ニーファイ第二書33
戻る 次へ


第33章

ニーファイのことしんじつであり,キリストについてあかしする。キリストをしんじるものはニーファイのことしんじる。かれことさばきのほうていしょうげんとなる。げんぜんやく五百五十九ねんから五百四十五ねんいたる。

1 さて,わたしニーファイは,たみなかおしえられたことをすべてしるすことはできない。またくときにははなすときほどのちからもない。ひとせいれいちからによってかたるときには,せいれいちからがそれをひとらのこころつたえるからである。

2 しかしよ,せいなるたまたいしてこころかたくなにするひとおおぜいいる。かれらにはせいなるたま宿やどりたまわない。そのために,これらのひとびとは,しるされているおおくのことをてて,これらをのないものとなす。

3 しかし,わたしニーファイは,これまでしるしてきたものをおおいにがあるとかんがえ,とくにわたしのたみにとってそうであるとかんがえている。わたしはひるえずたみのためにいのよるかれらのことをしんぱいしてなみだまくらをぬらしている。そしてわたしは,しんこうをもってかみさけもとめている。わたしは,かみがわたしのたんがんとどけてくださることをっている。

4 また,しゅなるかみがわたしのいのりをたみえきとなるようにしんせいなものとしてくださることを,わたしはっている。また,じゃくてんがありながらもしるしてきたことは,わたしのたみのためにちからづよいものとなるであろう。それは,このことぜんおこなうようにすす,またかれらにせんのことをらせ,イエスについてべ,イエスをしんじてさいまでしのぶようにかれらにすすめるものだからである。イエスをしんじてさいまでしのぶならば,えいえんいのちさずかるのである。

5 また,しんそっちょくであることから,わたしがしるしてきたことは,つみたいしてきびしくかたる。それゆえ,あくれい宿やどしているものでないかぎり,だれもわたしがしるしてきたことはらてないであろう。

6 わたしはそっちょくさにほこりをかんじ,しんほこりをかんじる。また,イエスがわたしをごくからあがなってくださったので,わたしはイエスをほこりとする。

7 わたしはぶんたみあいいだいており,また,キリストのさばきのでまったくみのないおおくのひとえるであろうと,キリストにふかしんこういだいている。

8 わたしはユダヤじんたいしてもあいいだいている。ここでいうユダヤじんとは,わたしがたみのことである。

9 わたしはまたほうじんたいしてもあいいだいている。しかしよ,これらのひとびとはだれであっても,キリストとのかいせまもんはいっていのちいたほそみちあゆためしのしょうがいさいまでそのみちあゆつづけないかぎり,わたしはそのひとのためになにのぞむことができない。

10 さて,わたしのあいする同胞はらからよ,ユダヤじんよ,てにいたるすべてのひとよ,これらのことき,キリストをしんじなさい。また,これらのことしんじなくても,キリストをしんじなさい。キリストをしんじれば,これらのことしんじるようになるであろう。これらのことキリストのことであり,キリストがわたしにさずけてくださったものだからである。そして,これらのことは,ぜんおこなわなければならないことをすべてのひとおしえている。

11 これらがキリストのことでないかどうか,はんだんしてもらいたい。キリストはわりのに,ちからおおいなるえいこうとをもって,これらがぶんことであることをあなたがたにしめされるであろう。そして,あなたがたとわたしとはキリストのほうていたいめんする。そうすればあなたがたは,わたしが,じゃくてんがあるにもかかわらず,これらのことをしるすようにキリストからめいじられたことをるであろう。

12 わたしは,あのおおいなるわりのに,たとえすべてではなくても,わたしたちのおおくのものおんちちおうこくすくわれるように,キリストのによっておんちちいのる。

13 さて,わたしのあいする同胞はらからよ,すなわち,イスラエルのいえぞくするすべてのひとよ,てにいたるすべてのひとよ,わたしはからさけものこえのようにあなたがたにげる。「あのおおいなるるまで,さらば。」

14 かみいつくしみにあずかろうとせず,ユダヤじんことも,わたしのことも,かみひつじくちからことこころめようとしないものたちよ,これらのことわりのにあなたがたをつみさだめるので,よ,わたしはあなたがたにえいえんわかれをげる。

15 なぜなら,わたしがじょうむすぶことは,さばほうていされ,あなたがたにたいしてはたらくからである。しゅがわたしにこのようにめいじられたので,わたしはしたがわなければならない。アーメン。