ニーファイ第二書 24
    脚注

    第​24​章

    イスラエル​は​あつめられ、ふくせんねん​の​あんそく​を​きょうじゅ​する。ルシフェル​は​そむいた​ため​に​てん​から​された。イスラエル​は​バビロン()に​つ。イザヤしょだい十四​しょう​と​かく​せよ。げんぜんやく​五百五十九​ねん​から​五百四十五​ねん​に​いたる。

    1 しゅ​は​ヤコブ​を​あわれみ、やがて​イスラエル​を​えらんで、かれら​を​かれら​しん​の​​に​かれる。また、らぬ​もの​たち​が​かれら​に​つらなり、ヤコブ​の​いえ​に​むすびつく。

    2 人々ひとびと​は​かれら​を​れて、かれら​の​​に​みちびく。まことに、とおく​から​​の​て​まで​かれら​を​みちびく。そして、かれら​は​ぶん​たち​の​やくそく​の​​に​かえる。イスラエル​の​いえ​は​それら​を​しょゆう​し、しゅ​の​​は​しもべ​の​もの​と​なり、はしため​の​もの​と​なる。そして​かれら​は、かつて​ぶん​たち​を​とりこ​に​した​もの​を​とりこ​に​し、ぶん​たち​を​しいたげた​もの​を​おさめる。

    3 ​そして​その​しゅ​は​あなた​の​かなしみ​と​おそれ​を​のぞき、また​あなた​が​ふくした​つらい​えき​を​いて、あなた​に​あんそく​を​あたえられる。

    4 ​そして​その​、あなた​は​​バビロン​の​おう​に​たいして​つぎ​の​こと​を​げて​う。『しいたげる​もの​が​どうして​てた​の​か。黄金おうごん​の​みやこ​が​どうして​ほろびた​の​か。

    5 しゅ​は​あくにん​の​つえはいしゃ​たち​の​しゃく​を​られた。

    6 はげしい​いかり​を​もって​たみ​を​ち​つづけて​くるしめた​ものいかり​の​うち​に​こくみん​を​おさめた​もの​は​いまめられる。そして、それ​を​とどめる​もの​は​だれ​も​いない。

    7 ぜん​は​あんそく​を​おだやか​に​なり、人々ひとびと​は​こえ​を​はなって​うたう。

    8 ​まことに、​もみ​の​​も、レバノン​の​すぎ​の​​も​あなた​の​こと​を​よろこんで​う。「あなた​が​たおれて​から、わたしたち​を​り​に​る​​きこり​は​ひと​も​いない。」

    9 した​の​ごく​は、あなた​が​る​の​を​むかえて​れ​うごく。あなた​の​ため​に​しゃ​を、すなわち​​の​すべて​の​どうしゃ​たち​を​り​こす。また、くにぐに​の​すべて​の​おう​たち​を​その​おう​から​がらせる。

    10 かれら​は​みな、あなた​に​げて​う。「あなた​も​また、わたしたち​の​よう​に​よわく​なった​の​か。あなた​も、わたしたち​と​おなじ​よう​に​なった​の​か。」

    11 ​あなた​の​はなやかさ​は​はか​に​ほうむられ、あなた​の​こと​の​​は​こえない。うじ​が​あなた​の​した​に​かれ、また​あなた​を​おおう。

    12 ​おお、あかつき​の​​ルシフェル​よ、あなた​は​​どうして​てん​から​ちた​の​か。もろもろ​の​くにぐに​を​ちのめした​あなた​が、​に​り​たおされる​と​は。

    13 ​あなた​は​かつて​こころ​の​なか​で​った。「​わたし​は​てん​に​のぼり、わたし​の​おう​を​かみ​の​もろもろ​の​ほし​より​も​たかく​しよう。また、きた​の​て​に​ある​集会しゅうかい​の​やま​に​そう。

    14 ​わたし​は​くも​の​いただき​に​のぼり、いと​たかき​もの​の​よう​に​なろう。」

    15 ​しかし、あなた​は​ごく​に​とされ、あな​の​そこ​に​れられる。

    16 ​あなた​を​る​もの​は​​つくづく​と​あなた​を​、あなた​に​​を​めて​う。「これ​が​​を​ふるわせ、もろもろ​の​おうこく​を​うごかした​もの​か。

    17 かい​を​​の​よう​に​し、その​もろもろ​の​まち​を​ほろぼし、らえた​もの​たち​を​釈放しゃくほう​しなかった​もの​か。」

    18 ​もろもろ​の​くに​の​おう​たち​は​みな、まことに​すべて​の​おう​たち​は​それぞれ、とうとい​ありさま​で​ぶん​の​いえ​に​よこたわって​いる。

    19 ​しかし、あなた​は​み​きらわれる​えだ​の​よう​に​はか​の​そと​に​される。また、つるぎ​で​ころされた​もの​の​のこり​は、あな​の​そこ​に​げ​とされる。まるで、あし​で​みつけられる​しかばね​の​よう​で​ある。

    20 ​あなた​は​ぶん​の​くに​を​ほろぼし、ぶん​の​たみ​を​ころした​ので、かれら​と​ともに​は​ほうむられない。あく​を​おこなう​もの​の​そん​は、けっして​​を​られる​こと​が​ない。

    21 せん​が​ざいあく​を​おかした​ので、かれ​の​そん​が​って​​を​占領せんりょう​して、かい​の​おもて​を​もろもろ​の​まち​で​たす​こと​の​ない​よう​に、そん​を​ころす​そなえ​を​しなさい。』

    22 万軍ばんぐん​の​しゅ​は​われる。『わたし​は​かれら​に​さからって​ち、バビロン​から​その​​と、のこり​の​もの​と、むす​と、まご​と​を​とう。』​そう​しゅ​は​われる。

    23 『わたし​は​バビロン​を​さぎ​の​みか​と​し、みず​の​いけ​と​する。また、ほろび​の​ほうき​で​それ​を​こう。』​万軍ばんぐん​の​しゅ​は​そう​われる。

    24 万軍ばんぐん​の​しゅ​は​ちかって​われた。『わたし​が​おもった​よう​に​かならず​こと​は​り、わたし​が​さだめた​よう​に​かならず​つ。

    25 ​わたし​は​​アッスリヤ​びと​を​わたし​の​​に​はいらせ、​わたし​の​山々やまやま​の​うえ​で​みにじろう。その​とき、アッスリヤ​びと​の​​くびき​は​イスラエル​から​られ、その​おも​は​かれら​の​かた​から​のぞかれる。』

    26 ​これ​は​ぜん​に​たいして​さだめられた​こと​で​あり、また​これ​は、​すべて​の​くに​の​うえ​に​ばされた​​で​ある。

    27 万軍ばんぐん​の​しゅ​が​さだめられた​もの​を、だれ​が​せよう​か。しゅ​の​​が​ばされて​いる​の​を、だれ​が​もどせよう​か。

    28 ​アハズ​おう​の​んだ​とし​に、この​たくせん​が​あった。

    29 『ペリシテ​の​ぜん​よ、あなた​を​った​もの​の​むち​が​れた​から​と​いって​よろこんで​は​ならない。へび​の​​から​まむし​が​、その​​は​​の​ぶ​へび​と​なる​から​で​ある。

    30 まずしい​もの​の​うい​は​食物しょくもつ​を​て、とぼしい​もの​は​やすらか​に​す。わたし​は​あなた​の​​を​きん​で​らし、かれ​は​あなた​の​のこり​の​もの​を​ころす。

    31 ​おお、もん​よ、き​わめけ。おお、まち​よ、さけべ。ペリシテ​の​ぜん​よ、くずれよ。きた​から​けむり​が​る​から​で​ある。さだめられた​とき​に​ひとり​で​いる​もの​は​だれ​も​いない。』

    32 ​その​とき、くにぐに​の​使しゃ​たち​は​なん​と​こたえる​だろう​か。『しゅ​は​​シオン​を​きずかれた。しゅ​の​たみ​の​まずしい​もの​は​それに​たよる』​と​こたえる。」