もの​を​一かんり、それに​つう​の​​で​​マヘル・​シャラル・​ハシ・​バズ​と​き​なさい。』

2 ​わたし​は、証言しょうげん​する​たしか​な​しょうにん​として、さい​ウリヤ​と​エベレキヤ​の​​の​ゼカリヤ​を​わたし​の​ため​に​てた。

3 ​わたし​が​おんなげんしゃ​の​もと​に​く​と、彼女かのじょ​は​ごもって​おとこ​を​んだ。すると、しゅ​は​わたし​に​われた。『この​​の​​を​マヘル・​シャラル・​ハシ・​バズ​と​び​なさい。

4 ​それ​は、よ、この​​が​まだ「おとうさん、おかあさん」と​ぶ​こと​を​らない​うち​に、ダマスコ​の​とみ​と​サマリヤ​の​ぶんり​ひん​が、アッスリヤ​の​おう​の​もと​に​はこび​られる​から​で​ある。』

5 しゅ​は​また​かさねて​わたし​に​われた。

6 『この​たみ​は​ゆるやか​に​ながれる​シロア​の​みず​を​てて、​レヂン​と​レマリヤ​の​​と​を​よろこんで​いる。

7 ​それゆえ​よ、しゅ​は​いきおい​と​水量すいりょう​の​ある​かわ​の​みず、すなわち​アッスリヤ​の​おう​と​かれ​の​すべて​の​えいこう​を​かれら​の​うえ​に​もたらす。それ​は​すべて​の​すい​に​あふれ、すべて​の​つつみ​を​え、

8 ​ユダ​に​ながみ、あふれ​みなぎって、くび​に​まで​たっする。おお、​インマヌエル​よ、かれ​の​つばさ​は​びて、あなた​の​くに​の​ひろがり​の​すべて​を​おおう。』

9 ​おお、たみ​よ、連合れんごう​せよ。それでも​あなたがた​は​くだかれる。とおく​の​くにぐに​の​すべて​の​もの​よ、みみ​を​かたむけよ。こし​に​おび​を​せよ。それでも​あなたがた​は​くだかれる。こし​に​おび​を​せよ。それでも​あなたがた​は​くだかれる。

10 ​ともに​はかれ。しかし、それ​は​​に​する。こと​を​せ。しかし​それ​は​おこなわれない。かみ​が​わたしたち​と​ともに​おられる​から​で​ある。

11 しゅ​は​つよい​​を​もって​つぎ​の​よう​に​わたし​に​かたり、この​たみ​の​みち​を​あゆまない​よう​に​わたし​を​さとされた。

12 『この​たみ​が「どうめい​を」と​う​すべて​の​あい​に、あなたがた​は「どうめい​を」と​って​は​ならない。かれら​の​おそれる​もの​を​おそれて​は​ならない。おののいて​は​ならない。

13 万軍ばんぐん​の​しゅ​を​せい​なる​かた​として​たたえ、その​かた​を​あなたがた​の​おそれ​と​し、また、あなたがた​の​おののき​と​しなさい。

14 ​そう​すれ​ば、その​かた​は​せいじょ​と​なる。しかし、イスラエル​の​りょう​に​は​​つまずき​の​いし​と​なり、さまたげ​の​いわ​と​なる。また、エルサレム​に​む​もの​に​は、わな​と​なり、としあな​と​なる。

15 ​そして​かれら​の​おおく​が​​つまずき、たおれ、くだかれ、わな​に​かかり、らえられる。』

16 あかし​を​たばね、りっぽう​を​わたし​の​​たち​の​なか​に​ふうじて​おき​なさい。

17 ​わたし​は、ヤコブ​の​いえ​から​かお​を​かくして​おられる​しゅ​を​のぞむ。わたし​は​しゅ​を​ける。

18 よ、わたし​と、しゅ​が​わたし​に​たまわった​ども​たち​は、シオン​の​やま​に​んで​おられる​万軍ばんぐん​の​しゅ​から​イスラエル​に​あたえられた​​しるし​で​あり、​で​ある。

19 人々ひとびと​が​あなた​に、『霊媒れいばい​に​もとめよ、さえずり​ささやく​くちせ​に​もとめよ』​と​う​とき、たみ​は​しゃ​から​らせ​を​けよう​と​する​生者せいしゃ​の​ため​に、ぶん​たち​の​かみ​に​もとめる​べき​で​は​ない​だろう​か。

20 りっぽう​と​あかし​に​もとめ​なさい。もし​かれら​が​この​こと​に​したがって​かたらない​と​すれ​ば、それ​は​かれら​の​なか​に​ひかり​が​まったく​ない​ため​で​ある。

21 かれら​は​そこ​で​つらい​​に​い、え​に​くるしむ。そして、かれら​は​える​と​いらだって、ぶん​たち​の​おう​と​かみ​を​のろって​うえ​を​る。

22 ​また​かれら​が​​を​る​と、災難さいなん​と​くらやみ​と​くるしみ​の​やみ​が​あり、かれら​は​くらやみ​に​いやられる。」