ニーファイ第二書 3
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第​3​章

エジプト​に​おいて​ヨセフ​は​げん​で​ニーファイじん​を​た。ヨセフ​は、まつじつ​の​せいけんしゃ​ジョセフ・​スミス​と、イスラエル​を​すくい​す​モーセ​と、​に​る『モルモンしょ』​に​ついて​げん​した。げんぜんやく​五百八十八​ねん​から​五百七十​ねん​に​いたる。

1 「わたし​の​すえ​の​​で​ある​ヨセフ​よ、わたし​は​あなた​に​げる。あなた​は​わたし​が​なん​に​った​​で​まれた。まことに、わたし​が​おおいに​なげき​くるしんで​いた​ころ​に、あなた​の​はは​は​あなた​を​んだ。

2 ​あなた​と​あなた​の​そん​が​イスラエル​の​せいじゃ​の​いましめ​を​まもる​こと​に​より、しゅ​が​あなた​の​ぎ​として、また​あなた​の​同胞はらから​と​ともに​あなた​の​そん​が​ぐ​​として、また​とこしえ​に​安全あんぜん​な​​として、もっとも​とうとい​​で​ある​​この​​を​聖別せいべつ​して​くださる​よう​に。

3 ​さて、わたし​が​なん​に​った​​から​れてた​すえ​の​​ヨセフ​よ、しゅ​が​とこしえ​に​あなた​を​しゅくふく​して​くださる​よう​に。あなた​の​そん​が​ことごとく​ほろびて​しまう​こと​は​ない​で​あろう。

4 よ、あなた​は​わたし​の​こし​から​た​もの​で​あり、また​とらわれ​の​​と​なって​エジプト​へ​れてかれた​​ヨセフ​の​そん​だから​で​ある。しゅ​が​ヨセフ​に​てられた​せいやく​は​だい​で​ある。

5 ​すなわち、ヨセフ​は​まことに​わたしたち​の​だい​を​た。そして​ヨセフ​は、しゅ​なる​かみ​が​イスラエル​の​いえ​の​ため​に、ヨセフ​の​こし​から​た​もの​の​なか​から​一ぽん​の​​に​かなった​えだ​を​こされる​と​いう、しゅ​の​やくそく​を​けた。その​えだ​と​いう​の​は​メシヤ​で​は​なく、り​られる​一ぽん​の​えだ​の​こと​で​ある。この​えだ​は、り​られる​に​も​かかわらず、しゅ​の​せいやく​の​なか​で​おもこされる。その​せいやく​と​は、かれら​を​くらやみ​から​ひかり​に​す​ため​に、まことに​かくれた​くらやみ​と​そくばく​から​ゆう​へ​す​ため​に、​メシヤ​が​ちから​の​れい​に​よって​まつじつ​に​その​姿すがた​を​かれら​に​あらわされる​と​いう​もの​で​ある。

6 ​ヨセフ​は​まことに​あかし​して​った。『しゅ​なる​わたし​の​かみ​は、ひと​の​せいけんしゃ​を​てられる。それ​は、わたし​の​こし​から​た​もの​の​ため​の​えりき​の​せいけんしゃ​で​ある。』

7 ​まことに、ヨセフ​は​また​った。『しゅ​は​わたし​に​こう​われた。「わたし​は​あなた​の​こし​から​た​もの​の​なか​から、ひと​の​えりき​の​せいけんしゃ​を​てよう。かれ​は​あなた​の​こし​から​た​もの​の​なか​で​おおいに​とうとばれる​で​あろう。わたし​は​その​せいけんしゃ​に、かれ​の​同胞はらから​で​ある​あなた​の​こし​から​た​もの​の​ため​に​一つ​の​わざ​を​おこなう​よう​に​めいじよう。その​わざ​は、かれら​に​とって​おおいに​​の​ある​もの​で​あり、わたし​が​あなた​の​せん​と​わした​せいやく​を​あなた​の​こし​から​た​もの​に​らせる​もの​で​ある。

8 ​わたし​は​その​せいけんしゃ​に、わたし​が​めいじる​わざ​の​ほか​に​は​なんの​わざ​も​おこなわない​よう​に​めいじよう。かれ​は​わたし​の​わざ​を​おこなう​ので、わたし​は​かれ​を、わたし​の​​に​かなった​だい​な​もの​と​しよう。

9 ​その​せいけんしゃ​は​​モーセ​の​よう​に​だい​で​ある。モーセ​と​は、わたし​の​たみ​を​すくい​す​ため​に、おお、イスラエル​の​いえ​よ、わたし​が​あなた​の​ため​に​てる​と​って​おいた​もの​で​ある。

10 ​わたし​は​モーセ​を​てて、あなた​の​たみ​を​エジプト​の​​から​すくい​そう。

11 ​しかし、わたし​は​あなた​の​こし​から​た​もの​の​なか​から​ひと​の​せいけんしゃ​を​て、わたし​の​こと​を​あなた​の​こし​から​た​そん​に​つたえる​ちから​を​かれ​に​さずけよう。また、わたし​の​こと​を​つたえる​だけ​で​なく、すでに​かれら​の​なか​に​つたわって​いる​わたし​の​こと​を​かくしん​させる​ちから​も​さずけよう。

12 ​その​ため​に、あなた​の​こし​から​た​もの​は​しるす。また​​ユダ​の​こし​から​た​もの​も​しるす。そして、あなた​の​こし​から​た​もの​が​しるす​もの​と、ユダ​の​こし​から​た​もの​が​しるす​もの​は​一つ​に​わされて、いつわり​の​きょう​を​やぶり、あらそい​を​しずめ、あなた​の​こし​から​た​もの​の​なか​に​へい​を​かくりつ​し、また​まつじつ​に​せん​に​ついて​の​しき​を​かれら​に​あたえ、そして​また、わたし​の​せいやく​に​ついて​も​らせる。」しゅ​は​そう​われる。

13 「おお、イスラエル​の​いえ​よ、あなた​を​もとどおり​に​する​ため​に、わたし​の​わざ​が​わたし​の​すべて​の​たみ​の​なか​で​はじまる​その​、その​せいけんしゃ​は​よわさ​を​つよく​される」と​しゅ​は​われる。』

14 ​また​ヨセフ​は​つぎ​の​よう​に​げん​した。『よ、しゅ​は​その​せいけんしゃ​を​しゅくふく​される。わたし​が​わたし​の​こし​から​た​もの​に​ついて​しゅ​から​いただいた​この​やくそく​は、かならず​たされる​ので、その​せいけんしゃ​を​ほろぼそう​と​する​もの​は​やぶられる。よ、わたし​は、この​やくそく​が​たされる​こと​を​かくしん​して​いる。

15 ​その​せいけんしゃ​の​​は​わたし​に​ちなんで​けられ、また​その​​は​かれ​の​ちち​の​​を​って​けられる。そして、かれ​は​わたし​の​よう​で​ある。しゅ​が​かれ​の​​に​より、しゅ​の​ちから​に​よって​もたらされる​もの​が、わたし​の​たみ​を​すくい​に​いたらせる​から​で​ある。』

16 ​まことに​ヨセフ​は、つぎ​の​よう​に​げん​した。『わたし​は、モーセ​に​ついて​の​やくそく​を​かくしん​して​いる​よう​に、この​こと​も​かくしん​して​いる。それ​は​しゅ​が、「あなた​の​そん​を​とこしえ​に​まもろう」と​わたし​に​われた​から​で​ある。

17 ​また、しゅ​は​われた。「わたし​は​モーセ​を​てよう。そして、つえ​を​もって​かれ​に​ちから​を​あたえ、また​明瞭めいりょう​に​しるす​ちから​も​かれ​に​あたえよう。しかし​わたし​は、かれ​の​した​を​ゆるめて、かれ​が​よく​かたれる​よう​に​は​しない。わたし​は​かれ​を、かたる​に​ちから​ある​もの​と​は​しない​から​で​ある。しかし​わたし​は、ぶん​の​​の​ゆび​で​わたし​の​りっぽう​を​かれ​に​き​あたえ、また​かれ​の​ため​に​ひと​の​代弁だいべんしゃ​を​そなえよう。」

18 しゅ​は​また​わたし​に​われた。「わたし​は​あなた​の​こし​から​た​もの​の​ため​に​せいけんしゃ​を​て、また​かれ​の​ため​に​ひと​の​代弁だいべんしゃ​を​そなえよう。そして​よ、わたし​は​その​せいけんしゃ​に、あなた​の​こし​から​た​もの​の​しるした​もの​を​あなた​の​こし​から​た​もの​に​き​つたえ​させる。また、あなた​の​そん​の​代弁だいべんしゃ​が​それ​を​げ​らせる。

19 ​その​せいけんしゃ​が​しるす​こと​は、わたし​の​​に​かなって、あなた​の​こし​から​た​もの​に​つたわる​こと​で​ある。それ​は​あたかも、あなた​の​こし​から​た​もの​が、​から​さけんで​いる​か​の​よう​で​ある。わたし​は、かれら​の​しんこう​を​って​いる​から​で​ある。

20 ​あなた​の​こし​から​た​もの​は、​から​さけぶ。すなわち、おおく​の​だい​が​ぎて​から、かれら​の​同胞はらから​に​あらため​を​さけぶ。そして、かれら​の​さけび​は​かり​やすい​こと​で​つたわる。

21 かれら​の​しんこう​の​ゆえ​に、かれら​の​こと​は​わたし​の​くち​から​て、あなた​の​こし​から​た​もの​で​ある​かれら​の​同胞はらから​に​つたわる。わたし​は​かれら​の​こと​の​よわい​ところ​を、かれら​の​しんこう​の​ゆえ​に​つよく​し、わたし​が​あなた​の​せん​と​わした​せいやく​を​おもこ​させよう。」』

22 ​さて​よ、わたし​の​むす​ヨセフ​よ、わたし​の​とおい​せん​は​この​よう​に​げん​した。

23 ​したがって、あなた​は​この​せいやく​に​よって​しゅくふく​されて​いる。あなた​の​そん​は​その​しょもつ​の​こと​に​き​したがう​ので、ほろぼされない​から​で​ある。

24 ​あなた​の​そん​の​なか​に、ひと​の​ちから​ある​もの​が​あらわれる。その​もの​は​かみ​の​​に​使つかわれる​もの​として、あつい​しんこう​を​もって、こと​に​も​おこない​に​も​おおいに​ぜん​を​なし、だい​な​驚嘆きょうたん​す​べき​こと​を​おこない、また​かみ​の​​に​おおいなる​こと​を​おこない、イスラエル​の​いえ​と​あなた​の​あに​たち​の​そん​に​たいして​十分じゅうぶん​な​回復かいふく​を​もたらす。

25 ​さて、ヨセフ​よ、あなた​は​さいわい​で​ある。よ、あなた​は​まだ​わかい​ので、あに​の​ニーファイ​の​こと​に​き​したがい​なさい。そう​すれ​ば、わたし​の​かたった​こと​の​とおり​に​なる​で​あろう。もう​すぐ​この​を​ろう​と​する​ちち​の​こと​を​おぼえて​おき​なさい。アーメン。」