ニーファイ第二書4
戻る 次へ

第4章

リーハイ,そんかんこくしゅくふくのこす。そののちんでほうむられる。ニーファイ,かみいつくしみをよろこび,とこしえにしゅしんらいせる。げんぜんやく五百八十八ねんから五百七十ねんいたる。

1 さて,わたしニーファイは,エジプトにれてかれたヨセフかんし,ちちかたったげんについてべる。

2 よ,ヨセフはぶんのすべてのそんについてげんした。そして,かれしるしたげんまさるものはすくない。かれはわたしたちと,わたしたちのしょうらいそんについてげんした。そのげんしんちゅうはんしるされている。

3 それでちちは,ヨセフのげんについてかたえると,レーマンのども,すなわちレーマンのむすむすめたちをせてった。「よ,わたしのちょうむすむすめであるわたしのまごたちよ,わたしのことみみかたむけてほしい。

4 それはしゅなるかみが,『あなたがたは,わたしのめいれいまもるかぎりさかえる。しかし,わたしのめいれいまもらなければ,わたしのまえからたれる』とわれたからである。

5 しかしよ,わたしのまごたちよ,わたしはあなたがたにしゅくふくのこさなければ,はかはいることができない。よ,わたしは,あなたがたがくべきみちしたがってそだてられるならば,そのみちからはなれないことをっているからである。

6 したがって,もしあなたがたがのろわれるならば,よ,そののろいがあなたがたからられて,そのせきにんりょうしんこうべするように,わたしはあなたがたにしゅくふくのこす。

7 したがって,わたしのしゅくふくのゆえに,しゅなるかみはあなたがたがほろびるのをゆるさず,あなたがたとそんを,とこしえにあわれんでくださるであろう。」

8 さて,ちちはレーマンのむすむすめたちにかたえると,つぎにレムエルのむすむすめたちをぶんまえれてさせた。

9 そして,ちちかれらにった。「よ,わたしのなんむすむすめであるまごたちよ,よ,わたしはレーマンのむすむすめたちにのこしたしゅくふくおなしゅくふくをあなたがたにのこす。したがって,あなたがたはことごとくほろぼされてしまうことはなく,あなたがたのそんは,さいにはしゅくふくされるであろう。」

10 そしてちちは,かれらにかたえると,よ,イシマエルむすたちと,またイシマエルのいえのすべてのものかたった。

11 そして,かれらにかたえると,ちちはサムにった。「あなたとあなたのそんさいわいである。あなたはおとうとのニーファイとどうように,ぐからである。あなたのそんは,ニーファイのそんとともにかぞえられる。そして,あなたはおとうとおなじようになり,あなたのそんおとうとそんおなじようになる。そしてあなたはしょうがいしゅくふくけるであろう。」

12 そしてちちリーハイは,ぶんこころかんじるままに,またぶんうちにあるしゅたましたがって,ぶんいえのすべてのものかたったのちとしいて,んでほうむられた。

13 さて,ちちいくにちもたたないうちに,レーマンとレムエル,それにイシマエルのむすたちは,しゅかんこくのことでわたしにはらてた。

14 それは,わたしニーファイがしゅことうながされて,やむをかれらにかたったからである。わたしはそれまでにおおくのことをかれらにかたり,ちちせいぜんおおくのことをかれらにかたってきた。そして,かたったことのおおくは,わたしのつくったほかのはんしるしてある。わたしのつくったほかのはんには,れきかんするぶんおおしるしてあるからである。

15 そしてこのはんには,わたししんのことと,しんちゅうはんきざまれているせいぶんおおくをしるす。わたしはせいぶんよろこびをかんじるからである。わたしはせいぶんについてこころふかかんが,わたしのそんしきとなりえきとなるようにこれをしるす。

16 よ,わたしはしゅかんすることによろこかんじる。わたしのこころは,これまでにきしたことをえずふかかんがえている。

17 それでも,しゅふかいつくしみを,おおいなるおどろくべきわざなかでわたしにしめしてくださっているにもかかわらず,わたしのこころは,「おお,わたしはなんみじめなにんげんなのだろう」とさけぶ。まことに,わたしのこころはわたしのにくのためにのうし,わたしのれいはわたしのざいあくのためになげく。

18 わたしは,じょうにたやすくまとわりつくゆうわくつみかこまれている。

19 そしてわたしがよろこぼうとすると,こころつみのためにうめきくるしむ。それでもわたしは,これまでにぶんがだれにたよってきたかをっている。

20 わたしをささえてこられたのはかみである。かみはわたしがなんっていたときに,いつもわたしをみちびき,またそこれないふかみのうみうえでも,わたしをまもられた。

21 かみは,わたしのにくたいきるほどに,わたしをあいたされた。

22 また,わたしのてきはずかしめ,わたしのまえかれらのふるえさせられた。

23 よ,かみは,にっちゅうはわたしのたんがんき,よるげんによってわたしにしきさずけられた。

24 またにっちゅう,わたしはかみまえねつれついのちからづよくささげ,まことにわたしのこえてんかってげた。するとてん使たちがくだってて,わたしにつかえてくれた。

25 わたしのからだかみたまつばさせられて,じょうたかやまうえはこばれてった。そしてわたしのかずかずだいなことを,まことにひとにとってあまりにもだいすぎることをた。そのためにわたしは,それらのことをしるしてはならないとげられた。

26 おお,わたしがそれほどだいなことをたのであれば,そしてしゅが,ひとらにたいしてしんひくくして,それほどふかあわれみをもってひとびとおとずれてこられたとするならば,たとえわたしがなんったからとって,どうしてわたしのこころなみだし,わたしのれいかなしみのたににとどまり,わたしのにくたいがやせおとろえ,わたしのちからよわくなってよいだろうか。

27 またわたしのにくのことで,どうしてつみけてよいだろうか。まことに,どうしてゆうわくけて,しきものがわたしのこころはいって,わたしのへいあんやぶり,わたしのれいくるしめるのをゆるしてよいだろうか。わたしがてきのことでいかりをいだくのはなぜなのか。

28 めよ,わたしのれいよ。もはやつみなかでしおれるな。よろこべ,おお,わたしのこころよ。もうわたしのてきしょあたえてはならない。

29 わたしのてきのことでいかってはならない。なんのためにちからよわくしてはならない。

30 よろこべ,おお,わたしのこころよ。しゅさけもとめてえ。「おお,しゅよ,わたしはとこしえにあなたをほめたたえます。まことに,わたしのかみであり,わたしのすくいのいわであるあなたをよろこびます。

31 おお,しゅよ,わたしをあがなってください。わたしをてきからおすくいください。わたしがつみきざしにふるえおののくようにしてください。

32 わたしのこころくだかれており,わたしのれいいていますので,ごくもんがいつもわたしのまえじていますように。おお,しゅよ,わたしがひくたにみちあゆ,しっかりとへいたんみちすすむことができるように,わたしのまえもんざさないでください。

33 おお,しゅよ,あなたのころもでわたしをつつんでください。おお,しゅよ,わたしがてきまえからのがれられるようにみちそなえてください。わたしのまえみちをまっすぐにしてください。つまずかせるものをわたしのみちかず,わたしのまえみちひらいてください。わたしのみちさえぎらず,てきみちをふさいでください。

34 おお,しゅよ,わたしはあなたをたよってまいりました。これからもとこしえに,あなたをたよってまいります。わたしはにくうでたよものはのろわれることをっているので,にくうでにはたよりません。まことに,ひとたよもの,すなわちにくぶんうでとするものはのろわれます。

35 まことに,わたしは,かみもとめるものにはしみなくあたえられることをっています。わたしがどうはずれたもとかたをしなければ,わたしのかみはわたしにあたえてくださいます。それでわたしはあなたにこえげ,まことに,わたしのかみ,わたしのいわであるあなたにさけもとめます。まことに,わたしのこえはわたしのいわであり,えいえんかみであるあなたのみもとに,とこしえにのぼることでしょう。アーメン。」