ニーファイ第二書 5
    脚注

    第​5​章

    ニーファイじん​は​レーマンじん​から​かれ、モーセ​の​りっぽう​を​まもり、神殿しんでん​を​てる。レーマンじん​は​しんこう​の​ため​に​しゅ​の​まえ​から​たれ、のろい​を​け、ニーファイじん​に​とって​むち​と​なる。げんぜんやく​五百八十八​ねん​から​五百五十九​ねん​に​いたる。

    1 ​さて​よ、わたし​ニーファイ​は、あに​たち​が​はら​を​てた​ので、しゅ​なる​わたし​の​かみ​に​せつに​さけび​もとめた。

    2 ​しかし​よ、わたし​に​たいする​あに​たち​の​いかり​は​はげしく​なり、かれら​は​わたし​の​いのち​を​うばおう​と​した。

    3 ​まことに​かれら​は、わたし​に​かって​つぶやいて​った。「おとうと​は​我々われわれ​を​はい​しよう​と​おもって​いる。我々われわれ​は​かれ​の​ため​に​ひどい​れん​を​けて​きた。よ、もう​おとうと​の​こと​で​なん​を​あじわわなくて​も​む​よう​に、おとうと​を​ころして​しまおう。我々われわれ​は​おとうと​を​はいしゃ​に​は​けっして​させない。この​たみ​を​はい​する​けん​は、あに​の​我々われわれ​に​ある。」

    4 ​ところで​わたし​は、あに​たち​が​わたし​に​たいして​つぶやいた​こと​の​すべて​を​この​はん​に​せる​こと​は​しない。ただ、かれら​が​わたし​の​いのち​を​うばおう​と​した​と​え​ば​十分じゅうぶん​で​ある。

    5 ​さて、しゅ​は​わたし​​ニーファイ​に、かれら​の​もと​を​って​​へ​げる​よう​に、また​わたし​と​ともに​きたい​もの​も​みな、そう​する​よう​に​けいこく​された。

    6 ​そこで​わたし​ニーファイ​は、ぶん​の​ぞく​と、​ゾーラム​と​その​ぞくあに​サム​と​その​ぞくおとうと​の​ヤコブ​と​ヨセフ、わたし​の​まい​たち、その​ほか​わたし​と​ともに​きたい​もの​たち​ぜんいん​を​れて​た。わたし​と​ともに​く​こと​を​のぞんだ​もの​たち​は​みなかみ​の​けいこく​と​けい​を​しんじる​もの​たち​で​あった​ので、わたし​の​こと​に​き​したがった。

    7 ​わたしたち​は​てんまく​と​てる​もの​を​すべて​たずさえて、いくにち​も​​を​たび​した。そして、いくにち​も​​を​たび​した​のち、わたしたち​は​てんまく​を​った。

    8 ​そして、わたし​の​たみ​が​その​​を​​ニーファイ​と​ぶ​こと​を​のぞんだ​ので、わたしたち​は​その​​を​ニーファイ​と​けた。

    9 ​また、わたし​と​ともに​いた​もの​たち​は​みなぶん​たち​を​​ニーファイ​の​たみ​と​ぶ​こと​に​した。

    10 ​わたしたち​は​​モーセ​の​りっぽう​に​したがって、何事なにごと​に​も​しゅ​の​裁決さいけつ​と​おきて​と​いましめ​を​まもる​よう​に​つとめた。

    11 ​そして、しゅ​が​わたしたち​と​ともに​おられた。わたしたち​は​たね​を​まき、ゆたか​に​しゅうかく​して、じょう​に​さかえた。また​わたしたち​は、大小だいしょう​の​ちく​の​れ​と、あらゆる​動物どうぶつ​を​い​はじめた。

    12 ​わたし​ニーファイ​は、真鍮しんちゅう​の​はん​に​きざまれた​ろく​と、まえ​に​わたし​が​この​はん​に​きざんだ​とおり、しゅ​の​​に​よって​ちち​の​ため​に​そなえられた​たま、すなわち​しんばん​も​ってた。

    13 ​そこで​わたしたち​は、じょう​に​さかえて、その​​で​え​はじめた。

    14 ​それで​わたし​ニーファイ​は、​ラバン​の​つるぎ​を​り、それに​ならって​おおく​の​つるぎ​を​つくった。それ​は​いまや​​レーマンじん​と​ばれて​いる​たみ​が、わたしたち​を​おそって​ほろぼす​こと​の​ない​よう​に​する​ため​で​あった。かれら​が​わたし​と​わたし​の​ども​たち​と、また​わたし​の​たみ​と​しょうする​もの​たち​を​にくんで​いる​こと​を、わたし​は​って​いた​から​で​ある。

    15 ​わたし​は​たみ​に、建物たてもの​を​てる​こと​を​おしえ、また​じょう​に​ほう​に​あった​もくざい​や​てつ​や​どう、また​真鍮しんちゅう​や​はがね​や​きん​や​ぎん​や​ちょう​な​あらがね​など、あらゆる​材料ざいりょう​で​もの​を​つくす​こと​を​おしえた。

    16 ​また、わたし​ニーファイ​は​神殿しんでん​を​てた。​ソロモン​の​神殿しんでん​に​ならって​てた​が、その​ちがい​は、てる​の​に​それほど​おおく​ちょう​な​しな​を​使つかわなかった​こと​で​ある。その​よう​な​ちょう​な​しな​が​この​​に​なかった​ため、ソロモン​の​神殿しんでん​と​おなじ​よう​に​は​てる​こと​が​できなかった。しかし、建築けんちく​の​様式ようしき​は​ソロモン​の​神殿しんでん​と​おなじ​で、その​つくり​は​じょう​に​ごと​で​あった。

    17 ​そして​わたし​ニーファイ​は、たみ​を​勤勉きんべん​に​はたらかせ、また​​を​使つかって​はたらく​よう​に​させた。

    18 ​さて、たみ​は​わたし​が​かれら​の​おう​に​なる​こと​を​のぞんだ。しかし​わたし​ニーファイ​は、かれら​に​は​おう​が​ない​ほう​が​よい​と​おもった。それでも、わたし​の​ちから​の​およぶ​かぎり​かれら​の​ため​に​くした。

    19 よ、しゅ​は​あに​たち​に​ついて、わたし​が​かれら​を​おさめる​もの​に​なり​おしえる​もの​に​なる​と​われた​が、その​しゅ​の​こと​は​すでに​じょうじゅ​して​いた。したがって、かれら​が​わたし​の​いのち​を​うばおう​と​した​とき​まで、わたし​は​しゅ​の​命令めいれい​どおり​に​かれら​を​おさめる​ものおしえる​もの​と​なって​いた​の​で​ある。

    20 ​それで、しゅ​が​わたし​に​われた、「あなた​の​う​こと​に​き​したがわなければ、かれら​は​しゅ​の​まえ​から​たれる」と​いう​こと​は​じょうじゅ​した。よ、かれら​は​まえ​から​たれて​しまった​の​で​ある。

    21 しゅ​は​また、かれら​の​ざいあく​の​ため​に、​のろい​を​かれら​に​くだされた。まことに​ひどい​のろい​を​くだされた。よ、かれら​が​しゅ​に​たいして​こころ​を​かたくな​に​し、あたかも​ち​いし​の​よう​に​かたく​なって​しまった​から​で​ある。それで​しゅ​なる​かみ​は、かれら​が​はだ​の​しろい、じょう​に​うるわしく​よろこばしい​もの​たち​で​あった​ので、わたし​の​たみ​に​ゆうわく​と​ならない​よう​に、かれら​の​はだ​を​くろずんだ​はだ​に​された。

    22 しゅ​なる​かみ​は​こう​われる。「かれら​が​ぶん​たち​の​ざいあく​を​あらため​なければ、わたし​は​かれら​を​あなた​の​たみ​に​とって​かい​な​もの​と​しよう。

    23 かれら​の​そん​と​えん​を​むすぶ​もの​の​そん​は​のろわれる。それら​の​もの​は​おなじ​のろい​を​ける​から​で​ある。」しゅ​は​そう​われ、その​とおり​に​なった。

    24 かれら​は、ぶん​たち​に​くだされた​のろい​の​ため​に、あく​と​こうかつさ​に​ちた​たい​な​たみ​と​なり、​で​もうじゅう​を​あさった。

    25 しゅ​なる​かみ​は​わたし​に​われた。「かれら​は​あなた​の​そん​に​わたし​の​こと​を​おもこ​させる​ため、あなた​の​そん​に​とって​むち​と​なる​で​あろう。そして、あなた​の​そん​が​わたし​を​おぼえて、わたし​の​こと​に​き​したがわなければ、かれら​は​あなた​の​そん​を、ほろび​に​いたる​まで​むちつ​で​あろう。」

    26 ​さて、わたし​ニーファイ​は​ヤコブ​と​ヨセフ​を​にんじ、かれら​を​わたし​の​たみ​の​​に​おける​さい​と​きょう​に​した。

    27 ​そして、わたしたち​は​こうふく​に​らした。

    28 ​そして、わたしたち​が​エルサレム​を​って​から​三十​ねん​が​ぎた。

    29 ​わたし​ニーファイ​は​これまで、ぶん​の​つくった​はん​に​わたし​の​たみ​に​ついて​の​ろく​を​けて​きた。

    30 ​そこで、しゅ​なる​かみ​は​わたし​に、「​ほか​に​はん​を​つくり、あなた​の​たみ​の​えき​と​なる​よう​に、わたし​の​​に​し​と​する​おおく​の​ことがら​を​それに​きざみ​なさい」と​われた。

    31 ​それで​わたし​ニーファイ​は、しゅ​の​命令めいれい​に​したがい、って​​この​はん​を​つくり、これら​の​こと​を​きざんだ。

    32 ​わたし​は​かみ​に​よろこばれる​ことがら​を​きざんだ。もしも​わたし​の​たみ​が​かみ​に​かかわる​ことがら​を​よろこぶ​なら​ば、かれら​は​この​はん​に​わたし​が​きざんだ​こと​も​よろこぶ​で​あろう。

    33 ​また、もしも​わたし​の​たみ​が​ぶん​たち​の​れき​に​ついて​もっと​くわしく​りたい​なら​ば、わたし​の​つくった​ほか​の​はん​を​調しらべなくて​は​ならない。

    34 ​しかし、もう​四十​ねん​が​り、あに​たち​と​の​あいだ​に​すでに​せんそう​や​あらそい​が​あった​と​え​ば、それで​十分じゅうぶん​で​あろう。

    True