ニーファイ第二書20
戻る 次へ


第20章

アッスリヤのめつぼうは,しゅさいりんときあくにんめつぼうけいである。しゅふたたられたのちのこひとびとはわずかである。そのには,ヤコブののこりのものかえってる。イザヤしょだいしょうかくげんぜんやく五百五十九ねんから五百四十五ねんいたる。

1 ほうれいせいていするものと,ぶんさだめたあっせいほうしるものわざわいである。

2 かれらはとぼしいものこうへいからとおざけ,わたしのたみなかまずしいものからけんうばい,やもめものにし,ちちのいないどもからりゃくだつする。

3 あなたがたは,けいばつとおくからこうはいるとき,どうするつもりか。あなたがたは,だれのもとにのがれてたすけをもとめるつもりか。ぶんえいこうをどこにのこそうとするのか。

4 わたしがいなかったら,かれらはとらわれたものなかにかがみ,ころされたものなかたおれる。それでもしゅいかりはやまず,しゅばされたままである。

5 『おお,アッスリヤびとよ,わたしのいかりのむちよ。かれらのにあるつえかれいきどおりである。

6 わたしはかれつかわしてぜんくにめさせる。かれめいじてわたしのはげしいいかりのたみめてものうばわせ,ものうばわせて,かれらをちまたのどろのようにみにじらせる。

7 しかし,かれはそのようにはおもわず,そのこころもそのようにはかんがえない。かれこころにあるのは,おおくのこくみんほろぼし,つことである。

8 かれう。「わたしのしょこうみなおうではないか。

9 カルノはカルケミシのようではないか。ハマテはアルパデのようではないか。サマリヤはダマスコのようではないか。

10 わたしのぐうぞうおうこくいくつもきずき,そのちょうぞうはエルサレムやサマリヤのものにまさっていた。

11 わたしは,サマリヤとそのぐうぞうおこなったように,エルサレムとそのぐうぞうにもおなじようにおこなわないだろうか。」

12 そして,しゅがシオンのやまとエルサレムでぶんのすべてのわざげられると,わたしはアッスリヤおうがんきょうこころと,かれらのほこらしげなたかぶりをばっしよう。

13 それは,かれがこううからである。「わたしはぶんちからで,またぶんでこれらのことをおこなった。わたしはかしこいからだ。わたしはひとびとさかいうつし,かれらのたからりゃくだつした。わたしはゆうのようにものせいふくした。

14 わたしのは,ひとびととみとりのようにつけた。また,のこされたたまごひとあつめるように,わたしはぜんあつめた。しかし,つばさうごかすものも,くちひらものも,さえずるものもなかった。」』

15 おのは,それを使つかってものかって,ぶんほこるだろうか。のこぎりは,それをひくものかってたかぶるだろうか。それはちょうど,むちがそれをげるものかって,ぶんるようなものであり,また,つえではないかのように,みずからをげるようなものである。

16 それゆえ,ばんぐんしゅなるしゅは,かれえたものたちのなかすいじゃくおくり,かれえいこうもとで,えるようにほのおがらせる。

17 イスラエルのひかりとなり,そのせいじゃほのおとなり,がって,一にちのうちにかれのいばらとおどろとをくす。

18 また,かれもりとよくえたはたけさかえを,れいからだも二つながらにくす。そこで,しゅよわてるようにかれらもそのようになる。

19 そのもりのこはわずかであって,どもでさえも,それをめることができるであろう。

20 そしてそのには,イスラエルののこりのものヤコブのいえのがれたものは,ぶんたちをったものにもはやたよらず,イスラエルのせいじゃなるしゅごころからたよる。

21 のこりのもの,すなわちヤコブののこりのものは,ちからあるかみかえる。

22 あなたのたみイスラエルはうみすなのようであっても,そのなかのこりのものだけがかえってる。ほろはすでにさだまり,あふれようとしている。

23 ばんぐんしゅなるかみが,すでにさだめられているほろびをぜんおよぼされるからである。

24 それゆえ,ばんぐんしゅなるかみはこうわれる。『おお,シオンにむわたしのたみよ,アッスリヤびとおそれてはならない。かれエジプトにならってむちであなたをち,つえをあなたにかってげる。

25 しかし,もうしばらくすればいきどおりはやみ,わたしのいかりがかれらをほろぼすであろう。』

26 ばんぐんしゅは,かつてミデアンびとがオレブのいわころされたときのように,かれかってむちるわれる。また,うみうえつえがかざされたように,しゅはエジプトでのれいならって,それをげられる。

27 そしてそのには,かれおもはあなたのかたからられ,かれのくびきはあなたのくびからのぞかれ,またあぶらそそがれたために,そのくびきはくだかれる。

28 かれはアイアテにき,ミグロンをぎ,ミクマシにいた。

29 かれらはわたぎてゲバに宿やどった。ラマはおののき,サウルのギベアはった。

30 おお,ガリムのむすめよ,こえげよ。おお,あわれなアナトテよ,そのこえをライシにかせよ。

31 マデメナはすでにり,ゲビムにものあつまってそうとしている。

32 しかしそのかれはノブにとどまり,シオンのむすめやま,エルサレムのおかかってる。

33 よ,ばんぐんしゅなるしゅは,おそろしいいきおいでおおえだはらわれる。たけたかものはとされ,そびえつものはひくくされる。

34 しゅてつもりしげみをたおされ,レバノンはちからあるかたによってたおされる。」