ニーファイ第二書 7
    脚注

    第​7​章

    イザヤ、メシヤ​に​ついて​べる。メシヤ​は​はくがく​な​もの​の​した​を​って​おられる。また、つ​もの​に​ぶん​の​​を​けられる。メシヤ​は​はずかしめられる​こと​は​ない。イザヤしょだい​五十​しょう​と​かく​せよ。げんぜんやく​五百五十九​ねん​から​五百四十五​ねん​に​いたる。

    1 「まことに、しゅ​は​こう​われる。『わたし​は​あなた​を​らせた​か。とこしえ​に​あなた​を​てた​か。』​しゅ​は​われる。『あなた​の​はは​の​えんじょう​は​どこ​に​ある​か。わたし​は​あなた​を​だれ​の​もと​に​らせた​か。どの​債主さいしゅ​に​あなた​を​わたした​か。わたし​は​だれ​に​あなた​を​わたした​か。よ、あなた​は​ぶん​の​ざいあく​の​ため​に​ぶんしん​を​わたし、あなた​の​はは​は、あなた​の​そむき​の​ため​に​てられた。

    2 ​それゆえ、わたし​が​た​とき​に​は​だれ​も​いなかった。わたし​が​んだ​とき​に、まことに、こたえる​もの​は​だれ​ひと​いなかった。おお、イスラエル​の​いえ​よ、わたし​の​​が​みじかくて​あがなう​こと​が​できない​の​か。わたし​に​は​すくう​ちから​が​ない​の​か。よ、わたし​は​う み​を​しかって​がらせ、かわ​を​​と​する。みず​が​かわいて​その​なか​の​うお​は​あくしゅう​を​はなち、かわき​の​ため​に​ぬ。

    3 ​わたし​は​てん​を​あんこく​で​おおい、粗布あらぬの​を​その​おおい​と​する。』

    4 ​おお、イスラエル​の​いえ​よ、しゅ​なる​かみ​は​はくがく​な​もの​の​した​を​わたし​に​あたえて、わたし​が​あなた​に、​を​た​こと​を​どの​よう​に​かたれ​ば​よい​か​かる​よう​に​された。あなた​が​つかれて​いる​とき、しゅ​なる​かみ​は​あさ​ごと​に​め​させて​くださる。しゅ​なる​かみ​は​わたし​の​みみ​を​ひらいて、はくがく​な​もの​として​ける​よう​に​して​くださる。

    5 しゅ​なる​かみ​は、わたし​の​みみ​を​ひらかれた。わたし​は​さからわず、退しりぞく​こと​も​しなかった。

    6 ​わたし​は​つ​もの​に​わたし​の​​を​まかせ、ひげ​を​く​もの​に​わたし​の​ほお​を​まかせた。わたし​は​じょく​されて​も、つばき​を​かけられて​も、かお​を​かくさなかった。

    7 しゅ​なる​かみ​が​わたし​を​たすけて​くださる​ので、わたし​は​はじ​を​けない。それで、わたし​は​かお​を​ち​いし​の​よう​に​した。わたし​は​ぶん​が​はずかしめられない​こと​を​って​いる。

    8 しゅ​は​ちかく​に​いて、わたし​を​​と​される。わたし​と​あらそう​もの​は​だれか。さあ、ともに​とう。わたし​の​てき​は​だれか。ちかく​に​させよ。そう​すれ​ば、わたし​は​くち​の​ちから​を​もって​その​てき​を​とう。

    9 しゅ​なる​かみ​が​わたし​を​たすけて​くださる。わたし​を​つみ​に​さだめる​もの​は​みな、まさに​ころも​の​よう​に​ふるび、しみ​が​かれら​を​い​くす。

    10 ​あなたがた​の​なか​で、しゅ​を​おそれ、しゅ​の​しもべ​の​こえ​に​したがい、くらやみ​の​なか​を​あるいて​ひかり​を​たない​もの​は​だれか。

    11 よ、​を​ともし、​で​ぶん​の​​を​かこむ​もの​よ。あなたがた​は​みなぶん​たち​の​​の​ひかり​の​なか​を​あゆみ、ぶん​たち​の​ともした​​の​なか​を​あゆめ。あなたがた​が​わたし​の​​から​ける​の​は、くるしみ​の​うち​に​よこたわる​こと​で​ある。」

    True