ニーファイ第二書23
戻る 次へ


第23章

バビロンのめつぼうは,しゅさいりんときあくにんほろびることのけいである。やがていかりとほうふくる。バビロン()はとこしえにたおれる。イザヤしょだい十三しょうかくげんぜんやく五百五十九ねんから五百四十五ねんいたる。

1 「アモツのイザヤがた,バビロンについてのたくせん

2 たかやまうえはたかかげ,かれらにかってこえげ,ってかれらをぞくもんはいらせなさい。

3 『わたしはせいべつしたものたちめいじた。また,わたしのゆうたちをした。わたしのいかりは,わたしがたかくらいにあることをよろこものにはおよばないからである。』

4 ぐんしゅうのようなやまやまのとどろき。あつまったもろもろのたみおうこくのどよめき。ばんぐんしゅぐんたいしょうしゅうしておられる。

5 かれらはとおほうから,てんてからやってる。まことに,しゅしゅいきどおりのぜんほろぼすためにる。

6 きわめけ。しゅちかづいているからである。それはぜんのうしゃからめつぼうとしてる。

7 それゆえ,すべてのよわり,すべてのひとこころはくじける。

8 かれらはおののき,ひどいくるしみとかなしみがかれらをらえる。かれらはたがいにっておどろき,かれらのかおほのおのようになる。

9 よ,しゅる。いきどおりとはげしいいかりをともなようしゃのないて,すたれさせる。そしてしゅは,そこにいたつみびとほろぼされる

10 てんほしせいひかりはなたず,たいようからくらく,つきもそのひかりかがやかさない。

11 『わたしはあくのためにばっざいあくのためにあくにんばっする。また,ほこものごうまんをとどめ,あらあらしいものこうまんおさえる。

12 わたしはひとじゅんきんよりも,オフルのきんかいよりもすくなくする。

13 それゆえ,わたしはてんふるわせる。また,ばんぐんしゅはげしいいかりにより,しゅのすさまじいいかりのに,はそのしょからうつ。』

14 それは,されるかもしかのようであり,あつめるもののいないひつじのようである。かれらはおのおのぶんたみかえり,おのおのぶんくにもどる。

15 ほこものみなつらぬかれ,またあくにんなかくわわるものみなつるぎによってたおれる。

16 かれらのどもたちはまえくだかれ,かれらのいえごうだつされ,かれらのつまおかされる。

17 よ,わたしはメデアびとこしてかれらにかわせる。メデアびときんぎんきもせず,それをよろこびもしない。

18 かれらのゆみわかおとこたちをくだく。かれらはたいあわれまず,かれらのどもたちをようしゃしない。

19 もろもろのおうこくほまれであり,カルデヤびとたくえつしたうるわしさであるバビロンは,かつてかみソドムとゴモラをほろぼされたときのようになる。

20 そこにもの一人ひとりもなく,みつくものもいない。アラビアびともそこにはてんまくらず,ひつじいたちもそこにはひつじかこいをもうけない。

21 ばくじゅうがそこにし,かれらのいえいえにはいんものち,ふくろうがそこにみ,しんがそこでおどる。

22 しまじまじゅうかれらのいえでほえ,かれらのれいきゅう殿でんにはりゅうく。バビロンのときぢかであり,そのばされない。わたしはすみやかにバビロンをほろぼす。まことに,わたしはぶんたみあわれむが,あくにんほろびる。』」