ニーファイ第二書 14
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第​14​章

シオン​と​その​むすめ​たち、ふくせんねん​に​あがなわれ、きよめられる。イザヤしょだい四​しょう​と​かく​せよ。げんぜんやく​五百五十九​ねん​から​五百四十五​ねん​に​いたる。

1 「その​、七​にん​の​おんな​が​ひと​の​おとこ​に​りすがって​う。『わたしたち​は​ぶん​の​パン​を​べ、ぶん​の​もの​を​​ます。ただ​わたしたち​を​あなた​の​​で​ばれる​よう​に​し、わたしたち​の​はじ​を​のぞいて​ください。』

2 ​その​しゅ​の​えだ​は​うるわしく​えいこう​に​ち、​の​産物さんぶつ​は、イスラエル​の​のがれた​もの​に​とって​なみはずれて​うるわしく​なる。

3 ​そして、シオン​に​のこる​もの、エルサレム​に​とどまる​もの、すなわち​エルサレム​で​らす​もの​として​しるされて​いる​すべて​の​もの​は、せい​なる​もの​と​ばれる。

4 しゅ​が​その​さばき​の​れい​と​き​くす​れい​に​よって、シオン​の​むすめ​たち​の​けがれ​を​あらい​きよめ、エルサレム​の​​を​その​なか​から​すすぎ​きよめられる​とき、その​こと​は​こる。

5 しゅ​は​シオン​の​やま​の​すべて​の​まい​と、その​集会しゅうかい​の​うえ​に、ひる​は​くも​と​けむりよる​は​える​​の​かがやき​を​もうけられる。シオン​の​すべて​の​えいこう​の​うえ​に​まもり​が​ある​ため​で​ある。

6 ​また​一つ​の​まく​が​あって、ひる​は​あつさ​を​ける​かげ​と​なり、また​け​どころ​と​なり、あらし​と​あめ​を​しのぐ​かくれ​しょ​と​なる。」