ニーファイ第二書 23
    脚注

    第​23​章

    バビロン​の​めつぼう​は、しゅ​の​再臨さいりん​の​とき​に​あくにん​が​ほろびる​こと​の​けい​で​ある。やがて​いかり​と​ほうふく​の​​が​る。バビロン()は​とこしえ​に​たおれる。イザヤしょだい十三​しょう​と​かく​せよ。げんぜんやく​五百五十九​ねん​から​五百四十五​ねん​に​いたる。

    1 「アモツ​の​​イザヤ​が​た、​バビロン​に​ついて​の​たくせん

    2 たかい​やま​の​うえ​に​はた​を​かかげ、かれら​に​かって​こえ​を​げ、​を​って、かれら​を​ぞく​の​もん​に​はいらせ​なさい。

    3 『わたし​は​聖別せいべつ​した​もの​たち​に​めいじた。また、わたし​の​ゆう​たち​を​した。わたし​の​いかり​は、わたし​が​たかい​くらい​に​ある​こと​を​よろこぶ​もの​に​は​およばない​から​で​ある。』

    4 群衆ぐんしゅう​の​よう​な​山々やまやま​の​とどろき。あつまった​もろもろ​の​たみ​の​おうこく​の​どよめき。万軍ばんぐん​の​しゅ​が​ぐんたい​を​召集しょうしゅう​して​おられる。

    5 かれら​は​とおい​ほう​から、てん​の​て​から​やって​る。まことに、しゅ​と​しゅ​の​いきどおり​の​​が​ぜん​を​ほろぼす​ため​に​る。

    6 き​わめけ。しゅ​の​​は​ちかづいて​いる​から​で​ある。それ​は​ぜんのうしゃ​から​めつぼう​として​る。

    7 ​それゆえ、すべて​の​​は​よわり、すべて​の​ひと​の​こころ​は​くじける。

    8 かれら​は​おののき、ひどい​くるしみ​と​かなしみ​が​かれら​を​らえる。かれら​は​たがいに​って​おどろき、かれら​の​かお​は​ほのお​の​よう​に​なる。

    9 よ、しゅ​の​​が​る。いきどおり​と​はげしい​いかり​を​ともなう​ようしゃ​の​ない​​が​て、​を​れ​すたれ​させる。そして​しゅ​は、そこ​に​いた​罪人つみびと​を​ほろぼされる。

    10 てん​の​ほし​と​せい​は​ひかり​を​はなたず、太陽たいよう​は​​から​くらく、つき​も​その​ひかり​を​かがやかさない。

    11 『わたし​は​あく​の​ため​に​​を​ばっし、ざいあく​の​ため​に​あくにん​を​ばっする。また、ほこる​もの​の​ ごうまん​を​とどめ、荒々あらあらしい​もの​の​こうまん​を​おさえる。

    12 ​わたし​は​ひと​を​じゅんきん​より​も、オフル​の​金塊きんかい​より​も​すくなく​する。

    13 ​それゆえ、わたし​は​てん​を​ふるわせる。また、万軍ばんぐん​の​しゅ​の​はげしい​いかり​に​より、しゅ​の​すさまじい​いかり​の​​に、​は​その​しょ​から​うつる。』

    14 ​それ​は、される​かもしか​の​よう​で​あり、あつめる​もの​の​いない​ひつじ​の​よう​で​ある。かれら​は​各々おのおのぶん​の​たみ​に​かえり、各々おのおのぶん​の​くに​に​げ​もどる。

    15 ほこる​もの​は​みなし​つらぬかれ、また​あくにん​の​なか​に​くわわる​もの​は​みなつるぎ​に​よって​たおれる。

    16 かれら​の​ども​たち​は​​の​まえ​で​げ​くだかれ、かれら​の​いえ​は​強奪ごうだつ​され、かれら​の​つま​は​おかされる。

    17 よ、わたし​は​メデアびと​を​こして​かれら​に​かわせる。メデアびと​は​きんぎん​に​き​も​せず、それ​を​よろこび​も​しない。

    18 かれら​の​ゆみ​は​わかい​おとこ​たち​を​くだく。かれら​は​たい​の​​を​あわれまず、かれら​の​​は​ども​たち​を​ようしゃ​しない。

    19 ​もろもろ​の​おうこく​の​ほまれ​で​あり、カルデヤびと​の​たくえつ​した​うるわしさ​で​ある​バビロン​は、かつて​かみ​が​​ソドム​と​ゴモラ​を​ほろぼされた​とき​の​よう​に​なる。

    20 ​そこ​に​む​もの​は​ひと​も​なく、みつく​もの​も​いない。アラビア​びと​も​そこ​に​は​てんまく​を​らず、ひつじい​たち​も​そこ​に​は​ひつじ​の​かこい​を​もうけない。

    21 ばく​の​じゅう​が​そこ​に​し、かれら​の​家々いえいえ​に​は​いん​な​もの​が​ち、ふくろう​が​そこ​に​み、しん​が​そこ​で​おどる。

    22 島々しまじま​の​じゅう​が​かれら​の​いえ​で​ほえ、かれら​の​れい​な​きゅう殿でん​に​は​りゅう​が​く。バビロン​の​とき​は​ぢか​で​あり、その​​は​ばされない。わたし​は​すみやか​に​バビロン​を​ほろぼす。まことに、わたし​は​ぶん​の​たみ​を​あわれむ​が、あくにん​は​ほろびる。』」