ニーファイ第二書14
戻る 次へ


第14章

シオンとそのむすめたち,ふくせんねんあがなわれ,きよめられる。イザヤしょだいしょうかくげんぜんやく五百五十九ねんから五百四十五ねんいたる。

1 「その,七にんおんな一人ひとりおとこりすがってう。『わたしたちはぶんのパンをべ,ぶんものます。ただわたしたちをあなたのばれるようにし,わたしたちのはじのぞいてください。』

2 そのしゅえだうるわしくえいこうち,さんぶつは,イスラエルののがれたものにとってなみはずれてうるわしくなる。

3 そして,シオンにのこもの,エルサレムにとどまるもの,すなわちエルサレムでらすものとしてしるされているすべてのものは,せいなるものばれる。

4 しゅがそのさばきのれいくすれいによって,シオンのむすめたちのけがれをあらきよ,エルサレムのをそのなかからすすぎきよめられるとき,そのことはこる。

5 しゅはシオンのやまのすべてのまいと,そのしゅうかいのうえに,ひるくもけむりよるえるかがやきをもうけられる。シオンのすべてのえいこうのうえにまもりがあるためである。

6 また一つのまくがあって,ひるあつさをけるかげとなり,またどころとなり,あらしあめをしのぐかくしょとなる。」