ニーファイ第二書5
戻る 次へ

第5章

ニーファイじんはレーマンじんからかれ,モーセのりっぽうまもり,しん殿でんてる。レーマンじんしんこうのためにしゅまえからたれ,のろいをけ,ニーファイじんにとってむちとなる。げんぜんやく五百八十八ねんから五百五十九ねんいたる。

1 さてよ,わたしニーファイは,あにたちがはらてたので,しゅなるわたしのかみせつさけもとめた。

2 しかしよ,わたしにたいするあにたちのいかりははげしくなり,かれらはわたしのいのちうばおうとした。

3 まことにかれらは,わたしにかってつぶやいてった。「おとうとわれわれはいしようとおもっている。われわれかれのためにひどいれんけてきた。よ,もうおとうとことなんあじわわなくてもむように,おとうところしてしまおう。われわれおとうとはいしゃにはけっしてさせない。このたみはいするけんは,あにわれわれにある。」

4 ところでわたしは,あにたちがわたしにたいしてつぶやいたことのすべてをこのはんせることはしない。ただ,かれらがわたしのいのちうばおうとしたとえばじゅうぶんである。

5 さて,しゅはわたしニーファイに,かれらのもとをってげるように,またわたしとともにきたいものみな,そうするようにけいこくされた。

6 そこでわたしニーファイは,ぶんぞくと,ゾーラムとそのぞくあにサムとそのぞくおとうとのヤコブとヨセフ,わたしのまいたち,そのほかわたしとともにきたいものたちぜんいんれてた。わたしとともにくことをのぞんだものたちはみなかみけいこくけいしんじるものたちであったので,わたしのことしたがった。

7 わたしたちはてんまくてるものをすべてたずさえて,いくにちたびした。そして,いくにちたびしたのち,わたしたちはてんまくった。

8 そして,わたしのたみがそのニーファイぶことをのぞんだので,わたしたちはそのをニーファイとけた。

9 また,わたしとともにいたものたちはみなぶんたちをニーファイのたみぶことにした。

10 わたしたちはモーセのりっぽうしたがって,なにごとにもしゅさいけつおきていましめをまもるようにつとめた。

11 そして,しゅがわたしたちとともにおられた。わたしたちはたねをまき,ゆたかにしゅうかくして,じょうさかえた。またわたしたちは,だいしょうちくれと,あらゆるどうぶつはじめた。

12 わたしニーファイは,しんちゅうはんきざまれたろくと,まえにわたしがこのはんきざんだとおり,しゅによってちちのためにそなえられたたま,すなわちしんばんってた。

13 そこでわたしたちは,じょうさかえて,そのはじめた。

14 それでわたしニーファイは,ラバンつるぎり,それにならっておおくのつるぎつくった。それはいまレーマンじんばれているたみが,わたしたちをおそってほろぼすことのないようにするためであった。かれらがわたしとわたしのどもたちと,またわたしのたみしょうするものたちをにくんでいることを,わたしはっていたからである。

15 わたしはたみに,たてものてることをおしえ,またじょうほうにあったもくざいてつどう,またしんちゅうはがねきんぎんちょうなあらがねなど,あらゆるざいりょうものつくすことをおしえた。

16 また,わたしニーファイはしん殿でんてた。ソロモンのしん殿でんならっててたが,そのちがいは,てるのにそれほどおおちょうしな使つかわなかったことである。そのようなちょうしながこのになかったため,ソロモンのしん殿でんおなじようにはてることができなかった。しかし,けんちくようしきはソロモンのしん殿でんおなじで,そのつくりはじょうごとであった。

17 そしてわたしニーファイは,たみきんべんはたらかせ,また使つかってはたらくようにさせた。

18 さて,たみはわたしがかれらのおうになることをのぞんだ。しかしわたしニーファイは,かれらにはおうがないほうがよいとおもった。それでも,わたしのちからおよぶかぎりかれらのためにくした。

19 よ,しゅあにたちについて,わたしがかれらをおさめるものになりおしえるものになるとわれたが,そのしゅことはすでにじょうじゅしていた。したがって,かれらがわたしのいのちうばおうとしたときまで,わたしはしゅめいれいどおりにかれらをおさめるものおしえるものとなっていたのである。

20 それで,しゅがわたしにわれた,「あなたのうことにしたがわなければかれらはしゅまえからたれる」ということじょうじゅした。よ,かれらはまえからたれてしまったのである。

21 しゅはまた,かれらのざいあくのために,のろいかれらにくだされた。まことにひどいのろいをくだされた。よ,かれらがしゅたいしてこころをかたくなにし,あたかもいしのようにかたくなってしまったからである。それでしゅなるかみは,かれらがはだしろい,じょううるわしくよろこばしいものたちであったので,わたしのたみゆうわくとならないように,かれらのはだくろずんだはだにされた。

22 しゅなるかみはこうわれる。「かれらがぶんたちのざいあくあらためなければ,わたしはかれらをあなたのたみにとってかいものとしよう。

23 かれらのそんえんむすものそんはのろわれる。それらのものおなじのろいをけるからである。」しゅはそうわれ,そのとおりになった。

24 かれらは,ぶんたちにくだされたのろいのために,あくこうかつさにちたたいたみとなり,もうじゅうをあさった。

25 しゅなるかみはわたしにわれた。「かれらはあなたのそんにわたしのことをおもこさせるため,あなたのそんにとってむちとなるであろう。そして,あなたのそんがわたしをおぼえて,わたしのことしたがわなければ,かれらはあなたのそんを,ほろびにいたるまでむちつであろう。」

26 さて,わたしニーファイはヤコブとヨセフをにんかれらをわたしのたみにおけるさいきょうにした。

27 そして,わたしたちはこうふくならわしにしたがってらした。

28 そして,わたしたちがエルサレムをってから三十ねんぎた。

29 わたしニーファイはこれまで,ぶんつくったはんにわたしのたみについてのろくけてきた。

30 そこで,しゅなるかみはわたしに,「ほかにはんつくり,あなたのたみえきとなるように,わたしのしとするおおくのことがらをそれにきざみなさい」とわれた。

31 それでわたしニーファイは,しゅめいれいしたがい,ってこのはんつくり,これらのことをきざんだ。

32 わたしはかみよろこばれることがらきざんだ。もしもわたしのたみかみにかかわることがらよろこぶならば,かれらはこのはんにわたしがきざんだこともよろこぶであろう。

33 また,もしもわたしのたみぶんたちのれきについてもっとくわしくりたいならば,わたしのつくったほかのはん調しらべなくてはならない。

34 しかし,もう四十ねんり,あにたちとのあいだにすでにせんそうあらそいがあったとえば,それでじゅうぶんであろう。