ニーファイ第二書 15
    脚注

    第​15​章

    しゅ​の​ぶどう​えん(イスラエル)は​れ​すたれ、しゅ​の​たみ​は​らされる。背教はいきょう​し、らされた​じょうたい​に​ある​かれら​に、数々かずかず​の​わざわい​が​およぶ。しゅ​は​一つ​の​はた​を​かかげ、イスラエル​を​あつめられる。イザヤしょだい五​しょう​と​かく​せよ。げんぜんやく​五百五十九​ねん​から​五百四十五​ねん​に​いたる。

    1 「その​とき​に、わたし​は​ふかく​あいする​もの​に、その​ひと​の​ぶどう​えん​に​ついて​わたし​の​あいする​もの​の​うた​を​うたおう。わたし​の​あいする​もの​は、よく​えた​おか​に​ぶどう​えん​を​って​いた。

    2 かれ​は​そこ​に​かき​を​めぐらし、その​なか​の​いし​を​のぞき、そこ​に​もっとも​い​​ぶどう​を​え、その​なか​に​やぐら​を​て、また​そこ​に​ぶどう​の​しぼ​を​もうけた。そして、ぶどう​が​なる​の​を​のぞんだ。ところが、なった​の​は​くない​ぶどう​で​あった。

    3 ​さて、おお、エルサレム​に​む​もの​たち​と、ユダ​の​人々ひとびと​よ、さあ、わたし​と​ぶどう​えん​と​の​あいだ​を​さばき​なさい。

    4 『わたし​が​ぶどう​えん​に​した​こと​の​ほか​に、なにか​もっと​そこ​で​できた​こと​が​あった​だろう​か。わたし​は​ぶどう​が​なる​の​を​のぞんで​いた​の​に、なった​の​は​くない​ぶどう​で​あった。

    5 ​さあ、わたし​は​ぶん​が​ぶどう​えん​に​おこなおう​と​して​いる​こと​を、あなたがた​に​げよう。わたし​は​その​かき​を​って、い​くされる​に​まかせる。また、その​へい​を​こわして、みにじられる​に​まかせる。

    6 ​わたし​は​それ​を​れる​まま​に​して​おき、む​こと​も、たがやす​こと​も​せず、​いばら​と​おどろ​を​え​させる。また​わたし​は、くも​に​めいじ、その​うえ​に​あめ​を​らせない。』

    7 万軍ばんぐん​の​しゅ​の​​ぶどう​えん​は​イスラエル​の​いえ​で​あり、ユダ​の​人々ひとびと​は​しゅ​が​たのしみ​に​して​えられた​なえ​で​ある。しゅ​は​こうへい​を​のぞまれた​の​に、よ、圧制あっせい​を​のぞまれた​の​に、よ、さけび。

    8 あき​が​なくなる​まで​いえ​に​いえ​を​て​つらね、ぶん​たち​だけ​が​くに​の​なか​に​いよう​と​する​もの​は​わざわい​で​ある。

    9 万軍ばんぐん​の​しゅ​が​わたし​の​みみ​に​われた。『おおく​の​いえ​が​かならず​れ​すたれ、おおきな​うるわしい​もろもろ​の​まち​は​む​もの​の​ない​ところ​と​なる。

    10 ​まことに、十​エーカー​の​ぶどう​えん​は​一​​バテ​の​​しか​むすばず、一​ホメル​の​たね​は​わずか​に​一​エパ​の​​しか​むすばない。』

    11 あさはやく​きて​つよい​さけ​を​い​もとめ、よる​まで​み​つづけて、​ぶどう​しゅ​に​​を​かれる​もの​は​わざわい​で​ある。

    12 かれら​の​酒宴しゅえん​に​は、こと​と​竪琴たてごとつづみ​と​ふえ​と​ぶどう​しゅ​が​ある。しかし、かれら​は​しゅ​の​わざ​に​き​も​せず、しゅ​の​​の​はたらき​に​​を​めない。

    13 ​それゆえ、わたし​の​たみ​は​​の​ため​に​とらわれ​の​​と​なる。かれら​の​こうかん​たち​は​え、民衆みんしゅう​は​かわき​で​がる。

    14 ​それゆえ、ごく​は​ひろがり、その​くち​を​かぎりなく​ひらく。そして​かれら​の​えい​と、かれら​の​どよめき​と、かれら​の​はなやかさ、および​よろこび​たのしむ​もの​は、その​なか​に​む。

    15 ​の​ひくい​もの​は​さらに​げられ、ちから​ある​もの​は​ひくく​され、たかぶる​もの​の​​は​ひくく​される。

    16 ​しかし、万軍ばんぐん​の​しゅ​は​こうへい​に​よって​あがめられ、せい​なる​かみ​は​​を​もって​神聖しんせい​で​ある​と​たたえられる。

    17 ​その​とき、ひつじ​たち​は​ぶん​の​まき​に​いる​よう​に​くさ​を​はみ、らぬ​もの​たち​は​えた​もの​たち​の​のこし​を​べる。

    18 きょえい​の​なわ​で​あく​を​せ、くるま​の​つな​で​する​よう​に​つみ​を​せる​もの​は​わざわい​で​ある。

    19 かれ​は​う。『我々われわれ​に​える​よう​に、かれ​を​いそがせ、かれ​の​わざ​を​はやく​させよ。我々われわれ​が​る​こと​が​できる​よう​に、イスラエル​の​せいじゃ​の​かんこく​を​そば​ちかく​に​せよ。』

    20 あく​を​ぜん​と​び、ぜん​を​あく​と​び、やみ​を​ひかり​と​し、ひかり​を​やみ​と​し、にがい​もの​を​あまい、あまい​もの​を​にがい​と​する​もの​は​わざわい​で​ある。

    21 ぶん​を​て​かしこい​と​おもう​ものぶん​を​て​分別ふんべつ​が​ある​と​おもう​もの​は​わざわい​で​ある。

    22 ​ぶどう​しゅ​を​む​の​に​つよい​ものつよい​さけ​を​ぜ​わせる​ごう​の​もの​は​わざわい​で​ある。

    23 かれら​は​わいろ​の​ため​に​あくにん​を​​と​し、じん​から​その​​を​うばう。

    24 ​それゆえ、​が​​わら​を​き​くし、ほのお​が​​もみがら​を​なめ​くす​よう​に、かれら​の​​は​くさり、かれら​の​はな​は​ちり​の​よう​に​る。かれら​が​万軍ばんぐん​の​しゅ​の​りっぽう​を​て、イスラエル​の​せいじゃ​の​こと​を​あなどった​から​で​ある。

    25 ​それゆえ、しゅ​の​いかり​は​しゅ​の​たみ​に​かって​え、しゅ​は​かれら​に​たいして​​を​ばし、かれら​を​たれた。もろもろの​おか​は​れ​うごき、かれら​の​しかばね​は​とおり​で​かれた。それでも​しゅ​の​いかり​は​かれず、なお​も​​は​ばされて​いる。

    26 しゅ​は​とおく​はなれた​こくみん​に​一つ​の​はた​を​かかげ、​の​て​から​かれら​を​ばれる。すると、かれら​は​いそいで​すみやか​に​る。よ、かれら​の​なか​に​は​つかれる​もの​も、つまずく​もの​も​ない。

    27 ​また、まどろむ​もの​も、ねむる​もの​も​ない。かれら​の​こし​の​おび​は​けず、くつ​の​ひも​も​れない。

    28 ​その​​は​するどく、その​ゆみ​は​ことごとく​って​いる。そして、その​うま​の​ひづめ​は​ち​いし​の​よう​に、その​車輪しゃりん​は​旋風せんぷう​の​よう​に、その​とどろき​は​ライオン​の​よう​に​おもわれる。

    29 かれら​は​わかい​​ライオン​の​よう​に​ほえる。ほえて、もの​を​らえる​と、確実かくじつ​に​はこび​る​ので、だれ​も​すくい​す​もの​は​いない。

    30 ​その​かれら​は​うみり​の​よう​に​かれら​に​ほえる。もし​かれら​が​​を​る​なら​ば、よ、くらやみ​と​かなしみ​が​あり、ひかり​は​てん​で​くらく​なる。」