ニーファイ第二書 20
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第​20​章

アッスリヤ​の​めつぼう​は、しゅ​の​再臨さいりん​の​とき​の​あくにん​の​めつぼう​の​けい​で​ある。しゅ​が​ふたたび​られた​のち​に​のこる​人々ひとびと​は​わずか​で​ある。その​​に​は、ヤコブ​の​のこり​の​もの​が​かえって​る。イザヤしょだい十​しょうと​かく​せよ。げんぜんやく​五百五十九​ねん​から​五百四十五​ねん​に​いたる。

1 ​な​法令ほうれい​を​制定せいてい​する​もの​と、ぶん​の​さだめた​圧制あっせい​の​ほう​を​しるす​もの​は​わざわい​で​ある。

2 かれら​は​とぼしい​もの​を​こうへい​から​とおざけ、わたし​の​たみ​の​なか​の​まずしい​もの​から​けん​を​うばい、​やもめ​を​もの​に​し、ちち​の​いない​ども​から​略奪りゃくだつ​する。

3 ​あなたがた​は、刑罰けいばつ​の​​に​とおく​から​こうはい​が​る​とき、どう​する​つもり​か。あなたがた​は、だれ​の​もと​に​のがれて​たすけ​を​もとめる​つもり​か。ぶん​の​えいこう​を​どこ​に​のこそう​と​する​の​か。

4 ​わたし​が​いなかったら、かれら​は​とらわれた​もの​の​なか​に​かがみ、ころされた​もの​の​なか​に​し​たおれる。それでも​しゅ​の​いかり​は​やまず、しゅ​の​​は​ばされた​まま​で​ある。

5 『おお、アッスリヤ​びと​よ、わたし​の​いかり​の​むち​よ。かれら​の​​に​ある​つえ​は​かれら​の​いきどおり​で​ある。

6 ​わたし​は​かれ​を​つかわして​ぜん​の​くに​を​め​させる。かれ​に​めいじて​わたし​の​はげしい​いかり​の​たみ​を​めて​もの​を​うばわせ、もの​を​うばわせて、かれら​を​ちまた​の​どろ​の​よう​に​みにじらせる。

7 ​しかし、かれ​は​その​よう​に​は​おもわず、その​こころ​も​その​よう​に​は​かんがえない。かれ​の​こころ​に​ある​の​は、おおく​の​こくみん​を​ほろぼし、つ​こと​で​ある。

8 かれ​は​う。「わたし​の​諸侯しょこう​は​みなおう​で​は​ない​か。

9 ​カルノ​は​カルケミシ​の​よう​で​は​ない​か。ハマテ​は​アルパデ​の​よう​で​は​ない​か。サマリヤ​は​ダマスコ​の​よう​で​は​ない​か。

10 ​わたし​の​​は​ぐうぞう​の​おうこく​を​いくつ​も​きずき、その​彫像ちょうぞう​は​エルサレム​や​サマリヤ​の​もの​に​まさって​いた。

11 ​わたし​は、サマリヤ​と​その​ぐうぞう​に​おこなった​よう​に、エルサレム​と​その​ぐうぞう​に​も​おなじ​よう​に​おこなわない​だろう​か。」

12 ​そして、しゅ​が​シオン​の​やま​と​エルサレム​で​ぶん​の​すべて​の​わざ​を​げられる​と、わたし​は​​アッスリヤ​の​おう​の​がんきょうな​こころ​の​​と、かれら​の​ほこらしげ​な​たかぶり​を​ばっしよう。

13 ​それ​は、かれ​が​こう​う​から​で​ある。「わたし​は​ぶん​の​​の​ちから​で、また​ぶん​の​​で​これら​の​こと​を​おこなった。わたし​は​かしこい​から​だ。わたし​は​人々ひとびと​の​さかい​を​うつし、かれら​の​たから​を​略奪りゃくだつ​した。わたし​は​ゆう​の​よう​に​む​もの​を​征服せいふく​した。

14 ​わたし​の​​は、人々ひとびと​の​とみ​を​とり​の​​の​よう​に​つけた。また、のこされた​たまご​を​ひと​が​あつめる​よう​に、わたし​は​ぜん​を​あつめた。しかし、つばさ​を​うごかす​もの​も、くち​を​ひらく​もの​も、さえずる​もの​も​なかった。」』

15 おの​は、それ​を​使つかって​る​もの​に​かって、ぶん​を​ほこる​だろう​か。のこぎり​は、それ​を​ひく​もの​に​かって​たかぶる​だろう​か。それ​は​ちょうど、むち​が​それ​を​げる​もの​に​かって、ぶん​を​る​よう​な​もの​で​あり、また、つえ​が​​で​は​ない​か​の​よう​に、みずから​を​げる​よう​な​もの​で​ある。

16 ​それゆえ、万軍ばんぐん​の​しゅ​なる​しゅ​は、かれ​の​えた​もの​たち​の​なか​に​衰弱すいじゃく​を​おくり、かれ​の​えいこう​の​もと​で、​が​える​よう​に​ほのお​を​え​がらせる。

17 ​イスラエル​の​ひかり​は​​と​なり、その​せいじゃ​は​ほのお​と​なり、え​がって、一にち​の​うち​に​かれ​の​いばら​と​おどろ​と​を​き​くす。

18 ​また、かれ​の​もり​と​よく​えた​はたけ​の​さかえ​を、れい​も​からだ​も​二つ​ながら​に​き​くす。そこで、しゅ​が​よわり​てる​よう​に​かれら​も​その​よう​に​なる。

19 ​その​もり​に​のこる​​は​わずか​で​あって、ども​で​さえ​も、それ​を​める​こと​が​できる​で​あろう。

20 ​そして​​その​​に​は、イスラエル​の​のこり​の​もの​と​​ヤコブ​の​いえ​の​のがれた​もの​は、ぶん​たち​を​った​もの​に​もはや​たよらず、イスラエル​の​せいじゃ​なる​しゅ​に​ごころ​から​たよる。

21 のこり​の​もの、すなわち​ヤコブ​の​のこり​の​もの​は、ちから​ある​かみ​に​ち​かえる。

22 ​あなた​の​たみ​イスラエル​は​う み​の​すな​の​よう​で​あって​も、その​なか​の​のこり​の​もの​だけ​が​かえって​る。ほろび​は​すでに​さだまり、​が​​あふれよう​と​して​いる。

23 万軍ばんぐん​の​しゅ​なる​かみ​が、すでに​さだめられて​いる​ほろび​を​ぜん​に​およぼされる​から​で​ある。

24 ​それゆえ、万軍ばんぐん​の​しゅ​なる​かみ​は​こう​われる。『おお、シオン​に​む​わたし​の​たみ​よ、アッスリヤ​びと​を​おそれて​は​ならない。かれ​は​​エジプト​に​ならって​むち​で​あなた​を​ち、つえ​を​あなた​に​かって​げる。

25 ​しかし、もう​しばらく​すれ​ば​いきどおり​は​やみ、わたし​の​いかり​が​かれら​を​ほろぼす​で​あろう。』

26 万軍ばんぐん​の​しゅ​は、かつて​​ミデアンびと​が​オレブ​の​いわ​で​ころされた​とき​の​よう​に、かれ​に​かって​むち​を​るわれる。また、う み​の​うえ​に​つえ​が​かざされた​よう​に、しゅ​は​エジプト​で​の​れい​に​ならって、それ​を​げられる。

27 ​そして​その​​に​は、かれ​の​おも​は​あなた​の​かた​から​られ、かれ​の​くびき​は​あなた​の​くび​から​のぞかれ、また​あぶら​を​そそがれた​ため​に、その​くびき​は​くだかれる。

28 かれ​は​アイアテ​に​き、ミグロン​を​ぎ、ミクマシ​に​​を​いた。

29 かれら​は​わた​を​ぎて​ゲバ​に​宿やどった。ラマ​は​おののき、サウル​の​ギベア​は​げ​った。

30 ​おお、ガリム​の​むすめ​よ、こえ​を​げよ。おお、あわれ​な​アナトテ​よ、その​こえ​を​ライシ​に​かせよ。

31 ​マデメナ​は​すでに​げ​り、ゲビム​に​む​もの​は​あつまって​そう​と​して​いる。

32 ​しかし​その​かれ​は​ノブ​に​とどまり、シオン​の​むすめ​の​やま、エルサレム​の​おか​に​かって​​を​る。

33 よ、万軍ばんぐん​の​しゅ​なる​しゅ​は、おそろしい​いきおい​で​おおえだ​を​り​はらわれる。たけ​の​たかい​もの​は​とされ、そびえ​つ​もの​は​ひくく​される。

34 しゅ​は​てつ​で​もり​の​しげみ​を​り​たおされ、レバノン​は​ちから​ある​かた​に​よって​たおされる。」