ニーファイ第二書 19
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第​19​章

イザヤ、メシヤ​に​ついて​かたる。くらやみ​の​なか​に​いる​人々ひとびと​は​おおきな​ひかり​を​る。わたしたち​の​ため​に、ひと​の​みどりご​が​まれる。その​みどりご​は​へい​の​きみ​と​なり、ダビデ​の​おう​に​いて​おさめる。イザヤしょだい九​しょう​と​かく​せよ。げんぜんやく​五百五十九​ねん​から​五百四十五​ねん​に​いたる。

1 「しかし、その​やみ​は、はじめ​しゅ​が​​ゼブルン​の​​と​ナフタリ​の​​を​すこし​ばかり​くるしめ、のち​に​それ​より​も​はげしく、ヨルダン​の​こう​の​こうかい​の​みち沿い​に​もろもろ​の​こくみん​の​む​ガリラヤ​を​くるしめられた​とき​の、その​くるしみ​の​よう​で​は​ない。

2 くらやみ​の​なか​を​あるいて​いた​人々ひとびと​は​おおきな​ひかり​を​た。​の​かげ​の​​に​む​もの​たち​の​うえ​に​ひかり​が​さした。

3 ​あなた​は​たみ​を​やし、よろこび​を​し​くわえられた。かれら​は​れ​の​とき​に​よろこぶ​よう​に、また​おとこ​たち​が​ぶんり​ひん​を​ける​とき​に​よろこぶ​よう​に、あなた​の​まえ​で​よろこぶ。

4 ​あなた​が​かれ​の​おも​の​くびき​と、かれ​の​かた​の​ぼう​と、かれ​を​しいたげる​もの​の​むち​を​られた​から​だ。

5 せん​の​たたかい​に​は、ことごとく​さわがしい​おと​と​​に​まみれた​ころも​が​ともなう​が、しかし​これ​は、はらい​と​​の​たきぎ​に​よって​おこなわれる。

6 ​わたしたち​の​ため​に​ひと​の​​みどりご​が​まれる。わたしたち​の​ため​に​ひと​の​おとこ​が​あたえられる。しゅけん​は​かれ​の​かた​に​あり、その​​は​霊妙れいみょうじょげんしゃちから​ある​かみ永遠えいえん​の​ちちへい​の​きみ​と​となえられる。

7 ​ダビデ​の​おう​に​も、また​かれ​の​おうこく​に​おいて​も、かれ​の​しゅけん​と​へい​と​は​し​くわわって​かぎりなく、これから​のち​とこしえ​に​こうへい​と​こうせい​に​よって​おうこく​は​ととのえられて、かくりつ​される。万軍ばんぐん​の​しゅ​の​ねつ​が​これ​を​おこなう​の​で​ある。

8 しゅ​は​ヤコブ​に​こと​を​おくられ、それ​は​​イスラエル​に​およんだ。

9 ​すべて​の​ひと​は​る​で​あろう。エフライム​や​サマリヤ​に​む​もの​で​さえ​たかぶり​おごった​こころ​で​こう​う​の​を。

10 『れんが​が​くずれて​も​いし​で​てよう。いちじく​の​​が​り​たおされて​も​すぎ​の​​で​それに​えよう。』

11 ​それゆえ、しゅ​は​​レヂン​の​てき​を​かれ​に​たいして​て、かれ​の​てき​を​連合れんごう​される。

12 ぜんぽう​に​スリヤびと​が​おり、こうほう​に​は​ペリシテびと​が​いて、かれら​は​大口おおぐち​を​けて​イスラエル​を​い​くす。それでも​しゅ​の​いかり​は​かれず、しゅ​の​​は​ばされた​まま​で​ある。

13 人々ひとびと​が​ぶん​たち​を​つ​かた​に​ち​かえらず、また​万軍ばんぐん​の​しゅ​を​もとめない​から​で​ある。

14 ​それゆえ、しゅ​は​一にち​の​うち​に、イスラエル​から​あたま​と​、また​えだ​と​あし​を​られる。

15 ​その​あたま​と​は​長老ちょうろう​で​あり、その​​と​は​いつわり​を​おしえる​げんしゃ​で​ある。

16 ​この​人々ひとびと​を​みちびく​もの​たち​は​たみ​を​あやまらせ、かれら​から​みちびき​を​ける​もの​は​ほろびる。

17 ​それゆえ、しゅ​は​かれら​の​わかい​おとこ​たち​を​よろこばず、ちち​の​いない​ども​や​やもめ​に​あわれみ​を​かけられない。かれら​は​ことごとく​ぜんしゃ​で​あり、あく​を​おこなう​もの​で​あって、すべて​の​くち​が​おろか​な​こと​を​かたる​から​で​ある。それでも​しゅ​の​いかり​は​かれず、しゅ​の​​は​ばされた​まま​で​ある。

18 あく​は​​の​よう​に​さかる。​は​いばら​と​おどろ​を​き​くし、もり​の​しげみ​を​たせ、しげみ​は​けむり​の​はしら​の​よう​に​がる。

19 万軍ばんぐん​の​しゅ​の​はげしい​いかり​に​よって​​は​くらく​なり、たみ​は​​の​たきぎ​の​よう​に​なる​が、​だれ​ひと​その​きょうだい​を​すくう​もの​は​いない。

20 かれ​は​みぎ​で​ったくって​も​なお​え、ひだり​で​らって​も​たされる​こと​は​ない。かれら​は​みな各々おのおのぶん​の​うで​の​にく​を​らう​よう​に​なる。

21 ​マナセ​は​​エフライム​を、エフライム​は​マナセ​を​め、両者りょうしゃ​は​ともに​​ユダ​を​める。それでも​しゅ​の​いかり​は​かれず、しゅ​の​​は​なお​ばされた​まま​で​ある。」